おっとさんと一緒の、散歩へ
日曜の午後。

1時間半、車でやって来てくれたのは、おっとさん。

おっかさんがいなくなって3ヶ月。

おっかさんが、生活の全てだった、おっとさん。

おっかさんの友達が、おっとさんの友達で。

おっかさんあっての、おっとさんの生活だったとも言えるくらい。

ウイスキーを、毎晩のみながら、おっかさんのことを思う。

テレビを見ながら、横を向いて話しかけ、そこにおっかさんがいないことを知る。

大好きなゴルフも、なかなか行けずにいる。

おっかさんのいない家を出て ・・・

おっかさんのいない家に帰る寂しさを感じている。

それでも、月日は流れる。

思い切って、おっとさんがエジンバラに来てくれた。

お昼を一緒に食べた後、最近のお気に入りの遠出散歩へ ・・・。

 父と息子の後姿 後頭部が同じ ・・・ と背後でほくそえむ私
c0027188_4424968.jpg

ノーマンはマズルを付けていたので、気が大きくなったマイケルと私は ・・・

ちょっと、リード外してみようか! と ・・・

 オフリードで私達の傍にいたのは、この束の間だけ
c0027188_445255.jpg

すぐに、鼻に従って、まったく違う方向へ走るノーマンを捕まえた。

 僕も、お父さんのようにおなかが大きくなるんだ と宣言する息子
c0027188_4464846.jpg

 オフリードのクライドと挨拶するウエスティー
c0027188_4474049.jpg

 丘の斜面で、湖を見て語っている父と息子
c0027188_4485640.jpg

 湖には、いつものように、沢山の白鳥が
c0027188_449484.jpg

 おっとさん、おっかさんがいなくなってから、とてもお喋りになった
c0027188_4505142.jpg

でも、そのお喋りは、独りで居るときの寂しさの裏返しだということを、知っている。

 それぞれ人々が、犬が、それぞれに太陽の温かみを感じている
c0027188_452403.jpg

 そこに身を置くと、押し殺していた寂しさが込み上げることもある
c0027188_4534670.jpg

けれど、時間は流れる。

滔々と ・・・

流れる。

流れる。

出会い、別れ、よどむことなく流れる。

 ノーマンが出会う、白鳥との一瞬のように
c0027188_4553041.jpg


とっても良い日だった

と、おっとさんが笑顔で帰って行った。

おっかさんのいない家に。

けれど、ちゃんと時は、流れている。
by yayoitt | 2010-09-26 04:31 | 国際結婚って... | Comments(0)
<< wii(ウィ~~~♪)な月曜の夜 OK Go レスキュー犬と仕上... >>