<   2015年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
ロクと出勤
週末が明けて、今は一緒に …

この四足ちゃんと、仕事に出勤。

友人のボーダーテリアのロクをお預かり中。

早朝に起きて、散歩して …

いつもより早いバスに乗り、いつもよりずっと前のバス停で降りて …

そこから長い散歩しつつ職場へ。
c0027188_3151457.jpg

早起きプラス、いっぱい歩いて …

気持ちも、身体も、健康。

可愛い火の玉みたいな女の子、ロク。
by yayoitt | 2015-06-30 03:06 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(6)
意地悪なのか厳しさなのか? やっこおばちゃんよ
英国では、多くの学生が就業中に、仕事体験をする。

16歳くらいから、自分の進みたい道に合わせて …

もしくわ、進みたい道がわからなければ、どんな仕事場でも。

1週間くらいを、大人に混じって修業体験するのである。

とは言え、まだ未成年の彼らにできることは限られている。

うちの動物病院にも、16歳~20歳くらいまでの、多くの学生がやって来る。

同じ16歳でも、本当に色々な子供たちがいると知る。

挨拶もできずに、ずっと黙ったまま1週間過ごす子供も …

けれど、言われたことは、とてもきちんと行ったり。

かと思えば、大人のような口調でチャーミングな微笑をたくわえる子供 …

なのに、言われたことも中途半端で、注意されるとひどく驚いたり。

本当に、さまざまだ。

彼らの動物病院でのメインの 仕事 は、掃除である。
c0027188_3212671.jpg

私は彼らに、こう説明する。

 掃除は、どんな仕事でも、仕事の基本

 掃除をしなくて良い仕事って、ないと思います

 毎朝、掃除をするのに私は、最低、45分は掛かります

 だから、あなたは、それ以上ゆっくりと時間を掛けて、確実な掃除をして欲しい

 ゴミ箱とかすべてちゃんと避けて、その下を穿き、そしてモップで拭く

 できそうですか?


と。

こう説明されて、殆どの学生は、たっぷり時間を掛けて、とても良い仕事をする。

しかし …

先週の1週間をわが病院で過ごした17歳の短大生。

馬専門の動物看護師になりたいのだとか。

5日間 …

一言も、彼女の方から発せられる言葉は皆無。

質問すると、短くイエスノーで答えるのみ。

月曜に掃除の説明をしたのに、20分ほどで掃除を終えた、と言いに来た。

だから、翌日から、ちゃんと穿いたのかを見ていると …

人のいない所では、椅子を動かしたりもせずに穿き掃除している。

だから、水曜日の朝にもう一度、掃除の仕方を話した。
c0027188_3221910.jpg

その時に、彼女が 穿いた という廊下、目の前に大きなホコリが。

なので ほら、ホコリをちゃんと見落とさないようにね と言うと …

 でも、ホウキの隙間からホコリが逃げるの

と。

 だったら、逃げたホコリをちゃんと集めてね

と口では言ったのだが、心の中は …

 あんたね

 仕事体験に来ている学生でしょう

 ホコリが逃げるって、それを見たんだったら、そのホコリを拾うべきでしょう

 馬の看護師だからって、掃除がないと思ったら大間違いだし

 もっと膝折って、指でホコリを拾うくらいの、そんな仕事体験しなさいよ


と。

しかし、その朝も、20分も経つと掃除を終えたらしく …

オフィスの椅子に足を組んで、人が通っても長い足を避けることなく …

ただ、携帯を見ているのであった。
by yayoitt | 2015-06-29 02:01 | スコットランドって... | Comments(4)
飛騨高山なお饅頭
故郷に暮らす姉が送ってくれた写真 …

彼女の息子(高山で働いてる)が買って帰って来たのだと。
c0027188_23201344.jpg

ネコのお饅頭~~~!!

かなり、私的には、胸きゅんなんだけど。

それぞれ、中の餡子(あんこ)が違うってのも素敵。

愛しの故郷よ~。

やるじゃん。

このっっ 商売上手!

