人気ブログランキング |
旅のあと、つれづれ ・・・ 犬の車酔い
今回、初めてノーマンとのホリデーを果たしました。

一番に懸念していたのは 彼女の車酔い 

日本にいる時に、一度、彼女と日帰りの山行きに出掛けたことがあります。

それまで、車に乗っても平気だった彼女 ・・・

飛騨の山奥のぐねぐね道で、初めてひどく酔ってしまいました。

それからというもの、車に乗るとすぐに心と身体の反応が。



 身体が緊張して座ることもできない
       ↓

 車の揺れに対して、4つ足を踏ん張る
       ↓

 肛門腺の匂いがしてくる
       ↓

 鼻がしたたるほど濡れる
       ↓

 舌を頻繁に舐めはじめる
       ↓

 口呼吸をしはじめる



こうなると、嘔吐までは時間の問題です。

人と同じ、犬も猫も車酔いをするのだと、その頃、知りました。

それから、彼女と一緒に車で出掛けることは、あきらめていたのですが ・・・

今回 車酔いの強い味方 を病院で処方してみました。

それまでの車酔いには ・・・

いわゆる 半麻酔状態 にさせてしまう錠剤が使われていました。

現在でも、精神的緊張が強い場合は用いられますが。
(花火大会の間 などにも)

これは、呼吸の抑制がある為、効果が続く間は常に呼吸状態を監視します。

必ず、傍に誰かが居て、呼吸状態を見るという条件で。

しかし、この薬であると、旅先に着いても、愛犬がまだ眠っていることも。

愛犬と一緒に行くホリデーを、充分に楽しむことができないかもしれません。

今回、使用した薬。

どう働くかは ・・・

中枢神経系で、嘔気を遮断(ブロック)するのです。

これは、抗癌治療の副作用の嘔気、嘔吐にも大きな効果を出します。

* 現在はまだ、猫への使用が証明されていません

今回、旅先でこれを使用してみました。

その効果は ・・・ 

かなり大きくて、満足できるものでした。

 私なりの考察 ~ 結果

 ノーマンは、経験から 車に乗る=気分が悪くなる と認知しており
 この吐き気止め錠剤が、果たして効果があるかは不安でした。
 なぜなら、それは、リラックス効果をもたらす薬ではなく
 あくまでも、嘔気、嘔吐を防ぐものだからです。
 しかし、服薬後のドライブでの彼女の様子からは ・・・
 しばらく緊張している様子はうかがわれ、それがドライブ中続きはしましたが
 嘔気、嘔吐に関連する身体的反応(唾液の充満、口呼吸)は見られず、
 ドライブ最後の方では、車中で、彼女が自ら横になる姿を見ることができました。


ということで ・・・

大満足!!! でした。


 ☆ 心配してくださった皆様、本当に、ありがとうございました!! ☆

 ☆ 同じ悩みをお持ちの方、是非、獣医師さんにご相談してみて下さい ☆
by yayoitt | 2010-10-15 18:54 | 10 ノーマンとの初ホリデー | Comments(5)
Commented by カリーノパパ at 2010-10-17 22:48 x
ノーマンが車酔いせず、一緒に楽しい旅行が出来て、本当に良かったですね♪
恐らく、ノーマンも一緒に居たかったでしょうから、嬉しかったでしょうね。

我が家は、シェルティ2頭とラフコリー2頭が居ますが、年上の3頭は、子供の頃、よく車酔いしていました。
我が家の場合は、車で出かける前は食事を抜くのですが、年齢を経る毎に車酔いしなくなりました。
一番年下のミシェル(ラフコリー1歳)は、子供の時から車に強く、早い時期から大丈夫でした。
恐らく、犬によっても、酔い易い子と酔い難い子がいるのでしょうね。
我が家のラフコリー達は、ショードッグなので、かなり長い距離を車に乗って搬送されますので、車にも強いことが求められます。

私も子供の頃は、車に酔い易かったのですが、「車に酔わない」と自己暗示をかけてる内に、本当に酔わなくなりました(笑)
犬の場合は、自己暗示をかけれませんから、やはり酔い止めの薬がいいでしょうね。
Commented by yayoitt at 2010-10-18 04:01
カリーノパパさん

本当に、ありがとうございます。
そうなんです、心配してたのですが、思い切って試してみて
良かったです、効果的だということが良くわかって ・・・。
日本でも、この薬は特許を受けたようです。

ノーマンも、とても楽しい時間を過ごしてくれたことを自信を持って
信じることができます。

カリーノパパのワンズも、車酔い、していたのですか!
年齢を重ねるごとに、車酔いをしなくなったのですね?
なにがきっかけなのでしょうね。
それとも、やっぱり、慣れてくる ・・・ のかも知れませんね。

ミシェルは、もともと車に強い子なんですね。
車酔いって、いかに最初の体験の時に、それが良い記憶として
残っているか、というのも大事かな、などと、想像するのですが
やっぱり、目が周りやすいとか、半規管が丈夫だとか、身体的
な理由もあるのでしょうね。

あぁ、確かにショードッグは、車での長距離移動ですよね。
こちらのショードッグも、英国を北へ南へ8時間、9時間と
走っています。
Commented by yayoitt at 2010-10-18 04:02
続きます

車に酔わない、という自己暗示。
言い換えれば、酔う時は、酔うかもしれない、という自己暗示でも
あるのかも知れませんよね。

そうですね、どうしても慣れることもできないワンコには
この薬は、かなり、効果的だと思います。

カリーノパパっっ。
ありがとうございます!!!
Commented by ポッキーママ at 2010-10-18 12:52 x
ノーマンちゃん、酔わなかったのが、なによりでしたね~
おめでとう!!
それに湖には、足をつけちゃったりして、うふふ嬉しいねっ
家族みーんなでそろって、滝や、湖や、いい景色、いい空気、
マイナスイオンをいいーーっぱい吸って、
生き返っただろうなぁ~!!
それに、それに、かわいいB&Bに泊まって!いいな、いいな~
とってもステキな家族旅行!
やっぱり、みんな一緒がいいねっ
↓パタパタ耳のノーマンちゃん、かわいいーー!!
Commented by yayoitt at 2010-10-19 03:25
ポッキーママ

本当に、ありがとう~~~。
うんうん、これが一番、心配だったから、嬉しかったよ!
これからの、強い味方だよ!!
アッキーは、車は平気だよね? いろんな所、行けるもんね!

そうそうそう、道のちょっとした水溜りでさえ、大袈裟に回避して
行く彼女だけに、今回、この水に入る度胸は、驚きだったよ!!
マイナスイオンは、良いねぇ~~~~。
心も身体も、心地良くなるぞっっ。

いつの日か、ポッキーママを、こんな場所に連れて行きたい~。
行かせてみたい~ ひひひひひ

うんうん、一緒が、一番!
琵琶湖に、私もノーマンを連れていってみたい~。

ありがとうね、ポッキーママ。
ダンボちゃんな!
<< 一目惚れな ・・・ トランプ ノーマンとの初めて一緒週末旅行... >>