人気ブログランキング |
よい妻の夫の出迎え方15ヶ条 1955年5月
1955年5月に発売された雑誌 Housekeeping Monthly(月刊 家政)の記事です。

                   良い妻とは・・・


☆ いつも夕食が準備されていること、前もって(前夜にでも)献立を立てておき、夫の帰りの時間ピッタリに食事が出来上がるようにしておくこと。

こうすることで、あなたがいつも夫のことを考え、夫が何を必要としているかを心配していると彼に示すのです。殆どの夫が、家に帰ってきたときにおなかを空かしているので、美味しい夕食は暖かな出迎えになります。

☆ あなた自身を準備しておくこと。

15分は休憩の時間を持つこと、それによって、夫が帰って来た時にあなた自身がリフレッシュされます。薄化粧を施し、髪にはリボンをして、フレッシュに見せましょう。夫はそれまで仕事場で、沢山の仕事に疲れた人々と一緒にいるのですから。

☆ 夫の為に、ちょっと陽気で、もうちょっと興味深い女性でいること。

つまらない1日を過した夫には、ちょっと気分を高揚させる何かが必要、そして、その何かを彼に与えることは、あなたの役割のひとつなのです。

☆ 散らかっている物を全て片付けること。

夫が家に帰ってくる直前に、家の中の主な部屋を巡って、最後のチェックをしましょう。テーブルをササッと台拭きで拭きましょう。

☆ 一年の間で涼しい季節になったら、それに備えて、暖を取って、寒さから振りほどいてあげること。

あなたの夫は、休息と整われた秩序の天国だと感じることができるでしょう、そしてあなた自身の気持を高めることにもなります。結局、彼の安楽は、あなたに莫大な満足感を与えてくれるのです。

☆ 全ての物音を最少にすること。

夫の到着に、全ての洗い物の音、乾燥機の音、掃除機の音を消しましょう。そして、子供達にも静かにするように促しましょう。

☆ 夫に会うことに幸せを感じましょう。

暖かな笑顔で彼を迎え、あなたが彼の喜びを強く望んでいるという純真さを、彼に見せましょう。

☆ 彼の話に耳を傾けましょう。

たとえあなたが彼に、山ほど大切な話したい話があったとしても、彼が到着した時というのは、それを話す時ではありません。まず、彼を先に話させてあげて下さい。彼の話すトピックの方が、貴女の話したいことよりももっと、重要なのですから。

☆ 夫を、不平不満や問題事で出迎えないこと。

もしも、夫が夕食に遅れたとしても、そしてもしも彼が一晩帰ってこなかったとしても、不平不満を言ってはなりません。そんなことは、彼が仕事でどんなに大変な状況を過しているのかに比べればはるかに、ちっぽけなことなのです。

 夫を安楽にしてあげること。

心地良い椅子の背に、彼をそっともたれ掛けさせてあげるか、寝室にそっと彼を休ませて上げましょう。冷たい、または温かい飲み物を彼の為に準備しましょう。彼に枕を与えて、靴を脱がせて上げましょう。そして、低めの優しい心地良い声でそっと、語りかけましょう。

 夫の行動に付いて、または決断に付いて、または清廉潔白に対して、質問を投げかけないこと。

いつも覚えていましょう・・・彼は家の主(あるじ)であり、いつも公平で正直な決断をもって行動する人なのです。あなたがそんな彼に、それについて尋ねるという資格はないのです。

☆ ☆ 最後に ・・・ 良い妻とは、彼女自身の立場をわきまえているものです。
c0027188_5554698.jpg

・・・・・・ 英文を忠実に訳してみましたが ・・・ どう思いますか??
by yayoitt | 2006-08-18 02:56 | Comments(31)
Commented by akibrandy at 2006-08-19 08:52
アタシもこんな妻が欲しいさ...

こんな生活をしていたら、発狂するわね。

こんな夫婦...旦那さんが早く死んだら、奥さんはのーびのーび羽を伸ばして旦那さんの遺産でパーっと楽しく解放されちゃうに違いない。「あー、いなくなってスッキリしたーーー」ってな。

