人気ブログランキング |
捨てる人 拾い上げて抱きしめる人
イースターの前後になると、ウサギが売れる。

そして、ウサギが捨てられる。
c0027188_3572294.jpg

犬猫みなしご救援隊 というNPO法人に出会いました。
c0027188_3501358.gif

紹介の中で、数え切れないけれどの猫と犬たち(そしてタヌキ)、だけど、
一つ一つの命の名前を呼び、唯一の命と心から愛し、共に暮す彼女はこう言います。

 私は敬虔な仏教徒ではありますが、 決して、正しく生きているわけではありません。
 私は無類の動物好きなので動物嫌いの人間の気持ちは全く理解できません。
 私は動物に対しては優しく接しますが 動物嫌いの人間に対しては
 ハナから敵意を持って接します。
 こんな人間ですから間違っても私のことを‘優しい良い人’と思わないでください。
 そう思われることは私の本意ではありません。
 無愛想で意地悪で、とんでもない人間だったけど、 動物には優しかったよね・・・
 私は‘私の通夜’の席で、私を知る人々からこう言われたいと願っております。


日々、更新されていくブログでの 彼女の言葉は、心に積もるのです。

綺麗ごとではない ・・・

命を救うということ ・・・

尋常なことじゃない ・・・

捧げるということ ・・・

気持ちだけじゃできない ・・・

だけど、一歩、踏み出さなければ ・・・

その一歩は、簡単なことじゃない ・・・

この手で、この頭で、この身体で、この心で ・・・

自分の一生を、どう使うのか ・・・

深く考えさせられています。

今日の彼女の言葉から。

 平家物語の一節に 諸行無常 ・・・ という言葉があります。 
 これはお釈迦様の教えのひとつで、仏教オタクの私の解釈は
 この世のもので変わらないものなど何もない。
 形あるものはいつかは壊れ 私たち人間もやがては
 死んでこの世から消えてしまう。
 それほどこの世は はかない 
 だからこそ 今の幸福 を大切に生きなさい ・・・ です。


かにかまパーティー の様子、微笑んでしまいます。

(紹介させて頂くにあたって、快く了解下さった中谷様に、感謝いたします)
by yayoitt | 2009-03-26 03:06 | 保健所の動物のこと | Comments(8)
Commented by June at 2009-03-27 07:25 x
こんばんは。以前から見させていただいていたのですが、
なかなかコメントをする機会を逃してしまっており
勇気を出して?コメントしてみました。
やっこさんのことは、ブログで知り合った方から聞いておりました。
私もエジンバラ在住です!

今日の記事を見てはっとしました。
今日通りかかった、とあるスーパーの一角にある小さな緑地に
ウサギが一匹いたんです。
その場所から考えて、普段絶対ウサギがいるような場所じゃ
ないところ・・・今日の記事を読んで、もしや・・・と考えてしまいました。
イースターの前後になるとウサギが売られることも知りませんでした。

ちょうど私の友人のブログで動物愛護のことも書いていて
日本での動物愛護が遅れている(特に犬・猫)ことに関して
自分も胸の痛い思いをしました。

自分にできることから・・・と私も思い、動物実験をする化粧品会社の
化粧品は買わないことにしました。(そのひどい様子を知ってしまってから・・・)
過去記事の、中国とスペインの実情も恥ずかしながら初めて知りました。

またおじゃまさせていただきます。
Commented at 2009-03-27 10:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tui at 2009-03-28 00:36 x
最近、よく「愛護」ってことを考えるんだ。

・・よくわからないくなってるんだ、実は。。

中谷百合さん・・深い知識と経験がありそうですね!

動物を保護する『リアル』を非常に実感しやすい表現をされてると感じました。
一度会ってみたいですね!いろんなこと教えていただきたい!

獣医療も動物看護も中谷さんも弥生も同じ「愛護」のようなきがするんだよな!
みんなばかみたいに真剣に他種を護ろうとしてる。。方法が違うだけ!
手をつないでいければいいな~と思うね!

動物看護師としてそんな輪を繋げられればいいんだけどね!
俺もがんばろっ!
そうそうメールしといたで!
4月の6日から新天地(大阪)で再出発します!
いろいろありがとな!!



Commented by yayoitt at 2009-03-28 06:50
June さん

はじめまして!!
エジンバラにお住まいなんですね!!
しかも ・・・ なんだか、とってもご近所のような ・・・

ふふふ

書き込みを、ありがとうございます、とても嬉しいです!!

