人気ブログランキング |
日本ちょっぴり切ない旅 何てったって北海道だもん    (小樽とシロクマと涙)
愛する道産子たちとの長い夜は、時よ止まれ!と祈りも叶わず更け ・・・

札幌で宿泊させてもらった 桂子さん のおうちに朝の日差しが ・・・
c0027188_356157.jpg

             日差しの中でまどろむわんさ

今日は、お仕事がお休みの カッタン と3人で出掛けることに ・・・。

遡ると、2005年の9月25日 ・・・

ブログを通して言葉を交わしたんだっけ。

ブログを通しての人との出会いって不思議だなぁって、しみじみ思う。

同じ熱い思いをきっかけに知り合って、そして沢山の言葉を交わす。

まだ一度も出会ったことはないのに、心は深く強く結ばれる ・・・ 結束される。

そう、深い深いところで。
c0027188_2222129.jpg

愛する道産子たちとは、動物への思いを同じくし、互いの強い気持を知りながら歩んで来た。

お天気が良い中、桂子さんの車で、Cooを膝に乗せ(わんさは桂子さんの膝で)出発っっ!

まず、カッタンを迎えに ・・・ おサルのマスクを被って ・・・。

カッタンの家の前で車を止め、サササッッ と外に出たけど、見られていた。

数人の人が確実に、真昼間からサルのマスクをかぶった女性を見てた。

家の中から、カッタンが出て来た ・・・ お母さんが愛犬のモモを抱いて隣に。

マスクのことは忘れ(笑)、お母さんに挨拶し、会いたかったモモを抱かせてもらった。

モモは、車の中で興奮しているCooとわんさに、少し怯えていた。

愛しいモモ、愛しいCoo、愛しいわんさ、昨夜会った愛しいちゅう、愛しい空ちゃん ・・・

愛しい人々と愛しい犬たちとの出会いは最高だぁ~~

さぁ ・・・ 時間に追われつつ向かったのは、小樽市。

長い一日の始まり、今日はまず、3人で映画を見るんだ。

きっと独りでは、勇気がなくって見れない映画だった。

彼女たちとなら一緒に見たい、そう思えた映画だった。

北極のナヌー
c0027188_2495160.jpg

北極の氷は、確実に近い未来に融け去ってしまう。

そこで生きている北極熊たち ・・・ 彼らの姿はきっと、それと共に消え去る。

諦めたくはないけれど、だけど、それは止めきれない現実なのかも知れない。

そんな現実を生きる、北極熊の親子(母親、メスのナヌー、そして弟)を追ったドキュメンタリーである。

彼女たちが側にいてくれたからこそ見られた映画である。

感謝の言葉しかない ・・・。
c0027188_3474150.jpg

          映画館のトイレにて ・・・ 映画の前に
c0027188_4304696.jpg

        トイレの中にあった ・・・ これは、何語??

桂子さんは、アラスカにその5月に行っていた。

カッタンは、数ヵ月後にアラスカに行こうとしていた。

いつの日か、一緒にアラスカに行けますように ・・・ そう願う今である。

だだ漏れの私はやっぱり、始まりから終わりまでずっと漏れたままで。

考え込んだ3人は言葉少なに、太陽の光を感じて屋上に惹かれて行ったら ・・・
c0027188_3591311.jpg

        海を見渡すそこは ・・・ 雲ひとつない青空で ・・・

もう少し信じて生きてみたい、シロクマの生き続ける姿を願いたい ・・・ と誓った。

次の予約時間が迫っているので、カッタンは遅れる詫びの電話を、桂子さんは急いで次の目的地に向ってくれた。

そこは、小樽市内から天狗山に向かって坂を登った ガラス工房 ザ・グラススタジオイン小樽 だった。

吹きガラスを体験しよう! と誘ってくれていたんだ。

その様子は ・・・ カッタン と 桂子さん のこちらを ・・・。

北極のナヌーに誓いを ・・・ 

それぞれの作品の底には、その日の日付と K Y K のイニシャルが焼かれている。
c0027188_436518.jpg

c0027188_4372344.jpg

このグラスで水を飲む度に、思い出す誓いがある。

北極のナヌーへ、守り続ける誓いを ・・・

(この後まだまだ、愛しい命との出会い、そしてもりこちゃんとの再会に続く ・・・)
by yayoitt | 2008-04-04 00:25 | 07 日本秋旅行 | Comments(8)
Commented by chirorin_wan at 2008-04-06 05:41
おーー、懐かしい。。
去年の事が思い出されるよ♪

