人気ブログランキング |
父からの短いメール
父からの、短いメール。

それは飛騨弁で ・・・

懐かしい写真と共に。

いつも、ノーマンと一緒に歩いた川の土手。

あの日々と、変わらない景色。

ただ、父は少しだけ疲れていたりして。
c0027188_4362331.jpg

          桜も 終り、 いよいよ 田んぼや おりゃ

                   (おりゃ は飛騨弁で 俺 の意)

田んぼの力 と書いて 男 と読む

男という字を見ると、やっぱり私は、父を思い出す。
by yayoitt | 2008-04-30 03:30 | 遠くにて思う日本 | Comments(23)
Commented at 2008-05-01 05:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akibrandy at 2008-05-01 14:51
そっかー。おりゃ いよいよ 田んぼ か。
パパえもん、無理せずに楽しく今年も田んぼが出来るといいね~。
もうすぐ会えるね~。
やぁちゃんがパパえもんの田んぼを見る頃は、きっと稲が青々としているんだろうなぁ...
Commented by chuchu03425 at 2008-05-01 15:04
短い文にた~っくさんの愛を感じる^^ うふふ
パパえもん♪ 
Commented by kworca at 2008-05-01 15:19
色んな人からの桜の便り、そちらに居ながらにして日本各地の花見が出来てるじゃありませんかっ

Commented at 2008-05-01 18:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pokkunnnj at 2008-05-01 19:58
やっこさんへ
だんだん、年をとるにつれて、お父さんに、やさしい気持ちが湧くというか、大事に思う気持ちというか、言葉では言い表しにくいけど、
そんな気持ちがわくね~。
遠くにいるご両親に対する気持ちは、ひとしおでしょうね・・・
ご両親が遠く離れた末っ子のやっこさんを思い、
最新機器でメールを送る。
やさしい思いを感じます(*^_^*)
Commented by 苺一絵 at 2008-05-01 21:52 x
お父さんの、やっこさんへの想いが伝わる、短いメールですね。
お父さん、やっこさんに早く会いたいだろうなぁ・・・。
Commented by petsanhouse at 2008-05-01 23:58
やっこさん、こんばんわ。 ふふふ、どこのお父さんも一緒かしら? 私の父も口数が少なくって、電話で話しても2-3分で、手紙が来ても何だかよそよそしく、2-3行。 「日本の父」って感じです。(笑) でも、きっと人一倍心配したり、会いたがっていてくれるんでしょうね。 やっこさんの大好きな土手、憶えていてくれているんですね。 優しいお父さんですね。
Commented by ピータン at 2008-05-02 00:59 x
美しい風景写真ですね。
chuchu03425 さんや petsanhouseさんらが、言われるように、愛を感じずにはいられません。

この写真に、やっこさんの「ふるさとへ帰りたい!今すぐ!」という想いが膨らまないといいです。
Commented by martini_glass at 2008-05-02 04:43
お父さんも手紙を書いてくれるのですか。いいな。
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:06
鍵コメ at 2008-05-01 05:59 ちゃん

あらあら、お嬢様ぁ~~~ん♥  笑!!

虜 ・・・ 虜 ・・・・ って、ぶふふふふふふ

そっれにしても、見たよ見た!!
すっごいねぇ ・・・。まじでさぁ、惚れちゃってるよね? ふふふ
かわいいなぁ ・・・ なんだかね、若いって、良いぞっっ!

ふふふ 虜って ・・・ くくく

歌詞、こういうの、むっちゃ、好きっっ。

ありがとうね、お嬢様ぁ~~~。 笑 
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:07
付け足しっっ

ほいじゃぁ、一緒に ・・・ 虜っちゅう、ことだなぁ~~。
むふふふふふ(← ええええ!! 笑)
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:09
亜紀ちゃん

ぶふふ

亜紀ちゃんはぁ、おみゃぁ~、いよいよ、田んぼかぁ~ って
言うんだよっっ。

おみゃぁ、は、お前、あなた、の意ね!! ふふふ

パパ衛門、本当にさ、もうすぐ80なんだから、無理して欲しく
ないんだけど、天然万年お猿さんなんだなぁ ・・・。

9月には、新米を頂ける!! ありがとうね!
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:10
もりこちゃんっっ

