人気ブログランキング |
2008年 04月 14日 ( 1 )
オリンピック大掃除 死のキャンプ      北京より
オリンピック開催に向け、中国は北京で、飼い猫の大掃除が行なわれている。

何十万匹もの飼い猫たちは、その飼い主によって家を追い出され、

そして捕えられ、中国政府の秘密の檻(囲い)に入れられ殺されている。

その目的 ・・・

          オリンピックに向けて北京を綺麗にする為 

1日に、何百匹もの猫たちがケージの中に沢山押し込まれ、身動きも取れずに
ひしめく。
c0027188_3223558.jpg

ケージの猫たちは、北京郊外の 死のキャンプ と愛護団体が現す場所に
連れて行かれる。

この、猫の大虐殺が始まったのは ・・・

中国政府が、猫が持っている病気の蔓延を懸念し、市民もオリンピックに向けて、
街や通りを綺麗にしたい、と考えたことによる。
       (英国新聞 Daily Mail から私なりに訳させて頂きました

オリンピックが開かれる場所(国)として選ばれることは、国の経済的効果もあり、
国としてはとても喜ばしいことと捉えます。

しかし ・・・ その為に森が伐採されたり、自然が追いやられたり、
動物が蔑ろにされていることも確かです。

4年に一度のオリンピックの、本当のその楽しみの意味を考えたいです。

無残に痛めつけられ葬られた命の上に立つ聖火は、尊いのでしょうか?

こちらで、北京の猫大虐殺反対の署名ができます。

長い長い歴史の中国という国。 

その美しさや素晴らしさを、人間勝手な行為で汚させるのを抑える為にも。

by yayoitt | 2008-04-14 02:25 | 愛する動物のこと | Comments(26)