クリスマス前の浮かれた喧騒に …

クリスマスの意味はもう、消え去って。

c0027188_07085855.jpg

その多くが、使われることもなく

喜ばれることもないプレゼントを求め …

人々が溢れかえる街の、喧騒に。

寄り添う男性と、彼の犬。

c0027188_07091944.jpg

この寒さの中、ただ地面にじっと座っていることの辛さ。

何百人もの人々が目の前をただ、通り過ぎる。

足をとめる人はいない。

c0027188_07090958.jpg

目を留めても、そこから先はない。

こういう光景が、普通になっている社会。

人間社会。

何かが、壊れている。


by yayoitt | 2017-12-01 07:05 | 英国暮らしって... | Comments(2)
Commented by coco at 2017-12-04 13:56 x
誰かが何かをするだろうと思っても誰も何もしないのです。

キリストの言葉をよく思い出します。
「小さな人々にした行いは私にした行い」

梅田は大阪一の地下繁華街とも言えますが、冬になると暖を求めてその片隅に浮浪者と言われる方を見かけます。
私はすぐ、コンビニに行きおにぎり、菓子パン、野菜ジュース、お茶、等を買います。
正直、時間がないから、見て見ぬ振りしようと思う事も多々あります。
でもやっぱり、キリストの言葉がよみがえります。
じゃ、カトリックじゃなければ、していないかと言うと、やっぱりしていたのではないかなとも思います。
でも、キリストの言葉はより私を強くします。
偽善だと思われるのが嫌だなと思わない。
その時だけでもお腹いっぱいになれば良いとも思っています。
今、自分が出来ることをすれば良い。

フジ子・ヘミング が言っていたのですが海外での極貧生活の時にほんの少しのお金でもとてもうれしかった。
だから必ず物乞いの人にはいくばくかのお金をあげます。
彼女のビデオでも出てきましたがお金を投げ入れていました。日本人の感覚からしたら、横柄にも見える映像でしたが、殆どの人が通り過ぎていました。

でも中には子猫をもらっては横に置き物乞いをして、大きくなったら、捨て又子猫をもらうと言う物乞いもいましたから。
人間観察は必要です。(笑)

Commented by yayoitt at 2017-12-05 06:35
coco さん

そうなんですよね。
誰かがきっと … 
そう、自分に都合が良いように想像して言い聞かせる。
そして、見なかったことにする、聞こえなかったことにする。

Cocoさん。
本当に、感じたままに、それを行動へと繋げられるというのは
そうは容易くはないことです。
それができること、そう、すること、ではなく、できること、
出来る、為には、努力が必要です。
自分をちょっと押し出す努力が。

私はここ数年で、よく考えることがあります。
私自身が、いつでも、ごく簡単に 浮浪者 ホームレス に
なり得る、ということを。

自分でなりたいわけではなく、いつも簡単に状況や境遇の
変化によって、なり得るのだということを。

自分に何かできることを、その時、その時に、できたら。
できるように、できる自分になれたら、と願います。

なんだかCocoさんの言葉のおかげで、
勇気と、思いが溢れてきます。


<< 頑張ってるおばちゃんに、こんな... ようやく >>