<   2016年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
冬も終わりの、こんな週末散歩
エジンバラの冬は長い。

モスクワと緯度がほぼ同じの、北の都市。

冬は暗くて寒い。

そんな冬もようやく開ける頃の写真が ...。
c0027188_4435666.jpg

お預かりの犬、レニーと共に歩いた日曜の午後。
c0027188_4432149.jpg

少しずつ、身体が温まってくる感じが良い。
c0027188_4443812.jpg

外気は冷たくても、太陽の光に温かみがあるせいで

花が咲き始めるのを、知ることができるのが良い。

日曜日の、ぽっかり空いた時間と空間に

レニーとふたりだけの散歩が
c0027188_4464633.jpg

良い。

そして、こんな ・・・
c0027188_4481584.jpg

芸術性に欠けた(ふふふ)アート(芸術か)を

ぶぶっと笑って見るのも、良い。
by yayoitt | 2016-03-31 04:35 | マイケルのドッグウォーキング | Comments(10)
こんな、光景
診察室のドアが少しだけ開いていて …

一生懸命に語っている獣医師と、

それを真剣に聞いているご主人をよそに …

c0027188_47170.jpg

大あくび。

by yayoitt | 2016-03-30 03:23 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(8)
50を手前に、大人可愛いを目指すって
先日、誕生日を迎え …

正真正銘 40代後半 となった。

46までは 40代半ば だったけど。ふふふ

頭の中は、心の中は、普通に20代の頃と変わらないでいるつもり。

されど、身体が、精神が、ちゃんと年を刻んでいる。

大切な友から頂いたジャケット。
c0027188_4434739.jpg

 おとかわいい

と、使ったことのない言葉で言ってみる。

 おとかわいい

 おとかわいい

c0027188_444357.jpg

40代後半、おとかわいいと喜べる自分が …

 きもかわいい

ぶふふ
by yayoitt | 2016-03-28 04:17 | やっこのファッション | Comments(14)
人の生活の裏で苦しむ動物のこと
c0027188_391513.jpg

毛皮

であり 

アンゴラ 

であり

ウール

であり 

ダウン

であり 

レザー

であり

自らの手を汚すことなのない、消費者であるのであれば

せめて

その現実から目を逸らさないで

どんな命の痛みと犠牲をもって、その 購入する物 が存在するかを知る

そういう責任、義務がある



 
by yayoitt | 2016-03-27 03:02 | 愛する動物のこと | Comments(2)
失脚、良心の呵責、知らぬが仏
タイトルが

Downfall 失脚 落下

そんな映画を見た。

日本訳は ヒトラー~最期の12日間 となっている。

 1945年4月のベルリン市街戦を背景に
 ナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラーの総統地下壕における最期の日々を描く

 混乱の中で国防軍の軍人や親衛隊の隊員が迎える終末や、
 ナチス宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルス一家の悲劇、
 老若男女を問わず戦火に巻き込まれるベルリン市民の姿にも焦点が置かれている

 ヨアヒム・フェストによる同名の研究書、およびヒトラーの個人秘書を務めた
 トラウドゥル・ユンゲの証言が本作の土台となった

c0027188_22314415.jpg

ドイツでは、ドイツ人たちが今でも苦しんでいる。

我が国が、我が国民が、我が祖先たちが歩んだ道、現実。

どんな歴史に加担してきたのか。

それをどう、受け止めるのか。

映画の最初と最期に、2006年に死を迎えた女性、トラウドゥルが語っている。
c0027188_22312058.jpg

彼女は、年老いた、その時もなお、良心の呵責に苦しんでいた。

ドイツ軍が行った虐殺を知った時の驚きを語っていた。

消えない歴史。

加害者としての国民であることの、責任。

今もなお、そういう傷跡は、瘡蓋(かさぶた)を再生されずに痛んでいる。

そこで …

疑問する。

果たして、私たち日本人はどうだろうか?

日本兵が行った大虐殺について、心を痛めているだろうか?

加害者としての我が祖国を、恥じて、悲しんでいるだろうか?

ヒロシマ、ナガサキ …

被害者としての涙しか、流していないのではないだろうか?

塗り替えられぬ歴史を、終わったものとして安心してはいないだろうか?

