<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧
3月の予定帳に …
3月に入りました。

あなたの手元の予定帳に …

壁にかかったカレンダーに …

優しい地球マークを。

3月26日 20時半から60分

電気を消して。

テレビやPCを消して。

暗闇の中、キャンドルの灯りで1時間だけ過ごす。

2011年 Earth Hour(地球時間) 

資源には限りがある地球のことを。

滅ぼしていけば、命には限りがあることを。

キャンドルの灯の中で感じて欲しい。

128カ国の色々な都市や場所で。

時空を越えて。

その60分だけは、自然のエネルギーに切り替えて。
by yayoitt | 2011-02-28 05:15 | 自然環境のこと | Comments(16)
結局、ぼくが怒られる
日曜の午前中。

朝からよく晴れていたので …

 よし、洗濯物を外に干そう! 

と意気込んで、素泊まり宿のシーツ類をまとめ洗い。

洗濯が終わり、カゴに詰めて洗濯バサミの袋を持って いざ出陣! と。

マイケルが台所から聞いてきた。

 やっこ、コーヒー飲む? 

私が答える。

 うん、お願い~ まず、これ干して来るわぁ~ 

階段を下りて、ホールから庭に出る戸を開けて外に。

この扉には、かんぬき錠が取り付けられている。
c0027188_251888.jpg

鼻歌を歌いながら干し物をしていると …

 4月かぁらはぁ~都会にぃ~行ってしまうあなたぁに~♪ 

(今日の、ザ.テーマ歌謡曲は 松田聖子 制服

同じフラットの上の階の女性が、干し物をしに庭にやって来た。

彼女と、仕事のことや天気のこと、彼女の子供のことを話し …

 じゃぁ、良い週末をねぇ~~ 

と、手を降りながら、ルーマニア人の彼女は建物に入って行った。

その数分後、私も干し物を終えた。

空になったカゴを抱え、風に揺れるシーツの合間を抜け …

 あれ? ドアが閉まってる 

いつもなら、庭に誰かいると開けっ放しておくドアが閉まっている。

 いやいや、でも、そんなことはないだろう 

とドアノブをひねると …

 開かないっっ? 

中からかんぬき鍵がかかっているのだ。

ルーマニア人の彼女が、いつもの癖で、ドアを閉め鍵をかけたのだ。

 あれえええええええっっ 
c0027188_254632.jpg

庭に取り残された私は、色々と考える。

庭からフラットの窓に向かって、叫んでも良い。

 でも、日曜の朝に … とっても恥かしい 

ドアを、ドンドンと叩いてみるけど、ホールに人気はない。

 誰か、気が付いてくれないかなぁ

 あぁ … 春ウララの日曜に、あたしったら、何してるのか
 

これが、雨だったり真冬じゃなくて良かった。

それに、マイケルが部屋にいるんだ!

コーヒーを作り終えたマイケルが、きっと、異変に気が付くはず。

 どんまい どんまいっっ  

5分 … (くらい) 10分 … (くらい)経過していく。 

 やっこ先輩っっ ファイトっっ どんまいっっ どんまい 

春の日を浴び、庭の木々に隠れて、バレーボール部の生徒役をする私。

 お~えす、お~えすっっ 気にしないっっ 

15分 … (くらい)経過。

時々、ドアをドンドン叩く。

誰も部屋から出てくる様子はない。

 あぁ … 春の日差しがまばゆい … 

温かくて心地良いのに、不安に、そして腹が立ってくる。

 夫よ? おかしくないか? 

どんまい どんまい 

 妻が干し物に出て、もう20分も帰って来ないんだぜ? 

お~えす お~えす ふぁいとっっ やっこ先輩~ 

 って、あたし、バレー苦手だしっっ 
c0027188_262389.jpg

かなり、ふて腐れている。

 コーヒーできて、もうすっかり冷えてるだろうに?

 普通、気が付きはしないか? え?


それからは、ただただ、ドアを叩き続けた。

そして、更に時が経つこと5分(くらい) …

誰かが階段を下りてくる音がする!

 チャンスだっっ お~えすっっ どんまい どんまい~ 

ドンドンドン … ノックを続ける。

 お~えっす、ありがとう~  

かんぬきを抜く音が。

そして、ゆっくりドアが開いた。

 恩人よっっ ありがとう~、ダメな夫に伝えておくれえええ 

と …。

 いったい、どうしたの? 

マイケルだった。

彼はゴルフに出掛ける為に、クラブを担いで階下に下りてきたのだった。

そうしたら、誰かがドアを外から叩いていたのだった。

 ってか … おかしいって思うやろう? 普通? あん? 

