カテゴリ:愛する動物のこと( 505 )
闘牛の前に行われることとは …
闘牛という、ショーの前

牛の耳には、濡れた新聞紙が詰め込められる

目が見えなくする為に

両目にバセリンを擦りこまれる

呼吸ができなくなるように濡れた綿を両鼻に詰め込められる

性器に、針が埋め込まれる

とても強い刺激物のクリームを足に塗られ

バランスを保てなくさせられる

しかも、その痛みにより

座ったり寝転がることができず

牡牛は立ったままの姿勢を強制される
c0027188_15315523.jpeg
闘牛場に入る前の数日間は

真っ暗な箱の中に入れられている

そうすることで、精神を混乱させるのだ

闘牛場につながる暗いトンネルを

牛は、光を求め

この暗闇地獄からようやく解放されると

走って抜け出ると …

観客と闘牛士の待つ、殺しの闘牛場なのである

(英文を私なりに訳させて頂きました)

… 私たちは一体、物事の何を見ているのだろう?


by yayoitt | 2018-07-18 15:57 | 愛する動物のこと | Comments(2)
スコットランドには見ない、スコテッシュフォールド
日本に帰って来て、最初のニャン友。
c0027188_21155536.jpeg
近所に住んでいるらしい、男の子。
c0027188_21160983.jpeg
スコテッシュフォールドのジンジャー猫。
c0027188_21162115.jpeg
とっても人懐っこくて、お喋り。

スコットランドの猫種なのに。

スコットランドで出逢った試しがない。

こんにちは。

by yayoitt | 2018-07-16 21:15 | 愛する動物のこと | Comments(2)
酪農の牛のことを、よく考えてみる

c0027188_01282224.jpeg
酪農の乳牛のことを考える

乳牛がお乳を出すということ

つまり、常に妊娠しているということ

妊娠した牛は、出産する

出産するとどうなるか

雌の子牛は、母親と同じ運命を辿る

では、オスの子牛は?

お乳を出せない彼らは?

まず、生まれてすぐに母親から離される

彼らは 子牛肉 の為に殺される

子牛の肉は、すごく柔らかい

それは筋肉が付いていないから …

筋肉をつけないためには?

運動できないようにしておく

彼らは生まれて来て、ただ繋がれて、殺される

酪農って、そういうことなんだ


by yayoitt | 2018-06-03 01:20 | 愛する動物のこと | Comments(0)
あなたのことで知りたいことは …
c0027188_02095380.jpeg
あなたが、どれほどに才能があろうと

どれほどに裕福であろうと

どんなに賢くあろうとも

私が、あなたのことで知る必要があることは

ただ1つ

あなたの動物に対する態度である


(私なりに訳させて頂きました)
by yayoitt | 2018-05-21 02:09 | 愛する動物のこと | Comments(0)
大きな身体で、棚から牡丹餅
雄のキジの頭上には

鳥の餌カゴ
c0027188_21474057.jpeg
そこに来るアカリスが
c0027188_21493086.jpeg
ポロポロこぼす餌を

キツツキがくちばしで突いて落とす

小鳥の餌を
c0027188_21543772.jpeg
下でウロウロと歩きながらまってる

by yayoitt | 2018-05-12 21:46 | 愛する動物のこと | Comments(0)
出会った猫 父の生家にて
訪れた田舎の

父の生家

そこに建つ、古い建物

昔は鶏を飼っていたのだと

一緒に出かけた姉が教えてくれた。

その小屋の中に

c0027188_20191392.jpeg
もしかして起こしちゃったかな
c0027188_20181823.jpeg

by yayoitt | 2018-03-05 20:16 | 愛する動物のこと | Comments(2)
ひとつの…
c0027188_20165072.jpeg

一本の木が、森の始まりであり

1人の微笑みが、友情の始めともなり

ひとつの手が、魂を持ち上げ

ひとつの言葉が、ゴールの組み立てとなることもあり

一本のロウソクが、暗闇を一掃し

ひとつの笑いは、憂鬱な気持ちを征服することさえできる

一個の希望で、あなたの気持ちは高揚し

ひと触れする行為は、どれほどに気に掛けているのかを示し

ひとりの人生が、大きな違いを生み出す

今日、私もなにか ひとつ になろうではないか!

(英文は私なりに訳させて頂きました)

by yayoitt | 2018-02-26 20:03 | 愛する動物のこと | Comments(3)
彼らが帰って来られる国
日本に、故郷に帰るたびに気になることがある。

野生の動物が、共生できるか否か。

悲しいことに、実の多くのクマたちが射殺や捕獲され

残された小熊も生きられずに死ぬこととなり

もう、日本からクマが消え去る日はそう遠くない。

そう、このままでは。

傍に居る、ツバメ。

夏を前に帰って来る彼ら。

東南アジアで冬の間を過ごし、時間と力を果たして日本に帰る。

果たして彼らは …

帰って来れるのだろうか?

昔の我が故郷の町には、ツバメがたくさん飛来していた。

自分の家にツバメが巣をかけたら喜び、翌年の帰来を祈ったもの。

しかし、ここ数年はどうだろう …。

見た目の清潔 ばかりを気にして

古い巣を取り払い、新しい巣をかけさせぬように工夫を凝らす。
c0027188_15485665.jpeg
人間様って、正直、何様だ?

と聞きたくなってしまう。

こんな 整然として美しい されどツバメも一緒に暮らせぬ 町は悲しい。

胸を痛めていると …

この地方の大手のスーパーの正面の自動ドアに …
c0027188_15484315.jpeg
こんな張り紙を見かけて嬉しくなった。



by yayoitt | 2018-02-16 15:47 | 愛する動物のこと | Comments(4)
最高のセラピスト

c0027188_07435087.jpg

最高のセラピストは

毛皮に包まれ

四足を持っている

(そのまま直訳させて頂きました) 


by yayoitt | 2018-01-12 07:41 | 愛する動物のこと | Comments(4)
そんなにも美しい あなたを

そんなにも美しい

あなたを

どうして食べることなんて

できるでしょうか

c0027188_03345301.jpg

(私なりに訳させて頂きました)

… まったくに。

見た目の美しさだけではなく。

その命の美しさを。

どうして、殺めて食べたりできようか。


by yayoitt | 2018-01-09 03:30 | 愛する動物のこと | Comments(0)