<   2011年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧
年に一度の … どえりゃぁうまっっトリュフ
年末年始は、特別気分で。
c0027188_7491644.jpg

自分への、ご褒美で。

ドキドキしながら、購入。
c0027188_7493679.jpg

9個で£7,20(800円弱)のトリュフ。
c0027188_7494950.jpg

そして、同じ会社のチョコレートアイス。
c0027188_7572421.jpg

このお店 Booja Booja は、乳製品を使わない。

一口、口に入れると …

目に  が現れ、頬が紅潮する美味しさ。

一口サイズのこれ、一個が90円ほど。

チロルチョコが9個買える …。
c0027188_7502798.jpg

だから特別。

そして特別に美味しい。

特別に嬉しい。

美味しさ嬉しさを表現 …
by yayoitt | 2011-12-29 07:41 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(12)
クリスマス休暇は、犬猫三昧で
エジンバラでは珍しい豪雪の去年のクリスマス

今年のクリスマスは …

ものすごい強風なのに気温が高め

ノーマンとマイケルと2人1犬での散歩の後は …

マイケルのキャットシッティング(猫のお世話)に出掛けた

正午近いのに、通りには殆ど人の姿はない
c0027188_3161011.jpg

クリスマスに開いている店やレストラン、ビジネスは皆無に近い
c0027188_3164472.jpg

途中の雑貨屋のショーウインドウ

クリスマスを過ぎた途端に、大安売りとなる店たち
c0027188_3203299.jpg

だけど誰も、クリスマスの朝に開くプレゼントの為に、正規の値段で買い漁る。
c0027188_3545434.jpg

2日も経てば、同じものが半額なんかで買えるのに …

いつもこの、矛盾に首をひねってしまう私

いろいろなタイプの鍵を売る店の前で
c0027188_401556.jpg

さて …

お世話するオス猫は、恥ずかしがり屋で、徐々に社交的(笑)
c0027188_357280.jpg

食べることが大好きな、ちょっと太った可愛い子
c0027188_3571879.jpg

マイケルと私に交互に擦り寄ってくれる
c0027188_3575246.jpg

 ドライフードだから、ちゃんとお水も飲んでね
c0027188_3583719.jpg

 オシッコちゃんとしてるね ウンチもしてたね

休暇中は、マイケルに付いて彼に会いに行く

家に帰ると正午過ぎ

家族や … 友や … 仕事のクライエンツから頂いたプレゼント
c0027188_424687.jpg

 ほんとうに、どうもありがとうございます 
c0027188_432156.jpg

ノーマンへのプレゼント(食べ物な)もあるので、ツリーの下には置けず
c0027188_441498.jpg

テーブルの上で

ノーマンへの最初のプレゼントは …

ヘッジホッグ(ハリネズミ)のベジタブルカミカミ

 はい 待ってぇ~
c0027188_453379.jpg

 はい よしっっ
c0027188_461151.jpg

半目を開いて集中し 
c0027188_464223.jpg

集中し続け
c0027188_473645.jpg

一心不乱で
c0027188_475866.jpg

咬んではちぎり、飲み込み
c0027188_483740.jpg

ちょうど40分で、ハリネズミは完全にノーマンの胃袋の中

午後の長いお散歩は、みんなで丘に …

これはまた後日に

と、そんなクリスマスの一日
by yayoitt | 2011-12-27 02:11 | 英国暮らしって... | Comments(10)
英国の犬社会に響く … 日本の犬猫のこと
Dog World
c0027188_33919100.jpg

ドッグショーのことや、その結果などを知らせる新聞がある。

英国中の、犬好きな人や犬のショーに参加する多くの人々が読む新聞だ。

Dog World (ドッグワールド)

そこには、犬に関する様々な出来事なども載せられる。

悪徳なパピーファームが検挙されたとか、犬の虐待のニュースとか色々 …。

先日のドッグワールドに、日本の記事が大きく載っていた。


(以下、私なりに訳させて頂きました)

 
ある国内新聞による調査の結果 …
日本国内では年間、20万頭もの犬猫がガス室で死んでいることがわかった

このガスによる処分は、完全に合法で、日本の政府によって行われている

年間約2,400億円の収益を作っているペット産業の増大によるところが大きい

日本には、2300万頭のペット犬猫がおり、国内の子供の数よりも多い

正式な形を取っていないブリーダーたちが、流行の犬種を売り
高額なものでは60万円にも至る

彼らは、日本全国にある何千店ものペットショップのショーウインドウを
その仔犬猫たちで埋め尽くしている

ティーカッププードル が最近の流行で、30万円にも至る

売れ残った犬たち、繁殖には年齢が行き過ぎた犬たちは
赤い紐を首に巻かれて、ガス室行きとなる
と、英国新聞 サンデイミラー のレポーターは言う

彼らが最後に過ごす、この室内のことは ドリームボックス と呼ばれるが
保健所に設置してある、完全に機械化されたガス室のことである
と、英国新聞 サンデイ のレポーターが語る



