<   2011年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧
小さな命を、救いたいと願う人と、人と
夕暮れのエジンバラ。

まだまだ高い日の下、暗い雲が街を覆いつつある。

診察の最後のご主人と犬が診察室に入っていった後 …

ドアから入ってきた若い男性。

ペンキがあちらこちらに付いた作業着を着た彼。

靴の箱を胸に抱えている。

 この中に小鳥がいるんだけど …

 僕が働いてる家の奥さんが、病院に連れて行って欲しいって

 家の中に入ってきて、多分、脳震盪を起こしたんだろうって


優しい輝く瞳を持つ青年は続ける。

 見た感じでは、スズメだと思うんだ

 ここに置いていって良いかな?
 

青年が、そっと箱を開けて見せる。

そこには、小さな小さな小鳥が、微かに震えてじっと動けずにいる。

 わぁ~ 綺麗だねぇ~

そう呟くと、彼も嬉しそうに微笑んだ。

 じゃぁ、置いていくね、よろしくお願いします 

その日のすべての仕事を終えた青年は、家に帰るのだろう。

獣医師に診てもらう。
c0027188_1552225.jpg

小さなスズメ。

水と、従業員のおやつ用ダイジェスティブビスケットを粉々にしておく。

じっと動こうとしないスズメ。

突然の出来事、異変、移動に、どんなに恐怖に慄いていることだろう。

ふたを閉めて、私もその後、家に帰った。

翌朝、ふたを開けると同時に飛び出したスズメ。

そっと捕まえて、裏庭の木に放すと、すぐに空に飛んで行った。

小さな鳥を …

助けたいと思った女性

助かって欲しいと願った青年

ひとつの命をめぐる、なんて優しいリレー。

☆ 野生の鳥を保護した時に大切なこと ☆
by yayoitt | 2011-07-31 01:54 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(10)
ノーマン、はじめての … ハーネスな経験
とてもよく知っている犬が …

頚椎の怪我が原因で、安楽死となったのは、つい数週間前。

首輪だけで歩いてきたノーマン。

ものすごく引っ張るし、丘に行けば嬉しくて、リードのまま走り回る彼女。

以前にも、ハーネスを挑戦したけれど …

ハーネスを装着した途端に、立ったまま動かない。

歩き出しても、数歩で止まり、オシッコもできなかった。

… と。

諦めていたのは、主人の私たちの根気のなさで。

今回は、絶対にハーネスを成功させようと決心した。

 さっっ お散歩に行こうか?
c0027188_235534.jpg

大切なお友達から、以前に頂いていたハーネス。

首と胸にマジックテープで装着すると …
c0027188_2362317.jpg

 あれ? 良い感じ?
c0027188_236431.jpg

しかも、少しばかりの躊躇(ちゅうちょ)だけで、結構、軽やかに歩く。

 よしよし いいぞ いいぞ 

階段を降り切った所に …

階上の部屋のカップルが飼っているネコが …
c0027188_239053.jpg

とても興味深々に、私たちを見送ってくれた。

お天気の良い土曜の午後だ。

歩き出したところで足を止めたのは私。

 飛騨の病院にいた頃の、友が乗ってた車を発見!

 なんて名前だっけ … Fiat の … チアントロント?
 
c0027188_23112476.jpg

仕事帰りによく、これに乗せてもらってご飯を食べに行った。

私は、願いの叶わぬ恋愛の話を …

彼は、願いの叶わぬと知ってる恋愛の話を …

赤いFiatは、小柄な友に似合っていてお洒落だった。

 チャンテロント? なんだっけか?

