人気ブログランキング |
天城越え
きっかけは、高校1年生の時に見た映画だった。
c0027188_6534139.jpg

                天城越え
         (1983年 松竹 松本清張の小説から)

14歳の少年とある娼婦が、天城峠を旅している時に起きた殺人事件。
当時、怪しまれて牢獄に入れられたのは、その娼婦だった。
しかし、何かおかしいと30年間、事件を追い続けた老刑事。

時空を越え、物語は行ったり来たりする。

母親に裏切られ、静岡にいる兄を訪ねる為に、独り天城越えの旅に出た少年。峠の途中で、素足で旅するハナという女性と出会い、共に並んで歩き始める。だが、道中、旅の資金を手に入れる為に、行きずりの男に声をかけたハナ。無理やり少年と別れたハナの後を、密かに追った少年は ・・・ 
草陰で情交を重ねる二人の姿を目撃してしまう。

殺人事件で殺されたのは、その男であった。


テレビで見たこの映画に私は、文字通り、心を奪われてしまった。

ドキドキしながら本屋に走り、松本清張の原作 天城越え を買った。

自分の鼓動を聞きながら、一晩で読みきった。

その夜から、思いを重ねて来た場所が 旧天城トンネルのある天城峠 である。

自ずから 伊豆の踊り子 も読み返し、初めて読んだ時とは違った情景を浮かべたもの。

            いつか、行きたいんだぁ ・・・

      いつか、あの天城峠を、自分で越えてみたいんだぁ ・・・


そして、看護学校2年生の夏休み、両親にお願いをして、一人旅をさせてもらうことに。

足を運んだ旅行会社で、希望通りに宿を予約してもらい、列車の切符を準備してもらった。

中伊豆は 湯ヶ島温泉 の、国道414号線に面する小さな民宿に連泊しつつ、すぐ近くから出ている 天城峠 を 湯ヶ野温泉 に向けて独り、歩いた。

寂しい小雨の降る峠では、誰とも出会わなかった。

何時間も歩き、念願の 旧天城トンネル に出会った時、心も身体も震えたんだった。

峠の途中で度々、開いて読み返したのは、松本清張。

湯ヶ野温泉では、川端康成が滞在して執筆をし、伊豆の踊り子の舞台にもなった 福田屋(旅館) で立ち尽くした。

清らかな川のせせらぎを聞きながら、目を閉じると、様々な光景にまた ・・・

ブルブル って震えたものだった。
c0027188_6563232.jpg

今でも、思う。

もう一度、あの場所に戻りたいと。

だけど、若い青春の日に感じた、あの感動は、繰り返せはしない。

きっと、二度とは戻らない方が、良いのかもしれない。

そんな場所、そんな旅が、あるものだ。
by yayoitt | 2008-01-22 06:44 | 遠くにて思う日本 | Comments(20)
Commented at 2008-01-23 10:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dutelovecat at 2008-01-23 13:46
そうだね、そんな場所、そんな旅が、確かにある物だと思う。
それは大興奮だったでしょう♪憧れて思いにおもっていた場所だから。
旅ってその時々でその感じる事、経験する事、見るもの、出会う人までその時々の状況や年齢でも違って来るよね。だからこそいつも今が大事なのかもしれない。
私は何処に行っていたかな、U2に憧れてアイルランドを旅していたかなその頃、イギリス音楽に憧れてたからイギリスに立っていたかな、私の一人旅は16、7歳の時かな。ちょっと早過ぎたから生意気な回路に成ってるけど(苦笑)旅はしてみる物だね、何時でもどんな年齢どんな時期も。
Commented by akibrandy at 2008-01-23 17:36
ほほぅ。映画があるのね。私ゃこの記事を読んだ寝起きからずっと♪あまぎぃぃぃぃぃぃぃ~ごえぇぇぇぇぇぇ~~~♪が頭の中で百万回エンドレスリピートで鳴り響いちょるで。
Commented by 幸子 at 2008-01-23 23:37 x
♪あなたと越えたい~天城越えーーー私もこの歌がこのフレーズがはなれません(笑)やっこさんは文学少女ですね!人はいろいろな体験をしてそれが思い出になり、あの時の自分を振り返る、、、私は音楽かな~結構支えてくれたなぁ~旅行もそうかな~できることなら、やりたいことはした方がいいかも。思い出はあったほうが心を豊かにしてくれるしね。あの匂いとかあの街角とかまたそういう場面に出会うかも~あなたと越えたい・・・・・・誰と?・・・天城越え~♪(笑)
Commented by kworca at 2008-01-24 04:52
えっとぉ…(←?笑)

