人気ブログランキング |
はたらくおじさん はたらくおじさん こんにちわ
私のほっぺたが、まん丸で赤かった小学生の頃 ・・・。

扁桃腺が弱くて、1ヶ月に1度は熱を出して学校を休んでいた。

両親とも昼間は働いており、姉2人は高校で、たいていは独りで寝ていた。

とは言え、血の繋がらない80を越えたおじいさんが家にいたけれど。

熱が下がると、小学生の私には、布団で過ごす時間が退屈で ・・・

両親と川の字になって寝ていた寝間の襖を開け、テレビのある隣部屋に枕を直す。

リモートコントロールなどない時代だから、パジャマで布団から這い出る。

ガチャガチャとチャンネルを回して ・・・ 11時頃からNHKを見る。

休みの日には、楽しみにしているテレビ番組が幾つかある。

そのうちのひとつが ・・・

 はたらくおじさん

だった。
c0027188_5424237.jpg

はたらくおじさん は、1961(S36)~82(S57)まで21年間放送された。

気球に乗った男の子、タンちゃんと犬のペロくんが、望遠鏡で覗いている。

そして、目ぼしい誰か を見つけて、気球を地上に下ろすのだ。

そこには、その日の はたらくおじさん が出迎えてくれる。

工場で働くおじさん

警察官のおじさん

鉄板屋のおじさん

靴屋のおじさん

コックのおじさん

色々な仕事のおじさんが、15分間、タンちゃんとぺロくんに説明する。
c0027188_5431539.jpg

どの仕事のおじさんも、子供の私にとっては ヒーロー のようだった。

その、おじさんの仕事振りを見ながら、自分の父親を思い浮かべる。

朝に、仕事に出掛けて行った父の、力こぶを思い浮かべる。

 ♪ ヤッホーヤッホー ぼくタンちゃん

   わんわんわわん ぼくぺロくん

   丸い目くるり見えるかい

   長い耳ぴくり聞こえるかい

   会ってみようよあのおじさん

   聞いてみようよあのおばさん
    
   タンちゃん ぺロくん 

   2人でたんたんたん

   はたらくおじさん はたらくおばさん 

   こんにちは
 ♪

オープニングの歌を歌いながら、胸をワクワクさせる。

仕事の種類の価値よりも、はたらく ということがカッコいいと思った。

ホワイトカラーとかブルーカラーなんて関係なく。

ただ、大人になってはたらくことへ、人への、憧れ、羨望だった。

今日は、どんな はたらくおじさん に出会えるのか ・・・。

純粋に はたらく人 を偉いな、凄いな、かっこいいな、と思えた子供時代。

そこには、自分の仕事に胸を張って勤しむ姿があったからだろう。

今になって、大人になって、いや、41になって、そんなことを思い出す。
by yayoitt | 2010-07-20 05:16 | 思い出 | Comments(9)
Commented by dutelovecat at 2010-07-21 05:57
働くおじさん♪働くおじさん♪こ~んにちは!♪
同じ~、学校休むと見てた大好きな番組。
憧れ、興味、好奇心が上手く感化される内容だった。いつも違う仕事のおじさん出て来て、いつものタンちゃんペロくんから始まる番組、構成的にも良く出来ていた制作だったと思う(優)。
きっと今見ても、同じように、見れる気がする~、同じ憧れ目線で見られるような。
時代背景すら変わってしまった現代、貴重な内容いやドキュメンタリーとしても楽しめそう。
おじさんの語りかけてくるやり取りも好きだった、毎回優しかった気がするよ。
Commented by ピータン at 2010-07-21 12:24 x
私も10代後半だったか20代前半だったか忘れましたが、神奈川県いなか町の駅から黒塗りのタクシーを運転して、お客様に話しながら、満面の笑でロータリーから出て行く父を見て、ちょっと感動しましたよ♪

映画だと http://pub.ne.jp/pitang/?entry_id=821795 に昔書いたのですが、移動式便所の掃除のおじさんの手際よく愛に溢れた清掃作業に感動しましたね!
Commented by chocorachocora at 2010-07-21 13:47
懐かしいーー!!!
私も小学生の頃、体が弱かったので、よく休んでは「働くおじさん」や「できるかな」を一生懸命観てましたよ。

今でも、人の暮らしぶりや働きぶりのドキュメンタリーを観るのって大好きです。
昔の番組って心温まる優しい番組多かったですね。
Commented by さち at 2010-07-21 13:56 x
だらだら生活の夏休みなどに見てたかも~
テーマソングが結構気に入ってたかも~タンちゃん、ペロくんのバルーンの図がいつ見ても変らず素朴な感じ!!
幼児教育で子どもと一緒に見てたことも~

