夢と現実
人生とは、夢と現実の狭間で不安定に揺れる、一瞬一瞬の積み重ねかもしれない。

最近、しみじみ、そんなことを感じている。

夢、が何も大きなものだけでなくてもよい、こうしたい、あぁしたい、あれが欲しい、という希望でよい。例えば、去年の冬はクリスマス前に、私はある物がとても欲しかった...ブレッドメーカーである。それがあれば、自分でパンを作って、毎日の、毎週の大きな楽しみになるはずだと思っていた。思って疑わなかった。そして、実際に手に入れてしまった今、自分でパンを作って確かに美味しいし、楽しみでもあるが、手に入れる前に描いていたほどの、興奮やきらきら光る暮らしは、続かない。

大きなことで言えば、今の生活。

私は、ずっと西洋の国で暮らすことに憧れていた。西洋ではないも、オーストラリアでの生活の最初数ヶ月は、まさしく夢のようだった。朝、起きて目にする部屋、カーテン、家具、キッチンで食べるミルクとシリアルも、そして外に出れば見るもの何もかも映画の中のようで、夢のようで、ここに自分が旅行者ではなく住んでいる、という事実に酔いしれたもの。外国人と恋愛をする、結婚をすることに憧れや夢はなかったのだが、こうしてマイケルと結婚生活を幸せに送っている。

スコットランドに到着するまで、こう思っていた。

もしも、生活が苦しくても寂しくても、この美しいエージンバラの街に住んでいるという事実が、私を助けてくれるに違いない...

でも、現実は、違う。

遠くに見上げる街並、教会の尖塔、緑と戯れる人々、確かにそれは美しく、いつでも優しく心に染入る。

だけど、現実は、私が歩くこの歩道...ゴミが転がり、落書きが増え、知らない顔ばかりと身体15cmほどだけですれ違う。頭を上げたら、すぐ向こうの街並みが見えるのに、それが自分の叶えた夢だと思った、この街が、ただ日毎に霞むばかりだ。