そうなんだよねぇ ・・・。
何も飾らない、気取らないこの言葉の中に、
なんだか、いっぱい、彼らしい気持が、入ってる感じがするよ。

パパ衛門っっ うふふふふふ 

もりこちゃん、ありがとうなっっ! 
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:12
桂子っちんっっ

札幌の桜も ・・・ 見たもんねぇ~~~~ (むっちゃ自慢顔)

日本各地の花見 ・・・ でもさ、でもさ、やっぱりできれば、
そこに友や家族と、そして、頭上の桜が、欲しいっすよ~~~。

贅沢だなぁ ・・・。 ふふふ 
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:14
鍵コメ at 2008-05-01 18:49 さん

お返事を、本当にありがとうございました!
私も、エジンバラの PETA に入って是非、何か出来ることを
実際に活動できたら、と思っていますが、何もまだ準備をしていない
ので、今から調べて行きたいです。

早速、リンクをさせて頂きます。

ご許可いただき、本当にありがとうございました!!

更新再開、心待ちにしております!! 
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:20
ポッキーママへ (ふふふふふ ← まだ照れてるらしい 笑)

うんうん、その気持ち、とても良くわかる!!
なんだろう ・・・ 自分の年齢が、親が自分を育ててくれている
年代に入った時からだんだんと、彼らの愛情を理解できるようになる。

確かに、本当に、言葉では言い表しにくいね ・・・。

もうすぐ80になる父親、自分の親が80というのが信じられない。

だけど、親は確実に、年老いていくんだよね ・・・。
離れてみると、本当に本当に、彼らへの思いがただただ募るねぇ。

うんうん、おじいさんなのに、携帯で ・・・ 笑
そして、ゆっくりだけどPCでネットもしたり ・・・ かわいい人です。

ありがとうね、ポッキーママ!! 
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:23
苺ちゃん

うんうん、そうなんだよね、この短い中にいっぱいの思いが
詰まっている感じだよねぇ ・・・ ふふふふ

この前、お祭りの時に電話があって “ 9月まで待っとるで ”
って言われた時には、少しドキッとしたんだ。
だって、普通なら、“ 9月、待っとるで ” なのに、
まるで、9月までは頑張って元気で待ってる、みたいな言い方でね。
彼は気が付いてないんだろうけど、確かに、年老いてきた、父。

苺ちゃん、本当にありがとうね! 
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:26
petsanhouse さぁ~~ん!!

おはようございますっっ!!

そうなんだねぇ ・・・。
沢山は語らないけれど、でも、だからこそ、その言葉の中に
大切な思いとか、気持ちが隠されていたりするんだよね。

手紙で2~3行 ・・・ ふふふ なんだか、愛しいですねぇ。

うんうん、日本の父だよねぇ ・・・。
不器用で、だけど涙もろくて ・・・。笑

この土手は、いつもノーマンと散歩してたので、よく仕事中の
父に遭遇してたんだぁ~。
なんて言っても、人口1万5千人ほどの町だからねぇ ・・・ 笑

ありがとうね!次はいつ、日本へ? どきどき 
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:29
ピータンさん~~

良いですよ、是非、飛騨古川に来て下さいよ!
この風景に出会えますよ!!

ふふふふふ

・・・ ふるさとへ帰りたい!今すぐ! という想い ・・・

もうですねぇ、膨らんで膨らんで、はじけそうです。 笑

でも、9月に3週間、帰ります。
はい、飛騨へ!! 

ピータンさん、娘は大きくなってから、父親をとても慕います。
反抗期とかあるけれど、でも、ちゃんと与えてもらった愛情は、
忘れてないものです。

新米パパへ ・・・ ふふふ ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2008-05-02 05:31
martini_glass さん~

そうですね、父は時々だけど、母と一緒に手紙を。
そして、時々、携帯で映像とか用件を、また時々、PCを開いたら
メールを送ってくれます。

短くって良いんですよね、元気でいてくれれば ・・・ 
本当はもう、何も要らない ・・・。

日本への帰国予定は、ありますか?

ありがとうね!
Commented by martini_glass at 2008-05-03 09:00
今年は帰れるといいな~くらいで分かりません。
Commented by yayoitt at 2008-05-04 04:25
martini_glassさん

今年は、思い切って

帰りましょうよ ・・・。ね?
<< 世界を震撼させている父親  たかがオナラ、されどオナラ >>