同時に、ネコや犬、そして熊にもやさしくしてね。
by yayoitt | 2015-06-28 23:17 | 遠くにて思う日本 | Comments(4)
四足、毛むくじゃらと一緒の週末
ノーマンが老犬の域に入ってから、ノーマンとの時間をゆったり持ちたいと

もう数年、やめていた犬のお預かりだけど

マイケルのクライエンツが3組も、今年の夏に限って

 犬を預かって欲しい

と言って来た。

ノーマンが虹の橋の袂に行ったことは伝えていないのに …

こういうことも、なんだか不思議だ。

愛しのノーマンがいなくなって4週目の週末は …

彼女を見送ってから初めての、四足ちゃん、いらっしゃい。

ワーキングコッカーの男の子、ダン(ダニエル)
c0027188_635577.jpg

ジャックラッセルと何かの雑種の女の子、ココ
c0027188_641567.jpg

マイケルはもう、数年、毎日、彼らと歩いているけれど

私は、今日が はじめまして

なんて、人懐っこく、可愛い2犬 …
c0027188_674861.jpg

ご主人が持ってきたベッドには目もくれず …

2犬とも、ノーマンが使っていたベッドしか、使わない。
c0027188_665786.jpg

こういうところって、犬は、興味深い。
c0027188_671840.jpg

一緒に犬と出掛ける散歩 …

最後にノーマンと歩いたのは、家から数メートル離れた芝生の場所。

彼女が永遠の眠りに付く前日。

彼女は歩くこともままならず、私は彼女が石や壁にぶつからないよう注意を払い。

あれからちょうど、4週間目の、久し振りの犬との散歩。

 ああ、幸せだ

って、しみじみ、感じる。

 あああ、ほんとうに、幸せだ

って。

とっても嬉しい週末になりそうだ。

ダンとココは、日曜の夜、おうちに帰る。

そして、日曜の朝、友人の犬が、数日、我が家にやって来る。
by yayoitt | 2015-06-27 05:58 | マイケルのドッグウォーキング | Comments(10)
ある犬の最後の願いと遺言
c0027188_6533416.jpg


 その犬の最後の願いと遺言

 人が死ぬ前に、彼らは、最後の願いと遺言を書く

 彼らの家や、持っている物すべてを、残していく誰かに託す

 もしも、わたしの足でもって、同じものを書けるとしたら

 わたしは、こう残すでしょう …


 みじめで、孤独な野良犬へ

 わたしは、わたしの幸せな家庭を残そう

 わたしのご飯皿と、あったかなベッド、柔らかな枕とすべての玩具

 わたしが愛してやまない膝

 わたしの毛をやさしく撫でてくれる手

 そして、わたしの名前を呼んでくれる、愛しい声


 悲しくて、怯えているシェルターの犬へ

 わたしがもらっている、決して義務ではない、人間の愛情に満ちた心

 それがわたしからの、願い


 だから

 わたしが死ぬとき

 どうか、こんな風に言わないで

  ″ もう2度とペットなんか迎えないわ

  喪失感と悲しみは、耐えうる限界を超えているから "


 その代わりに

 出掛けて行って、愛されていない犬を見つけてください

 楽しみや希望を持ち合わせていない犬生を送っている犬を

 そして、わたしの場所を、その犬にあげてほしい


 これが、わたしが唯一、あげられるもの …

 わたしは、愛を残す



(英文を私なりに訳させて頂きました)


我が最愛のビーグル、ノーマンもきっと、同じことを伝えてる気がします。
by yayoitt | 2015-06-25 06:52 | 保健所の動物のこと | Comments(4)
好きだーって大宣言できる … 
むっちゃ、でっかい声で叫んでも良い

 好きだー

 好きだー

 好きだー


って。

本当に、大好きだから。

もう、これ以上に美味しいお菓子はないぞ、って思うくらい。

日本にいる時は、店に入る度に購入しているほど。

大好き。

それを知ってる優しい友が …

日本から送ってくれたから、大喜びで、おおはしゃぎ。
c0027188_33145.jpg

しかも、ヴィーガンの私が安心して食べれるから、嬉しいに輪がかかる!
c0027188_33563.jpg

他のお菓子は、友や家族と分けて食べても …

こればかりは、絶対に人と分けたりしないくらいに、意地悪 …

いや、もとい、大好き。
c0027188_35611.jpg

愛してるよ~ ジャガビーっっ
by yayoitt | 2015-06-23 03:00 | やっこは、こんな人 | Comments(10)
故郷に向けて、星を見上げる … 父へ贈る替え歌
去年の9月に

