人気ブログランキング |
アビーという野良猫 〜 電話の向こう側
お母さん猫と、4仔猫たち …。
c0027188_21282962.jpeg
野良猫は、野生動物ではない。

基本的に、人と暮らして初めて幸せである。

スコットランドでは、人々が自然に野良猫を受け入れ

保護に取り組む団体がたくさんあった。

それに、一般的な人々の態度が優しかった。

けれど日本ではいまだに、残虐なことがなされている。

仔猫を袋に入れて川に流すなど、普通に今もあるのだ。
c0027188_21292315.jpeg
私が暮らす小さな地域に、2つの動物愛護団体がある。

フェイスブックなどで、スコットランドからもずっとフォローしてた。

彼らは日本の、そしてこの地域の、野良猫保護のプロである。

思い切って、一本の電話をかけた。

実はその前に、メッセージをネットで送っていたのだが

詳しく聞きたい、とのことで代表の女性の携帯番号を教えてくれたのだ。

番号を頂いたすぐに、携帯に電話をかけた。

そう、藁をも掴む思いで。

どうして良いのか、自分がしていること、餌をあげることは …

果たして親仔猫たちにとって良いことなのだろうか?

この地域で、どうして行ったら良いのかがわからない …

胸いっぱいの思いを、伝えた。

電話の向こうの女性は、うんうん、と話を聞いてから

今はね

野良猫には、餌をあげてもらって良いんです

だから、正しいことをしてくれていたんです

変な都市伝説じゃないけれど、野良猫には餌をあげるな、と

信じ込む人がいるんです、だけれども、餌はあげて欲しいんです

そう、優しく、けれど力強い口調で伝えてくれた。
c0027188_21285894.jpeg
… 続く


by yayoitt | 2019-09-23 21:18 | 野良のら日記 | Comments(2)
Commented by ちょん子 at 2019-10-17 09:13 x
やっこさん、こんにちは。
ちびちゃんたち、大きくなりましたね。
これも、やっこさんたちが、ごはんをあげてくれてるから。
のらだって、生きる権利があるんだい!!
Commented by yayoitt at 2019-10-25 21:38
ちょん子さん

ありがとうございます。
本当に嬉しく力強い言葉です。
彼らにとって、1日1日の食べること、眠る場所、
そういったものが直接に生きることと死を隔てます。
彼らは野生ではないこと、しみじみ感じます。

私たち人間が、面倒を見なくては。
<< 私が、沈黙の淵にいる彼らの声に … 試験勉強って久し振り >>