それは、なかったのだと、そんな言葉に安堵してはいないだろうか?


犯した罪は忘れても、犯されたことだけは許さない …

そんな自分になってはいないだろうかと。

問うてみる。
by yayoitt | 2016-03-26 22:13 | 遠くにて思う日本 | Comments(4)
時々に、襲ってくる …
家に帰り着き、ドアを開けたときに見える光景だとか

茹でるために取り出したパスタを、数本、床に落とした瞬間とか

買い物バッグを、椅子の上に置いたときの戸惑いとか

夜中にふと、目を覚ました時の布団の軽さだとか

春物のジャケットのポケットに手を入れて、見つけるプラスチックバッグとか

掃除機にたまるホコリの少なさに気が付く時とか

匂いがしない、のだとか

姿が見えない、とか

床を蹴る爪の音がしない、とか

そういう ない ものの多さに愕然とするときとか …
c0027188_582052.jpg

あぁ

ノーマン

わたしは、あなたに会いたいよ

by yayoitt | 2016-03-25 04:37 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(12)
また、戻れる夢の中
私は、毎晩、夢を見る。

午睡をしたら、その度に、夢を見る。

こう言うと、語弊があるかも知れないが …。

いつも、何度も、夢を見る。
c0027188_6114579.jpg

夢のような夢 … ということはあまりない。

低空で、ぐーんぐーんと蹴り上げて空を飛ぶ夢だけは夢のようだと言える。

だいたいは … 同じシチュエーションの夢をよく見る。

多いのは、日本に居て、故郷に居て、家族と居て。

エジンバラへの帰りの飛行機の時間まで、あと数時間という設定。

なのにまだ、のろのろと、飛行場からは遠い故郷で家族と寂しげにしていたり。

他には、看護師をしていて。

夜勤(零時から始まる勤務)なのに、もう3時くらい、なのに家で眠っている。

一緒に働く同僚は、3人だけだから、私がいないと回って行かない。

そう、焦る設定。

なんだか、焦る、遅れる、遅れてる設定が、多い。
c0027188_6121483.jpg

良い夢は、いつか恋してた人と、人混みですれ違う設定。

こんな夢の途中で目が醒めると、こう願う。

 どうか、また、夢の続きに戻してね うふふ

すると、ちゃぁんと、その夢の中に戻れるのが、結構、私は気に入っている。
by yayoitt | 2016-03-24 06:00 | やっこは、こんな人 | Comments(0)
ある春の夜の、帰り道
寒さは残っていながらも、エジンバラなりに春らしくなって来た …

この頃。

仕事の帰り道に、バス停数個分、前にバスを下りて。

歩いてみる。
c0027188_5152835.jpg

すると、月夜。

鼻歌、自然と出てきて。

それが、ユーミンだったりすると …
c0027188_5154828.jpg

幸せな気分になるもの。

 春よ 遠い春よ

 まぶた閉じれば そこに

 愛をくれし君の 懐かしき声がする

c0027188_5161171.jpg

春が来た

やっとで来た







 
by yayoitt | 2016-03-23 04:34 | スコットランドって... | Comments(4)
ダックス、ダックス、ダックス、ビーグル
私には、その ビーグル の姿が目に飛び込んできた。

迷うことなく購入して、それを使う日が来た時 …

マイケルには ダックスフンド の姿ばかりが目に付くらしく。

 ダックス? ダックス? なんでダックスなの? 嫌がらせ??

と。
c0027188_444353.jpg

 注:

 彼の仕事のドッグウォーキングで、ダックスが幾犬かいるのだが、
 マイケルは、どうも馬が合わずに苦しんで、もう8年くらいになるのである


それにしても、他の犬種も色々いるのに …

ダックスしか見えないマイケル、どうかしてる。

 はっっ!

 ビーグルしか見えてなくて、即購入してしまった私も …

 どうかしてるか!

by yayoitt | 2016-03-21 04:14 | やっこのグッズ | Comments(8)
海辺で、三角関係 …
海辺にて …

目撃

どうやら

三角関係

c0027188_555479.jpg

by yayoitt | 2016-03-20 04:56 | 愛する動物のこと | Comments(2)