人気ブログランキング |
老いゆく両親 追いゆく娘
今年は、父が80の傘寿の年。

母は77の喜寿の年。

看護師をしている頃、80歳の患者さんたちは、お爺さん、お婆さんで。

自分の親と、その方たちを結びつけるイメージは持たなかった。

年に一度だけ、20日間弱と与えられた時間。

それを彼らと過ごすようになって、数年が経つ。

鏡で、自分の顔を映す時に気が付く 時の流れ は緩やかだけど …

飛騨に帰って、両親と再会して感じる 時の流れ は、思うよりも急である。

その事実に、立ち止まらせられる。

立ち往生してしまう。

彼らが存在している限り、いつまでも 子供 で居てしまう自分。

彼らの顔を見た瞬間から、甘えん坊の子供 になる自分。

その彼らは …

私の気が付かない時間と空間の流れ、そして親としての配慮の中で …

膝を痛め、風邪をこじらせ、心臓を弱め、血行を悪くし、気力を失っている。

一年前に、両親が送ってくれたカレンダーが、その用を終えた。
c0027188_142837.jpg

カレンダーの裏には、母の文字と言葉が書かれてある。
c0027188_144915.jpg

 神様の手のひらの上で、楽しいことのいっぱいある年でありますように …

と。

もう40を過ぎた娘の為に、娘夫婦の為に、祈っている。

この両親に。

この2人の愛する人々に …

私ができることは、なんだろう …。

甘えん坊で、とろくさい末っ子が、彼らにできることは …。

もう何年も、同じく自問しながら、また、新しい年が明けた。
by yayoitt | 2012-01-03 00:31 | 遠くにて思う日本 | Comments(16)
Commented by HollyNoahDaisy at 2012-01-04 05:58 x
やっこさん、

あなたにできる一番の親孝行は、

あなたが健康でHappyでいること、です!

自分の子供の幸せ、イコール、自分の幸せなんですよ。やっこさんもNormanのことを考えたら、同じことが言えるでしょ?
Commented by カリーノパパ at 2012-01-04 10:07 x
やっこさんの御両親は、とても若々しくて、80歳と77歳には全然見えませんね。
カレンダーの裏に書かれた言葉も、とても素敵で、やっこさんを愛する親の気持ちが溢れているように思います。
HollyNoahDaisyさんが言われるように、やっこさんが健康でHappyでいてくれることが、御両親にとって、何よりの親孝行だと思います。
御両親の健康と長寿を心から祈っています!
Commented by aya at 2012-01-04 12:37 x
あけましておめでとう、やっこさん!
やっこさんにとって、良い一年になりますように!!!

この記事に、思わず涙が出ました。

私の両親はまだ60代前半だけど、大きな病気をして、元気になったとは言え、未だ心配を抱えて生活してるから・・・私もここ数年、やっこさんと同じようなことをずーっと考えていました。
お正月に帰省して、心に引っかかっているのに上手く言葉にできなかった思いがここにありました。

神様の手のひらの上で・・・
すごく素敵な言葉です。

ご両親が2012年も幸せで健康でありますように!
心から、心から祈ります。
Commented by chocorachocora at 2012-01-04 12:51
あけましておめでとう☆

お正月が来る度に、今年も両親がいてくれた。
と感謝の気持ちが湧いてきます。

母が年をとって産まれた私は、大好きな母親と一緒に過ごせる時間は他の平均的な親子よりも10年は短いのかもしれないと、子供の頃からすごく気にしていましたが、両親ともまだ健康ではないけど、いてくれて有難うって気持ちです。

きっと近くにいても遠くの異国にいても両親が健在でいてくれるっていうだけで、心の支えになりますよね。
どうか、やっこちゃんと心優しい御両親がずっと健康でありますように。
Commented by ピータン at 2012-01-04 17:23 x
HollyNoahDaisy さんの書かれているとおりかもしれませんね。
子供が先に亡くなるのは、何より辛いことです。
Commented by coco at 2012-01-05 01:07 x
親はいつもいつでも子供が幸せであってほしい。
でも、幸せも不幸もそれぞれに、やってきます。
困難にあった時にこそ、それを乗り越えてほしい。
そしてそれを乗り越える力を与えたまえと祈る。