 ○ ガス室のこと

日本には、こういうセンターが108あると言われており、それぞれのセンターにて
毎日、平均550頭の犬猫が処分されている

犬のガス処分を見学したレポーターによると …

レポーターが見たのは

 " 一酸化炭素によって、ゆっくりと苦しんで死んで行ったのは秋田犬だった

  ガス室にガスが充満するのに約10分かかり、犬たちは苦痛で身もだえし
  死ぬまでに20分の時間が掛かった

  昨年、2,000頭以上の犬と5,000頭以上の猫が
  そのセンターで処分された

  処分になる犬の中には、ダックスフンドやプードルもいた

  赤いナイロンの紐が首に巻かれた犬は
  7日間の保護期日が切れたという意味で、次にガス処分になることの印だ
 "

年に、捨て犬猫の90%が、この政府による留置場所に入れられる

8,000頭の猫を、センターから引き上げた金子氏(某チャリティー代表)は言う

  “ 日本の多くの人々にとって、ペットを買うってことは、
   バッグを買うってことと、大して変わりがないんです "

   何も考えずに買っては、まるで玩具のように捨ててしまうんです

   日本人たちが皆、ペットショップから犬猫を買うことを止めさえすれば
   こういうパピーミル(仔犬工場)もなくなるし
   保健所もなくなると思います
 ″

アニマルライツ団体 Alive の野上氏は、日本の犬猫の闇市(悪徳ブリーダー)
の現実、事実を、公にする為に何年も過ごしてきた

あるキャンペーナーが、福岡の近くのパピーファーム(仔犬工場 悪徳ブリーダー)
の廃止の為に、2年の時を費やしたことがある

その彼女は、レポーターに語った

  ゛ 何百頭もの動物たちが、とても狭い空間に閉じ込められていました
   死んだ犬たちの死体がゴミと一緒にそこらじゅうにあり、
   その悪臭は耐えられないほどでした
 ″

彼女は、証拠を集める為に立ち入ったことを、不法侵入で訴えられた

しかし、このパピーファーム(悪徳ブリーダー)への法的措置は
何も取られていない


ペットショップ 殺処分 

↑ 画像をクリックして下さい
by yayoitt | 2011-12-26 04:57 | 保健所の動物のこと | Comments(5)
クリスマスのご挨拶は 貞子 から … きゃーっっ
愛する皆様へ (うふっっ

やっ貞子から …



c0027188_41121.jpg

また1年。

また1年。

どうしてか1年、って区切りをしたくなるのが人の情。

されど1年。

そしてやっぱり …

嫌なこと、苦しいこと、悲しいこと、断腸の思いとか、拳を握る怒りもあり。

その中には必ず、微笑み、大笑い、涙を流して感動することもあり。

1年は、良い感じでまた流れる川のごとくに。

そうやって、生きる貴女に、貴方に …。

心からの  を。

もういっちょう! (けどまた貞子からだし … )
c0027188_4105351.jpg

深々 … 笑

ギリギリセーフで飾ったツリー。(クリスマス2時間半前に完成!)
c0027188_4125310.jpg

このクリスマスもやっぱり、私とマイケルは …

 うちのツリーがいちばんに綺麗だよなぁ~ 

って。
c0027188_4133590.jpg

幸せ。
c0027188_4135591.jpg

あなたは、どんなクリスマスを過ごしたのでしょうか? 
by yayoitt | 2011-12-25 00:35 | やっこは、こんな人 | Comments(10)
皆さまへ … クリスマスのご挨拶
24日の午前中のみの仕事を終えて …

3日と半日の連休入りです。

クリスマス(25日)は、店もレストランもお休み。

街中がしんと静まり返り、家族が集まって過ごす日です。

みなさま …

どうか、あたたかで心静まるクリスマスをお過ごしください


↓ 大好きな皆さまへ、クリスマスカードです。

 こちら をクリックしてくださいねっっ
c0027188_3324390.jpg

 左下のロビン(鳥) をクリックしてねっっ
by yayoitt | 2011-12-24 03:29 | Comments(16)
仕事仲間へのクリスマスカード
動物病院の従業員は、全部で(私を含め)6人。

