人気ブログランキング |
日本のクマ
彼女には

どこかに育てなくてはいけない子供がいる
c0027188_08174724.jpeg
彼女が殺されたということは

子熊たちの直接で確実な死を意味する

駆除という言葉を

軽くは使ってはいないことを願う

飢えた命ならば

与える日本にはならないか

どうして山には彼らの食べる物がなくなっているか

それが、誰のどういう行動によるものか

殆どの日本人がわかっていて

心で涙を流していてくれることを

そういう日本という国であることを

願いたい …

by yayoitt | 2019-07-27 08:11 | 愛する動物のこと | Comments(2)
Commented by nailedit at 2019-08-15 13:10
やっこさん、こんにちは。
私、これ、毎日のニュース。
本当に悲しい。

怖くて外を歩けない。
撃てばいいのに。と、
簡単に話しているのを、あちらこちらで耳にするの。
いやいや、怖いのは、人間です。
人間は最強か?

増えすぎているから、山から降りてくるんだ
殺してしまえ。間引きしないからこうゆうことになる。
北海道では熊も、鹿もそう言われます。
なんと汚い言葉か…。
悲しくなる。耳をふさぎたくなる。
食卓を囲む時に、ニュースでこれを見る度に
ご飯の味がしなくなるのよ。
最近は、そんな環境に居ることもいやになっています。
みんな命の重みは同じであってほしいな。





Commented by yayoitt at 2019-08-16 19:41
nailedit さん

ご地元で、そう言う声を間近に聞かれていて、
本当に不安で悲しくて、お辛かったと察します。
この悲惨な結末は日本がまだ、こういう時の、
生きたまま捕獲して野生に返すというところまで
行き着いていない為であり、住民の方のことを
考えると災難だったと思います。

現実、実際のところ、このクマのことで胸を痛め
悲しむ日本人の方々は、とても多いと思います。
少しづつでも、変わっていく日本だと信じたい。

啓蒙し続けていきましょう。
クマが可哀想だ、と一言、発するだけでも。
彼らが絶滅してしまう前に …。
<< ホビッツ両親との、しばしの生活 桜梅桃李 >>