「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
紅茶 の裏で苦しむ動物 … 新しい一歩へ
人間の為に、犠牲になる動物の命は限りなく …

毎日、普通に使う もの のできる過程で、命が犠牲になる。

犠牲になる命は、痛み、苦しみ、時間をかけた死を強いられる。

逃げどころは … ない。

 まさか、こんなものの為に 

と思う商品の裏にも、そんな動物の悲劇が強いられている。
c0027188_5431851.jpg

そして今、ひとつの 悲劇 が幕を閉じた。

全世界から多くの人々の声を集め、それは終結した。

(以下の文章は、英語を私なりに訳させて頂きました)

 全世界の4万人以上の人々の行動によって。

 Lipton (リプトン)や PG tips などの大手紅茶会社。
c0027188_5414642.jpg

 これらの会社が 不必要な動物テストを終結すること に賛同。
c0027188_542832.jpg

 大手のお茶会社の裏で行われて来た動物を使用した実験での行為 …

 ― ネズミの腸に穴を空け、お茶成分を喉に通したチューブから送る 
  
 ― 仔豚を大腸菌に感染させ、生きたまま腸を開いて切り分ける 

 ― ネズミを窒息死させる 

 ― ネズミの首の骨を折って殺す 

 ― ウサギの頭を切り落とす
 

 他にも様々な方法で、動物を傷めて苦しませ、殺してきた。

 お茶の成分の効用を調べるという、目的で。

 これらの動物実験は …

 お茶を作る上で、法律上決められた実験以外のものである。

 これらの動物実験と殺傷は …

 人々の健康と食の安心を裏付ける実験以外のものである。
 
 既に、動物実験中止を提唱している会社には …

 Twinings (トワイニング)
c0027188_5423116.jpg

 そして。

 日本の 伊藤園 などがある。


伊藤園のお茶の記事参照)
c0027188_5425496.jpg

by yayoitt | 2011-01-31 03:50 | 愛する動物のこと | Comments(21)
悲しい月
やはり今年も1月は、とても悲しい月だ。

寒波に見舞われた、このエジンバラの寒空の下。

 1月の初旬 …

 ある家の庭に放り込まれた犬の死体

 スタッフォードシャーブルテリアのオスの死体

 それは推定10歳のオスで、体重は8.75㎏(平均15㎏)

 身体は尿で汚れ、おそらく狭いオリに長い間入れられていたらしい

 餓死に至るまでには、大きな苦痛を伴う

 臓器不全への道程は、身体的苦痛を伴う
 
c0027188_4113543.jpg

 2011年の新年の早朝 …

 歩道にリードで繫がれて捨てられていた犬

 ラブラドールクロスの男の子

 人々が酔っ払って騒ぐ零下、最低10時間は繫がれていたと見られる

 保護された彼は、SSPCAの職員にてLarry(ラリー)と名付けられた

c0027188_4163118.jpg

人の心を思う。

人の感情を思う。

人の考えを思う。

人のモラルを思う。

人を思う。

人とは …

じつに勝手な生き物だと思う。

こうやって、公の目に触れる命(または亡くなった命)がある。

その意味は …

闇に葬られる命が、どれほど沢山、いるか。

保護される、助けられる命は、氷山の一角に過ぎない。
by yayoitt | 2011-01-30 03:27 | 迷い犬、犬のこと | Comments(10)
ゆっくりクライド と ノーマンの鼻が見る世界
 
 夜中に雨が、降ったのかな? 

と思わせる土曜の午後。

ノーマンとクライドを連れて、いつもの平地散歩コースへ。

ローカルの小さいながらも頑張っているサッカーチーム。
c0027188_15845.jpg

夢は、プレミアム入り♪

すっかり、歩みが遅くなったクライド。
c0027188_162715.jpg

時々、立ち止まって動こうとしない。

だけど、置いてきぼりは怖いクライド。
c0027188_172564.jpg

そんなクライドを背後に残して、ぐんぐん進む。

ハトと
c0027188_174967.jpg

ノーマンが導く
c0027188_193090.jpg

一本道をぐんぐん進む。

姿が霞むくらいになると、慌てて追い駆けてくるクライド。
c0027188_185433.jpg

なのに、私が立ち止まって振り向くと …

急に歩を休めて、道端に匂いを嗅ぎに行くクライド。

 やつの視力はかなり良いと見たっっ 
c0027188_1112376.jpg

そんなクライドを待つ間 …

ノーマンは匂いを嗅いだり。
c0027188_1122137.jpg

土の壁を登ったり。
c0027188_1124033.jpg

私とマイケルが、老犬クライドに対してもつ姿勢。

 歩けるうちは、楽をさせずに今まで通りに運動させよう! 

