人気ブログランキング |
怒(おこ)る と 叱(しか)る 
とっても なるほどなぁ~ と思わされた。

大切な友人が教えてくれたこと。

 怒(おこ)る 



 叱(しか)る

の違いについて …。
c0027188_3355518.jpg

怒るが、感情であることはわかる。

叱るは、動詞であるから、行動であることも。

しかし、普段の生活の中で …

果たして、怒っても、叱ることはできているのだろうか?

と、考えさせられた。

もしかしたら、怒るだけで終わっているんじゃないだろうか?

と、反省させられた。

私は子供を育てていないから、毎日のように 怒る ことはないけれど …。

それでも、この興味深い事実は、心に刻んでおこうと思った。

c0027188_3304953.jpg


仕事中でも、誰かに対して怒ることはあっても、叱る心配りはしていない。

怒る は自分の為 …

叱る は相手の為 …

以前に、姉から教わった言葉を思い出した。

 誰かが、失敗をしたとき …

 その人は、失敗をした時点で、既に 罰(バツ) を受けている

 だから、更に追い討ちをかけるように、他の人が怒る必要はない

 もう、失敗したことで、一番、痛みを受けているのは本人なのだから

by yayoitt | 2013-10-22 03:25 | やっこの思想 | Comments(8)
Commented by ゆた。 at 2013-10-24 13:56 x
たとえば、職場で、
ミスを度重ねるひとに、
これから改善してほしい、
それはその人のためと思い、
その人がわかるようなレベルで、話す。諭す・・・。

それは、結局、ミスをされたら困る自分のためで、
うわべは理性的にふるまい、やさしい言葉で接していても、
どうしてこんなことをわたしいいわせるの?
いつになったら覚えてくれるの?と
こころの底では、とても感情的になってしまっている。

なんど話しても、諭しても、
ちっとも思いの届かないことがある。
教育とは、待ってあげるぶんの時間がかかり、
そしてそれは、結実をみないことも多い。

お姉さんのことば、ピンクの文字はもっともだと思うの。
ただ、・・・失敗してもシラっとしてる人、
省みる、恥じと思う能力に欠けるひと、
わたしのまわりは多いです。
Commented at 2013-10-24 14:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-10-24 17:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chocorachocora at 2013-10-25 14:59
そうよね 失敗をした時にすでに本人は「しまったー」と罰を受けてるよね。
こんな時に優しい言葉をかけて貰ったら、すごく励みになってもう失敗はしないようにしようって心に残るに違いないと思う。
反対に怒られたりしたら、「それでも私はちゃんとしたのに・・・」とか「そんな小さいことで・・・」とか思って反省できず、また同じことを繰り返したりするかもしれないね。

実は私、これ子供の頃から、すこごくそう思ってた。
何の失敗か忘れたけど、母が帰ったら自分がしたことを伝えなくっちゃ・・・とドキドキ、憂鬱に母が帰るのを待っていて、
母が帰ってから、しどろもどろに自分の失敗を打ち明けたら、全く怒られずに優しい言葉が帰ってきた。 その時にこれからは絶対気を付けようと思ったよ。
Commented by yayoitt at 2013-10-26 05:01
ゆた。さん

… その人がわかるようなレベルで話す、諭す

相手のことを思っての、この 叱る と同じ行動ですよね。
感情ではなく、ある意味、愛情を持っての行動、アクション。

… 心の底では、とても感情的になってしまっている

きっと、上の 叱る という行動に関しても、感情は、そうなんだと
思います、それは、仕方なく自然なことなんだと思います。

本当に、本当に、教育とは、なんて時間と努力の積み重ねだろうって
思わされますよね ... きっと、子育てなんか、それの成果なんて
感じられないことが殆どなのかも知れないな、なんて思います。
自分が子供の頃の親に対しての行動のことを考えてみても …。

ゆた。さん。

私、正直、今の子供たちや若い人たちは、ただただ、甘やかされて
痛い目を見ずに育ちすぎてるんじゃないか、って思うくらいです。
この 叱る という言葉の意味に感心しながらも、心の中では
少しくらいの体罰 も悪くはないんじゃないか? と思ってるくちで …。

失敗、に対して 痛い 辛い 二度としたくない って
感じてもらいたいですよね。

本当に、ありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2013-10-26 05:10
鍵コメ at 2013-10-24 14:05 さん

本当に、老婆心でごめんなさい!!
ああ、良かったですね。
その言葉が聞けて、本当に、良かったです。

その、気温と身体のこと、知らなかったです。
とっても貴重な言葉、教えてもらって、ありがとうございます!!

だから、季節の変わり目って、よく体調を壊すって言うのは
本当なんでしょうね …。

ふふふ

元気で、とても凛々とお仕事をしていらっしゃる、鍵コメさんの姿が
目に浮かぶようです。

ありがとうございます!!

Commented by yayoitt at 2013-10-26 05:15
鍵コメ at 2013-10-24 17:18 さん

怒られる …

というのは、相手の感情が、そのまま、自身に伝わってきて
きっと、心の傷になるのでしょうね …。

それは、恐怖になり、自信喪失にも、繋がるのだろうなと、思います。

真ん中の姉は、とても子育てに熱心で、子育て中、色々な本を
読んで、子供に対しての態度を改めたり、自分を戒めたり
していたので、その頃は、いつも すごいな~ と感心していました。
けれど、2人の男の子が大きくなった時に、彼女が一言 …

 私は 子育てに対しての自信がまったくない 

と言って、後悔で苦しんでるのを明かしてくれて、驚いた覚えが
あります。

本当に、親であるって、難しく、決して、これが お手本 ということは
ありえないのですよね …。

ありがとうね、鍵コメさん。
Commented by yayoitt at 2013-10-26 05:23
Maama

本当に、失敗した時って、あああ、どうしよう! しまった! 取り返しが
つかない! と思っていて、そこに、誰かから 怒鳴られたり、愚痴を
言われたりすると、かえって 反抗 してしまうものですよね。

子供の時って、そうでしたよね。

Maamaは、それを、子供の頃に身を持って感じていたんだね。
その時の、お母様の言葉と態度を聞いて見て、Maamaは、きっと
その光景や体験を一生、忘れないんだろうな。

あの、童話の、風と太陽 の話なんだろうな …。

Maama。
前からずっと、思っているけれども、Maamaのお母様は
本当に、素晴らしい方だなぁって、あらためて思わされたよ。

どうも、ありがとうね、とても嬉しい話をシェアーさせてもらいました。
<< 梯子(はしご)を飾りたい 化粧、してませんよね? >>