私達の年代は親の介護と言う現実に向きあっています。
親は子の幸せを願っていたと言うことを思い、介護にあたりたいものです。
そして、それもまた乗り越えなければならないものの一つであるのです。
Commented by syu_beruto73 at 2012-01-05 01:48
やっこさん~♪コメント有難うございました(*^。^*)
今日の記事は私にとって、まさに私が今、書きたいことはこのことよ!!でした。
両親が80、83になり、母は左半身麻痺で車椅子に、父は心不全と慢性腎不全で入退院の繰り返し。いったい私ができることって何だろうと両親の顔を眺めながら、しみじみ思いました。九州へ両親を残し、埼玉に戻る時、一緒に居ると憎たらしい親が、とても愛おしい存在になっているのが不思議でした。私自身が歳をとった証拠なのかもしれません。やっこちゃんが元気でいてくれることが、ご両親にとり何よりなことだと思います。
Commented at 2012-01-05 05:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2012-01-05 06:23
由喜さん

あぁ …。
由喜さん、どうもありがとうございます。

本当に、そうですよね。
私も感じます。老いても尚、わが子の幸せと健康を、何よりも
一番に心配して願っている両親のこと …。

そうですね、ノーマンのことを考えるとき、自分のことなんかよりも
彼女が、幸せか、嬉しいか、寒くないか、痛くないか …
そういうことを考えます …。

親の愛って … 私は人生の中で、その 愛 を与えることはなく
受けるだけなのですが、なんとか、彼らに少しでも、それを
返してあげたいです。

由喜さん。
ぱっと目を覚まさせられる言葉を、ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2012-01-05 06:27
カリーノパパ

そうなんですよね、若く見える2人なのですが、確実に老いは
来ていることを、やっぱり感じてしまいます。

彼らは、とても熱心なクリスチャンで、彼らへの親孝行は
私も神様への信仰を取り戻すことなのだろうな … とも
思ってはいるのですが、こればかりは、そう思っても、できるもの
ではないんですよね。

カリーノパパ。
本当に、目の覚めさせられる言葉を、どうも、ありがとうございます。
なんでだか、そういう風に、考えていなかったので、
あぁ~~と、しみじみと感じています。

ありがとうございます!!
後悔は残るだろうけど、し過ぎたくないです。

優しい言葉を、本当に、感謝です。 
Commented by yayoitt at 2012-01-05 06:34
aya ちゃん

うわぁい!!
明けましておめでとう~~。
今年も、色々と、よろしくね!! ふふ 色々って … 

あやちゃんにとっても、絶対に良い年になるよ!!

泣かせてごめんね …。
なんだか、結構、こういう思いが積もってた。

ご両親、そうなんだね、ご病気とかあると、なおさら、心配だよね。
昔、私たちが子供の頃、両親って、永久の存在だって思ってた。
でも、だんだんと、そうではないんだって感じ始めるよね。

お正月、良かったぁ~。
一緒に、過ごしたんだものね。
記事で読んだよ。

会えるだけ、会いに行って、あげてね。
(私がこんなん言うの変やけど 私の分までって言いたくなる)

私も、あやちゃんのご両親の健康と幸せを、心から祈っています。
本当に、ありがとうね!!
親って … 良いね!!
Commented by yayoitt at 2012-01-05 06:40
maama

親が、居てくれることの感謝 …。

本当に、それだけで、感謝すべきことなんだよね。
当たり前、って思ってきたけれど、そうじゃない、居てくれて
ありがとう、なんだよね!!