あまり意味がわからぬまま、開いた口が開かぬ様子のマイケル。

 じゃぁ、ゴルフに行ってくるよ 

 はいはいっっ ぶつぶつぶつぶつ … 

決して、マイケルが悪いわけではないのに。

やっぱり、彼が、怒られる。

 どんまい どんまい マイケルっっ 
















 
by yayoitt | 2011-02-27 00:26 | 国際結婚って... | Comments(10)
エジンバラの春一番
 
春一番とは … 

 例年2月~3月の半ば、立春から春分の間に、
 その年はじめて吹く、南寄りの強い風


エジンバラの気温が、突然、10度台を上回った。

風は強いけれど、日差しが確かに温かい。

スノードロップも、クロッカスも咲きはじめている。

土曜の午後は … 

春を探しに、ノーマンとあの丘へ。
c0027188_51122.jpg
 
 もしかしたら、春一番に会えるかも?
c0027188_515223.jpg
 
そんな期待は、確かにノーマンからも感じられて。
c0027188_524241.jpg

丘のてっぺんの大将。
c0027188_53576.jpg

ゆっくり時間を過ごすうちに …

 あ …

 なんだか、もしかしたら …


と、思わず小さく叫んでしまった。

そして。

 おおおおおおおおおおおっっ 
c0027188_552114.jpg

 出ました! カイカイ! 春一番! 
(↑ もはや、言葉にならないらしい)
c0027188_57961.jpg

これが春を知らせる光景。

エジンバラに、春一番が、やって来た。

  
by yayoitt | 2011-02-26 04:44 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(0)
それぞれの足元(あしもと)
金曜の病院のオフィス。

プラクティスマネージャーのフィオナ

彼女は、ヨークシャーテリアのレニーを毎日、連れてくる。

月金の午前だけ働くリンジー

この日は、キャバリアのティーゼルを診察に連れて来た。

沢山の足が行き交う中 …

起き上がっては後を付いて行ったり …

止まった足にお尻を据えてみたり …

また動き出す足にシッポを踏まれたり ・・・

そうして午後になる頃には、すっかり落ち着く。

自分の居場所を見つける。

 あれ? 逆だけどね? 

レニーは、リンジーの足元で。
c0027188_4101643.jpg

ティーゼルは、フィオナの足の下で。
c0027188_4154372.jpg

そして私が、手術と手術の合間にお昼ご飯を食べていると …

 そういう風ですか! 
c0027188_4123948.jpg

(膝が何気に破れているズボン … 苦笑)

それぞれの、足元。
by yayoitt | 2011-02-25 03:56 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(2)
おっかさんの靴下から想う
おっかさんのお葬式のあと、まだDundeeを訪れていない。

彼女が遺(のこ)していってくれたものは …

たった一つだけとお願いした、ネックレイスと

袋いっぱいのフリース生地の靴下

そして、両手からこぼれるほどの思い出。

冬の間、大切に重宝して使わせていただいた靴下。

おっかさんが履いた靴下たち。

おっかさんの尖った爪先を覚えている。

彼女の両足が動かなくなってから、硬くなってとんがったまま。

血液の循環が悪いから、夏でも足先は冷たかった。

その両足を包んできた靴下は …

まるで真新しいほどに、汚れがない。

何度も何度も洗濯はされていることがわかるけど。

足の裏の汚れが、まったくない。

私が数回はいた後は、うっすらと汚れている。
c0027188_3491570.jpg

その、綺麗なままの靴下を見ながら思い出す。

10年間、一度も土の上、床の上に立つことがなかったおっかさん。

彼女の足の裏は、それまでの役割の大部分を失ってしまった。

おっかさんの、硬くなって曲がったままの足先。

それを柔らかく覆ってきた靴下たち。

今、私の冷えやすい足を温めてくれている。
by yayoitt | 2011-02-24 01:19 | 英国暮らしって... | Comments(2)
ボンジュールムッシューノーマン
タコちゃんの携帯電話のメイン画面には …
c0027188_3504769.jpg

この、ノーマンがいる。

ノーマンが大好きなタコちゃんが、設定してくれている。

そのタコちゃんに、一昨日の夜、写真を送った。

フレンチノーマン。
c0027188_3511292.jpg

ベレー帽をかぶったノーマン。
c0027188_351307.jpg

私には、フランス語の知識がない。
c0027188_3514824.jpg

 おお~シャンゼリゼェ~~♪  

そんな歌も、日本語だし。

モンマルトルの丘に集まる画家たちとか …

エッフェル塔とか …

凱旋門とか …

マリーアントワネットだとか …

リボンの騎士とか … (これって、フランスが舞台なのか?)

