わたしは、収容所の犬だったんです
いま、わたしはあなたの家に到着しました
何もかもが違っていて、わたしは居心地が良くありません

もしも、わたしが
あなたが用意してくれた新しいバスケットで眠らなくても
どうか、せっかちにならないで下さい
昨日、わたしはコンクリートの上で眠っていたんです

もしも、わたしが
食事に喰いつき、噛みもせずに丸呑みしても
どうか、怖がらないで下さい
昨日、わたしは生きる為に、そうしなくてはならなかったんです

もしも、わたしが
あなたの家の床でオシッコをしても
どうか、怒らないで下さい
昨日、それはわたしにとって、どうってことないことだったのです

もしも、わたしが
あなたの愛の掌を怖がったとしても
どうか、悲しまないで下さい
昨日、わたしに、その手は存在しなかったのです

わたしと気長に付き合ってください
ここは、あなたの世界ではあるけれど
まだ、わたしの世界ではないのですから

もし、わたしが、あなたを信じられるようになった時
わたしは、あなたに
わたしが出来得る、最高の贈り物を差し上げます…
わたしの、心を162.png

どうか
決して、忘れないでいて下さい
わたしは、捨て犬(野良犬)収容犬だったのです

わたしに必要なことは…
慣れるための、ほんの少しの時間なのです
c0027188_20481161.jpeg

(私なりに忠実に訳させて頂きました)


by yayoitt | 2018-03-12 20:31 | 保健所の動物のこと | Comments(6)
Commented by 通りすがり at 2018-03-22 13:29 x
ゆっくり時間をかけて築いていけばいいんですよね。もしかしたら、今までと180℃違う暮らしになるかもしれないんだから。すぐに馴染めったって無理。

トラちゃんが帰って来たとき、今も時に近くにいるような気がするときはあるけど・・・抱き合って大泣きするかも。
人が生涯に飼う動物の数って僅かです。だからきっと、その子を迎ええるのは大きな縁があるはず。

トラちゃんに会いたい。
Commented by ロック母 at 2018-03-22 20:54 x
とても、とても胸に染み入る文章です。
環境の違う場所に行けば、言葉が話せる人間だって不安になりますもんね。動物なら尚更です。
もっと早くにこれを読んでたら、ロックももっと心開いてくれてただろうなぁ。。躾と言うことにこだわりすぎたからなぁ。。ロックごめんね〜
Commented by yayoitt at 2018-03-23 20:08
通りすがりさん

本当にそうですよね。
私たちが一生の間で一緒に暮らせる動物の数って
ごく僅か、だからこそ、楽しみたいし、愛したい。
必死に彼らのことを思って生活したい。
トラちゃんが、きっともう絶対に離れたりしないから。
ね、通りすがりさん。
Commented by yayoitt at 2018-03-23 20:17
ロック母さん

ロックは幸せ。すっごく幸せ。
躾は、ロックとロック母さんとの信頼関係を
つないだ架け橋だから。
彼らは、人間に躾を受けることを喜びとし
誇りと感じると信じています。
ロックはすっごく幸せ。
Commented by ちよん子 at 2018-03-24 10:43 x
ああ、ちょん子がねうちに来たころを、思い出します。
今、腹天になっているちょん子を見ていると、幸せです。
犬や猫、動物たち、幸せになってほしい、とつくづく感じました。
Commented by yayoitt at 2018-03-26 21:03
ちょん子さん

ちょん子がいっぱい幸せを、運んでくれていますね。
本当に、この詩の通りなんだろうと思います。
腹天、安楽で不安がない証ですね。
ありがとうございます。
<< 絶対に怪しい花粉症 ずっとやりたかった版画 >>