<   2015年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧
チョコラティェで、ホットチョコな朝
犬繋がりの、大切な友と …

12時に待ち合わせの、土曜日。

私の好きなカフェのひとつ …

彼女はまだ来たことがないという、カフェは …

小さなチョコレート工房の店舗で、そこでホットチョコレートを飲める。

愛しの犬と、1歳の男の子と、旦那様と暮らす彼女。
(↑ この優先順位)

去年の夏に会ったままだから、とても久し振りの再会だ。

友に会うための道程は、楽しい。
c0027188_3462055.jpg

開店が12時なのに、店に到着したのが、12時5分前 …

到着したばかりの店員の女性が もちろん どうぞ~ と言ってくれて。

暖房のない、まだ寒い店内で友を待つ。
c0027188_3515445.jpg

この週末は、寒いけれど天候が良くて、気持が良い。

日中、最高に上っても2~3度にしかならない、しかし風のない真冬日。

こういう週末は、良い。

友に会える日に、ぴったりだ。
c0027188_4122384.jpg

友が到着し、久し振りに見る笑顔が、輝いているのを確認する。

それからは …

いつものごとく …

それぞれに選んだホットチョコレートを手にしながらの …
c0027188_4154768.jpg

犬談義。

エジンバラ生活談義。

嬉しいキャッチアップ。
c0027188_5131797.jpg

そんな、土曜日。
by yayoitt | 2015-01-31 03:31 | 英国暮らしって... | Comments(4)
そちらで預かってもらえないかと思って …
木曜日の朝。

急患などの電話と電話の間の、一本の電話。

 あの~ 家にやって来るノラ猫がいて …

と、年配の男性の声。

受付には人が行列、1日入院の犬を預けに来た人も待っている。

電話番号を聞いて、後ほど、こちらから電話をする旨を伝えた。

病院が開院して、嵐のような忙しい時間が過ぎた後に …

彼に電話を掛けた。

とても、丁寧で優しそうな声の男性。
c0027188_5272257.jpg

 1ヶ月くらい前から、縞模様のネコ(タビー)が家に来るようになって

 可哀想に思ってずっとエサをやってたんだけど

 夜に来て、ドアを引っ搔いたりするようになってねぇ

 これはもう、うちじゃ面倒見れないから、動物病院に手渡そうと思って


ポスターを作って、近所に呼びかけはしたそうだ。

エサをあげるのを、止めたか、という問いに対しては …

 いやぁ ちょっと量は減らしたけど …

可哀想と思って、エサをやり始めたということだから

 そのネコは、元気そうではないのでしょうか? 

 痩せているとか?


と尋ねたら、とっても元気そうで、特に痩せてもいないと言う。
c0027188_5274786.jpg

こういうケースの一番に難しいところは …

 果たして、そのネコが、ノラ猫なのかどうなのか?

の見極めである。

飼われ猫でも、外に出る猫なら、誰かが他にエサをくれれば、そこに戻ってくる。

明らかに、首輪をしていれば別だけれど、ネコの首輪はよく取れてしまう。

決め手になるのは マイクロチップ だ。

しかし、すべての飼い猫がマイクロチップを埋め込んでもらっているわけでもない。

マイクロチップが埋め込んであれば、幸運。

ところが、埋め込んであっても、引越しをしたり電話を換えたりして …

その飼い主情報を変更し忘れているケースが、実に多い。

ネコしか知らない、迷宮入りとなってしまう。

インターネットなどで、迷子ネコ、家出ネコの情報を流してくれるサイトもある。

 私たち、動物病院でできることは、1つだけです

と、親切そうな彼に説明した。

 マイクロチップが埋めてあるかどうかを、調べることです

 だから、なんとかネコを捕まえられたら、カゴに入れて連れて来てください


そして、インターネットのサイトや、ノラ猫保護をしてくれるチャリティを伝えた。
c0027188_5282615.jpg

 可哀想 と思った … 始まり …

そして、エサを与え始めたという行動 …

そして、迷惑になってくると、自分達の生活の中から追い出してしまいたい …

(張り紙はしたけれど)それ以上の努力は何もしていない …

自分の都合、思いで始めた行動に、収拾が付かなくなった為に責任転嫁を希望 …


つまり、そういうことなのである。

明らかに、がっかりした様子の男性に、付け足して伝えた。

 そのネコを、こちらで預かるということはできませんが …

 あなたが、そのネコのために、できることは何かを、一緒に考えますから


男性は、インターネットはしないけど、娘にサイトを見てもらうと言った。

あれからまだ、男性はネコを連れて現れないけれど …

書き留めたネコの情報を元に、私は毎晩、迷子猫のサイトをチェックしている。

直接的には無理だけれど、せめて間接的に。

そして何よりも …

そのネコの至福を願って。

週末は、とても寒くなる。

毎日、いろいろな場所で、迷子になった犬猫は実に沢山いる。

彼らが、一日でも早く、愛する飼い主さんの下に戻れますように。
by yayoitt | 2015-01-30 04:40 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(4)
誰かの物語
c0027188_5253962.jpg