映像で見ていたところに実際に行っても、肉眼ではなく映像にしか見えないことがありませんか?
閑静なイメージしていた所が実は喧噪の中を切り取っていただけだったりすることもありますよね。特に東京のロケ地なんかは多い気がします。
その点、天城峠は何がやっこさんを震わせたのかなぁ…?(単に寒がりだから?笑)

その舞台となった地を訪れたことはありませんが、小学生の頃、谷底に落ちていく麦わら帽子と主題歌が印象的だった『人間の証明』が、私にとっては特別な物語かも知れません。
理解したのは、それから何度も繰り返し見てですけど、初めて人間の儚さを知るきっかけになったものだから。

ところで『北の国から』は、訪れてみてどうだったんですか?
足早過ぎて、もう忘れました?
あ〜あ〜ああ、ああ、あ〜〜〜あ〜〜〜〜
Commented by michi at 2008-01-24 06:04 x
すごく素敵な旅行をされたんですね。いま、つくづく後悔するのは、なんで、もっと日本を見ておかなかったんだろうということ。名作をたずねる旅なんて、本当に素敵だなぁ。もし、どこか行くチャンスがあるならば、宮澤賢治の故郷・花巻にもう一度いってみたいな。

松本清張、本当に面白いよね。こちらに住んでいた日本人の方たちがおいていった日本語の本のなかに松本清張の文庫本がいくつかあって、毎日むさぼるように読みました。日本に帰って、図書館にある松本清張の文庫本、全部借りて読みたいな~と時々おもいます。

↓の「かもめ食堂」も、もう、youtubeの画像みて、ノックアウト(笑)。でてくるご飯もおいしそうだし・・・日本の味が恋しくなって、私だけのために「肉なし肉じゃが(?)」とお味噌汁を作ってしまいました(なんか違うけど・・・ ちなみに夫にはあげない 笑)
Commented by yayoitt at 2008-01-24 06:12
鍵コメ at 2008-01-23 10:39 ちゃんっっ

えええええええ!!!!!

びっくりっっ!!

新しいバージョンなんだね?
しっかも、そこには ・・・ キャーーーーーーーーーーッッ

鼻血ブーーーだし ・・・ 笑

ふふぇふぇふぇふぇえ って ・・・ かなり気に入ったぁ~。

うんうん、聞いたよ、なんかね、やっぱ踊り!最高。
そして、元気が出るよ!前向き、そんな感じ。かっこええ。

あらら ・・・ かわいそうに ・・・
無理しちゃったのかなぁ ・・・。
Commented at 2008-01-24 06:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2008-01-24 06:17
しづちゃん

うん、すっごくね、大興奮だった!
若い時で多感だったから、とても感じたよ、色んなことを。

そうだね、旅 ・・・。

やっぱり若い頃の旅って、いつまでも心に新鮮に残る。
忘れられない、匂いとか、吹いた風とか、眩しい雨の通り道とか。

U2 ・・・ ボノに会いに、また是非、おいでよ~~~~。
彼は素敵だねぇ ・・・。私も大好きだよ。
アイルランド、いまだ行ったことがないけど、是非、一度は
行きたい場所だなぁ ・・・ 近いのになぁ ・・・ 笑

イギリス音楽に憧れてイギリスに来てたのか!!
リバプールとか? ふふふ その頃の話、聞きたい!

