新しい隣人 NEIGHBOUR
うちは、フラット(いわゆるアパート)である。セキュリティーの表玄関から入ると、螺旋階段があり、2階から1号室、2号室、3号室…全部で9つの部屋が入っている古い建物である。
1号室、3号室(4と6、7と9)の部屋は、角部屋となり、間取りも大きくて部屋数も多くて家族で住むのにも不便ではないが、その間に挟まれた部屋はその面積の半分が吹き抜けのホールであるので、1人暮らし向けの小さな部屋となっている。私達は、大きな角の一部屋に住んでいるのであるが、隣の小さな間取りの部屋に、去年引っ越して来たのは、大人しい気さくなリビア人の男性だった。彼の彼女にもよく廊下で出会ったが、かなり犬が苦手らしく、何度となくノーマンに出くわし飛び上がらせたり、叫ばせてホール中にその声がエコーしたりすることがあった。
リビア人の彼は、もしかして、彼女の犬嫌いもあってか(あくまでも推測)どこかへ引っ越して行ってしまった。とても静かで、ニコニコした感じの良い青年だったのに。エジプトのお隣、リビアの人には、今まで会ったことがなかったから、友達になれればよかったな、と思う。

さて、しばらくの間、エージェントのフラットレンタルの看板が玄関に掲げられていた。
2ヶ月くらいは、隣には誰もいなかったようだ。最近になって、その看板が外されて、“あ、決まったんだ。誰か引っ越してくるんだ”と思っていた。そして先週の水曜日の夜、隣の部屋で誰かの声を聞き、ドアが開閉するのを聞いた。

“引っ越してきたんだ~”

ところがその夜…

ドアの開閉が頻回で、しかも廊下で話す声が大きくうるさく、多分その数10何人の出入りが続いた。声の感じからすると、皆、とても若い。誰が住人かわからないが、私は、玄関ドアの鍵穴から、その部屋に出入りする男女をそーっと見てみた。喋り方、言葉使い、服装、髪型 からわかってしまうのは、彼らが皆、NEDS ネッズ だったからだ。

血の気が引いた。

ネッズとは、スコットランド独特の言葉で、ある人々のことを示す言葉である。日本語では、当てはまる物がない、それは彼らの背景に、この国の貧困という政治的なものまではらんでいるからででも、近いと言えば、不良、貧乏なヤンキー と言ったところだろうか。家庭が貧しく、だから貧しい地域(政府が与えてくれたカウンセルハウスという家賃の安い住居)に住み、そこには、同じ環境の子供や大人がいるから、ドラッグが蔓延し、暴力やトラブルが多発する。彼らは、その友人も、その住む環境から同じ環境の者であり悪循環で、だから学校にもちゃんと行かず
トラブルを起こす友人と闊歩し、仕事も賃金の安いものしかなく、性教育もなされず、やはり若く、貧しくして子供を生み、同じような貧しい家庭を作ってしまう…そんな悲しいサークルの中で生きている。

私は、正直彼らが怖い。

彼らは、街中どこにでもいるが、一見してすぐにわかる。何かとトラブルを引き起こし、汚い言葉を平気で他人に投げかけ、ちょっかいを出そう出そうと探しているからだ。もちろん、ネッズ 全てがそうではないだろう。サッチャー時代に受けた、労働階級の人々への傷跡は、今も尚、ネッズ として受け継がれているのだと言える。だから、ある意味、かわいそうだと思うのだ。だって、そこに生まれた以上、その 輪の中から逃げ出せないのだから。

さぁ、ネッズの紹介はこれくらいにして、私の新しい隣人である。

鍵穴から見る限り、住人は 同じスポーツジャージとウインドブレーカー上下を毎日着ている女の子、見たところ、16、17歳。彼女の所に出入りするのが、男の子は やはりティーンネージャー、だが、女の子は妙に若い。多分、10歳くらいの子もいれば、13歳くらいティーン入り口くらいの子もいる。その数は数え切れないくらいで、大人の姿は一切なしで行ったり来たり、その小さな部屋に出入りするのだ。私は、このフラットが、そんな10代の子に借りられるものかとマイケルと話してみた。このフラットのある場所は、最近アップマーケットで価値が上がっているし、新しいフラットも立ち並んでいる。私達がこのフラットにいられるのは、マイケルのお姉さんの買った部屋だからであって、実のところ、普通に借りたとしたら、とても2人の給料では払えないのである。ノーマンを働きに出しても、無理なのである。
だが、この小さな間取りの部屋は、その小ささと古さから、値段として高くはないということだ。
それにしても、この辺りの一体どこから、あんなに多くの ネッズ が集まってきたのだろう??
通りを数本海側に行けば、カウンセルハウス(大きなアパート)が数件建っている。だが、この通り辺りでは、まず見ることのないほどの数の ネッズキッズ達 であった。
c0027188_1831796.jpg

by yayoitt | 2005-04-16 18:30 | 英国暮らしって... | Comments(6)
Commented by maisy★ at 2005-04-16 21:45 x
ノーマンちゃんが働いても無理なんですね・・・
写真はノーマンちゃんとリプリーちゃんかな?
目が光っていてウルトラマンみたいです♪
Commented by aya at 2005-04-16 23:43 x
私は社宅だから隣人の身元はわかるのでその点は安心だけど・・・隣人がどんな人か分からなかったり、怖いと不安ですね・・・。しかも子供達だけで住んでるとなると、益々(><)トラブルが起きませんように・・・

動物と一緒に暮らせるのっていいなぁ~!写真の子たち、ものすごく私のタイプです~☆
Commented by ひろみ at 2005-04-17 01:25 x
この写真、2匹のワンコが目を光らせて建物内の警備に当たってるみたいですね。かっこいいな~。(笑)
Commented by yayoitt at 2005-04-17 02:24
maisy★、そうです、ノーマンを出稼ぎに出してもだめみたい。うん、リプリーとノーマン、本当にウルトラマンだよね。
Commented by yayoitt at 2005-04-17 02:25
ayaさん、私田舎人間だから、本当にこういうことが怖いんだ、田舎だと、知らない人は余りいない、って感じで、干渉があるのと引き換えに、平和はあったなぁって思います…グスン
Commented by yayoitt at 2005-04-17 02:26
ひろみちゃん、夜警だよ、夜警。ここに宇宙人の麻呂を加えたい!
<< 新しい隣人 NEIGHBOUR... 干渉しないと言えど…我慢できな... >>