<   2012年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧
奪わないで下さい …
c0027188_634928.jpg
 
 May Sarton  (1912-1995)
メイ サートン


 ベルギー生まれの小説家、詩人
 4歳のときに、父母と共にアメリカに亡命

 大学で講師などを務めるも、同性愛者であることを告白したことで
 職を追われ、また本の出版なども中止された

 1978年のパートナーとの別離、小説への悪意ある酷評、
 乳癌手術などが重なり鬱状態となる

 しかし、多くの友やファンに支えられ、あるがままの自分を受け入れ回復


彼女の言葉の中に

 私から年齢を奪わないで下さい

 これは、私が働いて手にしたものです


というものがある。

(これは 落合恵子 午後の居場所で から知りました)

最近、右側頭頂部付近に密集しているらしい白髪群を発見。

鏡の前で、正直 愕然 とした私 …。

 さて、やっこよ … これをどうするかい?

自問自答すること数分。

答えは出せていないが。

写真を撮っても、前とは違う自分の顔が気になる …

驚くと額に現れる長い数本の皺(しわ)に、眉間を寄せ、違う皺が混じる …

肌が …

胸が …

尻が …

と。

悩み始めたらきりがない。

そんな時間は、無駄でしかない。

自然に逆らうことなんてできないのだから。

時間を溯ることなどできないのだから。
c0027188_6185146.jpg

そこで、再び読んだ本の中の、この言葉が心に残る。

 私から年齢を奪わないで下さい

年を重ねること、特に女性の加齢を減点法で考えがちな社会。

(これも 落合恵子 午後の居場所で の一文)

時間と経験と歴史とが刻まれた、刻まれて刻々と変化する、この身体 …

この顔 …

この心 …

そして考え方、感じ方、想像力 …

胸を張ろう。

鏡に微笑もう。

その微笑みは、他人から見られたい笑顔ではなく …

自らが見たい、自分の笑顔に。

きっとでも、一進一退しながら …

白髪染めを使ったりしながら …

けれど、出会えて良かった。

この言葉。
by yayoitt | 2012-01-09 05:52 | やっこの思想 | Comments(4)
クリスマスツリーとラブラドール
病院に届いた、犬猫たちのご主人からの沢山のカード。

それまでドアに並べて貼っていたのを、*1月6日にすべて外した。

 * クリスマスの日から数えて、13日間にツリーなどは取り外す習慣

頂いた沢山のカードの中で、私が これがいちばん好き! と思うもの。

それが、このカード。
c0027188_6224768.jpg

 なんて印象的な写真なんだろう … 

と、毎日、何度も眺めていた。

誰から頂いたのかは、もうドアに貼ってあったので知らなかった。

昨日の土曜の仕事中。

ラブラドールを連れた男性が、予約の診察でやってきた。

ラブラドールの名前は グレース だ。

彼には、もう1犬のラブラドールの シンディー がいる。

待合室の Mr Fグレースを見ていて …

 あ! あのカード!

と、ラブラドールのカードを思い出した。

既に箱の中にしまってあるカードたちの中から、それを探し出す。

グレースを見ていて、そのカードのことを思い出したのは …

彼女が、そのカードの中のラブラドールによく似ていたからなんだと思う。

カードがあった。

それを手に取り Mr F に見せようと思った。

こう言うつもりだった。

 グレースを見てて、こんなカードを思い出したんです 素敵でしょう?

と。

カードを持って Mr Fグレースのいる待合室に行く間 …

何気にカードの中を見てみた。

そして驚いた!!
c0027188_6302733.jpg

Grace and Cindy

そこには、グレースシンディーの名前が書かれていた。

Mr F から送られたカードだったのだ。

カードを見せる代わりに Mr F にカードのことを尋ねてみた。

 あれね、合衆国で見つけて買って来たんだよ

 見たときに、グレースにそっくりだ! って思ってね …


と教えてくれた。

なんだか不思議な偶然に、微笑みが止まらなかった。

そして、幸せを感じた。
by yayoitt | 2012-01-08 06:13 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(6)
ロビンが歌う♪ 心が躍る♪
そっと、とっておきたいカードたち。

