闘牛の前に行われることとは …
闘牛という、ショーの前

牛の耳には、濡れた新聞紙が詰め込められる

目が見えなくする為に

両目にバセリンを擦りこまれる

呼吸ができなくなるように濡れた綿を両鼻に詰め込められる

性器に、針が埋め込まれる

とても強い刺激物のクリームを足に塗られ

バランスを保てなくさせられる

しかも、その痛みにより

座ったり寝転がることができず

牡牛は立ったままの姿勢を強制される
c0027188_15315523.jpeg
闘牛場に入る前の数日間は

真っ暗な箱の中に入れられている

そうすることで、精神を混乱させるのだ

闘牛場につながる暗いトンネルを

牛は、光を求め

この暗闇地獄からようやく解放されると

走って抜け出ると …

観客と闘牛士の待つ、殺しの闘牛場なのである

(英文を私なりに訳させて頂きました)

… 私たちは一体、物事の何を見ているのだろう?


# by yayoitt | 2018-07-18 15:57 | 愛する動物のこと | Comments(2)
この子と暮らせたら
c0027188_22042227.jpeg

# by yayoitt | 2018-07-17 22:03 | 迷い犬、犬のこと | Comments(0)
スコットランドには見ない、スコテッシュフォールド
日本に帰って来て、最初のニャン友。
c0027188_21155536.jpeg
近所に住んでいるらしい、男の子。
c0027188_21160983.jpeg
スコテッシュフォールドのジンジャー猫。
c0027188_21162115.jpeg
とっても人懐っこくて、お喋り。

スコットランドの猫種なのに。

スコットランドで出逢った試しがない。

こんにちは。

# by yayoitt | 2018-07-16 21:15 | 愛する動物のこと | Comments(2)
体温より高い気温
体温より

高い気温の日

2時間半のガイドツアーに

観光客気分で参加

飛騨高山を、いっぱい知らないことを

学んだ楽しい日
c0027188_20332013.jpeg

# by yayoitt | 2018-07-15 20:32 | 飛騨での生活って | Comments(1)
乳糖であるとか、乳化剤であるとか
日本も少しずつ、ゆっくりではあるけれども …

変わりつつある、食のこと。

乳製品、卵を含まない食品の選択は増えている。

アレルギーの人の為、という意味だろう。

とても、ありがたいこと。

私のような、ヴィーガンにとっても。
c0027188_21004780.jpeg
私が、とても悩むのは、乳成分の表示。

乳糖ってなんだろう?

乳化剤に乳成分は含まれているんだろうか?

と。

いつも

原材料の一部に乳成分を含む

と書かれているのを見て、理解する。

同じ乳化剤にも、乳成分を使わないものもある。

英国には …

ヴェジタリアンに大丈夫、ヴィーガンに大丈夫

との表示がある。

そこまで、この日本に期待はしてはいけないけれど。

だからこそ、自ら、学んで知っていく必要があると思う。

人に頼らずに、ちゃんと自分で知って、学んで理解する。

そして、選択する。

この国に帰って来たからには …

初心を忘れぬ、ヴィーガン生活、して行こう。


# by yayoitt | 2018-07-12 20:52 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(0)
新しいジョブは、真新しいわ
日本到着、ちょうど2週間。

今週の月曜から、お仕事を始めました。

看護にお仕事でもなく、動物関係のお仕事でもなく …

けれど、未来には繋げていけるのではと感じる仕事。

そんな中で、動物のことも少しずつ語っていきたい。

小さいけれど、でっかい会社で、まずはパートで。

やっぱり、働いているって気持ちが良い。

追い追い、お伝えさせて頂きます。

まずは、出し惜しみ。

うふふ

# by yayoitt | 2018-07-09 20:35 | 飛騨での生活って | Comments(12)
大雨一過
優しい皆さま

ご心配して頂き、労いの言葉を頂き

心からお礼を申し上げます
c0027188_15402835.jpeg
多くの方々が命を落とされたり、被害に遭われています。

本当に、日本の災害には、胸を痛めます。

今日は、特別警報が解除され、久々の太陽です。

あっつい週に、なりそうです。

皆さまも、どうぞ良い週をお過ごし下さい。

# by yayoitt | 2018-07-08 15:49 | 飛騨での生活って | Comments(0)
特別警報なんて、聞いたことなかった
ここにも、出た、出た。

聞いたことのない、なんだか怖そうな響き。

特別警報

今日は午前から、昔一緒に働いた友人ご夫妻とランチを。

そのレストランで、突然のチャイムのような音。

皆の携帯電話から、音は出ていた。

… 知らなかった

楽しい時間を過ごしながらも、店の外に目をやる。

もにすごい雨量。

JR 働いた停まっているので、バスで帰宅。
c0027188_14584484.jpeg
マイコロと望む車窓には、土砂を含んだらしい水。
c0027188_14580515.jpeg
激しく流れている。
c0027188_14574498.jpeg
日本は、自然が極端に、その勢いを見せつけてくれる。
c0027188_14582442.jpeg
被害がこれ以上広がりませんように …。