自分の人生を生きる事が許されてなかったんだねー。って、今も許されてない人っているけどさー。そんな亡霊みたいに生きるんじゃなくて、もっと社会貢献した方がいいと思うよ、奥さん。
Commented by akibrandy at 2006-08-19 10:37
あっでもさ、こういう「夫が生きがい」の妻って、夫がいなくなっちゃったら、「子供が生きがい」にシフトして、危険かも。
子離れ出来ない母親...こういう母親のせいで傷ついている友達が結構いるんだよね...
子供を自分と同化しちゃうの...自分の物だ思ってがんじがらめにしちゃうの。「お母さんはあなたの事をこんなに愛しているのよ」とか言っちゃってさ...
Commented by 天水ゆき at 2006-08-19 11:17 x
へええ~何か意外。
欧米でも1950年代頃は、やっぱりこういうタイプの奥さんが良しとされていたんだねえ。
「後かたづけは僕がやるよ、だーりん(はあと)」みたいな男性が多いのかと勝手に思ってまひた。
でもこれはやっぱり昔のHousewifeの場合でしょう。
欧米の一般家庭というと「奥様は魔女」のイメージがすごく強い。
確かにサマンサはダーリン(←子供の頃はこれが名前だと思ってた)を立てて尽くしていたし、部屋も自分もいつも綺麗にしていたよね。
アメリカの人にとっても理想の夫婦像みたいな感じで制作されていたのかしらん?しかも明るいコメディだったしね。

けどわたしゃいつもやってることだすよ。
なんちて。
Commented by みるくまま at 2006-08-19 11:36 x
やっこさん こんにちは♪
ん~。。。結論から言うと。。私は出来ていない!!(苦笑) ・・の前に↑の全てに逆かもしれない・・(ヤバイですよね! 笑)
こういう女性像って、亭主関白をよしとする古き良き時代の日本の女性像だと思ってましたが、欧米でもそうだったんですね~ 理想として追い求める所はおんなじって事なんでしょうか?・・
akiさんの仰ってるようにそれが生き甲斐・・みたいになっちゃうとなぁ・・って思います。理想は、私はそこまで思ってやってなくても、だんなに↑こう思って、必要と思って貰えてるって事。そうだったらいいな~って思います。だって、頑張っても無理なんですもん(笑) 
なんか、良妻賢母ロボ!!みたい♪
Commented by ピータン at 2006-08-19 12:32 x
☆ いつも夕食が準備されていること、前もって(前夜にでも)献立を立てておき、夫の帰りの時間ピッタリに食事が出来上がるようにしておくこと。
☆ あなた自身を準備しておくこと。
☆ 散らかっている物を全て片付けること。
☆ 全ての物音を最少にすること。

↑理想ですね。
会社(クルマで15分)を出るときに電話をするのは、妻が時間調整しやすいようにと思ってです。でも、自分自身、家に帰ってからすぐ食事を取る準備ができないからなあ。

☆ 夫の為に、ちょっと陽気で、もうちょっと興味深い女性でいること。
☆ 夫に会うことに幸せを感じましょう。

↑こういう女性に魅力を感じることは確かです。


☆ 夫を、不平不満や問題事で出迎えないこと。

↑これの逆だと疲れる。

☆ 夫を安楽にしてあげること。
☆ 夫の行動に付いて、または決断に付いて、または清廉潔白に対して、質問を投げかけないこと。


↑さすがに、やり過ぎかと。。。
Commented by audrey at 2006-08-19 12:50 x
こういう妻を夫たちは本当に「良い妻」と思うのでしょうか?確かに生活する上では「都合の良い妻」かもしれませんが、別人格である他者が自分のことだけを考えて生きていることを心地悪く感じないのは傲慢ではないでしょうか? なによりその存在を息苦しくは思わないでしょうか?

ところで、この記事は「ギャグ」ですよね?
Commented by fiona at 2006-08-19 15:27 x
んぎーーーーっ!!!!!!!

猛毒を吐きそうなので、もうちっと時間をおいてからコメントしまふ。
Commented by ピータン at 2006-08-19 15:57 x
なんか、怒らせてしまったかも(汗)。
ギャグというか、「時代錯誤もはなはだしい」ということで、この記事出したのだろうことはわかってます。

英国の友人(ヨークシャー、白人男性、現在60代)が、奥様が旅行にいっていたときに、自宅を訪問したのですが、洗濯機を使わせてくれたら嬉しいなと思って、思い切って頼んでみたら、「使ってもいいけれど、使い方がわからない。息子ならできるんだけれど、俺ぐらいの年代の男は駄目なんだ。」といっていました。昔は、みんな女性にやってもらっていたのでしょうね。今でもできないんだから、今でも運転とかそういうことしかしないのかも。
Commented by ひろみ at 2006-08-19 16:50 x
最初1955年発行、っていうのを見逃して読んでいて仰天してしまいました(笑)。

すごすぎますねー。こんな妻がいたらうざったいような気がしますが...。夫を喜ばすために存在している妻って一体何なんでしょう(怒)!これじゃ奴隷あつかいじゃないですか!