もちろん、後ろ足がおぼつかなくなっている。

ベッドから起き上がるのに、努力と時間が掛かる。

だけど、4つ足ちゃんと動かしていないと筋肉が落ちる。

楽をさせたら間接が硬くなる。

 クライド爺、行くよっっ!! 

やつの内臓は、とっても強い!

通り過ぎる球技場。

今日は、鳥がゆったり試合をしているらしい。
c0027188_1193335.jpg

 なにの? ミミズ獲り … だな 

歩を進めると …

普段なら、子供が集う公園。
c0027188_1215491.jpg

誰もいない公園は、寂しさが漂う。

もう2年以上も、工事中のまま囲いがされた広い土地がある。

四方が塀で囲ってあるので、中が見えない。

ノーマンが、突然、立ち止まる。

塀の下の隙間に鼻を突っ込む。
c0027188_1265710.jpg

こうなると、なかなか動かない。

そこで、ノーマンの鼻がキャッチした景色をカメラに …。
c0027188_1241994.jpg

   な~る! このテイクアウエイ用のカレーかなんかの器だぁ~ 

誰かが塀の上から放り投げたんだろう。

そういう人の心理がわからないけれど …。

 こんな匂いをキャッチする、あんたの鼻も凄いよ 
by yayoitt | 2011-01-29 00:58 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(9)
犬と暮らす人の描く … 
犬の雑誌で出会った。

Lindsey Gardiner 
(リンジーガーディナー)

彼女の愛する犬は、ラサアプソーのローラとユキ。
c0027188_2584585.jpg

多分、ユキが日本語の雪と知っているらしく …。

雪の上のユキの写真には Yuki Snow と書かれてある。
c0027188_2591161.jpg

スコットランドで作品を作る若い彼女。

愛する犬と暮らす彼女。
c0027188_2533028.jpg

絵本も幾つか手掛けている。

そんな彼女は、とってもシンプルなのに愛情深い絵を描く。
c0027188_304411.jpg

それがバッグやクッションにもなっている。
c0027188_31930.jpg

c0027188_342170.jpg

そして、寂しげな …

切なげな …
c0027188_345966.jpg

甘いような絵を描く。
c0027188_353687.jpg

また、素敵なアートに出会えた!
by yayoitt | 2011-01-28 02:33 | やっこのグッズ | Comments(6)
誰にも見られたくないけど ・・・ 現実かぁ
木曜の夜9時、いわゆるゴールデンタイムのテレビ番組。

Turning Japanese
(ターニングジャパニーズ 日本人になる) 

3つのシリーズからなる番組のエピソード1。

英国人コメディアンが日本へ行き、色々な文化を体験。

エピソード1は … セックスに関する産業のことが主

― 男性用ブラジャーやキャミソールを売るオンラインショップ 

― 出会いを求める男性の為の、マナーや笑顔作りコース 

― 歌舞伎町は、女性の為のホストクラブ 

― ラブドール(日本語ではダッチワイフ)を売る店、作る工場 

私はこの番組を、ある男性から教えてもらった。

動物病院のクライエンツである彼は、以前に訪れた日本の大ファン。

ある朝、彼から病院に電話があって …

 木曜の夜9時に、日本のドキュメンタリーがあるよ 

と教えてもらった。

 うわぁ~、日本のどんな部分を見せてくれるんだろう~ 

と楽しみにして待った夜。

番組の始まりは …。

あるお店で、色々な風味のアイスクリームを食べるコメディアン。

そこでは、牛タンアイスやイカアイスなどなど、多数のアイスが。

通訳の日本人女性が、答えていた。

 美味しくないからこれは、遊びで食べるんです、楽しむ為に! 