獣医師夫妻 と マネージャー と 看護師 と パートの女性 と。

その4家族へのクリスマスカードに …

 お楽しみ を同封して渡した。

毎年、その年のエピソードをイラスト化して描く。

今年のは …

Monopoly(モノポリー)という、人生ゲームみたいなボードゲーム。
c0027188_4171739.jpg

それを真似て …

Veterinary MONOPOLY (動物病院モノポリー)

c0027188_4162670.jpg

今年も、色々なことがあった。

忘れられない命が、目を閉じると沢山、見えてくる。

あの毛並みの感触とか、あの伏せた瞳とか、あの匂いとか …

忘れられない愛おしい彼らと過ごした1年。

年の暮れには、いろいろな思い出が蘇える。
by yayoitt | 2011-12-23 04:13 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(4)
こうして、1年が過ぎることを知る …
木曜の仕事帰りに、お友達と待ち合わせ。

クリスマス3日前の街は、ショッピングの人々でひどく混み合う。

 そろそろだな …

と数日前から思っていたけど。

 できたら、今日じゃないと有難いな …

と思っていたけど。

やっぱり、今日の午後に … 届いた。

病院に、従業員4人宛ての  が!!

Yayoi という宛名が読めなかった花屋さんの女性は

 これは Yoggy(ヨギー)に

と笑顔で言った。

(その日いちにち、私は ヨギー よ呼ばれたよ …)

動物病院の獣医師夫妻(つまり、雇い主)からの花束だ。

また1年、うんと働いた。

そう言える。

毛むくじゃらの頭を撫でながら、うんと泣いたし、うんと笑って抱き締めたりもした。

良い1年だ。
c0027188_3531456.jpg

気持ちよく、この花束を受け取れる。

木曜日の夕方、この大きな花束を抱えてバスに乗り …

人混みの街を歩き …

友人が待つレストランに入り …

夜風を気にしてまた、抱えて帰ってきた。
c0027188_3522382.jpg

クリスマスらしい花束が、とても素敵だ。
c0027188_3533297.jpg

この花束を抱えると

 あぁ、もう1年経ったのか …

と思うんだな。
by yayoitt | 2011-12-22 03:51 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(4)
新しい水
食べ物なら、ちょっとくらい古くても平気で …

日本の食材は、3年くらい賞味期限が切れているけど気にしない。

落とした食べ物も ふーふー して食べるし …

看護師時代に、病院の廊下にパンを落としたとき、拾って食べたら …

さすがに同僚に こら 看護婦のくせに不衛生!! と叱られた。

だけど …

飲み物のこととなると、ちょっと気難しい。

新しく新鮮ということがわかっていないと、口をつけるのが嫌だ。

プールなんかで、口に水が入ると、衛生面の不安でパニックになる。

飲み水は、やっぱり新しく綺麗でないと耐えられない。

また、傍に水がないと、とても不安になる。

普段から多量の水を飲むから、いつも水が傍にあって欲しい。
c0027188_44427.jpg

だからノーマンや犬たちにも、いつも新鮮な水を与える。

常に、沢山の新鮮な水があるように。

器が空にならないように …。

犬の水を、日に2~3度、取り替える。
c0027188_4442510.jpg

その時、いつも思い出す。

思い出す愛しい命がある。

オーリー のこと。

故郷で出会った、ゴールデンレトリーバーの男の子。

3年前に虹の橋の向こう側へ渡っていった オーリー

初めて彼に会ったのは、私たちがノーマンと故郷に住んでいた時。

近所の大きな家の横っちょのスペースに、大きな犬小屋があった。

私たちがノーマンと横を通ると、鎖で繋がった彼が激しく吠えたものだった。
c0027188_4445633.jpg

彼は 24時間 365日 そこに居た。

ご主人が帰って来ると、喜んで鎖で喉を締め付けながら迎えるけど …

車から降りたご主人は、いつも足を止めることなく家の中に入った。

氷点下10度の朝も、炎天下の午後も …

土ぼこりだけがある、犬小屋の板の上で耳を澄ませていた。

ご主人にお願いして オーリーを散歩に連れ出したとき …

彼は、躊躇することなく側溝の河にザブリと入ったんだった。
c0027188_445153.jpg

どの日も、どの季節も、どの年も。

オーリーに会いに行くと、彼は土ぼこりで汚れていた。

私はいつも、彼の水のことが気になったもので …

飲み水がちゃんとあるのか知りたかった。

繋がった鎖が許すスペースの中には、ひとつだけ洗面器が置いてあった。

洗面器には 土 死んだ虫 葉っぱ 枝 小石 なんかが入っていた。

水があることもあったけれど、ないこともあった。

水があっても、それは、雨水のようにしか見えなかった。

新鮮で綺麗な水が洗面器に満たしてあったことは、哀しいかな … なかった。
c0027188_4453517.jpg

オーリーの暮らすスペースの、家の建物の外壁に水道がひとつあったから。

そこで洗面器を指で洗い、新しい水を満たして地面に置くと …

ものすごい勢いで、それを飲むのだった。

 やっぱり 新しい水が良いよね

 いつも水が飲めるのが良いよね

c0027188_446932.jpg

彼はもう、いない。

立派に見える犬小屋と、ブランケットもない冷たい板と …

その周りを囲むウンチとオシッコと …

ひとつの光景しか見ることのない24時間と …

隣からこぼれてくるご主人の話し声と …

されど誰も、彼に話しかけることのない365日と …

飲めない水に諦めながら、慣れながら。
by yayoitt | 2011-12-21 03:32 | 迷い犬、犬のこと | Comments(11)
ローマ教皇はカトリック??
私の大好きな 英語の表現 のひとつをご紹介したい


