「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧
ちょっと北へ … 北へ … 歩け歩け
昨日の 衝撃的な写真 を残したまま …

皆さまにお返事も書かないまま …

明日の早朝から1週間、スコットランドは北へ出掛けます。
c0027188_7322351.jpg

車でもない、歩いて歩いての1週間です。

帰ったらまた、お返事します。
c0027188_7324089.jpg

では、行ってきます!

皆さまも、よい週末と、素敵な1週間を!

え? 天気予報ですか?

毎日 … 雨ですよ~。

でも、雨が多いからこそ、美しい自然を満喫してきます!

by yayoitt | 2012-08-31 07:29 | 英国暮らしって... | Comments(6)
エマは、可笑しな顔が好き
同僚の娘は、4歳。

名前はエマ

去年までの彼女は、とっても恥ずかしがりやだった。

動物病院のお母さんの所にやってきた時 …

 エマ、ネコを一緒に見に行く?

と尋ねると …

顔をお母さんのお尻に強く当てたまま …

 No thank you(いいえ 結構です)

と、とても行儀よく答えてたっけ。

そんなエマ

彼女は今、私のことが大好き。

私に会いたいって、お母さんに頼むくらいなんだそう。

その理由は …

 可笑しい顔

をしてくれるから。

他の大人は、そんなに真剣には 可笑しい顔 をしてくれないらしい。

でも、私は 可笑しい顔 を必死で色々と作る。

ってか、好きなんだけど、そういうことが

それがエマには、嬉しいらしい。

病院にやってくると、エマは私に向って精一杯の 可笑しい顔 をする。

それに、私が応えるのである。

電話でクライエンツと話しながら …

薬を作りながら …

思いっきり 可笑しい顔 を。

エマが、とびっきりにお気に入りな、私の 可笑しい顔 は …

これっっ
by yayoitt | 2012-08-29 04:50 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(14)
来年こそは … と誓い …
5日くらい前に、ふっと気が付いた。

それを口に出す前に、誰かが先に言葉にした。

 あら ちょっと秋の空気に変わったね?

私は心の中で付け足すのだけれど。

 秋の空気って … 夏っちゅうもんがなかったよ? 

スコットランドの一番に暑い時期は、3月中旬の1週間だった。

住み慣れたスコットランド人たちは言う。

 季節に関わらず、その時の太陽を楽しまないとね~

本当にそうだなって思わされる。
c0027188_4134710.jpg

6月と10月に衣替えする習慣があったよ、日本では。

そんな私は、ついつい3月の暑さを楽しむよりも、未来の期待に繋げた。

 この調子なら、きっとあっつい夏になるんじゃなかろうか ひっひっひ

だから、暦上の  にがっかりさせられる。

季節 は忘れる方が良い。

その日その日の、温度で暮らす方が良い。

とは言え …

年間通して 25度 を超えることがまず 無い スコットランド。

最近、いつ 汗をかいたのか がわからない。

汗をかいた 覚えが無い。

もう、何年も無い。

スコットランド人なら、それなりの 温かさ で汗をかける。

でも、摂氏40度近い夏を暮らしてきた日本人の私たちは … 汗が出ない。

 汗腺が完全に詰まったらどうしよう … 

なんて、根拠の無い心配までする。

 汗腺が詰まったら、犬みたいに口で体温調節しなくちゃだな …
c0027188_414986.jpg

この夏(暦上)の涼しさ(寒さ)を過ごしてきて。

拳を握り、誓うことがひとつ。

 来年こそは 日本に大汗かきに帰ったるぞ~~!!

 熱帯夜に しんど~い しんど~い って寝返り打ってやる!


残暑の厳しい日本の友に、謝りながらも …

何度も力強く、誓うのであった。

と、そんな私は今、長袖にフリースを着てマフラー巻いてる …。

汗っっ
by yayoitt | 2012-08-28 03:55 | 遠くにて思う日本 | Comments(10)
一生ずっと の犬
c0027188_2562365.jpg

わたしは 一生ずっと の犬 であって 期限付き の犬 じゃない

わたしは じゃぁ ボクが飽きるまで の犬 じゃない

わたしは じゃぁ ボクに彼女が見つかるまで の犬 じゃない

わたしは じゃぁ ボクに子供ができるまで の犬 じゃない

わたしは じゃぁ ボクが引越しするまで の犬 じゃない

わたしは じゃぁ ボクに時間の余裕がなくなるまで の犬 じゃない

わたしは じゃぁ ボクが年寄りになるまで の犬 じゃない

わたしは 一生ずっと の犬 なんだ 

もしも、あなたがわたしに ずっと を与えることができないのなら

それじゃぁ わたしは、あなたにとっての犬ではない

それだけの、ことなんだよ



(私なりに日本語に訳させて頂きました)
by yayoitt | 2012-08-27 02:45 | 保健所の動物のこと | Comments(6)
エジンバラの、ちょっと気になるアート散策
ノーマンと散歩しながら