青春時代の大切な時に、とーーっても素敵な旅、したねぇ~
しづちゃん!!
Commented by yayoitt at 2008-01-24 06:20
亜紀ちゃん

そうなんだよ~~~。
で、ついさっき、知ったけど、最初の83年の方は、
田中裕子なんだけど、新しいのでは、田中美佐子が、
出てるらしいわっっ!!

まずは、83年のを、見て欲しい!!

あ ・・・

朝から、この歌か ・・・。

犬の爪切りながら、あなたとぉ~~~お、越えったぁい~~~
チャララララララン ・・・ あまぎいいいいいいいいいいいいいい

ごおおおおえええええええええええええええええ

か ・・・

Commented by yayoitt at 2008-01-24 06:26
幸子さぁ~~ん

やっぱり、歌が思い浮かびますよねぇ~~。
多分、あの歌も、この小説、映画を元に、作られたんだと、
思います、そういう感じの映画です。

本の中に憧れて、その本の登場人物に恋する少女でした。
小学生の時は、十五少年漂流紀、高校に入って、太宰治に
恋焦がれ ・・・ 卒業した時に、初の一人旅は、太宰の故郷、
青森は津軽を行くものでした。

本当に、そうですね。

全て、経験ですよね。

思い出、それが心を豊かにしてくれるという、その意味は、
とてもよく理解できます。

幸子さんは、歌ですか。良いですねぇ ・・・。
歌を歌う度に、その思い出の場所に、時期に、帰るのでしょうね。

一緒に越えたいのはぁ ・・・ んんんん

あ、長い散歩がてらに、ノーマンと! 笑
Commented by yayoitt at 2008-01-24 06:34
桂子さん

あっれぇ~~?
さっき見た時の文章と違う気がするのは ・・・ 錯覚?

ふふふ

肉眼ではなく映像にしか見えない ・・・

それは、その映画や写真への思い入れが強すぎて、ってことかな?

ずっと抱いていたイメージと、その肉眼で見た景色が、
ピッタリと重なることは、あまり少ないようには、感じるね、確かに。
もっともっと、素晴らしいと感じることもあれば、
あれ?こんなものか?と思うことも ・・・。

でも、自然の映像であると、それはいつも前者(肉眼で見た本物
の方が、断然やっぱり素晴らしい)だなぁ、って思う。

人間が作り上げたものはやっぱり、映像や写真の方が、
よく見えたりするかもなぁ ・・・。
Commented by yayoitt at 2008-01-24 06:34
続くね


天城峠の幽霊説もあるので、多分、震えたのは ・・・

ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッ

ママァ~、ドウーユーリーメンバー ♪

懐かしいなぁ ・・・ 人間の証明!!

映画を見たことはないんだよね、今度、見てみようかなぁ。
人間の儚さを知るきっかけ ・・・ すっごーい見たいわ!

あ ・・・ 北の国から ・・・

これは絶対に、あの登場人物がいてこそ、
良いなぁ~~~って思える舞台だって、思ったよ。
でも、周囲の風景とか牧草とか ・・・ 時間が経つに連れて
良いなぁ ・・・ って思い出すよ。

忘れはしないよ。 笑
Commented by yayoitt at 2008-01-24 06:46
michi さん

思春期だけあってやっぱり、この一人旅は、多分、色々してきた
旅の中でも、忘れられない素晴らしい思い出だよ。

もっと日本を ・・・

その気持ち、とてもよくわかります。
遠いここから、あそこに(日本の)行きたい、ここにも(日本の 笑)
行きたい、なんて思っちゃうんだよね?