クリスマスや、色々な場面で頂くカードたち。
c0027188_624867.jpg

何年も後になって、頂いたカードたちを入れた箱を開けると …
c0027188_631260.jpg

蘇える気持ちや場面、そして言葉。
c0027188_632571.jpg

そんなカードのひとつ。
c0027188_5572670.jpg

Caroline Gardner (キャロラインガードナー)のもの。

彼女の優しい色使いと
c0027188_558365.jpg

その歌いだすような鳥たちの姿
c0027188_5584982.jpg

耳を済ませたら聞こえそうな
c0027188_55943.jpg

じっと見つめたら動き出しそうな
c0027188_5592270.jpg

なんて可愛らしい絵たち
c0027188_5593582.jpg

彼女が描く生き物を見ていると
c0027188_5594955.jpg

自然と心が …
c0027188_601816.jpg

踊りだす

そんな絵たち。
by yayoitt | 2012-01-07 04:52 | やっこのグッズ | Comments(4)
SAD な 季節
SAD

sad と言えば … 英語の 悲しい という単語

この SAD をこの季節、よく耳にする。

それは Seasonal Affective Disorder 季節性感情障害) の短縮語。

SAD とは

 秋から憂うつな気分が始まり、春先まで続く冬型のものが一般的。
 別名 冬季うつ病(Winter Blues ブルーな冬)とも呼ばれる。
 倦怠感、気力低下、眠ってばかりいる、眠い、食欲が増す
 (炭水化物や甘い物が食べたい)などの症状が見られる。
 
 原因は …

 冬型SADは、短い日照時間に原因があると考えられている。
 本当のメカニズムは良く分かっていないところもあるが …
 体内時計をつかさどるメラトニンが、日照時間が短くなることで
 分泌のタイミングが遅れたり、分泌が過剰となるために体内時計が狂う。
 光の刺激が減ることで、神経伝達物質のセロトニンが減り、
 脳の活動が低下する。



この英国では、実に多くの人々が SAD に苦しんでいると言われる。

実際に、周りの知人や同僚も あぁ~ SAD できつい とよく漏らす。

今日は1月6日、冬至から2週間以上が経った。

スコットランド、現在の(日の出から日の入りまでの時間)は 7時間13分17秒

例えば …

私が仕事に出掛ける為に家を出る時(8時)は、まだ暗い。

ちょっと明るくなる頃(8時45分頃)に仕事場に到着。

8~9時間建物の中で仕事をして。

家に帰るために外に出る(17時頃)と、真っ暗。

つまり、月曜日から金曜日までは、太陽の光に当たらない。

その状態が、数ヶ月、続く。

冬至の前後2ヵ月半くらいは、そういう状態である。

SAD なんて言葉を知らなかったとしても …

身にしみる、身体と心で感じる。

太陽の光を欲している自分のことを。

この治療として、SADライトというのがあるらしい。
c0027188_426992.jpg
 
これを身体に当てることによって、日照時間の少ない生活を乗り越える。
c0027188_4272368.jpg

そういう物らしい。

 同じライトならば … わたしは … コタツが欲しい

そう思ってしまう。

そんな私は、まだ SAD軽症 なのかも知れない。

 あぁ … お天道様とは、よく言ったものだぁ …
by yayoitt | 2012-01-06 04:02 | スコットランドって... | Comments(15)
最後の瞬間まで ということの、意味