色んなものを見つける

一度 おっっ と見たら、次からは驚かなくなる

だから、最初の時にカメラを持っていないと写真も撮り忘れる

(基本的に写真の心得が足りないらしい)

マイケルとノーマンと一緒の散歩の週末

ノーマンはマイケルと歩いてもらい、背後から色々と見回して歩く

すると ~ 見えてくる 見えてくる

車のヴァンに、小さな可愛い影のステッカー … ロバかな? 
c0027188_315936.jpg

人通りのない裏道の建物に … NIKE のスニーカー
c0027188_321272.jpg

表通りに出たところのパブの壁 … ずっと素敵だって思ってた
c0027188_32302.jpg

私の大好きな版画(プリント)ギャラリーには、可愛い旗が閃き
c0027188_324283.jpg

窓から見える … 気になるのは左の鳥のマグ(笑
c0027188_32593.jpg

政治的メッセージな演劇のステッカー … イスラエルのアパルトヘイトと踊るな
c0027188_333916.jpg

ずっと前に突然に現れた女性の顔 … 誰??
c0027188_331217.jpg

その女性の顔の建物を右に曲がると … 誰?? 

しかも等身大っぽい
c0027188_332949.jpg

人が何かを描くとき、きっと 伝えたい 何かがあるんだろうな

そんなことを考えながら、きょろきょろとマイケルとノーマンの後を追う

そんな週末
c0027188_342636.jpg

by yayoitt | 2012-08-26 02:59 | スコットランドって... | Comments(2)
初めて出会った、動物実験用ビーグル
c0027188_3125634.jpg

シャンプーや石鹸のためのテストの為に

ビーグルはいつも決まって

目が見えなくなるのだ

シャワーを浴びる時

そのことを思って欲しい


先日、動物病院にビーグルを連れた女性が来た。

このメスのビーグルは、エジンバラにあるカレッジ内の動物実験所から来た犬。

動物実験所が閉鎖される時に、沢山の犬(ビーグルばかり)が救い出された。

女性は、カレッジに勤める女性の母親で。

彼女の娘は、このうちのビーグルを2犬、家族として受け入れた。

病院に来たビーグルは、始終シッポをお尻に深く挟んでいた。

そして、他の犬たちや人間たちを見ながら、ずっと激しく呼吸していた。

 時間が掛かると思うから、ゆっくり関わっていこうって思うの

ご主人は言った。

動物実験用に繁殖されて実験体としてのみ使われるビーグル。

世界には、こういうビーグルに、幸せな犬生を与えたいと願う団体も多い。

太陽の光を知らない …

草の匂いも知らない …

芝を踏んだことがない …


映像は、そんなビーグルたちの初めての 外の世界への一歩 だ。

 ↑ ビデオの中のビーグルの前足の静脈は、既に潰れている
 今はもう市場に出回っている商品の毒性を調べるため …
 週に11回の血液検査、それを毎週ずっと続けてきたからである


私たち人間が生活する為に、実に多くの動物の命が犠牲になっていることを。
    (* 生きる為 ではない)

忘れないでいたい。






                          
by yayoitt | 2012-08-25 03:12 | 迷い犬、犬のこと | Comments(10)
タコちゃんが撮るノーマン
親友のタコちゃんと、カフェに行こうと約束。

30分前に、タコちゃんから電話。

 しばらく会ってないから、まずノーマンに会いに行きたい

その10分後、タコちゃんが我が家に。

タコちゃんは、ノーマンが む~っちゃ好きやねん な人。

2番は、おっとさんと、私の父(サル衛門)だろう。

とにかく、ノーマンはタコちゃんが大好きだ。

強烈でワイルドで激しく狂おしい 出迎えが終わると …

ノーマンは、へとへとになる。

そんなノーマンを、タコちゃんが撮る。
c0027188_4362820.jpg

大阪生まれ、大阪育ちのタコちゃんへ思いを募らした後のノーマンを。
c0027188_4372373.jpg

あたし あんたのことが めっちゃな 好きやねん

好きやねん

好きやねん

好きやねん


って、ノーマンが言ってる。
by yayoitt | 2012-08-24 04:29 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(6)
忙しさも度を過ぎると …
動物病院は、この時期(7~8月)がとても忙しい。