私は全然あてはまりませんでした(当然ですね)。私が頭にリボンでもつけて夫を出迎えた日には夫は驚愕するでしょう(それか笑い転げる)...。

そう思うと今は女性にとって良い時代ですよねぇ。自由な身をありがたく思いつつ満喫することにします(笑)。
Commented by akibrandy at 2006-08-19 17:05
こえええええ、fionaさんの本格的な毒、こええええええ!
でも楽しみーーーーーーーー!にやっ。
♪あーたしぃーはーしってーいるぅーfionaaaaaaーさんのダークゥーサイドォォォォォーーー♪

同じ東京にいるせいか、すでに殺気を感じ取ります。髪がダウジングのように、反応しちょります!
Commented by Neko at 2006-08-19 19:50 x
うがーーーーー!!!!!!
なんやんそれ、明治憲法の時代の日本かね?
つか、それ、妻じゃなくて家政婦じゃん。
子供産みマシーン兼育児マシーン兼家政婦兼(余りにもお下品になるので以下略)、そんな女性をどうやって作り出すんでしょうね。

うちにはどれもあてはまりません。
てか化粧したら「何かあるの?」だし。

ピータンさん、帰る前に電話ってのはあると「じゃあ温めなおそうか」ということもできますよね。
問題は、「帰るコール」から何分で本当に家に着くか、なのかもしれませんが。
Commented by yayoitt at 2006-08-19 22:42
あきちゃん

でもさでもさ、こんな妻がいつも自分を待ってたらさ、きっと段々、腹が立て来るとも思わない?なんだかさ、自分の為にっていうのがもおおお、とてもよくわかりすぎて、“あんたの人生は無いのかよ?”って言ってしまいそう・・・。あたしが優しくないのかなぁ・・・(笑)。

!!そうそうそう、案外ね、今まで夫に仕えた分、夫への執着は何一つ無くなって、自分の喜びを見つけ出す・・・そんなものかもしれないよね!!

うんうん!!

実際に、こういう時代のご夫婦が高齢になってから、子供も手を離れてから、離婚するって、あるもんね~~。

その時に、いかに妻が、自分で生きるだけの力とパワーを備えているかにもよるかな・・・。

夫婦ってやっぱさ、= イコール じゃないと、ダメよね~~。

か、ちょっとだけ、妻>夫 とか・・・笑!!

あ、あきちゃん、こういうロボットは良いかも!感情がないってわかってれば、嬉しい、ありがたいで、ご好意受け入れやすそうだわ!!

そうそう、確かに、子供=自分の面倒をみてくれる人間 と勘違いしてしまっているお母さんも、多いかも・・・それって、悲しいね・・・。
Commented by yayoitt at 2006-08-19 22:47
ゆきさん

日本も英国も、特に田舎になればなるほど、昔のこういう風潮は強く残ってるみたいです。

マイケルのおっとさんおっかさんも、そんな感じだし、友人のご両親も案外、こんな風だったりする。

おっとさんは、おっかさんが身体障害者になるまで、何一つ、家のことが出来ない人でした。料理もしたことがない、洗濯や洗濯物を乾かすことも、アイロンも・・・。自分の爪切りも、右手の爪は、おっかさんが切ってあげてたんだよ!!

今でも、こういう家庭は実は、こちらでも結構あったりします。そういう、時代だったんだよね・・・。

ゆきさん、良妻賢母ってイメージあるからなぁ~~~♪あながち、その最後の発言、嘘じゃないでしょ?
Commented by yayoitt at 2006-08-19 22:54
みるくまま

ふふふふふ

あたいも、同じです、全然↑に当てはまらない・・・。逆ではないけど、逆だったら、それはそれでちょっぴり羨ましいけど重たい・・・笑!!

亭主関白をよしとする古き良き時代の日本の女性像 ・・・ そうだよね、そして、やっぱりその時代って、オトコは外で働き、女は家を守る、そういうのが欧米でも良しとされていたんだと思います。

そうだね、あきちゃんが言うみたいに、生き甲斐 となると、これは怖いし、寂しいし、悲しいよね・・・。

自分の一生は自分しか生きられない、折角、唯一のものなのに、と残念に思うよね。

そうだね、その心 (理想はそこまで思ってやってなくても、だんなに↑こう思って必要と思って貰えてる) が大切なんだって思う!そういう気持ちが、きっと伝わる。

うん、ロボットじゃないもんね、生身だからやっぱ、心 だね!!うんうん

ちょっとあたしも、自分自身、反省しちったぁ・・・。
Commented by yayoitt at 2006-08-19 22:58
ピータンさん

興味深い、男性側からの正直なご意見!!ありがとうございました!!