これが、現実。

住めば都、とは言うが、私はいつも思う。

住まないからこそ、都。
c0027188_20361174.jpg

by yayoitt | 2005-05-06 20:35 | 英国暮らしって... | Comments(16)
Commented by シュウ at 2005-05-07 21:42 x
ん〜、うまく言えないけれど、何と言ったらいいのか言葉が見つからないけれど、実は私も思っている事です。
やっこさ〜ん、頑張りませう。
Commented by きび at 2005-05-07 22:40 x
う~ん、少しわかるような。。。
あたしも北海道から東京にきたときはとりあえず2年という約束できたのだけど、いきおいで来てしまって、仕事がちょっと落ち着いた3ヶ月後になんできちゃったんだろうというすごい不安と寂しさに襲われました。
でもインターネットという便利なもので、友達がたくさんできて、救われました。でも、北海道にはやっぱり帰りたいっす。(~_~;)
Commented by aya at 2005-05-09 00:08 x
国外へ出たことがないので憧ればかりが強いです(><)見たい、知りたい、触ってみたいっていう好奇心ばかり。やっこさんの記事読んで、こういう思いがあるんだって知りました。知らない土地を渡り歩くことに慣れてはきたけど、それは2~4年限定だからやってこれてるとも言えるし(--;)まだ、自分がどこかに定住するってことが想像できません。
Commented by やっこ at 2005-05-09 01:41 x
シュウさん、こんちわ!
結局、住んでしまうと、そこが現実であって、夢ではなくなり、現実の中では楽しいことよりもしんどいことの方が多く心に残ってしまう…という、人間なら誰でもそうなのかも知れません…それとも、すぐ悲観的になりやすい、自分だからかな?とも思ったんだけど、シュウさんもそう感じているってことで、ちょびっと安心しました。うん、私、今のこの時期が、ホームシックで辛いから、こんな身勝手な記事を書いてしまったんだよね…毎日、泣いてる訳でもないし、楽しいこともあるのに、わがままで、悲しいことばっかり人に聞いてもらいたいのかも…ごめんね。でも、シュウさん、同じ様に感じてることがあれば、また、吐き出すとこがなければ、いつでも話をしに来てくださいな。私も一緒に落ち込むかも知れんけど…それじゃぁ、駄目だなぁ…(笑)よし!人生、前向き!
Commented by やっこ at 2005-05-09 01:48 x
きびちゃん、そうなんだよね、別に海外だからどうとかではないんだと思う。結局、自分の生まれた住み慣れた場所を離れるのって、誰にとっても辛くて厳しいことなんだと思う!私も、京都に1年半いた時ね、やっぱり、すっごく故郷に帰りたかったもん。それどころか、故郷の隣町の看護婦寮に入ってるだけでも、毎週末、家に泊まりに帰れるのが、死ぬほど待ち遠しかった。
きびちゃんは、今から、もしかしたらまた、違う場所へ引っ越すかもしれないでしょ?だから、こんな私の文を見て、“え~!!”って思わないかな?って心配したんだけど、でもでも、それも、これも現実。あくまでも私の人生の、今はちょっと落ち込んだ谷の中、山の頂上で楽しい~って、幸せ~!って思うことも、一杯あるんだからね!!読む人の気持を余り考えず、自分の気分のままに、無責任に書いてしまって、ちょびっと後悔してるんだ…。こんな悲観的な自分を変えたいんだけどね…だから、なんだか、キビちゃん自身が心配になったりとか、未来に不安を感じさせるようなことあったら、ごめんなさい。何言ってるか、ちょっとわからないけど、それも、ごめんね。
Commented by やっこ at 2005-05-09 01:53 x
ayaさん、ある程度、期限付きで同じ場所に生活するのって、マンネリ化とか、住居とその周りのことで悩んでいても、あと何年頑張れば…って励みになるよね?私も、前にここに3年いた時、途中から“日本に帰ろう”って決まった時から、すっごく“よし、もうちょっと、頑張ろう!もうxxヶ月だから楽しもう!”って、その一種の目標に向かって、力いっぱい走れた様な気がする。もちろん、引越しってパワーがいるし、結構大変だけど、その都度ロリフレッシュして、まるで新年に1年の目標立てるみたいな、新たな生活への目標ができるんだろうね…。
Commented by きび at 2005-05-09 06:09 x
やっこちゃん。全然、変には思わないよ。むしろ、そうだよなと思う。あたしがもし違う場所に引越したら、きっと寂しいと思うし、今でも寂しいけど、一応、帰ろうと思ったらすぐ帰れるしね。想像すると、ちょっと怖かったりするよ。それでも好きな人と一緒にいたいという気持ちが今は強いけど・・・でへへ
Commented by aya at 2005-05-09 08:09 x
うん、うん、わかる気がします。楽しいこともあるけど、寂しい気持ちとか、不安が大きくなっちゃう時、あります。前向きに!って自分にカツ入れながら生活してても、こういうときってあります。環境とか違っても、同じような思いをしてる人がいるって知ると、嬉しいっていうか、自分だけじゃないって励まされます。やっこさんの素直な気持ち、読んでてとっても励まされました!ありがとう!!!
Commented by やっこ at 2005-05-10 04:37 x
きびちゃん、ありがとう。うん、好きな人といたい、そんな気持ち、今のきびちゃん切実なんだよね。その一筋の想いって、すっごく大切だと思う。今の私は、よく考えると、自分のことばっか考えてて、マイケルの気持とか考えてなくって、駄目だな、って反省する。きびちゃんの素直な正直な思いを聞いて本当にそう思った。ありがと。
Commented by やっこ at 2005-05-10 04:40 x