道産子達との想い出。。続きを見ることが出来て良かったぁ~☆
サルのマスク・・って、突然玄関に現れたら・・怖いがな(笑)
道行く人は・・ん?さ・撮影??とか思ったかな?(笑)

北極のナヌー。。気になりつつも見に行く事が出来なかったよ。。
胸がつぶれそうになるね。。
でも、現実を知らせるこの映画は。。沢山の人に見て貰いたい気持ちもあるよね。
30年後には・・氷がなくなるって・・その上で生きている動物達は・・
人間の為に・・本当に申し訳なくなる。。
何とか出来るかな。頭の隅にはあるんだけど、すぐ忘れがちになる『自分の出来る事』をしていかなくちゃ。。
可愛い吹きガラスのコップを使うたびに、やっこちゃんはこの日の誓いを思い出すんだね☆

Commented by kworca at 2008-04-06 18:33
トイレの中のそれは、きっとロシア語ですねぇ〜
小樽は、ロシア船が多く来るので。
Commented by piper-tama at 2008-04-06 20:10
やっこさん、小樽に来てたのね~ すぐ近くにすんでるんですー
会いたかったな・・・
小樽はロシア語の表示が多いんですよ。
Commented by azuretime at 2008-04-07 00:41
志を同じくする人と出会えるって、そして、しっかりと繋がっていけるって、凄いことですよね。
人と人との出会いって、どこであるか分かりませんね。
Commented by yayoitt at 2008-04-07 03:14
タカちゃん

がはははははっっ

1月からずーっと更新してなかった ・・・ 涙

今度、9月に日本に帰る時に間に合うのだろうか ・・・ 笑
タカちゃんとの出会いも、9月までには書き上げるぞっっ!

サルのマスク ・・・ そうそう、しかも人の玄関の前でウロウロって
嫌だろうにねぇ ・・・ ふふふふふ

道行く人はきっと、バカ だと思ったんだと思うよ。爆

北極のナヌー、私も一人じゃ見られなかった、
隣に桂子さん、反対隣にカッタンがいてくれたから見られた。
同じ思いを共有してくれる人と一緒だから、見られたんだぁ。

そう、30年って、凄くあっと言う間 ・・・
今正にもう、北極の熊たちは、餓死しつつあるんだものね。

自分の出来る事 ・・・ うんうん、ちょっとの努力で良い、
少しの考慮でできることを ・・・ 私も 敢えて 継続したいよ。

この日はね、忘れられない、北海道滞在が忘れられない、
そして日本滞在が ・・・ 宝物になったよ ・・・。

タカちゃん、ありがとうね!
Commented by yayoitt at 2008-04-07 03:15
桂子さん

ロシア語なんだ!!
どうりでさ、“クジラの消えた日”の文字っぽいって
思ってたんだぁ ・・・。

不思議な場所だよ、北海道って ・・・。 
Commented by yayoitt at 2008-04-07 03:17
piper-tama ちゃん

北海道ってことは知ってたけど、
小樽の近くなんだ!!!

事前にちゃんと話すべきだったなぁ ・・・ 悔しい ・・・ 涙

9月にまた、日本に帰るけど、もしも万が一、また北海道に
行けたら(行けるようにできたらな、って思ってるの)、
必ず連絡するからね。

小樽のロシア語の表示 ・・・ 本当に興味深いよ。
良いところだなぁ ・・・。 
Commented by yayoitt at 2008-04-07 03:20
苺ちゃん

うんうん、志を同じくする人との出会い ・・・。

ここでの出会い、そして実際に顔を付き合わせての出会い ・・・。

尊い、とっても尊いって思うよえ。

苺ちゃんと出会ったように ・・・
そして、いつの日か絶対に、苺ちゃんと顔を合わせて
お話ができることを信じてる ・・・。
だって、同じ気持ちを強く共有する人だから、
会わずにはいられない ・・・ ね。 ふふふ(照れっっ)
<< さくら さくら さくら ・・・... 微笑んでしまう写真たち >>