ぼやぼやと懐かしさにふけって歩いていたら、ノーマンとクライドは太陽の下。
c0027188_2316261.jpg

 なんだっけ … フィアットの … 
c0027188_2315471.jpg

いつも、このコテージを見ると思うんだ。
c0027188_23254582.jpg

 こんな可愛いおうちに住みたいものだ …

この家々は、もともとが馬小屋。

それを改造して家になっているから、背が低くて可愛い家が並ぶ。

エジンバラでも有数の高級住宅街だけど、もとは馬小屋 …。

そういう、古い物をそのまま、長く使える歴史って良い。

 ところで、あの車も古いだろうに …

 ええっと … クエンタランチーノ? あ、似てきた!


太陽があっついから …

丘には登らず、丘の下にある人の少ない公園に。
c0027188_23311158.jpg

ノーマン、ハーネスはまったく平気になっている。

これで、長い散歩は必ず、ハーネスで行ける!
c0027188_23323769.jpg

13歳のクライド翁も、よく嗅ぎ、よく歩いたね。
c0027188_23332159.jpg
 
住宅街を縫って帰る途中の家。
c0027188_23335912.jpg
 
家全体が、植物園って感じだ。

緑って、良い。

ところで、あの赤い …

どうしても気になるから、Fiatが停まってる通りを通って家路に着いた。

 あった!

 ええっと …
c0027188_23362861.jpg

 チンクエチェントっっ!!!
  

ハーネス成功。

車の名前を思い出してすっきり。

なかなか良い、週末である。
by yayoitt | 2011-07-30 22:54 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(7)
愛するこの子の … 鼻型ジュエリー
たまたま新聞の記事で見かけた。

珍しい ということで取り上げられていたグッズ。

愛犬 愛猫 の Paw型ジュエリー

 あぁ~ これはありそうだな …
c0027188_434796.jpg

だけど …

愛犬 愛猫 の 鼻型ジュエリー

なのである。
c0027188_441560.jpg

鼻の形は、個々でで違うのだとか。

 ノーマンの鼻が胸にぶら下がるって …

 くんくんくん って音が聞こえてきそうだなぁ~


注文をすると、型取りの粘土が送られてくるらしい。

それから数週間で、できる …

愛する子の鼻型ジュエリーだ。

Uncommon Goods

個人的に、決して嫌いなアイデアじゃない。

 ノーマンの鼻型 … ぶっっ

 マイケルのでっかい鼻型とかも … ぶぶっっ
 

ちなみに、こんなのも可愛い …。
c0027188_445933.jpg



 

 
by yayoitt | 2011-07-29 03:24 | やっこのグッズ | Comments(7)
捨てられなかったネームタグ
その犬の名は Tobby(トビー)

14歳のコリーのクロス犬だ

ご主人は、80歳を過ぎた男性

長年、何頭かの犬と暮らし …

それぞれに別れを告げ

数年前に、妻に別れを告げ

一緒に年を重ねて、足腰の弱るのも一緒だった Tobby と

1人と1犬で生活してきた

Tobby が、週末にとうとう立てなくなったのは、数週間前のこと

わずかの年金暮らしのご主人は、従弟という男性に車で送ってもらい

動物病院のドアをくぐった

それが Tobby とのお別れになることを、きっと知っていたのだろう

そういう覚悟をしていたのだろう

 Tobby が最後の犬なんだよ …

 もうこんな年で、犬と一緒には暮らせないからね …


そう呟いて Tobby の身体を撫でる

80を過ぎ、犬たちと暮らしてきた生活に終止符を打つ

安らかに、虹の橋を渡っていく愛犬に別れを告げる

 Tobby のカラーをお持ち帰りになりますか?

