人気ブログランキング |
2009年 12月 05日 ( 1 )
たった1パウンドの命
この、小さな小さな小鹿
c0027188_3555340.jpg

母鹿が車に撥ねられた後、帝王切開によって、小鹿が生まれた

ワイルドライフ病院でのことだった
c0027188_3562240.jpg

掌にすっぽりとはまる、小さな小鹿は、獣医師が母鹿を救えなかった後、生まれてきた
c0027188_3552467.jpg

高さ、たった18cm ・・・

体重は0.5kg ・・・
c0027188_3545539.jpg

彼は、バッキンガムシャーのワイルドライフ病院、集中治療センターの保育器にいる

まだ、ごく最近、目を開いたばかりである

生後5日
c0027188_3541617.jpg

病院のスタッフは、こう語る

 鹿は、とても(こういう状況での生存が)難しいんです
 けれど、この子には、強い精神があります
 彼は、とっても元気が良い男の子で、けっこう、押しの強い子なんですよ


(大切なお友達から、教えて頂きました ・・・ )
by yayoitt | 2009-12-05 03:37 | 愛する動物のこと | Comments(23)