この時点で、一緒に番組を見始めたマイケルが席を立つ。

私も、なんとなく 嫌な予感 が湧き上がる。

でも、日本の色々な景色とか、現代の現実が見たい。

次に訪れたのは、男性用のブラジャーやパンティーを売る店。
      (↑ でも、フリルなどが付いた装飾はあくまでも女性用)

つまり、自分で女性用の下着を着けて喜ぶための物なのだそう。

これを着けることで、ストレスの解消をするのだと、説明されていた。

ホストクラブでは、コメディアンが、一晩ホストになって学ぶという。

とても若くて綺麗な女性客が、1人でソファーに座っている。

彼女は 誕生日の夜だからここで過ごしているの だと。

私が知る日本ではない部分が、実は沢山ある。

それは、田舎と都会で大きく違っても来る。

ことに、セックス産業は、思いがけない発想で新しいものを作り出す。

この番組の中で、私が一番、息を呑んでしまったのは …

 Love Doll(ラブドール)

 ラブドールとは … ダッチワイフの一種で、男性の性的欲求を
           満たすための等身大の女性人形
c0027188_2195669.jpg
 
これを売る人、作る人、買っている人、それぞれのインタビュー。

工場で発注を受けて作る人の話の中で。

ラブドールの中に、どう見ても 子供 の人形があることが紹介される。

小さな子供のラブドール。

その目的は、性的行為。

コメディアンが尋ねる。

 これは小児性愛者に対して、その行為を援助することにはならない? 

工場の男性が答える。

 二通り、あると思う …

 確かに、児童性的虐待はしてはいけないことだけれども …

 このラブドールを使うことで、実際に子供に手を出さない人と …

 反対に本当の子供に興味を持ってしまう人と ……
 

英国で、児童性的虐待は、重い罪に問われる。

自宅のPCに、赤ん坊や子供の性的目的の写真を集めることも罪となる。

また、一度 小児性愛者 とレッテルが貼られたならば …

その名前は、ブラックリストから一生、外されることはない。

一般市民が、そのブラックリストの一般公開を要求したこともある。

そういう国で、日本の、幼女ラブドールの話を聞く。

なんだか、驚愕というよりも、すっかり心が塞いでいるのがわかる。

日本の、セックス産業は、その発想と数の多さからなど、世界的に有名だ。

けれど、児童性的虐待の部分は、正直、閉口してしまう。

今更ながら、日本の 性的同意年齢が13歳 というのにも、少し驚く。
         (英国は、16歳)

1時間の番組を見終わった私の、最初の言葉。

 はぁ~ (これは溜息)

 どうか、誰も見ていませんように! (同僚や日本人以外の知り合い)

そう言ってから、なんとなく、すっきりしないものを感じる。

 でも、これが現実

 これが、そのままの姿

 もちろん、少数ではあっても、日本の一部分!!
 

がっくりしたけれど、見て良かった。

驚いたけど、知って良かった。

翌日の朝、同僚に尋ねられた。

 昨日の番組、どうだった? 

ギクっとしながら、問い返す。

 え … 見た? 

 ううん、あのコメディアン嫌いだから、見なかった 

 うわぁ~~~、見なかったんだ! 良かったぁ~~~ 

同僚がにやりと笑いながら

 ふふふ それが感想ね 
by yayoitt | 2011-01-27 00:44 | 遠くにて思う日本 | Comments(9)
ほっほう~ 13年っっ
同僚の看護師の彼女に言った。

 今夜はね、マイケルと食事に行くのよんっっ 

(マイケルの叔母さんから頂いた食事券が使えるピザレストランだけど)

 へぇ~ そうなの~ 

 うんうん、今日は、結婚記念日でさぁ~ 

 うわぁ~、13年目だねっっ 

 え?  

 え? 

 12年じゃないっけ? 

って、何故に本人が他の人に尋ねるのか?

 そうだよ~ 13年だよ
 だって、私が3年目、やっこが13年、フィオナが23年だから
 

同僚2人と私の3人は、結婚してからの年数がちょうど10年づつ違うのだ。

と。

すっかり結婚してどれくらい経つのかもあやふやな私。

仕事が終わったその足で、Pizza Express へ。 

まだ6時なのに、すっかり暗い街を抜け ・・・
c0027188_6281399.jpg

レストランの前で立って待っているマイケルと合流。

 ねぇ、マイケル、何年目の記念日か覚えてて? 