街の中でも、芝生のある所には、時々、野ウサギ??え??
というようなウサギがいることがありますよね。
私も、よく行く散歩の建物に囲まれた一画のガーデンで、
毎朝、二羽のウサギに出会います。

SSPCAなどに、運ばれるウサギの数が、イースターの
直後だと、ものすごく増えるそうなんです。
そして、クリスマス前後には、犬猫が捨てられるし ・・・。
人間のイベントに合わせて、売られて買われて捨てられるって ・・・
人間は、本当に勝手ですよね ・・・。

そのウサギも、もしかしたら、そんな誰かの贈り物だったのかも
知れませんよね、その本当のことはもう、そのウサギしか
知らないのですよね ・・・。

よかったら、また色々とお話しましょう!!
きっと、おうちから、我が家まで歩いて 数分 ですよ!!

ふふふ 

本当に、どうもありがとうございます。 
Commented by yayoitt at 2009-03-28 06:56
鍵コメ at 2009-03-27 10:50 さんっっ

そう、正直で、飾らないから、すごく心に浸透する感じ。
鍵コメさんも、そういう印象を受けてくれたんだね!!

うんうん、一生、抱えていく言葉 ・・・。

いつか、彼女に会えたらな、と思うくらい、なんだろう、
とても心惹かれるのです。

そう ・・・ 何度も何度も確認して言い聞かせる
言い聞かせてる、時には、泣けるくらいに、ね。

永遠に、続けたいね、もしかしたらまだ始めていないことかも、
それを、見つけて始めたら、あとはずっと続けて行きたいよ。
それが何なのかはまだ、はっきりとはわからないけれど ・・・。

鍵コメさん、私も、そう思います。
・・・ 素直に耳を傾けられる人で居たい、そうなりたい。

ふふふ

大丈夫かっっ えがった! 嬉しいっっ!!

うん、むっちゃ、なってるなってる!! ぐふふ 
Commented by yayoitt at 2009-03-28 07:02
tui さん

愛護 ・・・。
日本語で、漢字で書く、この愛護の意味。
きっと、難しいことのように思えるけど、素直な思い、正直な思い、
愛する故に守りたい、という思いもしくわ行動、なのかな ・・・。

そうなんです、彼女は、とことん心と身体で体当たりしてる、
そんな感じがするんですよね ・・・。

私も、一度お会いしてみたいと、思うのです。

Tuiさん、きっときっと、同志になるに違いない!! 

私たちが繋がる何かがあるとしたならば ・・・ 愛護 ですね。
愛しているが故に、守りたい、と願う気持ち、そして行動。
ここに集って下さる人々との繋がりは 愛護 なんだと思います。

手ぇ、つないでいきたい!!!

Tuiさん、そういう意味でも、Tuiさんは、直接に人々に
それを伝えられる、手を握れる場所にいますよね、応援してます。

メール!!!
受け取ったよっっ!!
返事が遅くなってて、本当にごめんなさい。
今週末に、お返事しますね。

まずは ・・・

やったじゃん!!!!
おめでとう!!!!
Commented by もか王 at 2009-03-28 14:54 x
諸行無常ぐぐ~~ときました。
彼女の素直な気持ちと、飾らない気持ちがすごい。
かわらないものはない、形あるものはなくなる、はかないもの、だから今の幸せを大切に生きたい。
この解釈に私も同感。
いつかは来る別れにもこの覚悟を持っていないとね。と同時に今を大切にね。
そう考えると私の周りにいる人あるものがつながっているような気がするんですよ。
こうやって出会ったのも何かの縁だと思うようになりました。
意味のある偶然の一致(シンクロニスティー)ってあると思うんですよ。
日本の愛護活動をしている人には、素直にこの縁を結ぶことができないんだろうなぁ~~。
犬猫という共通の縁があるにもかかわらず・・・。
残念!!
Commented by yayoitt at 2009-03-29 01:29
もか王さん

感じてくださったのですね。
同じ 命 を愛する者同士、それがそれぞれ
考え方や方法が違えど、気持ちが同じで、未来に目指したい
理想郷が同じで、そうなるとやっぱり共鳴し合うのですよね ・・・。

そうなんですよね、移ろわないものはない。
時間と共に、流れるように、変わって行くのですよね。

そうなのだと思います。
同じ 思い が繫げた人や生き物たちとの繋がりは、
ある 尊い何かそれは強い物 で結ばれてますよね ・・・。
それを、経験を持っても、証明、できますよねっっ!! ふふふふ

意味のある偶然の一致(シンクロニスティー)、私も信じています。

動物を、ただ救いたいという気持ちは同じなのに、
それを巡って、人々が争う、小競り合いして、結局は
本当にそうしたいと願った目的からさえも、脱落してしまう、
そんなことって、あるのですよね。

救われたい動物には、そんな 人間関係 のことは、
何も、関係のないことで ・・・。
ただただ、助けを求めているのですよね ・・・。

モカ王さん、いつの日か、私もモカ王さんと共に動けたらな ・・・ 
と思います。
<< 週の終わりの嬉しい瞬間 ~ お... 猫のはなし おけさのひょう六  >>