甘く酸っぱい愛しき君
甘く

少しだけ酸っぱくて

けれど、それは愛おしの

君よ

あんず

その勝気な瞳と

驚くほど深い愛情

君よ

あんず

どうか君のの愛しき人の

その傍を二度と、離れないでおいて

あんずや

あんず

甘酸っぱい可愛い君よ



by yayoitt | 2018-10-23 11:24 | 迷い犬、犬のこと | Comments(2)
Commented by チコちゃん❗️ at 2018-10-26 13:08 x
これは愛しのマイケルさんを思った詩ですか!?それとも、、、
さぁ~
誰でしょう❤️

弥生さんの大好きなワインレッドの君かしらん✨✨✨

Commented by yayoitt at 2018-10-26 21:37
チコちゃんさん

うふふ

マイケルには、こ〜〜んな甘酸っぱい詩を
詠いあげることができないかも。酸っぱいだけになるかも。

がはは

愛しい杏ちゃんは、可愛い犬友なんです。
とっても元気で、可愛くて、いっぱいの思い出を残して
彼女らしく虹の橋の麓へと旅立った女の子なんです。
本当〜〜に、可愛い子です。
<< 朝市、くも おはよう〜秋 >>