カテゴリ:愛する動物のこと( 515 )
何じゃなくて誰
わたしたちは

誰か であって

何か ではない
c0027188_20415287.jpeg
僕はコートじゃない

私はフードの縁じゃない

僕はブーツじゃない

私は耳当てじゃない

僕はつけまつ毛じゃない

(忠実に訳させて頂きました)

そう、この動物たちは、酷い状況で生かされ

そして多くが生きたまま毛を剥がされる

生まれてから絶滅するまでが苦しみ

そんな彼らの犠牲を

自分の欲の為に許して良いですか?



by yayoitt | 2018-11-05 20:41 | 愛する動物のこと | Comments(2)
同じ生として、しかし異種であることを受け入れる
愛する猫を中心に

家の中の物の配置がある
c0027188_21485823.jpeg
家具が傷付くだとか

猫は家具の一種であるとか

人中心で考える生ではなく

同じ生、けれど違う種として受け入れる
c0027188_21484279.jpeg
そんな友が懐かしい …

by yayoitt | 2018-10-09 21:48 | 愛する動物のこと | Comments(0)
あなたが食べる、目の色
あなたが知ってる

その動物

肉としてしか

食べ物としてしか

それ以上の 例えば命として

どれくらいの人々が想いを寄せるだろう?
c0027188_20582330.jpeg
彼らの目の色は

こんなにも違うって知っているだろうか?

彼らの目の瞳孔が

人間と同じ形だということは、どうだろうか?

恐怖で怯えるこの目たちは

もう、いない

誰かの食卓に上がっていれば

まだマシ …

多くが、無駄となる

by yayoitt | 2018-10-05 20:49 | 愛する動物のこと | Comments(2)
プーとピグレットの会話
c0027188_20173020.jpeg
プー

ぼくを殺す屠殺所は、人道的なのかな?

わからないよ ピグレット

君は生きたいのかい?

うん ぼくは生きたいんだよ

そうなら、答えはノーだよ ぼくのちっちゃな友よ

屠殺所は、人道的なんかじゃない

私なりに日本語に訳させて頂きました。
そう、屠殺に人道も何もない。
生きたい命を殺す行為に、言い訳はない。


by yayoitt | 2018-10-03 20:16 | 愛する動物のこと | Comments(0)
命に囲まれ、守るべく
季節が移ろい

短き夏を必死に生きた

セミが死に絶え

鈴虫が日中、夜通し音色を奏で

涼しさと共に

つい、つい、と飛ぶトンボを見る
c0027188_11115747.jpeg
全ての命が

生き続けていけますことを
c0027188_11114472.jpeg


by yayoitt | 2018-10-01 11:07 | 愛する動物のこと | Comments(0)
一匹の猫のために
レスキューの猫ばかり、6猫と暮らす友人。

彼女の一人暮らしの母親は、病気になり

もう、家に帰ることはできないこととなった。

母親には、一緒に暮らす猫の女の子がいる。

友人が子供の時には、この母親がレスキューしてきた猫が

多い時では11猫もいたという。

家に帰れない母親 …

家にたった独り残された猫。

今まで数カ月は、友が見つけた猫のシッターが来ていた。

けれど、人に慣れた猫はやはり、誰かと暮らさなくてはいけない。

色々と考え、悩み …

友は、決心したのだ。

アイルランドはベルファストから

海を越えて、スコットランドのエジンバラに

その猫を迎えに出掛けた。

フェリーと車で。

動物病院でいつも一緒に働いてきた、もう一人の友と一緒に。

すでに家族である6猫が

どんな反応を示すかわからない。

ずっと独りでいた彼女が、どんなに怖がるか。

けれど、きっと彼女は知っている。

これから一生、ずっと誰かが一緒なんだって。

だから、ジュリーの腕の中で …
c0027188_20353156.jpeg
彼女はこうして、ゴロゴロと喉を鳴らす。




by yayoitt | 2018-09-08 20:17 | 愛する動物のこと | Comments(2)
怖いよ
c0027188_22174775.jpeg

ぼくは、たった今

すごく乱暴に引き摺られて

連れて来られた、このケージの外を見てみるんだ

ママはどこ?

さっき一瞬だけママを見たはずなんだ

だってママは、あったかなミルクの香りがして

すごく心地良い感触がしたから

ぼくはママが

すごく大きな声で泣き叫ぶのを聞いたんだ

ぼくの足を誰かが掴んで

引き摺っていくときに

ぼくは立ち上がろうとしたけど

ぼくの足はとっても弱くて、できなかった

ぼくは今

ひとりぼっちで、すごく怖い

ママのところに行きたい

ママもきっと

ぼくを探しているはずだ

ぼくは

ママに叫ぶ

怖いよ

怖いよ

怖いよ

ぼくは、生まれたばかりの牛の男の子

そして、すごく怖いんだ

どうして、こんなことが起こってるの?

……

ぼくは、

ぼくの存在なんてどうだって良い世界にいるんだ

もうすぐ、ぼくは殺される

牛乳とか、チーズやクリームケーキをあきらめられないから


(英文を私なりに訳させていただきました)

乳牛が牛乳を出せるのは

その雌ウシが妊娠しているからだと知っていますか?

妊娠を繰り返すということは

その度に赤ん坊が生まれるということ

メスの赤ん坊は、母親と同じ運命に

では、男の子の牛は …?




by yayoitt | 2018-08-18 21:56 | 愛する動物のこと | Comments(0)
すべての生き物
c0027188_20150806.jpeg
すべての

生き物に

親切でありたい

そう、生き物すべて。

虫も、クモも蜂も、みんな。

すべて。

by yayoitt | 2018-08-08 20:12 | 愛する動物のこと | Comments(2)
元気に育て
巣に近付けずに

離れた場所で見守る
c0027188_14191758.jpeg
親ツバメに
c0027188_14184193.jpeg
ゴメン と謝りながら。
c0027188_14181992.jpeg
可愛いヒナに挨拶。

元気に育つんだぞ〜〜

by yayoitt | 2018-07-31 14:17 | 愛する動物のこと | Comments(2)
社を守るナッツ
どうやらナッツ

守っているらしいのだ
c0027188_22385502.jpeg
何からかはわからない

でっかい金タマ下げてるから

他のオス猫からかも知れないけど
c0027188_22395082.jpeg
もしかしたら、悪とか

邪気とか

もしくは

この荒れた現代という世の中とか
c0027188_22402779.jpeg
まあ、何にしろ

守っているらしいのだ

ご苦労だな

ナッツ

by yayoitt | 2018-07-20 22:32 | 愛する動物のこと | Comments(8)