 保護センターから、犬を引き取ってきたいと思っているんだけれど …

マイケルに掛かってきた一本の電話。

電話の彼は、会社勤め。

家にいない時間内に、ドッグウォーカーの人に来て貰いたいとのこと。

そこで、1対1で歩いてくれるマイケルに電話を掛けたのだった。

 まだ、センターに出向いてもないし、そういう犬に会えるかもわからないけど …

 色々な準備を先に立てたり考えておこうと思って …


彼はもしかしたら、一緒に暮らせる犬に出会えないかも知れない。

出会えたとしても、いつ出会えるかはわからない。
c0027188_4472992.jpg

けれど。

受け入れ側の彼自身の準備が全て整わなければ …

犬を探しに行くことすらも、しようとは考えていないのである。

これを 責任 と呼ぶのだろう。

 来ちゃった

 買っちゃった

 貰ってきちゃった

 連れてきちゃった


とは決して言わない。

幾つかの、命と共に暮らすということの責任を、一つでも約束できないのなら …

諦める 責任 も。  
c0027188_4474710.jpg

こちら ↓ はアニメに仕立ててありますが、とてもリアルな現実だと思います。

どうぞ、ご覧下さい。

c0027188_448446.jpg

何度でも、繰り返し考えたいことがある

自分の中で答えが出せても、その思いが廃れないように、時々、思い出したいこと

世間の波に流されたり、それが普通と感覚が麻痺してしまわぬように

もとの所、根っこの部分を、自分の中で問いただすこと

ペットの命のこと、ペットを飼うということ、ペットと暮すという現実 … 


 目を閉じてみる

 姿が見えなくても、その命を愛せるのかどうか

 かわいい が理由ではないこと ・・・



 テレビや雑誌を忘れてみる

 流行の大きさではない、犬種として 何 という名前がなくても。

 その命そのものを愛せるのかどうか

 他人に自慢したい が理由ではないこと ・・・



 子供の声を無視してみる

 子供が寂しいだろうから、子供が欲しがるから、命を迎え入れられるのか

 子供 が理由ではないこと ・・・



様々な どうして を自分自身に問い掛ける


 どうして ペットが欲しいのか

 どうして 仔犬(仔猫)が欲しいのか

 どうして 成長した犬猫ではダメなのか

 どうして (その)犬種が欲しいのか

 どうして 雑種ではダメなのか

 どうして なのか

 どうして も、なのか



様々な 契り を心の中で結ぶ

その約束を破る理由の可能性を、前もって考えてみる

引越し 結婚 出産 新しい家具 近所迷惑 病気 お金 離婚 死 ・・・

それでも 契り を、その命との間に結ぶ



その子の一生が、私の為に振り回されるよりも、

私の一生が、もしかしたらその子の為に振り回されても ・・・

それでも、一度誓った約束は、最後まで果たせるのだろうか?



それは、とても厳しく、難しく思える

だけども、それだけ、命を迎え入れるということは、重大なことだと言うことを

何度でも、繰り返し、繰り返し、自分の中で思い出しては言い聞かせたい



その厳しさの中で、巡り会えた命と共に暮らすことの喜びは ・・・

今まで知ることのなかったような大きな喜び、かけがえのない無限の愛情

尊い命が ・・・ 待っている

by yayoitt | 2012-01-05 04:07 | 保健所の動物のこと | Comments(14)
EDB4 (イーディービーフォー)初出演!!
日本で人気の AKB48 とか …

(私は アケビよんじゅうはち と呼んでいた)

他にもいろんな女の子のグループがあるそうで …

とうとう、その熱い波動は海を越え、エジンバラにもやって来た!!

その名もっっ

 EDB4 イーディービーフォー 
(Edinburgh 4)
c0027188_624631.jpg

プロデュースしたのは タコちゃんっっ!!

流行顔のアヒル口 がチャームポイントの4人組です~。

全員、夫持ち。

サインの代わりに、キッスは目にしてあげる~ 

歌って踊れる30代から40代の可愛い女の子っっ。

初のコンサートは、エジンバラ城にて!!

(なんちってな)
by yayoitt | 2012-01-04 05:38 | 英国暮らしって... | Comments(4)
老いゆく両親 追いゆく娘
今年は、父が80の傘寿の年。

母は77の喜寿の年。

看護師をしている頃、80歳の患者さんたちは、お爺さん、お婆さんで。

自分の親と、その方たちを結びつけるイメージは持たなかった。

年に一度だけ、20日間弱と与えられた時間。

それを彼らと過ごすようになって、数年が経つ。

鏡で、自分の顔を映す時に気が付く 時の流れ は緩やかだけど …

飛騨に帰って、両親と再会して感じる 時の流れ は、思うよりも急である。

その事実に、立ち止まらせられる。

立ち往生してしまう。

彼らが存在している限り、いつまでも 子供 で居てしまう自分。

彼らの顔を見た瞬間から、甘えん坊の子供 になる自分。

その彼らは …

私の気が付かない時間と空間の流れ、そして親としての配慮の中で …

膝を痛め、風邪をこじらせ、心臓を弱め、血行を悪くし、気力を失っている。

一年前に、両親が送ってくれたカレンダーが、その用を終えた。
c0027188_142837.jpg

カレンダーの裏には、母の文字と言葉が書かれてある。
c0027188_144915.jpg

 神様の手のひらの上で、楽しいことのいっぱいある年でありますように …

と。

もう40を過ぎた娘の為に、娘夫婦の為に、祈っている。

この両親に。

この2人の愛する人々に …

私ができることは、なんだろう …。

甘えん坊で、とろくさい末っ子が、彼らにできることは …。

もう何年も、同じく自問しながら、また、新しい年が明けた。
by yayoitt | 2012-01-03 00:31 | 遠くにて思う日本 | Comments(16)
ノーマン 新しい年を詠(うた)う … 
ノーマン譲が

2012年の抱負 だと

詩を作りました。

あの有名な 雨ニモマケズ を真似て …。
c0027188_6273093.jpg


 雨ハチョット苦手デ
(雨ニモマケズ)

