何じゃなくて誰
わたしたちは

誰か であって

何か ではない
c0027188_20415287.jpeg
僕はコートじゃない

私はフードの縁じゃない

僕はブーツじゃない

私は耳当てじゃない

僕はつけまつ毛じゃない

(忠実に訳させて頂きました)

そう、この動物たちは、酷い状況で生かされ

そして多くが生きたまま毛を剥がされる

生まれてから絶滅するまでが苦しみ

そんな彼らの犠牲を

自分の欲の為に許して良いですか?



# by yayoitt | 2018-11-05 20:41 | 愛する動物のこと | Comments(1)
銀杏イエロー
我が故郷の町に

大きな銀杏の木がある。
c0027188_20183702.jpeg
今、その木が黄色い葉をたくさん

小道に振り落としている。
c0027188_20185644.jpeg
銀杏の黄色は見事。

素晴らしき秋の力。
c0027188_20192648.jpeg
自然のなす技。

# by yayoitt | 2018-11-03 20:25 | 飛騨での生活って | Comments(6)
パピヨンの彼
スコットランドにいる時ほど

犬と一緒に歩いている人に出会えない日本での生活

寂しいけれども

時々出会えると、すぐに駆け寄って話し掛ける
c0027188_20181851.jpeg
名前は?

幾つですか?

男の子なんですね?

こんな可愛い元気な犬に会えると、とっても幸せ

ああ、早く我が犬と歩きたい

# by yayoitt | 2018-10-28 20:17 | 迷い犬、犬のこと | Comments(8)
朝市、くも
我が故郷

我が暮らす町

その、小さな朝市
c0027188_20341794.jpeg
朝から、でも

お昼の3時まで朝市は続く

町の人が、花や野菜を買う

その敷地内には

すべてデザインの違う
c0027188_20344181.jpeg
くも

飛騨は、やっぱり私

大好きだ

# by yayoitt | 2018-10-26 20:33 | 飛騨での生活って | Comments(4)
甘く酸っぱい愛しき君
甘く

少しだけ酸っぱくて

けれど、それは愛おしの

君よ

あんず

その勝気な瞳と

驚くほど深い愛情

君よ

あんず

どうか君のの愛しき人の

その傍を二度と、離れないでおいて

あんずや

あんず

甘酸っぱい可愛い君よ



# by yayoitt | 2018-10-23 11:24 | 迷い犬、犬のこと | Comments(2)
おはよう〜秋
c0027188_20191121.jpeg
ある秋の朝の一枚

っと。

# by yayoitt | 2018-10-11 20:17 | やっこは、こんな人 | Comments(2)
同じ生として、しかし異種であることを受け入れる
愛する猫を中心に

家の中の物の配置がある
c0027188_21485823.jpeg
家具が傷付くだとか

猫は家具の一種であるとか

人中心で考える生ではなく

同じ生、けれど違う種として受け入れる
c0027188_21484279.jpeg
そんな友が懐かしい …

# by yayoitt | 2018-10-09 21:48 | 愛する動物のこと | Comments(0)
懐かしき猛暑、と
あんなに

あっつくって
c0027188_20415433.jpeg
へこたれてたばかりなのに

そんな夏を
c0027188_20411820.jpeg
懐かしく愛しくさえ思う

飛騨はもう寒い

# by yayoitt | 2018-10-07 20:40 | 飛騨での生活って | Comments(2)
あなたが食べる、目の色
あなたが知ってる

その動物

肉としてしか

食べ物としてしか

それ以上の 例えば命として

どれくらいの人々が想いを寄せるだろう?
c0027188_20582330.jpeg
彼らの目の色は

こんなにも違うって知っているだろうか?

彼らの目の瞳孔が

人間と同じ形だということは、どうだろうか?

恐怖で怯えるこの目たちは

もう、いない

誰かの食卓に上がっていれば

まだマシ …

多くが、無駄となる

# by yayoitt | 2018-10-05 20:49 | 愛する動物のこと | Comments(2)
プーとピグレットの会話
c0027188_20173020.jpeg
プー

ぼくを殺す屠殺所は、人道的なのかな?

わからないよ ピグレット

君は生きたいのかい?

うん ぼくは生きたいんだよ

そうなら、答えはノーだよ ぼくのちっちゃな友よ

屠殺所は、人道的なんかじゃない

私なりに日本語に訳させて頂きました。
そう、屠殺に人道も何もない。
生きたい命を殺す行為に、言い訳はない。


# by yayoitt | 2018-10-03 20:16 | 愛する動物のこと | Comments(0)
命に囲まれ、守るべく
季節が移ろい

短き夏を必死に生きた

セミが死に絶え

鈴虫が日中、夜通し音色を奏で

涼しさと共に

つい、つい、と飛ぶトンボを見る
c0027188_11115747.jpeg
全ての命が

生き続けていけますことを
c0027188_11114472.jpeg


# by yayoitt | 2018-10-01 11:07 | 愛する動物のこと | Comments(0)
サル、読む
86歳の

うちのサル

汽車の中で

本を読む
c0027188_20200068.jpeg
80過ぎてから、よく目が見えるようになったとか

良いな〜〜 脱老眼

# by yayoitt | 2018-09-23 20:18 | 遠くにて思う日本 | Comments(4)
飛騨に住む喜び
これこそ
c0027188_20501829.jpeg
なんて美しさ


# by yayoitt | 2018-09-22 21:01 | 飛騨での生活って | Comments(2)
ドットが好きだからって
私は

相変わらずのポルカドット好き

はたと気付いた時には

ドットだらけのことがある

先日も …

ドットのトップに

ドットのズボン

なんか

50手前の、お嬢さんが …

ぐふふ

だって好きなんだもん
c0027188_21200222.jpeg


# by yayoitt | 2018-09-10 21:19 | やっこは、こんな人 | Comments(4)
一匹の猫のために
レスキューの猫ばかり、6猫と暮らす友人。

彼女の一人暮らしの母親は、病気になり

もう、家に帰ることはできないこととなった。

母親には、一緒に暮らす猫の女の子がいる。

友人が子供の時には、この母親がレスキューしてきた猫が

多い時では11猫もいたという。

家に帰れない母親 …

家にたった独り残された猫。

今まで数カ月は、友が見つけた猫のシッターが来ていた。

けれど、人に慣れた猫はやはり、誰かと暮らさなくてはいけない。

色々と考え、悩み …

友は、決心したのだ。

アイルランドはベルファストから

海を越えて、スコットランドのエジンバラに

その猫を迎えに出掛けた。

フェリーと車で。

動物病院でいつも一緒に働いてきた、もう一人の友と一緒に。

すでに家族である6猫が

どんな反応を示すかわからない。

ずっと独りでいた彼女が、どんなに怖がるか。

けれど、きっと彼女は知っている。

これから一生、ずっと誰かが一緒なんだって。

だから、ジュリーの腕の中で …
c0027188_20353156.jpeg
彼女はこうして、ゴロゴロと喉を鳴らす。




# by yayoitt | 2018-09-08 20:17 | 愛する動物のこと | Comments(2)