おもしろいですね・・・やはり、そうだとありがたい、でも、ここまで来ると行き過ぎで重荷になるとか、あるんでしょうね・・・。

昔、部屋とワイシャツと私 という歌がありましたよね。

あれを聞くと男性がすくみ上がる、という話を聞いたことがありますがでも、実際の所、こうしていてくれたらいいなぁ~~という希望はあるものなのですよね?

ふふふふふふ

とっても興味深いです!!!

あ、例えば、これが毎日、何年も続くとなると・・・どう思いますか??正直な気持を・・・。
Commented by yayoitt at 2006-08-19 23:02
audrey さん

この記事、今ではギャグとして出回っているのですが、その当時の本物の雑誌の記事だったみたいですよ・・・ちょっと実際のところがわかりませんが、色々調べてみると・・・。

時代の違いが大きいかもしれませんよね、女性が働くことを良し、とされていなかった時代、女性が社会に出ることを許されてなかった時代、いつでも男性が優位だった時代は、これが普通で、女性も男性も、それに ? をしなかったのかも・・・。それが、普通 だったのかも・・・。

今、この記事が、ギャグ で、信じられない 記事 として取り上げられていることに ホッと安心します、が!きっと、奥さんの中にはきっと、そして男性の中には多く、“え?これのどこがおかしいの?”と思う人もいるのだと思います。
Commented by yayoitt at 2006-08-19 23:03
fiona

笑!!

そういう反応、大歓迎!!!
Commented by yayoitt at 2006-08-19 23:08
ピータンさん

いえいえ、ピータンさんの意見は、男性側の正直な意見という風で、とても嬉しいです。興味深いのです、とっても!!チャンスがあればもっと、沢山の男性の意見を聞いてみたいんです。

うちの旦那のお父さんも、まさにそうでしたよ、洗濯とか料理とかアイロンとか、家のことは何も知らない、できない、やったことがない。

それがその家庭の成り立ちであり、それでお互いを尊重し合って愛し合って生きているのなら問題はないとも思うんですが、今のこの時代ではきっと、女性が どこかで 私の人生って? と疑問を持つと思いますよね・・・。

ただ、相手のことを思うときに、やはり 上と下という関係が生まれては、不自然になってしまうだろうな、とも思います。
Commented by yayoitt at 2006-08-19 23:11
ひろみさん

笑!!!

リボンつけて・・・あたしもやってみようかな~?薄化粧で・・ぶ~~~!!

男と女、愛とお互いを敬う心が何より、大切ですよね!!

そうだね、そう思うと、今の女性は楽になったんだろうね・・・でも、案外、その当時の女性はそれが普通だから、あれ?おかしい、とも思わなかったのかもね・・・。

そう思うと、社会の風潮の波って、怖いね・・・。

ゴーゴーガール!!♪
Commented by yayoitt at 2006-08-19 23:13
どろろん あきちゃん

(どろろんえん魔くん、知ってる??)妖気をび~~んと感じるんだよ!!

fiona の毒、しかも、ちっきしょ~~~~ ってあの顔で、やってもらいたいね~~~!楽しみだね~~~!

同じ東京だと、ちっと怖いね。地響き、地割れ、注意ね!
Commented by yayoitt at 2006-08-19 23:15
Nekoちゃん

そう、家政婦、お金をもらわぬ家政婦!

だから、よく 主婦業は、お給料は幾らくらいになるのか?なんて話題が、昼のバラエティー番組で取り上げられたりするんだろうね!

帰るコール♪ 確かに、奥さんに優しい夫の気遣いかな!
Commented by 久保てっこ at 2006-08-19 23:56 x
全部、私には当てはまりません(≧∇≦)b
Commented by ピータン at 2006-08-20 00:27 x
20年くらい前に、外資系(米国)の化学会社に就職したら、部長や上司が女性だったりするのが珍しくない会社で、男尊女卑な感じは全くない会社でした。でもその頃の日本はまだ、25歳で結婚しない女性は、売れ残りのクリスマスケーキにたとえられていました。今、転職した日本の会社では結婚しても出産しても働き続ける女性は普通です。でも、日本の会社だから前の会社に比べると、女性は地位が低いままということはある感じです(職種によりますが)。
英国の友人Pは、一緒に住んでいる女性はX線技師で結構稼いでいるのかな?という感じです。かなりいい家に住んで、いい生活しています。で、彼のほうは50過ぎなのですが、仕事を尋ねても教えてくれません。彼女は、「彼は色々な仕事がある。」などといっています。そういうパターンって、英国では普通なのでしょうか?
Commented by kworca at 2006-08-20 01:17
なんだか細木数子が言いそうな“良い妻”像ですね。
でも細数曰く、そうやってダンナを良い気分にさせておいて、実は巧みに操作する…って聞いたとき妙に「なるほどぉ〜」とも思いましたけどね。
私ならストレスたまりそ〜
Commented by chirorin_wan at 2006-08-20 02:21
これが、良い妻だったら・・完璧駄目~~~~。
零点です。(笑)
いつの時代??しかも日本でなくて英国の本と聞いてビックラした!!