ありきたりのことしか、うっすらとしか知らない。

フレンチトーストを、本当にフランス人が食べるのかも知らない。

写真を受け取ったタコちゃんは、とっても喜んでくれた。

喜んでもらえたのが嬉しい私は、歌うのである。

 おお~シャンゼリゼェ~~♪

 お~~シャンゼリゼェ~~ たらりたらりたらりたらり~

 たらりらたらりらシャンゼリゼェ~♪

by yayoitt | 2011-02-23 03:46 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(24)
動物のエッチングの魅力
  
エッチング : 銅版を防食剤で一面にコーティングした後、
        ニードルで線描し、酸に浸して腐食させる技法。
        ニードルで防食剤を剥がした部分だけが浸食され、
        それが版の凹部となる。
        最後に防食剤を洗い流して版が完成する。
 

中学校で試したことがある。

剣道部だった私は、籠手(こて)を描いたのだった。

幾つもの線から出来上がる感じが、とても好きだった。

今日、友人に送るものを選んでいて出会ったカード。
c0027188_4441633.jpg

Sonia Rollo という女性のエッチング。

エッチングで浮かび上がる動物たちが、生きている。
c0027188_4465821.jpg

動きがある。
c0027188_4471713.jpg

無数の線が、鼓動を呼び覚ます。
c0027188_4474374.jpg

その姿や表情に、心を奪われた。
c0027188_4481670.jpg

犬やウサギや、鳥のエッチング。
c0027188_448326.jpg

様々な角度から、的をしぼって描かれる。
c0027188_4491179.jpg

今にも、動き出しそうな動物たち。

そこに、彼女の愛情を、感じ取る。
by yayoitt | 2011-02-22 04:49 | 愛する動物のこと | Comments(14)
うっかりと不器用は、母譲り
結婚して親になってる姪っ子や、姉たち。

彼女らと共に集まると、いつもアルバムを開く。

 うっわ、やっこちゃん、真っ赤なほっぺやん 

 そうやよ、リンゴみたいで可愛いやろ? 

 やっこちゃん、なんか、お洒落なズボン履いてんな 

 ちゃうわ、これはな、パンタロンっちゅうんやよ 
c0027188_5403561.jpg

多くはないけれど、幾つかの保育園の時の写真。

その中に …

 あれ? これは? 

と思うものが幾つかある。
c0027188_5411027.jpg

ひとつは …

 遠足に行く時の写真で、女の子と男の子が二列に並んで歩いてる 

私は、恥かしそうに、でも微笑んで男の子と手を繫いで歩いている。

その前後、どの男の子と女の子も、手は繫いでいない。

 早々と、男好き? 

私は、白いタイツを履いている。

上は、スモッグを着ている。

しかし … スモッグの下に、スカートがない 

どう見ても、スカートを履いていない。

バレリーナの男の人っぽい。

 母ちゃんよ …

 スカート、履かせ忘れたね?
 

もうひとつは …

 保育園のプールで、水嫌いの私はプールサイドに立ち竦んでいる 

後姿の私は、髪を二つに分けてしばっている。

その髪が … 七三分け

片方は、髪の毛数本だけがしばられている。

もう片方は、大量の髪の毛がしばられている。

 母ちゃんよ …

 髪の分量、間違えたね?
  

その頃、30代後半であった母を思う。

そして、40代前半の、今の自分を思う。

 忘れっぽい、おっちょこちょいと、手の不器用さは …  

 母ちゃん、あんた譲りだねぇ …

 もしや、知らないところで、男好きも??


春に日本に帰ったら、この写真、持って帰ってこよう。
by yayoitt | 2011-02-21 05:05 | 思い出 | Comments(8)
それでも、熊の胆汁を …
漢方薬 熊の胆(クマノイ) という名を聞いたことがありませんか?

もしくわ 熊胆(ユウタン) とも言います。

これは、胃のもたれや二日酔いの薬として日本でも多く使われます。

胆汁の流れを良くするとして …

ウルソデオキシコール酸が様々な薬に使われるのです。

この漢方薬の為に使用される熊に現実とは...