 すべての動物は 誰か である

 自身の生活を持ち合わせた 誰か だ

 その瞳の裏には 物語 があり

 彼らの世界での、彼らの生活という、それは彼らの体験から成る 物語

 ~ トムリーガン

c0027188_525328.jpg


 
 
by yayoitt | 2015-01-29 05:16 | 愛する動物のこと | Comments(0)
ものすごく、嫌だぁ~~ って思うシチュエーション
人って、人の間で生きていると、色々と 嫌だぁ~ な状況に遭遇する。

もしかしたら、毎日のようにそれは、感じられるかも知れない。

そこで考えてみた …

 生活していく中で、公共の場面で ものすごく嫌だぁ~ って状況は?

毎日、すれ違う他人、人、人、人 …

それはもう、色んなことがある。

公共の場では、耐え難いことも色々とある。

たとえば …

  誰かが吐いた、歩道の上の痰を見つけたとき

 ものすごく、嫌だぁ~

スコットランドでは、実に、多い。

男の子供が、大人の男の人のそれを見て、真似するくらいに、多い。

 ものすごく、嫌だぁ~ 

また、自分ではどうしようもできない 嫌だぁ~ な状況に陥ることもある。

たとえば …
c0027188_51343100.jpg

  公衆トイレに入って、用を足した後に水を流そうとしても、水が出ない

何度、押しても、押しても コロロ としか言わずに水が出ない。

または 手をかざしてください とか書いてあるのに、センサーが起動しない。

しかも、トイレは幾つもない状態で、人が列を作っていたりする。

私は、この状況が、最高に  すごく、嫌だぁ~

日本のトイレは、公衆トイレも、とても綺麗で整備が行き届いている。

けれど、海外のトイレは …。

だから、幾度となく、こういう場面に陥ってしまう。
c0027188_5147100.jpg

自分の前の人はどうしたのだろう? と考えると、より焦る。

大便だったりしたら、もう … 穴を掘って逃げたい。

つい、この間も、シアターのトイレで、この状況に襲われた。

最近の私は、トイレに入って用を足す前に、水が流れるかを確かめる。

だから、この時は、流れないってわかった時点で、さっさと出た。

用を足さずに。
c0027188_5142814.jpg

公衆トイレ … 設置してあるのならば、ちゃんと設備を管理して欲しい。

と思うのは、恵まれた日本人ならでは、なのだろうか??

 ううん 

 でも、すごく嫌だわぁ~

by yayoitt | 2015-01-28 04:27 | やっこは、こんな人 | Comments(8)
ピラテス、良い感じ
 ピラテス ピラテス ららららら~

そんな、おまじないがあったような …。

いや、あれは、ひみつのアッコちゃんだ。

しかも、ピラテスじゃない気がする。

ラミパスだっけ。

と、2度目のクラスを楽しんで帰って来た私。

ごみごみっっ とした家の中で、マイケルに興奮して教えるのだった …。

 お尻を、ぎゅって、しめるんだよ~
c0027188_6255989.jpg

 お尻をしめながら、息を吐いて … ふううう
c0027188_6264964.jpg

 ねっころがってぇ~ あらっ 目障りな、ごめんごめん
c0027188_627291.jpg

 さっきの、お尻をぎゅっとしめたままぁ …
c0027188_628341.jpg

 猿のポーズっっ
c0027188_6291243.jpg

って、これは冗談。

ふふ

長~く続けられそうです。
by yayoitt | 2015-01-27 06:22 | 英国暮らしって... | Comments(4)
恋は、あまりにも突然に … 
その感情は、あまく、切なく、悩ましく、色にしたら、淡い桃色。

その感覚は、やわらかく、尊く、痛みを伴い、呼吸を乱す曲者(くせもの)。

 