一緒に暮らすのにそれでは続かないよ~。
お互い同じ人間なんだから。

色んな形あっていいんじゃないのかな?
Commented by dutelovecat at 2006-08-20 04:48
この今の時代にこのような良き妻が居てもそれに比例出来る立派な良き男性も居ないであろうから、もしこの良き妻が存在してもお相手が伴う方でないと息切れちゃいますよね。逃げ出したくなってしまいそうプレッシャーで。
↑のこの良き妻を現代バージョンに直すとどんな感じでしょうね。適度に遊び適度に旦那様にもスペースを与える。。とかに成るのかしら?
結婚ってことがいまいち良く分かってないので↑のような人が妻として支える意味では良い結婚相手となるのでしょうかね??
男性諸君もしっかりしてもらわないと良き妻も存在出来なく成ります!
Commented by yayoitt at 2006-08-21 04:52
てっこさん

ぶふふ

大丈夫ですよ、当てはまらない方が、安心です(笑)!!

当てはまっちゃったら、ちょっとそれはそれで、怖いし、かわいそうです・・・。
Commented by yayoitt at 2006-08-21 04:59
ピータンさん

確かに今の日本の状況は変わりつつあるけれどもでも、まだまだ、男社会ですよね・・・。結局は、肝心要は男性ばかりで決めることになったり、政治の世界を見てもまだまだ、男性、しかも年を取っているから、という理由だけで持ち上げられている役職も多いですよね・・・。

それが良い悪いは別として・・・笑

英国では日本ほど、人と人との出会いの時に、職業は問題になりません。初対面の人でも、職業を尋ねるということはあっても、最初の質問には、なりません。日本ってまず、相手を職業(時には収入)で評価するところって強いですもんね・・・。

あ、うちもちなみに、旦那が仕事のなかった頃(数ヶ月でしたが)には、私が1人で(多額ではないのですが)稼いでいましたよ!(笑)で、旦那は毎日、夕食作って待っててくれました。結構、こんなん、いいな~~なんて思っちゃった!!
Commented by yayoitt at 2006-08-21 05:02
けいこさん

ふっふっふっふ

そんな、昼間は良妻、そして裏の顔は悪女~~、それはそれで、めでたいね~~~(笑)。

あたしもダメだ、疲れるしやっぱり、腹が立ってくるわ!

細木数子、彼女は結構、ズバ!っときついこと言いますよねぇ・・・。あれはち~っと、怖い!!大阪の、客を怒る下着屋さんみたい!!知ってる??
Commented by yayoitt at 2006-08-21 05:04
タカピョン♪

1955年だそうですよ、多分、英国かアメリカ。50年前は欧米も、こんなんだったんだよね、おもしろいよね~~。

あ、あたしは零点どころか、マイナス点だし!

でも、タカピョン♪もしも相手が仁君だったら、しばらくはこんなこと、できちゃうでしょ??ん?ん?ふふふ
Commented by yayoitt at 2006-08-21 05:09
Shizuさん

おおお、さすが!!そこに視点が!!なるほど~~~!!

確かに、その良妻に比例出来る立派なり良夫がいないとね!!

現代バージョンの良妻・・・これは興味深いかも!!

ちょっとくらいわがままで、時には夜遊びもして少しばかり夫をやきもきさせるくらいがいい、なんてことになりそうだよね?

お互いにお互いのスペースを持つ...これはかなり大切です!!私とマイケルの結婚の秘訣第一が、なるべく一緒にいる時間を少なくする、ですもん!!!

本当にね、良妻を求めるのなら、良い夫、お願いしたいね!!!

んじゃぁ、ここで公に良夫を募集しま~~~す♪
<< 悪妻やっこの夫の出迎え方15ヶ... 絶望と困惑の サム >>