2006年 07月 08日 ( 1 )
日本滞在紀 第十三章 沖縄メンソ~レ~旅 2
結婚式の前夜祭。

沖縄での歓迎会。

新しい親戚との初顔合わせ。

その沖縄料理の店は、居酒屋のようで料亭のようで風が通る涼しい場所だった。
c0027188_215252.jpg

M君のおじいちゃん、おばあちゃん、ご両親を初め兄弟姉妹、従妹達が集まっていた。

男性は皆、おじいちゃんも、沖縄らしいそれが正装であるのだろう、沖縄シャツ(かりゆしウエア)を着ていた。
c0027188_2202143.jpg
c0027188_2204258.jpg

細長く一列に並べられたテーブルを挟み、上座に H菜 一族(H菜の祖父母、母、姉、叔母、従姉妹兄弟)が座り、向い合って M君 一族(祖父母、両親、妹弟、叔父、叔母、従姉妹兄弟)が座った。

私の目の前に座ったのは、見るも かわいい~~~ 沖縄の中学生(男子)達だった。

最初は、運ばれてくる料理について これは何か? など簡単な質問をして、それに詳しく応えてくれていた彼らも、ちょっとづつ打ち解けてきたのか、色々、沖縄のことなどをも話し始めてくれた。

  率直な感想 ・・・ とにかく正直で真面目で、所謂すれたところがなく、良い子たちである。

出される料理は、あいにく殆ど何も手を付けられない私に、“ これは草だから食べれますよね? ” とか “ 海草はいいんですよね ” とか言って、自分は寿司を食べては、私に大根千切りを “ どうぞ ” と言って残してくれると、思わず微笑んでしまった。

  率直な感想 ・・・ かわいいなぁ~~~~

  率直な感想 ・・・ 私が中学生やったら、こんな男の子を好きになるわぁ~~~

  淫らな感想 ・・・ うひひひひひひひひ~~~~

てびち (豚足煮付け) が出るとさすがに私も少したじろんだが、それがいかに美味しいのかという理由は、香りと浮かぶ油の量で、とてもよくわかった。
c0027188_217328.jpg

姉も両親も、てびち をズルズルと食べている間、やっぱり私は大根の千切りとワカメをわざび醤油で食べていた。

宴もたけなわ、人々が移動してはお酒を次いで廻り出すと、私のところに M君のお父さん がみえた。

泡盛(あわもり)を注がれながら、その飲みやすさに舌鼓を打ち、色々、お父さん と語り始めた。

お父さん は、“ お姉さんから妹さんのことを聞いていて、是非話がしたいと思っていたんですよ ” と話し始めた。

話せば話すほど、この出会いが、偶然ではない気がしてならなかった。

                      お父さんの話 とは ・・・

お父さん は仕事柄、出張で出掛けたカナダで、エコロジーライフ というものを経験し、日本に帰ってから何とかそれを広めようと努力している。

環境に優しい生活、動物と自然に優しい生活、本当の意味での自然、動物との共同生活、それを沖縄から始めよう ・・・ としている。

まずは 自家製農業 も始めてみた。

そして、それを誰かに伝えるべく、長男の M君 を誘ったら、カナダの視察に付いて来た。

視察旅行の話をお父さんがしていると、まだ若い M君 が 私達の隣に座ってお父さんの話に耳を傾け始め、頷きながら “ 本当によかった、とっても感激した ” と真面目な顔で言った。

自然環境のことを考え出すと、自然と動物保護にも思いは繋がる、また反対に、動物保護を思えば思うほど、自然環境保護を無視せずにはいられなくなるのだ。

M君 が “ お父さん、毎日毎日この話ばっかりだからもう、誰も話聞いてくれる人、いないんだ ” 

お父さん は “ 妹さんがベジタリアンと聞いて、ああ、きっとこの人なら、僕の言う話がわかってもらえるだろうって、思ったんです ” と言われた。

その通りだった。

わかるどころではなく、痛いほど、切ないほど、苦しむくらいその熱い思いが、よくよくよくわかった。 

私が疑問に思っていたことが1つあったので聞いてみた。

 “ ベジタリアン って言葉を知っている人ってそうは多くないし、知っていても、私がそうだと言うと(実際にはヴィーガンなのだが)大抵は、なんで??と聞かれるのですが、どうして お父さんやM君の従兄弟さん達は、驚きもせず受け止めてくださったんですか? ”

お父さんが応えた。

 “ 前に、カナダの視察旅行の後から、その関係で、あるカナダ人の女の子をホームステイさせたたんだけど、彼女がベジタリアンだったんだよ。だから、みんな、ベジタリアンをよく知ってるんだよね ”

数時間前に会ったばかりのこのお父さんと、こんなに一生懸命に思いを語り合い、頷き合い、賛同し合ったこと ・・・ どうしてもこれは偶然だとは思えなかった。

何か、繋がっているんだ ・・・ そう思えて仕方がなかった。

お互いの理想の未来を誓い合い、そして 頑張りましょう と励まし合い、宴はそろそろ幕を下ろしたのだった。
by yayoitt | 2006-07-08 01:09 | 06 羽伸ばし日本旅行 | Comments(10)