人気ブログランキング |
独立できなかったスコットランドに、ただいま
木曜日の夜、11時頃に、エジンバラの我が家に帰りました。

正味、2週間と数日という短めの日本滞在でしたが …

色々な意味で充実した日々となりました。

どれだけでも両親との時間をと、ブログも開かずのままでしたが …。

今日から、本当の意味での おかえり~ ということで。

ぼちぼち、日本のこと、綴ります。

今回の日本、私の中で心に残るのは、やはり …

  日本中の誰もが知った、ユニオンジャック

  そこに居なかったけど、悔しいスコットランド独立成らず

  愛する家族との濃厚な時間

  ボブやっこ 

  だめよ~ だめ だめ

かな。

ふっふっふ
c0027188_529279.jpg

(御嶽山 私が父と初めて頂上まで登った山、噴火前 知人よりお借りしました)
by yayoitt | 2014-09-28 02:22 | Comments(7)
Commented at 2014-09-29 11:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chaco-o at 2014-09-29 18:46
スコットランドの方には独立賛成、反対とあったんですよねぇ。
独立反対の人がいることに驚きました。
日本では、あの見慣れたユニオンジャックが変わるのか?というとこに
意識がいってる人が多かったかな?
どちらにせよ、スコットランドが良い方がいいですね^^
Commented by ukfelines at 2014-09-30 01:42
同じ連合王国におかえり~!!!
通貨とか年金とかNHSなどの対策案がはっきりしてなかったから
独立に不安を感じるスコットランドの人が多かったのかなって思うよ。
独立は適わなかったけど、スコットランドに対してより良い政策をって言ってるけど、
政治家の約束は、どこでもいつの時代でもあまりあてにならないものだからねぇ。。

ノーマンが喜んで迎えてくれたんだろうね!
今日からお仕事だったのかな?

Commented by yayoitt at 2014-09-30 06:27
鍵コメ at 2014-09-29 11:54 さん

ただいま~~~っっ。
本当に、今年も、いっぱい、ありがとうございました。
独立ならずで、本当に残念です!!
無念、といった思いです。

うふふ な物 ・・・。
しかし、あれを、ご主人とか、息子さん、またはお姑さんとかに
見られたら … なんて、後になって気になっていましたが …。
大丈夫だったかな??

わーわーわー。
そうなんですね、そうなんですね。
鍵コメさん、とても嬉しいニュースです。
私、信じていますから。
だから、是非!! 心から、待っておりますから、その日! を!!

本当に、嬉しい。

なんか、私も元気、出てきた。
夢は捨てない、あきらめない、持ち続けて努力する!

おっしゃーっっ。

ふふふ

ありがとう。
Commented by yayoitt at 2014-09-30 06:39
chaco-o さん

悲しい歴史が、心と脳裏に深く刻まれたスコットランドの人々。
反対派の理由は、その多くは 独立することによる生活の変化
独立すると、しばしの間は受けるであろう不都合 そういう不安で
あって、心は 独立をしたい という方々が多かったのでは、
と思います。

今回、この投票は、あまりに準備の時間が短く、人々がもっと
じっくりと永い目で見て考えることができなかったのが、とても
残念だと思います。

スコットランドに暮らすイングランド人の方々や、スコットランドに
暮らすEU諸国の学生さんなども投票権があったので、そういう方々
は圧倒的に、混乱を避けたくて、NOだったし、やっぱり、この
投票のあり方、やり方自体に、無理があったように感じます。

それでも、今回、スコットランド人の半数、もしくわ半数以上は
独立を希望することがわかったので、近い将来(数十年では
あると思いますが)、独立と、なることは絶対と信じています。

どうも、ありがとうございます。
Commented by yayoitt at 2014-09-30 06:48
リリちゃん~~~

ぎゃはははっっ。
… 同じ連合王国におかえり~!

同じ連合国に、帰って来たよ~~~っっ。

うんうん、NOキャンペーン側の 独立したら、こんな悪いことが
あるぞ、あるぞ の脅迫で、賛成も反対も決めていない人々が
ついつい、怖い、と感じてNOに流れてしまったかも知れない。

そうなんだよね、スコットランドにパワーを持たせてくれる、って
そんな あやふや で 軽々しい口約束 は見え透いてるよ。

独立して、しばらくは経済的、また、色々なシステムが落ち着くまで
大変なのは当たり前、だけれども、それもいずれは安定するのにね、
目の前の不安ばかり見ていたら、心から願う未来は築けない。

EU諸国ではない私には投票権はなかったけれど、心から熱い
YESを、願っていたよ。

でも、スコットランド人、この結果で、かなりの人々、ことに若い人々が
独立をしたいと思っていることが明らかになって、ある意味、将来に
また期待できると思うよ。

Commented by yayoitt at 2014-09-30 06:48
続くね
うんうんうん!
ノーマンね、年に一度だけど、きゅんきゅん言って、迎えてくれたの!
クールなお嬢だからね。 ふふふ 嬉しかったよ~~。

リリちゃんも、元気やね!
よっしゃー、連合国のまんまやから、来年あたり、会いに行くぞ!

ふふ

あ、金曜から、仕事だったよ。
ありがとうね、リリちゃんっっ。
<< 日本で聞く、スコットランドという国名 ではぁ、行ってくるよ~ >>