今は、キッザニアで体験できる時代に・・・

昨日のコメですがミルフォードトラックはニュージーランドです。虫はブヨかも~いいものを見るには苦労がつきものネ~トホホ
Commented by yayoitt at 2010-07-22 06:14
しづしづちゃん

おおおお~、やっぱりむっちゃ同世代っっ。 ふふ

そうなんだよね、学校休むと、見れるんだよね。
平日のこの時間帯だからね。 ふふふ

そうそう、感化される、そんな感じだったよね。
構成とかも上手かったよね、あの人形とおじさんが語る様子とか。

うんうん、今見てもきっと、ほおお~って興味を惹かれると思う。
子供の目線で、心で、やっぱり、ほほほ~ってね。

是非、あんな番組、やって欲しいよね。
今時の、子供が学校を休んだ時に見るテレビ番組って
いったい、どんなんだろう ・・・ もしかしてPC?? うわっっ

あぁ、やっぱり、子供時代に、大人への尊敬、憧れを
そっと心に持つのって大切だよね。
やっぱり、未来に、夢を ・・・。
Commented by yayoitt at 2010-07-22 06:20
ピータン さん

ピータンさん、その時のこと、とっても印象深く、とても
良い想い出として、その情景やお父様の表情や、
感じた心なども、ずっと忘れずにいるんですね。

家では、決して見ることのない、外で働いている親の顔は
偶然に見かけると、ドキっとしますよね。
なんだか、どこか他所の大人の姿を見たような、だけど、
とってもカッコいい、とっても清清しい、頑張ってるって感じられて。

映画、ロックフェステのドキュメンタリーなんですね。
先日、スコットランドのT in the park という毎年行われる
大きなロックフェステが終わりました。
若者の陰に隠れて、きっとせっせと働く人々が、いるんですよね。
人の、知られない所で、一生懸命に働く人の姿を知ると
とても感動します。

私も、毎日の掃除、頑張らなくっちゃ! って。
腕まくり! ふふふ
Commented by yayoitt at 2010-07-22 06:25
chocorachocora さん

うふふふふ

Maamaも、同じ世代~~~っっ だもんねっっ。
嬉しいわ、しかもやっぱり、休んでる時にね。学校! 

Maama、小学生の時、よく学校を休んでたんだね。
子供の頃って、1日休むと、とっても皆から疎外された気がして
不安で仕方がなかったことない?

うんうん、そうそう、だいたい、同じ時間帯にやってくれる。
働くおじさん、できるかな! のっぽさんが好きだった。

くふ 一生懸命見てた ・・・ 可愛い~。

あぁ、そうだよね。
普段なら、そこまで知ることのできない、他の人々の
暮らし、働きぶり ・・・ そういうものを知ることができるって
相手のことを知り、敬うことにも繋がるから、大事だよね。

そうだよね。
子供の頃、やっぱり、心温まる番組がいっぱい、あった。
ただ、可笑しい、おもしろいんじゃなくって、胸打たれる何か。
今の、子供の番組って、どうなんだろう ・・・。

あ、あとさ、少し大きくなると、土曜日かな、中学生日記とか
大好きで見てたけど、知ってる? 
Commented by yayoitt at 2010-07-22 06:28
さち さん

あぁ、夏休みにですか!
そうなんですよ、テーマソングが、歌詞はすっかり忘れたし、
サビしか覚えてないけれど、私も、大好きでした!!

バルーンで目的のおじさんを見つけて、降りていくっていう
設定が、なかなか、にくいっっ!! 笑

キッザニアとは、なんですか?

キッズの、ニア?

ミルフォードトラック、ニュージーランドですか!
まだ行ったことがない国だけれども、いつか、行きたいと
思いながら、どんどん遠く離れてしまいました。笑

どんな場所なんだろう、あの、南島ですか? あれ、北島?

あれ?

よし、検索、検索!!
Commented by HollyNoahDaisy at 2010-07-22 14:28 x
やっぱり20年近い年齢さは、見ていたテレビ番組で思い知らされました。はたらくおじさんってぜんぜん知らないの。娘の歳とのちょうど中間かしらね。

でも、「はたらく車」っていう歌なら息子が大好きでしたよ。消防車とか清掃車とか、パトカーとかね。

働くということは、私の時代にも美徳でした。汗を流して働くことの尊さ。働からずもの食うべからずと言われて育ちましたから。

今自分が働いてみて、やっぱり仕事があるから自分の時間がとっても大事でしかも充実しているように感じますね。毎日が日曜日だったら、きっとメリハリがなくなってちょっと飽きるかも。身体が自由になって働けるうちは頑張ります。明日は(木)、もうすぐ週末ね!

やっこさんはキャンプ楽しんできてね。
<< ノーマンのお皿、新調 なにより怖い ・・・ Midg... >>