人気ブログランキング |
日本滞在紀 第三章 血が繋がるという意味 その1
京都から高速で約1時間半、琵琶湖のほとりのホテル で待ち合わせた。

京都からは私と一番上の姉。

飛騨からは両親と真ん中の姉。

初夏の湖畔で、親子水入らずの時を過す予定で待ち合わせた。

子供のいない私は、親の気持ちがわからないから、わがままを言って、姉にお願いした。

 “ 元の家族だけ、5人だけで過したいんやさ。 ”

つまり、子供達は家に置いてきて欲しい、ということである。

たった一晩、たった一泊2日だけ、お願い。

そうして彼女達は、そうしてくれた。

こうして、5人だけでホテルに泊まるなんて、以前にあっただろうか?

一番上の姉は私とは9つ違いで、私が8歳の時に京都の看護学校に行ってしまった、そしてそれからずっと京都暮らしだった。

だから、もしも5人でどこかに旅行に行っていたとしても、私は子供で、記憶もおぼろ なのである。

真ん中の姉は、大学卒業後に飛騨に戻って就職し、飛騨で結婚して暮らしている。

彼女の独身中、私は中学生だったりしたので、親子4人で泊まりで色々出掛けた、でもそこにはいつも、もう1人いて欲しい家族が揃わなかった。

そうして今回、母の70歳の祝い をかこつけて、家族旅行が実現したのだった。

湿った暑さが、どんより琵琶湖を白く煙らせる午後、ホテルに着いた。

ホテルの玄関から、何か動物がすばやく飛び出した・・・ 危ない!!

                      サル??

                     あ、父 だった。

2年振りである、変わらない、全く変わらない、いい動きだ、サル衛門!

サル衛門 とは、マイケルが呼ぶ、私の父の名前である。

パパ + ドラえもん → パパえもん → サル衛門 になったのだ。

 “ ほら、今も私が どらえ~もん♪と大声で歌ったら、キッチンからマイケルが、パッパえ~もん~♪ と歌いだした ”

抱きつきたいけど恥ずかしいので、恥ずかしさを誤魔化す為に必死に サル衛門に喋りかける私・・・。

 “ パパ衛門、元気?変わらんな、暑いな、か~ちゃんは?M(真ん中の姉)ちゃんは?いい部屋か?すごいな、綺麗やな、嬉しいな、な? ”

私の20キロもある大きなリュックを “ 大丈夫やさぁ~ ” と言いながらあっかい顔でホテルに入っていく父 ... またちっちゃくなったみたい。

一番上の姉 MAちゃんと父と3人で、母と真ん中の姉の待つ部屋へと向う。

親子なのに、水入らずなのに、ちょっとドキドキする。

会ったばっかりなのに、再会したばっかりなのに、もう 寂しい 気がする ・・・。

ホテルの従業員さんが 持ちましょうか? というのに “ ええよ、ええよ~、おりは若いでな ” と笑う サル衛門 ... 

その子供のようにはしゃぐ姿が、懐かしくて嬉しくて優しくて、そうしてちょっぴり、哀しかった。
c0027188_6491941.jpg

                     2に続く
by yayoitt | 2006-06-08 06:54 | Comments(18)
Commented by aya at 2006-06-08 09:00 x
その気持ちすごく分かる!元の家族だけで・・・っていうの。
今はなかなか叶わないけど、私もいつか両親を旅行に招待したいです。

旦那には内緒だけど、うちの両親は旦那抜きで遊びに行くととても喜びます(笑)「水入らずだねー」って(笑)
旦那と一緒に行ってもそれなりに喜ぶんだけど。

ご両親もきっと、久しぶりの家族5人での旅行、喜んだでしょうね!
Commented by akibrandy at 2006-06-08 12:56
うううっ~...
読みたかったのよ、家族旅行のお話!!!
猿え...パパえもん、ステキ。登場の仕方もナイス!!!(危ない!!って...ぶぶぶ)
そうか。「重い荷物もすすんで運ぶ」これがあの若さの秘訣ね。キーワードは『おりは若いでな~』やね。メモメモ...