 うん、13年っっ 

 ふっっ
(鼻で笑う)

 そうよ、13年でしてよ ちゃんと覚えてたわね 

と、自分がすっかり12年と思い込んでた事実には、そ知らぬ顔。

ワインとダイエットコークで乾杯して。
c0027188_6292154.jpg

美味しいピザを、ぺロっと。
c0027188_629096.jpg

普段の何気ない会話だけど、外食というだけで心地良い。

記念日なんて意識したら、ちょっと照れ臭い。

年甲斐もなくな。

北風が出て、寒くなってきた帰り道。
c0027188_6305948.jpg

家に着くと、出迎えてくれる愛おしい子たち。
c0027188_6324279.jpg

この子達に …
c0027188_633443.jpg

ノーマンに …
c0027188_6332755.jpg

巡り会えたのも。
c0027188_6334655.jpg

マイケルと出会った時から決まってた。

巡り会ってくれて、あんがとな。

一緒に居てくれて(飽きずにな)、偉いなぁあんがとうなぁ。

そんな13年目の始まりの日。







 
by yayoitt | 2011-01-26 06:13 | 国際結婚って... | Comments(30)
上下左右で縛られる
Jinxジンクス 

ジンクスとは … 

 縁起の悪い言い伝え
 生活に密着した教訓・習慣・法則の一つ
 科学的根拠に基ずかず、経験に基ずき唱えられることが多い
 

忌み嫌われる数字だとか。

第9番目の交響楽の呪いとか。

黒猫が目の前を横切るだとか。

さまざまなジンクスがある。

一般的に言われるジンクスに加えて …

その人その人が、それぞれに作り出した、思い込むジンクスもあるだろう。
c0027188_5161285.jpg

私も、それがある。

そして、それに縛られている。

 バカバカしい … 

と思いながらも、それに逆らえないでいる。
c0027188_5164340.jpg

私の作り上げたジンクスとは …

 生活の中で、右左.上下などの順番、並びを変える  

というものである。

例えば …

 ☆ 靴を履く時は右足から入れないといけない 

 ☆ 皿を積み上げる順序なども同じでないといけない

 ☆ いつも外出に着るコートは、右端でないといけない

 ☆ ズボン、パンツは右足から入れて履かないといけない

 ☆ シーツの上下や裏表が間違ってはいけない

 ☆ 枕カバーの口は、内側を向いていないといけない
  (ダブルベッドの、マイケルと私の枕カバーの口が内側であること)

 ☆ 歯磨きの時、必ず左上顎から磨かないといけない 

などなど …。
c0027188_517381.jpg

これは全て、普段からの習慣となっていること。

習慣にしてしまったこと。

つまり、その 普段の習慣を崩す ことがジンクスなのだろう。

いつもやっていることを、たまたまその通りにしなかった … 

それは一日中、私を苦しめ、怖がらせて心配させる。

もしも、何か嫌なことがその日に起こったりしたら … 

自分がその日に、普段と違うことをしてしまったのでは? と疑う。
c0027188_5174272.jpg

それに縛られる。

上下左右、並びや順序に縛られる。

こういう感情って、いつから生まれたのだろう?

このルール、法則を自分の中で作り上げたきっかけって何だろう?

自分のことなのに、説明の付かないこと。

説明できない不安、恐怖。

きっと、人にはそれぞれ、似たり寄ったりの それ があるはず。

バカばかしいのに、それを打ち破ることができない それ

 あなたのジンクスって、ありますか? 
by yayoitt | 2011-01-25 03:43 | やっこは、こんな人 | Comments(14)
素敵過ぎて使えないトレー
新聞や雑誌の、ふとした物や絵に、一目惚れすることがある。

今日も …

ケネルの掃除をしながら …

ステンレスのケネルを消毒した後。

乾いたステンレスの上に、新聞を厚み厚く広げていたとき。

ふと、目に付いた。

そして、釘付けになった。

こんなトレーに。
c0027188_4154538.jpg
c0027188_4161114.jpg
c0027188_4164338.jpg
c0027188_417243.jpg
c0027188_41726100.jpg

あぁ … 

なんて素敵なんだろう …

でも、この上に、あっつい紅茶とか乗せられないなぁ
 
by yayoitt | 2011-01-24 03:54 | やっこのグッズ | Comments(9)
ノーマンのお宅訪問と驚き麻婆豆腐(マーボー豆腐)!
日曜の午前11時。