Tobby の首の古びたカラーをさすりながら尋ねると …

 いや

 ここにずっといるから


と、震える手で左胸を指し示した

ゆっくりとした足取りで、病院の建物を出て行くご主人

残された Tobby の身体から、カラーを取り除く

ほとんど読み取ることができないネームタグと、マイクロチップのタグ

私は、その2つのタグを取り外した
c0027188_3265971.jpg

どうしても、そのタグをゴミ箱に入れることができず …

そっと、ポケットにしのばせる

Tobby 

彫られた名前も、どうにか読める程度で
c0027188_3275752.jpg

ポケットの中で握り締めるタグたち

カチャリと音がすると

さっき、ご主人と共にふらふらと歩いていた Tobby が蘇える

本当に、独りっきりになった家へと帰るであろうご主人を思う

彼が妻と一緒に過ごした、長年の犬との生活を想像する

カチャリ

カチャリ

 やっぱり、これは捨てられない …

内緒で捨てなかった Tobby の名前の刻まれたタグ

握り締めると

優しさや、笑い声や、駆ける足音が聞こえてくるよう

私にとっての、それは意味深い宝物となっている
by yayoitt | 2011-07-28 03:25 | 動物病院レポート ケースから | Comments(7)
赤地に白のたまたまたま
水曜の動物病院。

朝一番の診察に来た、犬とご主人。

ご主人は、若い女性。

彼女の手には、大きな袋。

 色々とありがとう、だいぶ、元気になりました!

そう手渡してくれた袋の中 …

2つの大きな箱。

私は、箱の中身よりも、その箱に目を見張り、小さく奇声を上げた。

箱の中身は …

彼女の手作りのカップケーキ。

6つずつ綺麗に並んでいる。

チョコレートケーキだ。

同僚にそれを見せながら、息せき切って私は言った。

 これ、きっと私は食べれないけど …

 この箱、予約しておくからねっっ

c0027188_3475264.jpg

11時のお茶の時間に、同僚はケーキを楽しみ。

私は、その様子を 味を想像しながら 見つめ。

夕方、帰る時には空っぽになった箱2つを抱えた。

家に帰る普段着に着替えて、その箱を抱えると、同僚が笑った。

 ポルカドットのトップに、ポルカドットの箱だねぇ
 
そこで気が付いた。

本当だ。

今日、着てきたシャツと、箱の柄は …

まったく同じ。
c0027188_3472998.jpg

好きなんだもん~ たまたま柄っっ 
by yayoitt | 2011-07-27 03:03 | やっこのグッズ | Comments(6)
恋愛 親愛 友情 そして愛情 
彼女は、そのときに願った

決して口にはしなかったけれど

強く願った

 恋愛から、親愛にはなれないものか 



しかし、それは叶わなかった
c0027188_423451.jpg

やがて2人が離れ離れになり …

10年の月日が経った時

彼と彼女は、再会した

彼女は尋ねた

 親愛になれず、恋愛の日々も終わった今 …

 愛という感情は抜きにして

 情があるのなら …

 私たちの間に、友情は芽生えないものか




しかし彼は応えた

 それはできない



そして、こう続けた

 僕にはまだ、君への恋愛の思いしかないのだ

 だから、友情にはなれないのだ




彼女は、その言葉を噛みしめた

ゆっくりと反芻しながら

その意味の深い部分を理解した
c0027188_425349.jpg

それから、親愛でも友情でもない思いを抱えて

まったく別々の場所で、それぞれ生きていくこと

それは、過去に生きることであると

寂しさを感じながらも

頷いて、右手を差し伸べると …

彼は、その手を強く握って

お互いの来た道

お互いが行く道へ

振り返ることなく歩き出した

あの頃も …

道標がなかった道

自由ばかりで、縛り合えもしなかった道

ただそこには

共有した過去だけが

やさしい影となって

一生、足元から消えることはない

そうやって生きる未来である


by yayoitt | 2011-07-26 03:44 | 穂高の恋人達 | Comments(4)
子犬だなんてぇ~ 思ったらぁ~ ♪
土曜も日曜も、とっても良く晴れた!
c0027188_4365958.jpg

気温は20度そこそこだけど、この私でさえ半袖に!
c0027188_4371646.jpg

その散歩道 …

沢山の犬連れの人と立ち止まって話をする。
c0027188_4372893.jpg

そこで、何度となく …
c0027188_4374782.jpg

ノーマンは 子犬 に間違われた。

 こんなに白い顔なのに …

と。
c0027188_438271.jpg

でも、ほくそ笑む私であった。
c0027188_4383985.jpg

気分が良いから、替え歌をっっ!!