 風ニハマケズ
(風ニモマケズ)

 雪ナラ喜ビ夏ノ暑サハココニハナク
(雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ)

 丈夫ナカラダヲモチ
(丈夫ナカラダヲモチ)

 慾バカリ
(慾ハナク)

 決シテ食ベルコトハ諦メズ
(決シテ瞋ラズ)

 イツモシヅカニ狙ッテヰル
(イツモシヅカニワラッテヰル)

 一日ニ出来ル限リノ食べ物ト
(一日ニ玄米四合ト)

 落チテル物ハナンデモタベ
(味噌ト少シノ野菜ヲタベ)

 アラユル食べ物ヲ
(アラユルコトヲ)

 ジブンノ胃袋ニ入レ
(ジブンヲカンジョウニ入レズニ)

 ヨク鼻ヲキキシワカリ
(ヨクミキキシワカリ)

 ソシテワスレズ
(ソシテワスレズ)

 エジンバラノフラットノ
(野原ノ松ノ林ノノ)

 三ツノベッドノドレカニヰテ
(小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ)

 東ニフレンチフライアレバ
(東ニ病気ノコドモアレバ)

 行ッテ拾イ食イシテヤリ
(行ッテ看病シテヤリ)

 西ニ残リ物ノ匂イアレバ
(西ニツカレタ母アレバ)

 行ッテソノ居場所ヲ追ヒ
(行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ)

 南ニ死ヌホド良キ香リアレバ
(南ニ死ニサウナ人アレバ)

 行ッテ掃除機登場デス、トイヒ
(行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ)

 北ニ犬ノケンクヮヤ遠吠エガアレバ
(北ニケンクヮヤソショウガアレバ)

 ヤリタイダケヤレトイヒ
(ツマラナイカラヤメロトイヒ)

 ヒドリノトキハ眠リコケテオキズ
(ヒドリノトキハナミダヲナガシ)

 サムサノナツニハスッカリ慣レ
(サムサノナツハオロオロアルキ)

 ミンナニ底ナシノ胃トヨバレ
(ミンナニデクノボートヨバレ)

 ホメラレルト走リ回リ
(ホメラレモセズ)

 止メラレル機会ヲ与エズ
(クニモサレズ)

 サウイフ犬デ
(サウイフモノニ)

 ワタシハイタイ
(ワタシハナリタイ)



2011年 クリスマスのカールトンヒルにて 
by yayoitt | 2012-01-02 06:29 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(8)
2012年に …
         おなじ星で

             地球という、限りのある場所で

    生きる機会を与えられた命

          あなたと私も、その命のひとつ

      おなじ空気と

                     おなじ水

          おなじ光を共有しながら

                          生きることを続ける
c0027188_1242585.jpg

           歩き続ける

                      走る

              食べる

  飲む

                 愛(いつく)しむ
c0027188_12440100.jpg

                               感じる

             いたむ

                 愛(いと)しむ
c0027188_1245791.jpg

         感じる

                      嘆く

                            叫ぶ

              呼ぶ

           耳を済ませる

                      聞こえる

                聞こえてくる

          感じる
c0027188_1251570.jpg

                         どうにかしなければと思う

               差し伸べる

  手を …

                 分け与えられるものを

                  愛する
c0027188_1253464.jpg

          抱き締める

                                傍にいる

        ずっと … 離れない
c0027188_1272016.jpg

                       夜に眠る

      砂埃に咳をする

                         水を求める

               海

                   生み

           守る
c0027188_1281012.jpg

                        感じて考える

      予測する

                想像する

         見える

                                見えてくる

                     おなじ星
c0027188_1283151.jpg

     おなじ空間

             そこで生きるすべての命

               ちっぽけ

                        自分の存在

          ちょっぽけで … すべて

                     光

                     の
 
                     矢

                     の

                     ご

                     と

                     く

              過ぎる生

                         守る

          守ることを知る

        そこが

                  そこが自分だけの空間ではないこと

            知ることがすべてと

   感じる

                          共有する

           共に生かされ

                     生きること






明けましておめでとうございます

2011年に、あなたと出会えたことを …

あなたと沢山の言葉や思いを交わせたことを …

心から感謝しています

2012年が、どんな一年になるかはわからないけれど

やっぱり、ただただ …

生かされて進んで行くのだろうと思います

あなたの1年に、沢山の微笑がありますことを …

by yayoitt | 2012-01-01 09:00 | 愛する動物のこと | Comments(15)