 恋

若かりし頃の、恋。

それは、突然にやって来て、心を占領してしまうから困る、なのに、幸せ。

思い出して辿ってみると、その  の始まりは、あまりに唐突だ。

 かたん

 ことん


(この場合、恋とは、あくまでも片思いの恋のこと、恋慕のこと)
c0027188_641858.jpg

いつも行く英語塾 …

中学3年生のクラスは、夕方の6時半からで …

そのクラスの前は、高校2年のクラスで …

広めの玄関に腰掛け、階段を降りてくる高校生の男女を見ていたら …

長めのレイヤーの髪を掻き分ける、長身の彼と目が合って …

私が目を伏せる前に、彼の方が先に、目を伏せた … それだけのこと。

 かたん

 ことん

c0027188_643848.jpg

クラスが違うから、見かけるだけの同級生 …

それまで、欠片ほども、特別な感情を抱いたことなんてなかったのに …

文化祭のダンスの練習で、たまたまパートナーだった、彼の手を握ったまま …

音楽が中途半端に切れて、驚いて顔を見合わせ、笑った … それだけのこと。

 かたん

 ことん

c0027188_645289.jpg

白いシャツが眩しくて、そこに、辛子色のネクタイが似合った …

ただ、それだけのこと。

 かたん

 ことん

c0027188_65987.jpg

なのに、落ちだしたら止まらないのが、恋。

恋に恋する自分を恋して、加速度を増していくのが、恋。

もう、ずっと忘れている感情。

恋に泣けた、恋に眠りを奪われた …

なんて、恋は、良いものだろう。

と、そんなことを遠い目で思ったりする、45歳、やっこ。
by yayoitt | 2015-01-26 03:53 | 恋愛とは... | Comments(0)
ある晴れた冬の日の
ある晴れた冬の午後
c0027188_416029.jpg

行く道も乾いて、香りがよく匂う
c0027188_4162534.jpg

気温は低いけれど、空が青くて心地が良い
c0027188_4174123.jpg

渡る橋の下を流れる川には …

サギ
c0027188_4185251.jpg

橋の欄干の下は、吹き溜まりの枯れ草やゴミがいっぱい
c0027188_4194159.jpg

流れのゆるい川には …
c0027188_4201766.jpg

カモたちが家族で、日向ぼっこをしているから
c0027188_420541.jpg

 もう、春なのかな?
c0027188_4214110.jpg

なんて思い違いをしてしまう

ノーマン、目指すはいつもの、公園
c0027188_4221424.jpg

でも、公園まで目と鼻の先のところで くんくんくんくん …
c0027188_4231473.jpg
 
公園に陽がさしていると

 もう、春なんだな?

なんて勘違いしてしまう
c0027188_4241865.jpg

太陽が顔を覗かせるだけで、幸せな気持ちになる

周りの光景が、景色が違ってくる
c0027188_4251027.jpg

たった、それだけのことで

愛する命と歩く時間が、もっともっとキラッキラの尊い宝になる
c0027188_42698.jpg

ある晴れた冬の日の …
by yayoitt | 2015-01-24 04:13 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(6)
動物実験後に、射殺されたと思われたビーグル ネリーの話
12月、クレートに入った3頭のビーグルが道路脇で発見された

3頭のビーグルの耳には、動物試験所の印である入れ墨があった

3頭のうち2頭は、銃弾で撃たれ死んでいた

彼らを殺した人が誰にしろ、その人は、3頭すべてが死んだと思ったのだろう …

しかし、3頭目のビーグルは、死と戦っていたのだった …
c0027188_41839.jpg

これが 生き残ったネリーの物語 である

 彼女が、ネリー

 もしも彼女が話すことができたなら、私たちに、彼女の残虐な過去を語ることだろう

 彼女の身体検査をした獣医師は …

 彼女が過去に、虐待と病気を経験していることを発見した
c0027188_4184222.jpg

 彼女の一番の身体的問題は、両足の間にぶら下がる大きな腫瘍である

 けれども、彼女の回復力は、まさに奇跡だ
c0027188_419268.jpg

 彼女はいまも、身体に巣食う癌と戦っている

 彼女には、今からも、長く高額の闘いが待っている

 だけれど、彼女のシッポは振り続けることを止めない




(ネリーは、Beagle Freedom Project のもとで、保護されて過ごしている)

(多くの動物実験に、ビーグル犬は好んで使われている)

(私たちの化粧品や日用品の為に、多くの動物が苦しみ生き、死んでいる)
by yayoitt | 2015-01-23 03:54 | 迷い犬、犬のこと | Comments(4)
最初で、最後の … 高級ブランドバッグの思い出
共働きで3人の娘を育て、1人は大学、2人を看護婦の道へ進ませてくれた。