どうして、この時期に忙しさが集中するのか …

仔犬や仔猫が春に生まれて、その3ヵ月後が、予防接種の時期に当たる。

それから毎年の予防接種の予約が、夏に集中する。

それに加えて、下痢や嘔吐、その他の急病なども集中することが多い。


多分、そういうことなのだと思うけれど …。
c0027188_4253221.jpg

毎年、夏には 異常な忙しさ な日々が続く。

今年も、今まさに、そういう週が続いている。

手術と満杯の予約に加えて、予定外の緊急手術や救急の処置が必要なケース。

来る日も来る日も、この忙しさにぐるぐると目が回りそうだ。
c0027188_4255530.jpg

日本での看護師時代もそうだったけれど …

勤務中の忙しさが、頂点を極める(そんな気分になる)と …

心の中が、妙に落ち着いてくるものである。

 焦ったって、慌てたって仕方がない

 決まられた時間内でも、やるしかないんだ


そういう風に、腹をくくるものである。
c0027188_4262783.jpg

そうなると、今度は 笑えて来る のだ。

それまでは緊張感で、眉間に皺を寄せっぱなしだったのに。

笑えてくると、同僚と肩を叩き合って さぁ~次は次は? と励ましあえる。

そういう域に達しられると、楽しいのである。

そんな日の終わりには、満足感や達成感も感じられる。

この気持ちを味わうと どうしようもない忙しさ は嫌ではなくなる。
c0027188_4265150.jpg

怒涛の最中に即席のコーヒーをすすりながら、軽い冗談を飛ばす。

どのケネルも犬や猫で埋まっている。

その子たちを、心に余裕を持って見守っていられる。

汗水たらす忙しさでも、心に持てる余裕は、なんて大切なことだろう …。
c0027188_4271187.jpg

そのくせ、時間的に余裕のある勤務だと、気持ちがだらけるのも事実だ。

仕事はやっぱり、忙しいのが良い。

だけど、動物病院に緊急で運ばれる動物が少ないほうが … 良い。
by yayoitt | 2012-08-23 04:06 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(0)
ある男性の、叶えられなかった、たったひとつの願い
生きている一秒一秒

1分 1時間 1日 1週間 1ヶ月 1年 …

明日に願う 目標がある 楽しみがある 

小さなことであっても、誰でもそれなりに、待ち望む未来はあるだろう

c0027188_4255258.jpg

ある男性が、先日、安らかに眠りに着いた

Tony Nicklinson(トニーニクルソン)58歳

彼はその人生を 拷問そのものである と言い表した

7年前の2005年に、彼の体に起こった脳梗塞

その後遺症 *lócked-ìn sýndrome(ロックトゥインシンドローム)に陥る

(* 閉じ込め症候群 :脳血栓などのため、 意識ははっきりしているものの
 手足はまったく動かせず、 口もきけない状態で、 眼球運動によってのみ
 自分の意思を伝えることのできる状態)

人知れぬ苦しみの中、彼はひとつの願いを抱き続けた

家族や関わる医師が罪を問われることなく、彼の命を終わらせてくれること …

そして、その為の法的な許可を待っていた

しかし、8月12日に、最高裁判所はこれを却下した

その判決に泣き崩れながら、彼は特別なコンピューターでの意思表示にて

 あまりにも残念で、破壊的な悲しみと絶望である

と伝えている
c0027188_4251539.jpg

彼はその日から、一切の水分や食物を拒否し …

およそ1週間後の先日に、自然な死を遂げた

Tony Nicklinson(トニーニクルソン)享年58歳

妻と2人の娘に見守られながらの死であった

彼が娘に頼んで公に伝えるよう残した最期の言葉は …

 この世よさようなら この時が来たよ

 ボクの人生は、色々と楽しいこともあったよ

c0027188_4242436.jpg

生きながら、自分自身のことで願うこと

仕事、健康、老後 …

そして、安らかな死

ある人は、その生かされる一瞬一瞬を、痛み、苦しみ過ごす

その苦しみから解放されることを、心の底から願う

自らの力で、それが叶えられない時 …

また、叶えたいと願う時に、法の許しに守られなくてはならない時 …

悲しいかな

まだ多くの国では、法は、1人の人間の唯一の断腸の願いを叶えてはくれない

より健やかに生かされることに莫大な力とお金をかける社会であれば …

どうして、苦痛から唯一に救われることが死であれば、それを許せないのだろうか
by yayoitt | 2012-08-22 02:58 | 安楽死に思う | Comments(24)
安らかに眠るんだよ ボリス …
グレィハウンドのレース犬としての激しい仔犬時代を過ごし

グレィハウンドレスキュー団体から、ご主人の元にやって来た

ボリス 
c0027188_4411328.jpg

耳には、名前ではなく 番号 が刺青されている

レース時代に、無理な激しい走りを強制され

2歳くらいで、レースでは使われなくなり不要になる彼ら

大勢の他のグレィハウンドと団体生活を強いられる

英国には、沢山のグレィハウンドレスキューが存在する

その無理な運動の為に、グレィハウンドは骨の癌の発症が多い

ボリスも、きっと骨の癌があったのだと思われる
c0027188_4412664.jpg

足の痛みを常に持ち、手術を受けたり、抗癌治療も受けたボリス

朝、庭に出たところで、立ち上がろうとして骨折

多分、肺に転移もあったであろう、呼吸の困難も強く

愛するご主人の見守る中 …

安らかに虹の橋を渡った
c0027188_443149.jpg

おっきな体で

怖がりのボリスは12歳だった

R.I.P.

(Rest In Peace 安らかに眠っておくれ)
c0027188_4435281.jpg

愛するボリスよ …

by yayoitt | 2012-08-21 04:38 | マイケルのドッグウォーキング | Comments(21)