# by yayoitt | 2018-07-06 14:55 | 飛騨での生活って | Comments(12)
ホームレスの犬たちが、熱中症に …
スコットランドは今年

前代未聞の、暑い夏と面と向かっている。

慣れない高気温は、人も犬たちも同じ。

ただ太陽の下にいるだけで、簡単に熱中症になる。

人々がつい、見過ごし、忘れてしまうのが …

ホームレスたちの犬である。

熱いアスファルトの上で、炎天下の下で …

中には、水も水を入れるボウルも置かれていないものも。

彼らは、飼い主を選べない。
c0027188_16112429.jpeg
人々は、見ぬふりをして通り過ぎる。

犬好きの人であっても きっと大丈夫 と通り過ぎる。

街の中には、水飲み場というものがない。

ただで水を汲める場所も皆無である。

ホームレスが水を欲しかったら、買わなくてはならない。

ボトルの水は、安くはない。

私達は、彼らにちゃんと目を向けるべきである。

彼らは飼い主を選べない。

地域で、彼らを守る義務があるはずである。

せめて、日本の公園には必ずある …
c0027188_23045256.jpeg
こんな水飲み場を、提供してはくれないだろうか。

そう、懸念するのである。


# by yayoitt | 2018-07-03 16:10 | 迷い犬、犬のこと | Comments(0)
大雨の後
日本到着後、数日目の1日は

雷を伴う激しい雨。

スコットランドでは、それほどの雨量というのを

体験することがないほどの。

その翌日

土砂崩れでJRの鉄道一部が埋まってしまった

下呂温泉と飛騨高山間が、不通に。

いつでも、溢れかえるほどの外国人観光客の飛騨。

すっかり遮断されてしまった飛騨。

我が故郷の、観光客に人気の古い街並みも …

誰もいない。
c0027188_23044111.jpeg
日曜の午後なのに。

# by yayoitt | 2018-07-02 23:04 | 飛騨での生活って | Comments(2)
懐かしの …
今まで17年間

思い出して、懐かしいと思ってきたのは

日本のことだった

それが今
c0027188_23005674.jpeg
目を閉じて懐かしむのは
c0027188_23011247.jpeg
スコットランドなのだから
c0027188_23013007.jpeg
やるせないではないか

# by yayoitt | 2018-07-01 22:56 | スコットランドって... | Comments(2)
こんなに蒸し暑い日本か〜〜
火曜日の夜遅くに

飛騨の家に到着

想像以上の蒸し暑さに

ばてっておる次第 …

父と母は仲良く なんでも鑑定団 を鑑賞中
c0027188_20143311.jpeg
車を決め

仕事を決め

生活、進めて行こう

犬を、早速に迎えられるように …

# by yayoitt | 2018-06-28 20:19 | 飛騨での生活って | Comments(10)
スコットランドをいっぱい
合計、17年暮らしたスコットランド

まさかの、転機

マイケルと2人で、日本に帰ります

きっと、うまくいく …

色んなことが

そして、動物たちと暮らす

大丈夫だって自身に言い聞かせ

あっつい日本へ向かいます

スコットランドを、い〜〜っぱい

かっ下げて、引き摺って …
c0027188_19514480.jpeg
うん、そう、きっと、良い感じになる
c0027188_19520145.jpeg
ブログは日本から … 続きます〜〜 109.png

# by yayoitt | 2018-06-25 19:56 | スコットランドって... | Comments(22)
皆様へ
ブログへの投稿と コメントのお返しが、できにくくなっています。数週間前にも同じことがあったのですが。修復次第、コメントのお返事とブログ更新いたします。
# by yayoitt | 2018-06-24 19:21 | Comments(2)
スタリオンとポニー
義理の姉と彼女の旦那の田舎の家。

その隣に広がる大きなフィールド。

3日ほど前から、大きなオス馬と小さなオスのポニーが現れた。

フィールドの所有者の農家の馬だそう。
c0027188_19141090.jpeg
馬とは、私は経験がほとんどないけれど。

いつか、ちゃんと馬に接することができたらと …

いつも願っているのである。
c0027188_19144956.jpeg
ある女性がこう言った。

犬は家族 馬は親友大きな体に偉大な性格

彼らは何て神秘的な動物かと思える。

# by yayoitt | 2018-06-18 19:09 | スコットランドって... | Comments(2)