あぁ ・・・ 宮澤賢治の故郷、花巻かぁ ・・・。

訪れたことはあるんだね?
どうだった? とっても良かったんだろうなぁ ・・・。
東北の旅は本当に、もの寂しげで、心に残るよね ・・・。

私の初めての一人旅は、高校卒業のとき、太宰治に憧れて
恋して、彼の津軽の生家を訪ねて、そこに宿泊する、っていう
ものだったよ ・・・。

東北、冬だったからかなり切なくて寂しくて ・・・ でも忘れられない。
Commented by yayoitt at 2008-01-24 06:46
続くね


松本清張、好きですか!!
今ね、Dの複合 を読んでるよ。かなり、興味深い ・・・。

天城越えは、その中に、あるのかなぁ~~。
もしもなかったら、是非、読んでみて欲しい!
そして、映画も、是非っっ!! 笑 (← かなり押しが強い)

肉なし肉じゃが(そんで、ええです!! 笑)と お味噌汁!!
しかも ・・・ ご主人にはあたらない ・・・ 爆

michi さんったらぁ ・・・ かわええ(ポッ)

あ、PCで、かもめ食堂、見れますか?送りますよ! ふふ

ちなみに、太宰の作品は、どうですか??
Commented by yayoitt at 2008-01-24 06:50
鍵コメ at 2008-01-24 06:13 さん

これは、興味深い経験になりますよね!!

マイケルは、去年の夏に 赤紙(笑)が来ました。
でも、今の仕事で、もしかしたら何ヶ月も続くかも知れない
このサービスさせられては、とてもビジネスを続けられないので、
直接に交渉して、免れました ・・・。

時間があって、仕事に支障がなければいいですし、興味深いくて
是非、やりたいけど、とても今の状況ではできない ・・・ って
かなり嘆いてました。

どんなケースがあたるか、わからないですもんね。

なんだか、爆弾飴みたい ・・・ 笑

えええ!!

日本でもですか!!

ん ・・・ 日本の体質に ・・・ 合うかなぁ ・・・ ちょっと不安です。
Commented by martini_glass at 2008-01-24 10:07
あ~そのストーリー知ってます。映画を見たのかも。
え~一人旅なんてしたのですかい?
私は駄目だ、意気地なしだもん。笑。
Commented by ピータン  at 2008-01-24 12:19 x
「だが、道中、旅の資金を手に入れる為に、行きずりの男に声をかけたハナ。無理やり少年と別れたハナの後を、密かに追った少年は ・・・ 」

はー、そんな話だったのですか?伊豆半島のつけねの街に生まれ育ちながら、よく知りませんでした。私も一回くらい行きました。確かに、あの暗いトンネルには、ぞくっとしたような気がします。

悲しい逸話だとか、怖い話とかある場所は、ぞくっとしますね。(^^);;

野麦峠も感じるものがありましたよー。
Commented by yayoitt at 2008-01-25 06:56
martini_glass さん

ええ!!
このお話、知ってますか!!

おおおおおおお!

田中裕子のやってた映画??
違うかな?? 思い出せる??
(↑ しつこく聞いてる)

はい、一人旅を、したんですわい(笑)

高校卒業の時に初めての一人旅をして、
それは、愛する(うっへっへ)太宰治の故郷を訪ね、
その頃には斜陽間という旅館になっていた彼の家に、
宿泊して、興奮して鼻血が出ました ・・・。 ふふ 嘘。

心の底から、あそこへ行きたい!! って所がもしもあれば、
是非 ・・・ !! 
Commented by yayoitt at 2008-01-25 07:07
ピータンさん

ピータンさんの旅の話を聞いていると、よく思い出すんです。実は。

日本をもっと旅行したいなぁ ・・・ って心から思うんです。

ピータンさん、そうですよね!!!
伊豆は、あたたかくて良いなぁ ・・・ なんていつも思ってました。
熱海とか、修善寺とか、色々、大人になってから友人と伊豆の旅を
しましたが、大好きな場所です。

もう使われていないトンネルはさすがに、寂しげですよね。
もしも、見ていなかったら是非、映画を ・・・!!

見て欲しいです!! ふふふ

あ、野麦は、我が家(飛騨)由来の町なので、
野麦峠も何回か行きましたよ!!

ピータンさんも、行かれたんだ ・・・ 嬉しいなぁ。
今度、日本に帰ったら、行こうかなぁ ・・・。
<< 切ない、20ポンド札 ・・・ 爪先立ちの Tiffany  >>