ayaちゃん、そんなありがとうを言われると私…日本手ぬぐいで顔隠して尻隠さず状態になります……。あ、乳も隠さず。
そうだよね、皆、色々な生活の中で、それぞれの苦しみ悲しみ抱えてたりするんだもんね、自分ひとりが悲しいわけじゃないよね、うん、私も、馬鹿な冗談言えるくらい元気になってきた!やっぱ、友達は、いいな!
Commented by maisy★ at 2005-05-10 17:13 x
やっこさん・きびさん・ayaさん・シュウさんへ
コメントいろいろ拝見しました。
私は今の家から28年間一度も出たことがありません。
家の傍には、昔からの友達がいて、近所のおじさん、おばさんがいて、昔からのお店があって・・・
この場所から離れたことがないので、どこか他の地で生活するということが実感できてません。イギリスで生活が始まるかもしれないというのに・・・
しかも日本語しかできない私・・・中学生のころから英語が苦手な私・・・
友達は私がイギリスに行ったら遊びに行くよ!と言ってくれますが、月に1回きてもらう訳にもいかず・・・そんなんで大丈夫かなぁって。
今はイギリスに行ったら楽しいかなぁと思っているんですが、現実は楽しいことばかりではないですね。きっと辛いことの方が多いんでしょうね。
Commented by ayako_hn at 2005-05-10 18:19
やっこさん、うちは子供の時父の仕事の関係で何回か国内で引っ越したこともあって、「ここじゃなきゃいや」っていうのがなくて、どっちかっていうと、いろいろ動くほうが好きなほうかもしれないです(逆に姉はもう大阪からは出ーへん!とかいってますが)。でもイギリスに住んでいたらいやなこともいっぱいみるし、日本にだっていやなことはいっぱいあって、あーここはイギリスのほうがいいなー、って思ったり。だから結局どこの場所にいても100%満足はできない。彼に「どこだったら幸せなの?」ってきかれることがあるけれど、絶対ここって言い切れる場所がない。「イギリスに住んでいた」とかいうと「えっ!すっごい!」とか「うらやましい」って言われることあるけれど、でも、人間一人一人にはCapacityの限界ってものがあるから、得るものがあれば、絶対失うものもあるんだよ、っていつも思う。何を得るか、ってその人それぞれだと思うし。もちろん自分で選んだ道だから後悔はしてないけどね。ベトナムも文句ならいっぱい言えるけど、来たこと自体に後悔はしてない。
Commented by aya at 2005-05-11 15:06 x
みなさん、こんにちは!
私は国内を転々とする生活ですが、この先、日本以外の場所で暮らす可能性はほぼゼロです。だからすごく憧れているんですが(手に入らないものってわかっていると余計欲しくなるのと同じ?)、国外で暮らす人の話を読んで、現実は甘くないんだなぁ、と・・・。ここで嫌なことがあると、外国の開放的な部分(想像の範囲ですが)が無性に羨ましくなったり、日本っていいなって思ったり、その日によって気分が違う・・・。面と向かって友達や家族に不満をぶちまけることはないけど、ブログでささやかな日々の自分の気持ちを書くようになって、色んな人からコメントもらったり、いろんな人の考えや気持ちを読んだりして、それに救われることが多いです。こういう出会いが、だんだん自分の宝になってきてます。ん?話がズレた・・・ごめんなさい^^;ささやかでも、自分の気持ちをリアルタイムに表現できる場があるって、こんなに救われるんだーって思う今日この頃です。
Commented by やっこ at 2005-05-11 18:33 x
maisy★ちゃん、きっと、どこに住んでも、その人の気持の持ちようで、天国にもなるし、荒野にもなるんだと思う。私は、ちょっと落ち込んでいた時にこれ(日記)を書いたから、こんな悲観的なことばかり書いたけど、もっと人生を自分ながら楽しもう♪と少し努めるだけで、同じ平凡な人生、全然違って来るんだと思う、というか、自分に言い聞かせてる。こやって、皆の意見、想いを聞きながら、甘えずに頑張ろう、自分の人生、ってちょっと思ってる。maisy★ちゃんのイギリスでの新生活、もちろん浮き沈みはあると思うけど、それもひっくるめて、好き! になれますように。
Commented by やっこ at 2005-05-11 18:50 x
ayakoさん、私も、日本にいたらいたでそれなりの嫌なこともあって、文句いうこともあって、でも、それでいて、それが幸せだったりして。で、こっちで旦那にここの生活の不満とかホームシックのこと伝えると、‘あれ?日本が嫌だったんじゃないの?‘とか言われたこともある。でも、気持って、そう簡単じゃないもんね、複雑で、一杯色んな思いが絡まりあってて、好きか嫌いかでは一言できないんだよね。一度っきりの人生、そうだね、いかに後悔しないかだね、辛さも含めて、その時その時で選択していく...後になって、それがよかった、悪かったはわからないだろうし…
そう、得るものがあれば、失うものがあって、そうだね、そのとおり。何もかもそのままそこに抱えようとするから、腕からこぼれた物をいつまでも振り向いて見つめてたら駄目だね。
Commented by やっこ at 2005-05-11 18:55 x
ayaちゃん、素敵なコメント、ありがとう♪
私の勝手な落ち込みの日記から、ここに素敵な友人が集まり、それぞれの違う人生を振り返り、見つめなおし、まるで、一緒に庭でサンダルつっかけて、せんべいかじりながら、日差しに目を細めて語り合うような、そんな空間が出来たね。同じ、女性として、こんな有意義に素直に、正直に、さらけ出せたこと、そんな素敵な友人を持てたこと、それが私もとても嬉しい。ayaちゃん、ちょっとづつ、昨日と同じじゃなくて、昨日よりちーっとだけ幸せ、と感じられる、そんな人生になるといいね。
<< ちょっとした、バイト やっこと Celt の関係 >>