アニメ 魔女っ子メグちゃん のオープニングで。
c0027188_4364169.jpg


        底なし胃ノーマンちゃん

 ワワンワ ワワンワ ワンワワワワン ワワンワ

 子犬だなんて 思ったら

 大間違いよ

 おとな犬

 黒光りする この鼻は

 なんでも嗅げる 証拠なの

 包み紙のまま~ で~も

 わたしは平気で もう、がぶっっ

 真珠の涙を浮かべるやっこ

 ぺろっと舌出せばぁ いちころよ~

 底なし胃ぃはぁ~

 底なし胃ぃはぁ~

 どんな 匂いも~

 嗅ぎつけるっっ

 嗅ぎつけるっっ

 ワワンワ


若く見られるって、ちょっぴり嬉しいよね~。

お嬢さんっっ。
by yayoitt | 2011-07-25 04:20 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(15)
おとぎな部屋
もの思いついた頃から …

2人の大きな姉たちは、二階の部屋を共有して

小さな私は、父と母と布団を川の字に眠っていた

姉たちが、それぞれに高校を卒業して都会に出た頃 …

9つと7つ年の離れた私は、小学校の高学年

彼女たちが使っていた、二階の部屋が 私のお城 になった

古い襖と、むき出しの柱に囲まれた四角い部屋

引き戸の障子は黄色く日焼けしている

玄関からすぐ、急な狭い階段を渡った右にある、その部屋

そこを 私の部屋 と与えられた時の興奮は、表現しえないくらい

もともと 夢見る少女 だった私は、部屋の模様替えに精を出した
c0027188_445243.jpg

月刊雑誌の なかよし か リボン …

時々 マイバースデー という占いの雑誌

あとは毎日のお菓子を買うだけの、あってないようなお小遣い

人口1万6千人の小さな町の、たった一つの雑貨屋に何度も寄って

少しずつ、少しずつ おとぎな部屋 は出来上がっていった

欲しかったけれど、手に入れられなかった物がほとんどだけど …

若き青春時代を飾ってくれた部屋には

… 天井から下がるモビール

… 照明を落とすと天井に浮かぶ星座

… 座って抱き抱えるクッション

… ラベンダーのドライフラワー

… ピエロの人形たち
c0027188_4452169.jpg

夢だけで終わったもの

… ビニールのエアーチェアー

… 畳を覆う花柄のラグ

… ロッキングチェアー

… 天体望遠鏡

… 部屋で描く油絵

… フリルが沢山ついた白いネグリジェ

… 鉄の足の付いたベッド

… ベルサイユな鏡(姿見

映画で見る世界に憧れて

せいいっぱいに、背伸びをして近付きたかった 私だけのおとぎな部屋

今は、その四角い部屋は物置になっている

けれど、その部屋に入ると …

あの少女時代の、甘い淡い思いが鮮やかに蘇える
by yayoitt | 2011-07-24 02:50 | 思い出 | Comments(6)
窓口から戸口へ招き入れるとき
動物病院、土曜日の午前だけの診察時間。

今日の午後は、珍しい青空の予報。

診察を待つ人々が、小刻みに震える犬やケージの猫と座っている。             

ドアが開き、ある女性が入ってきた。

彼女は、ロットヴァィラーのメス犬のご主人。

犬の名前は、サーシャ

サーシャは、つい先日、骨の悪性腫瘍と診断された。

腫瘍に侵蝕された部分の骨折が、いつ起こってもおかしくはない状況。

また、骨の腫瘍は、他の癌の原発部分からの転移の可能性も強い。

サーシャが、その生に終わりを告げるのは、時間の問題である。
c0027188_663433.jpg

サーシャの痛み止めの処方薬を、取りに来たご主人。

窓口で、オフィスの中の私と向かい合って話をする。

 骨の癌になる犬は、どうしてこんなに良い犬が … って
 思うような犬ばかりなんですよね


そう言うと、彼女も微笑みながら 本当にそうね と頷いた。

処方薬を準備している間、色々な話をする。

大きな身体で、お尻を振りながら人々に甘えるサーシャ

痛みや骨折を防ぐ為に、ダイエットを勧められたサーシャ

 ダイエットの大切さはわかるけれど、少しくらいのオヤツも良いわよね?