 is the Pope Catholic?


the Pope (ポープ) は  ローマ教皇

Catholic (カソリック) は  カトリック(キリスト教の宗派)

 is the Pope Catholic? を直訳すると …

 ローマ教皇はカトリックなの?

ということである。
c0027188_414058.jpg

さて。

ローマ教皇は … 

クリスチャンじゃない人でも、誰もが知っているとおり … カトリックである。

プロテスタントではない。

 ローマ教皇がカトリック という事実は、誰でも必ず知っていることである。

会話の中で、突然 is the Pope Catholic? と出てくることがある。

例えば … ☆ ☆ 

 ある男性が、チョコレート大好きな女性を家に招待した

 彼が彼女に尋ねる " チョコレート、食べる? "

 すると彼女が " is the Pope Catholic? " と答える

 ☆ ☆ ☆
c0027188_4132688.jpg

つまり …

is the Pope Catholic? とは 

当たり前よ もちろん わかりきったこと という意味になるのである。

身近な例で …。

 マイコロ : やっこ … なんか、最近ちょっと太った?
 
 やっこ : is the Pope Catholic? 冬だもんっっ ふんっっ 
by yayoitt | 2011-12-20 03:57 | English | Comments(6)
泣くほど怖い、クリーニング
小学生の頃、月に一度は学校を休んでいた。

扁桃腺がすぐに腫れて、高熱を出していたのだ。

両親が腕組みをし、おでこを寄せ合い心配をるくらいだった。

学校では苛められ、忘れ物ばかりし、熱をすぐ出す末娘。

高学年になって、扁桃腺の摘出手術を受けるまで、それは続いた。

ある朝のことを、とてもよく覚えている。

私はまた、いつものように喉を痛めて、高熱を出して布団に寝ていた。

朝の8時頃、集団登校の小学生の元気な足音が通り過ぎた後 …
c0027188_5395237.jpg

その頃、両親と川の字で寝ていた畳の部屋。

その隣はコタツのある居間で。

そこから、ぼそぼそと声がする。

頭の下で、アイスノンが溶けた、嫌な匂いがする。

ぼそぼそ声は、母と父だとわかる。

それが、私のことを話しているのに違いないと、声色から理解する。

痛い頭と喉を引っ張って、ぐいっとせんべい布団の中で身体を立て直す。

聞き耳を、立てる …

 うんうん … そうやなぁ …

 やっぱり、そろそろ …

 そうやなぁ … 行ったほうが良いなぁ …

 クリニック …


その言葉を聞いて、泣き出す私。

 いややぁ …

 いややぁ …

 Kクリニックには行きたくない …

 注射が怖い … 入院って言われたらどうしよう …


頭の中を、色々な病気の顛末が駆け巡る。

子供の精一杯の想像力で。

その朝は、いつ自分がKクリニックに連れて行かれるかわからず …

一睡もせずに、母の様子を意識していた。
c0027188_5402339.jpg

しかし …

昼になっても、私を連れ出す様子はなかった。

午後から、布団の周りにヨーグルトなど置いて、仕事に出掛けてしまった。

 あれ?

 いつ、行くんやろう? クリニック?


そう思っている間に眠ってしまい、夕方になり、両親も姉たちも帰宅する。

一日休んだお陰で熱が下がり、すっかり元気を取り戻した私。

これでもう、クリニックに行く心配はないだろう … と安心する。

食欲も、大好きな姉たちと一緒で、湧き上がる。

コタツに足を下ろして夕ご飯を食べながら、両親が話すのを聞いている。

 今日、行ってきたよ

 ちゃんと出してきたでな

 あんたの背広な

 クリーニング

c0027188_5392074.jpg

末娘は、はっと気が付く。

両親が話していた クリニック の話は …

実は クリーニング の話だったと …

両親の顔、姉2人の顔、お爺さんの顔が私を見下ろす中 …

病み上がりの末っ子は、ゲラゲラといつまでも笑ったのである。
by yayoitt | 2011-12-19 05:11 | 思い出 | Comments(14)