                中国の場合

いわゆる胆汁を採集される為に狭い檻の中で一生を過す熊達。
c0027188_661721.jpg

その腹部は切開されて穴が開き、そこから胆嚢に届く
カテーテルが挿入
されています。

身動きの殆どとれない熊の腹部からは、数センチのカテーテルが
突き出しています。

その先に取り付けられるプラスチックのバッグは、熊の腹部の周囲に
永久的に取り付けられた金属のハーネスに繋がれています。
c0027188_5403348.jpg

そのバッグに、少しづつ少しづつ、人間の薬となるべく胆汁が溜まります。

傷口は開放してありますが、すぐに塞がってしまうので、
一日に1~2回は傷口を開きます


この方法は余りにも非人間的で残虐と言うことで、
新しい方法へと変える方向へと向けられましたが、今も尚、
殆どの熊牧場では、この方法が取られています。

その状態の熊の数、2004年の時点で …
確認されたのは8つの牧場、熊の数は 4793 頭でした。 
c0027188_5463585.jpg


                韓国の場合


韓国では、生きた熊からの胆汁採取は違法とされています。

その為、商業者は熊を繁殖させて、客の目の前で屠殺(とさつ)し、
胆汁の真実性を示します


近年まで韓国では、牧場主が殺してもよい熊の年齢は24歳だったのですが、
牧場の熊はそこまで長生きするものは稀な為、2004年に、
政府はその熊の年齢を10歳に引き下げました。

それだけ胆汁商売を広げることが出来る為です。
c0027188_5465690.jpg


                ベトナムの場合


もっとも一般的な方法は、超音波で胆嚢が何処にあるかを見極め、
長い注射器を腹部から刺し入れて、胆嚢を破裂させます


流れ出た胆汁は注射器からサイフォンの原理で外に集められます。

これを何回も繰り返すのですが、その間に、殆どが
腹膜炎を起こして死亡してしまいます。


… この熊たちは、身体、精神的にひどく苦痛を受けます。

この胆汁業に使われる全ての熊が、精神、身体トラウマ症状を示します。

痙攣を起こすもの、歯軋りをするもの、檻を必死に噛むもの …

そして手術や胆汁採取の間は苦しみの為にひどく辛がり、大声で叫びます。

また、ある熊たちは、その手術や胆汁採集の後、丸くなってうずくまり、
震え、穴の開いたおなかに手を当てていると報告されています。
   
c0027188_5472985.jpg

IFAW や WSPA で訴えています。
c0027188_664735.jpg

WSPAからの抜粋を私なりに訳させて頂きました

消費者の多くは、私たち日本人。

私達の食べ過ぎ、飲みすぎの胃のもたれの為に、犠牲になる命。

消費者がいる限り、彼らをオリから出すことはできません。

それでも、熊の胆汁が、必要ですか?
by yayoitt | 2011-02-20 05:47 | 愛する動物のこと | Comments(13)
早飯賦 (ノーマン早春賦)♪
日本の好きな歌のひとつ

早春賦(そうしゅんふ)

 春は名のみの 風の寒さや
 谷の鶯 歌は思えど
 時にあらずと 声も立てず
 時にあらずと 声も立てず

 氷融け去り 葦は角ぐむ
 さては時ぞと 思うあやにく
 今日も昨日も 雪の空
 今日も昨日も 雪の空

 春と聞かねば 知らでありしを
 聞けば急かるる 胸の思いを
 いかにせよとの この頃か
 いかにせよとの この頃か
 

春とは言うけれど、風が冷たくウグイスはまだ鳴くべき時でなく …

氷は融け去ったのに、空は雪空 …

春だと聞いたばかりに、胸が騒ぐ …

けれど春はまだもう少し遠きにある …

散歩をしながら、まさに今が、そんな時期だと口ずさむ。

丘に登れば、少し感じる
c0027188_535388.jpg

名のみの風の冷たさを
c0027188_5353172.jpg

雪は融け去り、草木が少しづつ青くなっているのに
c0027188_5363330.jpg

スノードロップも咲いているけれど

最果ての道に吹く風が冷たい
c0027188_5373490.jpg

だけど、確実に感じる春でもあることを

知ってしまった今は、胸が騒ぐ
c0027188_5382829.jpg

待つ春は、遠し

待つ春は、彼方に思えし

 さぁ、夕ご飯が待ってるよ、あの家に帰ろう 
c0027188_5395378.jpg

そこでノーマン、謳い出した。

 ご飯と聞かねば 知らでありしを
 聞けば急かるる 胸の思いを
 いかにせよとの この頃か
 いかにせよとの この頃か
 

いや、あんた、ご飯って聞かなくても、いっつもご飯のこと考えてるよ?
by yayoitt | 2011-02-19 05:19 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(0)