もちろん、厳しいダイエットにオヤツが良いとは、言えない。

 彼女の残された時間のことと、クオリティーオブライフを考えて …

 あなたが、そのあたりは、状況に応じて対応して良いと思うよ


彼女も、それに言葉なく大きく頷いた。 

 あとね、ひとつ聞きたいのが …

 その時が来た時に …


オフィスと待合室をつなぐ小さな窓で向かい合う彼女。

その彼女の声が震えて、途切れた。
c0027188_673886.jpg

目くばせで、彼女にドアから中に入るようにしめす。

待合室では、彼女の背後に幾人かの人々が待っている。

待合室のドアを開け、彼女を中の廊下に入れた。

彼女はそこで、泣きながら尋ねる。

 最期のときが来た時は、ここにサーシャを連れて来たいから …

 ここで、眠らせてあげたいから …

 どういう風にしたら良いのかなと思って


動物が苦しむ前に、眠るように逝かせてあげる安楽死。

それが、動物にだけ与えられた、人ができる最高の優しい選択である。

人にとっては、決して容易くはない選択。

もしかしたら、これほどに困難で苦しい選択はないかも知れない。

安楽死のときが来た時の、予約の方法などを説明する。

薄暗い廊下に立って、人間の看護師であるご主人の彼女が泣いている。 

 残された時間を、いつも通りに、今まで通りに楽しめますように …

そして私たち医療者ができるのは、その苦痛を最大限に取り除くことだけ。

待合室には、年に一度の予防接種を待つご主人や犬猫がいるだろう。

犬の特別食を取りに来た男性が立っているだろう。

待合室へのドアを開ける前に、彼女が言う。

 ありがとう

ドアノブに手を回す前に、彼女の肩に手を置く。

そして、しばらく抱き合う。

彼女の切なさが、苦しみが伝わる。

愛する、最愛なる命。

その命と暮らす日々。

そこには、数え切れない瞬間が連続にある。

それは、ご主人と愛する命だけのプライベートな 宝物 だ。

彼女とサーシャの間に、しばしの平安がありますことを。

彼女が立ち去ったドアを閉めて、目を閉じる。

オフィスに戻って、待合室に繋がる窓を開ける。

 アンバーのドッグフードを取りに来たんですが … 

 アンバーは元気ですか? 赤ちゃんのロージーも元気ですか?

土曜の午後は、晴天なり。
c0027188_68429.jpg

by yayoitt | 2011-07-23 04:06 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(10)
日本人と動物との、色鮮やかな …
エジンバラの若き芸術家の一人 …

Ronald Corbin(ロナルドコービン) という男性。

描かれている色鮮やかな、ニワトリや魚たち。
c0027188_46526.jpg

そこに浮かぶように見える、日本の人。
c0027188_462672.jpg


日本を訪れているのが、サイトの写真からわかる。

とても興味深い構成の絵たち。
c0027188_464623.jpg

一度見たら、忘れられない。
c0027188_493277.jpg

印象的な絵たちだ。
c0027188_472360.jpg

なんて、素敵な絵を描くのだろう …。
c0027188_484220.jpg

力とか

エネルギーとか

みなぎる … だとか

そんな 言葉 が浮かんでくる。

パワフルで繊細な絵たち。
by yayoitt | 2011-07-22 04:01 | やっこのグッズ | Comments(8)