私が日本に滞在中、心筋梗塞にて救急で入院治療をした父。

84歳のサル衛門は、心筋梗塞と診断される前日、田んぼで汗を流していた。

思いがけない、彼の生きたい力を目の当たりにして …

家族がより団結して、より笑い、笑顔を絶えなくした、あの日々。
c0027188_2573073.jpg

ちゃんと働いているのは、彼の心臓の60パーセントほど。

だけど、今年も、田んぼは続けている、そんな父へ。

(スピッツのスターゲイザーの替え歌で 父に贈る)

  遠く遠く

  あの故郷(こきょう)まで

  届いて欲しい

  ひとりぼっちが切ない夜

  父を探してる

  明日 サルがいなきゃ困る困る

  ゴミになりそうな夢ばかり 靴も汚れてる

  明日 サルがいなきゃ困る困る

  遠く遠く

  果てしなく続く空の上から

  強い思い あの故郷まで届いて欲しい

  現実を嫌う幼さを 隠し持ったまま

  正しく明かされた世界で 世界で

  一度きりの夢玉を投げ込む 熱の向こうへと

  泣いて笑って 泥にまみれたドラマの後で

  明かされていく嘘 何が変わり またはじまり

  あふれた虚栄が からだ中を巡って 強さになる

  ひとりぼっちが切ない夜

  父を探してる

  明日 サルがいなきゃ困る困る

by yayoitt | 2015-06-22 02:42 | 遠くにて思う日本 | Comments(6)
お母さんは、馬鹿げてるって笑ったよ
c0027188_22581816.jpg


今日は

ぼくたちは牛乳を飲みたかったから

メスの牛を妊娠させて

それから

生まれてきた仔牛ののどを切ったよ

なぜかっていうと

その仔牛が飲むお乳を

ぼくたちは飲めるようにさ

ぼくは

お母さんに聞いたんだ

だったら、どうして牛乳じゃないお乳を飲めば良いんじゃないかって

そうしたら、赤ちゃんたちが殺されなくても済むんじゃないのって

お母さんは大笑いして

なんて馬鹿げたアイデアなんでしょうって

そう言ったよ


 メスの牛は、

 ぼくたちが沢山、牛乳を飲めるように

 何度も何度も強制的に妊娠させられる



 オスの赤ちゃんは

 生まれたらすぐにどこかに連れられて行って

 数週間以内に、殺される

 彼らの飲む牛乳が、ぼくたちのところに来るために

  

(英文を、私なりに訳させて頂きました)

飾りも付けず、そう牛乳産業とはこういうこと。

そう、人間が飲む牛乳のために、殺されている命のこと。
by yayoitt | 2015-06-21 22:49 | 愛する動物のこと | Comments(0)
時が満ちるまで
必ず来るものだけれども

その時が満ちるまで

自分がどんな気持ちになるのか

どんな風になってしまうのかは

わからないし、想像も付かない …

別れ

死別

Bereavement
c0027188_1284436.jpg

その現実を、予測しなくて良い

想像したり、予行しなくて良い

体当たりする

きっと、それで良い

生きていてあたりまえ、と思っていたものが

目の前から、空間と形と肌触りと声と温度と、

そして共有するすべての考えうるものをもって、忽然と消え去る

死別とは、そういうものなのかも知れない
c0027188_129885.jpg

いま

抱き締めたい友がいる

時間の流れに戦うひとがいる

私を、誰かが抱き締めてくれたように

そっと抱き締めて、そして、その背中を押し出してあげたい

後悔は、しないはずはないのだから

いま、

お行き と

伝えてあげたい
by yayoitt | 2015-06-20 01:19 | 英国暮らしって... | Comments(2)
こういう瞬間に … 泣く
ノーマンという最愛の存在が

形と感触と温もりと共に、目の前から消えてしまったことに

慣れたつもりでいるのだけれど

キッチンの床に、食べ物のカスが落ちたまま …

こんな瞬間に

彼女を思い出して

困惑して

切望するのだ

 貴女はどこにいるの

って
c0027188_582687.jpg

頭では理解していても、心が泣く、啼くのだ

by yayoitt | 2015-06-19 05:01 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(12)