約束どおりに、友の家へ。

歩いても10分ほどの彼女の家。

でも、今日は …

ノーマンを連れて。

マイケルもゴルフに出掛けて留守の今日。

よりゆっくりと過ごせる為に、ノーマン連れでお願いした。

優しい友は、快く了解してくれた。

水を入れるボールと、小さなブランケットを1つ持って。

最初は何度も何度も部屋を探検して廻るノーマン。
c0027188_3215482.jpg

何も食べる物が落ちていないことがわかると、ソファーの私達の元へ。

私に、2度ほど 自分のベッドに行きなさい! と叱られながらも。

ノーマンは、友のもとに …

そして、ソファの優しい友の隣に飛び乗り。
c0027188_3232586.jpg

 私はぜんぜん、良いからぁ~

と言ってくれる友にくっつくノーマン。

友がお昼を作ってくれているということで …。

席を立って準備をしてくれた。
c0027188_3353757.jpg

手際よく
c0027188_326521.jpg

テキパキと
c0027188_3263124.jpg

あれよこれよと

私の為に工夫してくれたお昼ご飯は …

麻婆豆腐!! 
c0027188_3291513.jpg

なんと、挽き肉の代わりに 玄米茶に入っている玄米 を使い。

これが、良い!! 挽き肉っぽい! 

出汁も、昆布で作ってくれた。

白いご飯にぶっかけて頂いた麻婆豆腐は、絶妙に美味だった。
c0027188_332513.jpg

色々なことを語り …

未来を語り …

今夜を語り …

明日を語り …

過去を回想し …

時には涙を浮べ …

時には腹を抱えて転げ …

そんな日曜の浅い午後は、幸せに過ぎたのである。
by yayoitt | 2011-01-23 03:08 | 英国暮らしって... | Comments(18)
変わる こと 変わらぬ こと
ちょうど、読み終えた小説。

宮本輝 の 異国の窓から 

Walhalla Temple(ヴァルハラ神殿)を再度訪れた作家。

この神殿は、ドイツはバイエルン州レーゲンスブルクの東、
ドナウ川岸の丘にある新古典主義の建築である。
c0027188_113945.jpg

初めて訪れたとき、作家はこう語っている。

 私は、ヴァルハラ神殿の回廊から眺めた眼下の風景以上に美しいものを
 
 まだ目にしていない
 

強度の不安神経症の発作と戦いながらの旅路。

そして、数年後に作家は再びに、神殿の回廊へ戻るのである。

 ヴァルハラは、4年前と少しも変わっていませんでした

 樹木の匂い、静寂も、ある種の怯えをもたらすほど変わっていないのです
 

そして、作家は続ける。

 ひたすら様変わりする風景と時代の中で生きている我々は、

 何ひとつ変化しないということに恐怖を感じなければならぬ

 そして、変化を拒否する悠然たる風景に身を置いて、

 目に見えない自分自身の変化とを照合しなければならぬ
 

変化のないもの、人が手をほどこさない自然や野生 …。

それは、やはり人にとっては畏れ多いものである意味がわかる。
c0027188_1133459.jpg

そして、作家は思い出す。

 ある人が、こう言いました

 _ 人生は、良いほうへ変わっていくか、悪いほうへ変わっていくかの

   どちらしかない

   だが、その速度がゆるやかであるため、自分がどっちのほうに

   変わったのかがわからないだけだ

   そして多くの人々は、自分の人生がこのままずっと

   変化しないと思っている

   それこそ、人生における大いなる錯覚である _
  

人は確かに、短い人生の中で、いつも変化を期待している。

できたらそれが、目に見える速度での変化であることを望む。

目に見えた変化のないものを、蔑み、侮辱する意識すら持っている。

ゆっくりと時間をかけて変化していることは、受け入れ難かったりする。

そしてまた、常にゆっくりと変化していることを、信じられずにいる。

作家が、この本の中で零す言葉は目と息を止める。

大平原に、ぽつんぽつんと樹木が見えるのを見て、こう言っている。

 それぞれは、じつに見事な姿で存在していた

 どの樹も、「俺は俺だ」と語りかけてくる

 …… 俺は、俺らしく枝を繁らせ、根を張るのだ

 冬の風や雪で、まっすぐに伸びる筈の枝が歪んでも、

 その歪みはやがて俺という樹に独自の風情をもたらすであろう

 これまでもそうだったし、これからもそうであるに違いない

 長く伸びた樹も、斜めに歪んでいる樹も、みな堂々とそこにあって、

 ゆるぎがなかった






 
by yayoitt | 2011-01-22 00:30 | Go Go Girl | Comments(8)