元の家族だけで旅行...なんかそういう発想ってなかったな~。なんだかやぁちゃんらしいなー。

その1からじーんとしている私...
Commented by chuchu03425 at 2006-06-08 13:16
なんかいいね!
ジーンときちゃいました。
やっぱり家族って何にも変えられないかけがえのないものだなぁ・・・
その2が楽しみだワン!!
Commented by kworca at 2006-06-08 15:07
う〜ん、何て温かいご家族なんだぁ〜
複雑な寂しさもわかる気がしますねぇ。
えっとぉ、サルえもんにセリーヌディオンにヨーダでしょ…お母さんと真ん中のお姉さんは何?(何って何だよ)
でも、きっとみんな若返ってタイムスリップな時を過ごしたんでしょうね。はい、続き、続き〜
Commented by fiona at 2006-06-08 15:29 x
あああああ~~~(泣)
もうもう、サル、じゃなかった、パパの動きから、照れ隠しに喋りまくるやっこちゃんやら、「おりは若いでな~」とニコニコしてはるパパの声から、見てきたかのように心に浮かんで、またまたウルウルしてしまいました(涙)。

やっこちゃんファミリー、だいすき!!
Commented by chirorin_wan at 2006-06-08 18:37
出遅れましたが・・やっこちゃーん、待ってたよ♪

あっという間の三週間だったんだろうね。
日本にいる間、やっこちゃんの『ガハハハハ!!!』って言う笑い声が豊橋にも聞こえてきたよ~~。(笑)

『出会い  再会  スピリチュアルな体験  ちょっと不気味なスピリチュアル体験  愛する人々  日本の犬たち(再会、悲しい話、嬉しい話)
変わりゆくものたち  親姉妹とは  沖縄結婚バカ騒ぎ  別れ』

思い出一杯詰まった日本滞在紀、楽しみにしています♪

やっこちゃんのファミリーって本当に素敵だね~。
何だかホノボノしてしまいました・・
パパさんとママさんもすっごく嬉しかっただろうな!!

Commented by yayoitt at 2006-06-09 06:47
aya ちゃん

そうなんだよね、親にとって、子供はいつまでも子供、なんだと思う、だから、その子供が幾つになっても 独りで親を親として頼ってきたりするとすごく嬉しいんだと思うよ。

今になって、離れて、そんなことって思っちゃうんだよね・・・。

あやちゃんも絶対にいつかその夢、実現できるよ!
Commented by yayoitt at 2006-06-09 06:51
あきちゃん

ぶふふ

待っててくれたのね?あたすんちの、おとぼけ旅行紀・・・。
ふふふふふ
本当にかなりおとぼけなんだよ、ま、私の家族だからね~~~。

あきちゃんって、ご両親と一緒に住んでいるの?もしそうやったら、本当にそれって幸せだよ!!その時期を大切にして欲しいです、側にいると気がつかないけど、離れるとすぐに親の有り難味ってわかるから・・・・・・。

近くにいて時々会えると、一番いいかも、あ、でもやっぱり一緒に暮らせるのが一番、幸せだぁ・・・。
Commented by yayoitt at 2006-06-09 06:54
ちゅうちゃん

家族、本当に切ないような歯痒いような照れくさいような、愛すべき存在ですね......。きっとそれがどんな形であっても、きっとそこには愛がある...。

うんうん

何ものにも変えられませんね、本当に・・・・・・。
Commented by yayoitt at 2006-06-09 06:57
けいこさん~~~

ぶふふふふ!!

え~っと、母はトド(マイケルがそう呼びます・・・なんて不届きな義息子よ!)、そして真ん中の姉は、小鬼 です。

ひひひ、うちの家族って、基本的に 人間じゃないのよね~~~

って、セリーヌは人間だよ、人間!(独り突っ込み)
Commented by yayoitt at 2006-06-09 06:58
fiona

ぶふふ

想像できるでしょ?あの ど飛騨弁 の父、そして母。

ありがとう~~~、今度は fiona の家族の話ももっと聞きたい!お父さんは声が素敵な人でした!
Commented by yayoitt at 2006-06-09 07:02
タカピョン♪

ありがと~~~~~、ただいまです~~~~~!!