我が父と母。

雛人形も持ったことがない、牛肉は年越しの夜にすき焼きで食べるだけ。

そんな、経済的には苦しくても、いつも笑いの絶えない明るい家族。

娘3人は、いつもゲラゲラと笑い、時には、暴力的な姉妹喧嘩もしたもの。

お金がなくとも経験こそが宝と、大きな借金をして、海外旅行に連れて行ってくれた。

その、最初の旅行は、私が中学卒業の春休みだった。

母と2人のヨーロッパ12日間の旅行。
c0027188_5471025.jpg

あの旅行で経験したカルチャーショックは、確実にその後の私を変えている。

思春期の私に、あまりにも衝撃的で魅力的な12日間だった。

ツアーグループのツアーメイトは、ほとんどが大きな都会から来た人ばかり。

それだけでも、田舎生まれ育ちの私には、大きなカルチャーショックで。

その都会人は、とても裕福で、寄る店、高級店で、色々な買い物をしていた。

借金で私をフランスへ、ローマへと連れて来てくれた母は …

そんなツアーメイトが髪を乱して買い物する中 …

目の宝 と言って、ガラスの中の品物をひとつひとつ見て廻っていた。
c0027188_5473231.jpg

この店では、これ、あの店では、これ、と人々は買い物をこなしていく。

小さな根付(キーホルダー)を、ドキドキしながらようやく購入した母。

まだ集合時間には早いと、私を連れて店を出て、店の周りの建物を見て歩いた。

 体験こそ、宝 

 経験こそ、宝


そんな母が、ひとつだけ、私の為に、とても高価な物を購入してくれた。

きっと、母もカルチャーショックを受け、目の宝を見て廻り、変わって行ったのだろう。
c0027188_5481431.jpg

パリは イヴサンローラン の店で、私に、買い与えてくれたのだ。

高級ブランドよりも、西洋っぽい文房具を見て廻りたい私に …

平べったい、中には物があまり入りやしない、小さなポシェット。

しかし、革の香りがして、かっちりした固い形は崩れはしない。

子供らしさは、どこにもない、そのポシェット。

日本円で3万円くらいだったと記憶する。

3万円が、あの頃の彼女にとって、どんなに大きな金額だったか想像ができない。

 ちゃんとした物、本物の良さを、知るようにならんとな

そんなことを言って、そのバッグを、私の肩に掛けてくれたのだった。

それは使い勝手が悪く、けれど私には自慢のポシェットで。

誰もまだ イヴサンローラン なんて知らない田舎町で …

13歳の真っ赤なほっぺたの少女は、嬉しくて、ご自慢で、何処へでも出掛けた。

誰も 素敵なバッグ なんて言わなかった。

 本物なんや

私は、そのバッグが大好きだった。
c0027188_5485936.jpg

自らのお金で、好きなカバンを買えるようになると、あのポシェットは姿を消した。

どこにしまったのか、どこへ行ったのか、もう、わからない。

生まれて最初の、13歳の高級ブランドポシェットは …

高級ブランドというものに興味を持たない女性となる私にとって …

もう決して、革のバッグなど手にしない私にとって …

最初で最後の ほんものバッグ になったのだった。
by yayoitt | 2015-01-22 05:05 | 思い出 | Comments(14)
1月は、D(ディー)な月
先日、あるラブラドールのご主人と、話をしていた。

彼は 家庭内問題 専門の弁護士。

待合室で、診察を待つ間、とても興味深い話をしてくれた。

私が、仕事が忙しいかと尋ねたことから …

 1月は、彼にとって最も忙しい月

なのだそう。

それは、離婚率が最も高い月だから。
c0027188_623970.jpg

私は、それを聞いて、こう思った。

 1月は一般的に、人々がとても落ち込む月とも言われている

 理由は、クリスマスなどで沢山のお金を使い、金銭的にきついこともあり …

 また、クリスマスや新年と言う楽しいイベントが終わり、まだ真冬のど真ん中 …

 だから、夫婦の関係も、落ち込み暗くなってしまうのかな?


と。

それを彼に話したところ …

 最近の職場は、クリスマスから新年にかけて、2週間の連休になる所が多い

 すると、夫と妻が、2週間という長い時間をずっと一緒に過ごす

 その結果、ケンカ、言い合い、お互いに嫌気が差したり

 それがひとつの原因

 そして、もうひとつ …

 多くの子供を持つカップルは離婚をする時期を、家族でのイベント後まで待つ

 クリスマスが過ぎてからにしよう …

 子供の誕生日の後にしよう …

 イースターホリデーの後にしよう …

 そうして、イベントが終わると よし、では と離婚となる


そんなこんなで、1月は、最も離婚の多い月。

そして特に、1月最初の仕事始めの月曜は ・・・ 

D-Day (Divorce Day) と弁護士が呼ぶくらい、離婚のことで多忙な日なのだとか。

その夜、夕食を頂きながら、そんなことをマイケルに話したところ …

 やっこ、なんか、ぼくに伝えたいメッセージがあるの?

いやいや、決して、そういうわけじゃない。

そして、翌日 …

マイケルから 土曜日に夕食と映画に行こう というお誘いが!!

 勘違いさせたみたいだな … うふふ

え?
by yayoitt | 2015-01-21 06:00 | 国際結婚って... | Comments(4)