お母様との時間のことを、そんな風に意識して育ってきたんだね、
maama …。

ほんと、きっと距離は関係なんだろうな …。
近くに居ても、遠く離れていても、やっぱり、親への思いは同じ。
親が居てくれることのあり難さは、同じなんだろうな …。
心の支え、その通りです。

私、いつか両親がいなくなったら、望郷とか、飛騨への思いとか
どう変わるだろう? ってよく考えます。
彼らが住んでいるからこその、愛する飛騨なんですよね。

本当に、素敵な言葉を、ありがとうございます!!
maama のご両親のご健康と幸せを、私も、祈らせて下さいね。

ありがとうっっ!! 
Commented by yayoitt at 2012-01-05 06:46
ピータン さん

ピータンさんも、そう思われるますか。
私には、はっと目の覚める言葉になります。
本当に、ありがとうございます!!

そして …。

… 子供が先に亡くなるのは、何より辛いこと

その言葉が、心にずっしりと、染み渡ります。
ピータンさんの言葉だけに、あぁ、本当にそうだなぁと、
思わされます。

どうも、ありがとうございます!!

ピータンさんのお父様の、コスモスと遊ぶ、あの嬉しそうな表情が
なんだか、焼きついています!! 
幸せ って、こういうことかな って。
Commented by yayoitt at 2012-01-05 06:51
coco さん

親であるcoco さんの言葉 …。

それを聞いて、なんて親って素晴らしいんだろう …
なんて尊いんだろう … その見返りを求めない愛情は
なんて奥深くて幅広く無限なんだろう、と改めて感じます。

… 困難にあった時にこそ、それを乗り越えてほしい
それを乗り越える力を与えたまえと祈る

本当の意味の 見守る ということなのでしょうね。

私も、できたら両親の介護に関わりたいと願います。
まだ先であってくれればと思いますが、けれど、出来る限り、
そうしたいと、思います。

その時に、親が、どういう気持ちで、自分のことを思ってくれている
のか、思い続けてくれているのかを、覚えていたいです。

力強い優しい言葉を、どうもありがとうございます。
掛け替えのない彼らだからこそ、彼らと共に、乗り越えたいです。

感謝です!! 
Commented by yayoitt at 2012-01-05 07:00
シューベルト母さん

本当に本当に、ありがとうございます!!

シューベルト母さんも、感じていらっしゃったんですね …。

ちょうど、私たちの年齢って、そういう現実に直面する
そういう年代なんですよね。

ご両親、今まで色々と大変だったのではないかと察します。
年齢と共に、どうしても、何か調子のよくないことが出てきますね。
私の両親も、なんで? と思うくらい、心臓の薬とか血圧とか
沢山服用しているのに驚きました。

シューベルト母さんが感じられる、そのお気持ちを、
ご両親はきっと感じ取っていらっしゃると思います。

伝わっています。

親子って … 不思議ですよね。
されで親子、なのでしょうね。

シューベルト母さん。
両親の為に、健康で、笑っていられるように、過ごしましょうね!!

彼らの心配が、増えない為に …。

それを、ここで、学べました!!
どうも、ありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2012-01-05 07:06
鍵コメ at 2012-01-05 05:18 さん

鍵コメさん。
はい。
まさしく、その通りです!!

ふふふ

やっと親の有り難味が本当にわかる年齢 …。
まさしく、そうで、この甘ったれてきた自分を、なんとか卒業して
できるだけ、彼らに返してあげたい … 
もらった分なんて、とてもできないけれど …
少しでも、楽してもらいたい。

できることなら、1年でも2年でも一緒に住みたい。
それが、本音 … けど、言っちゃいけない本音。

鍵コメさん。
わかってくれて、ありがとう。
すごく、伝わる …。

その通りって、思う。

あのコタツで、一緒にお笑い番組を見てる時の両親の顔は
どんなレストランで一緒にご飯を食べる時の表情よりも
ずーっと幸せそうだって、気が付いてた …。

あぁ、鍵コメさん。
ありがとう。
会いに行って話したい … っていつも、こればっかりで
できないのに …。

あんがっちゅっっ。
<< EDB4 (イーディービーフォ... ノーマン 新しい年を詠(うた)... >>