ありゃりゃ、豊橋まで がはは笑い声、聞こえちゃったかぁ!!きっと北海道までも聞こえてたかも・・・・・・。下品なあたしの笑い声・・・。

ギョヘラジョビグアリャロレラ~~~~~

すみません。

はい、今からかなり長くなりそうですが何とか滞在紀行、続けていきますね・・・。スピリチュアルは結構、楽しい思い、一杯しました!!
Commented by akibrandy at 2006-06-09 09:28
そぉ!私は家族と一緒に暮らしてるのよ。でもねー、やぁちゃんのような仲良し家族じゃないのよね~。
うちは昔から両親ともあまり家にいなくてさー、小さい時はよくベビーシッターさんのお世話になっていたものよ。昔から、家族がバラバラの生活をしてきたから、逆に全員揃うとなんか気持ち悪いんだよね。一緒にご飯を食べる事もめったにないし、狭い家に一緒にすんでいるのに、週に一回も会わないこともざらなんだ。
離れないとありがたみってわかりにくいものよね、いろんなものの。
Commented by momoママ at 2006-06-09 19:02 x
素敵な、ご家族ですね^0^☆パパえもん~♪いいキャラです☆失礼!いいお父様です!ちょっとドラマみたいですね~^^*私は、私はですよ。元の家族で旅行~~???勘弁したいです^^;今の家族の方が最高ですし、過去になっちゃってます*^^*色々な家族のあり方がありますね♪きっと、やっこさんが、遠くに行ってなかったら、皆さんも味わえなかった感覚でしょうね~☆ちょっと、触りを言いますね。先日亡くなった、祖母と私の父(養子)が、25年ほど前に上手くいかなくて、家族崩壊しています。そして私も自分の家族を8年前に崩壊させています^^;ヒガミとかマイナス的考えはありませんが、クールに見えるのは事実かも知れませ~ん♪きっと、やっこさんに会ったら楽しいでしょうね~^0^♪そして私に会ったら最高だと思いますよ~~ニャハハハ☆☆☆
Commented by だいあ at 2006-06-09 20:08 x
さる衛門様、、、。大好きです。一瞬でファンになってしまいました。
ギャグのセンスも好きです。。
Commented by yayoitt at 2006-06-10 22:17
あきちゃん

そうなんだぁ。一緒の屋根の下にはいても、会うこともないことが多いのかぁ・・・。多分、家族の構成メンバーそれぞれが独立していて外で忙しかったりするのかな?

でもそれは、その家族のあり方で、それでお互いの距離を上手くとりつつ、心の中でいつも思い合って愛し合っているのは確か!

ご両親からの愛情は、それはそれは深いと思います、信頼されてるんだって思うよ。

確かに、離れてみて初めてわかることは一杯あるよね、哀しいことに・・・。人間って、そういう面で、ちょっと切ない・・・。
Commented by yayoitt at 2006-06-10 22:50
momoママ

今の家族の方が最高 と言えるママが、とっても素敵です!すっごい幸せだと思う!すごく嬉しいです、こちらまで幸せ、になります。

ああああ、おばあちゃんとお父さん(養子)さんが上手く行かずに・・・ちょっとだけわかり得ます。実はうちにも、おじいさんという、血の繋がらないお年寄りの男性がいました、彼と、養子縁組を組んだ両親だったんですが、父と彼の仲がとても悪くって、しょっちゅう喧嘩だったんです。

家族崩壊 ... そういう言葉が、決して大袈裟ではなく、あり得るものだというのもよくわかります。

そこに深い愛情があるからこそ、憎しみも生まれると深くなったりする・・・家族って、特別な存在だと・・・。

一見クールな、でも実はそうではなく愛情深い、ちょっぴり寂しがり屋のママ、私の中では、そんな風にイメージが広がっています、いつか必ず、会えますね!会ったら、うん、最高だ!
Commented by yayoitt at 2006-06-10 22:51
だいあ☆さん

おお~~~、あの夜に、彼の笑いのセンス、見抜いてくださるとは!!!さすがです~~~。彼も、そして家族全員とっても、だいあ☆さんのこと、とっても素敵な女性だって惚れてましたよ!!
<< 日本滞在紀 第三章 血が繋がる... 日本滞在紀 第二章 大阪で出会... >>