「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ぽんぽこやーじゅ
日本に、帰ります~~~~

おいっっ 日本列島、待ってろっっ

そんな、感じです

あ、いや ・・・

おいっっ 日本列島、待たせたなっっ

そんな、感じかな?

というのは冗談ですが ・・・

泣くほど待ったのは ・・・

何を隠そう、この私自身

はっはっは

では、3週間弱、日本列島を満喫してきますっっ

日本の街角、どこかで ・・・

 こいつは、素行が怪しいぞ

という女を見かけたら ・・・

それはきっと、私でしょう~~~~~

こわごわ、声をかけてくださいっっ

では、行って来ます!!!

キウイが飛ぶ~~~~~~~~~~!!!

飛べなかった自分に、ボンボコヤージュ(ボンヴォヤージュ)!!

 ☆ 皆様、↓ お返事ができなくてごめんなさい

  ありがたく、読ませていただいています、感謝しています

  ありがとうございます ・・・ ちゅっっ
 (← 皆さん、よけてっっ!!)
by yayoitt | 2010-04-23 02:38 | 遠くにて思う日本 | Comments(10)
泣きっ面にぶちゅ 
現在、木曜の夜9時。

エジンバラのフラットから、ネットに向かってる私。

取り直した木曜日フライト ・・・ そう、飛びませんでした。

今朝の6時5分発、アムステルダム行きが飛びませんでした。

今日から、KLM(オランダ航空)の飛行機はすべて平常運行 ・・・

な   

の   



朝一番早い、私の飛行機だけが 

キャンセル

でした。

何故かというと ・・・ 飛行機の準備ができなかったようです。

つまり、飛行機をエジンバラ空港に送る時間がなかったようです。

一日中(仕事の間以外)、マイケルに頑張ってもらい ・・・

金曜のフライトは、お金が倍以上で諦め。

木曜のアムステルダムまで他の飛行機は、予約状況から無理。

絶対、飛べるであろう 土曜のフライト に予約しなおしました。

ということで ・・・

昨夜は、絶望にだだ漏れながらも、土曜フライトが取れて少し笑い ・・・

疲れ果てて、お休みの前に ・・・

ノーマンに 優しいキス をしてもらい ・・・

(マイケルじゃないのかよ~~~~ )

泣きっ面に ぶちゅ 

で収まった次第です。

 応援下さった皆様、励ましてくださった皆様、
 本当に本当にありがとうございます!
 3度目の正直で、今度こそ、帰りますからっっ!!
 色々と、ご迷惑をお掛けしてすみません
 皆様の心強い言葉に、どんなに支えられたか!!
 もう、土下座しかないほど、感謝しております


ちなみに ・・・ マイケルは、今週ずっと私のことを ・・・

キウイ と呼んでいる。

 飛べない鳥 だから

だって。
by yayoitt | 2010-04-22 04:55 | 遠くにて思う日本 | Comments(28)
百舌鳥(もず)のはやにえ
1度だけ、それを見たことがある。

私が通う中学校は、大きな川の傍にあった。

剣道部だった私は、学校の横の長く伸びた堤防でトレーニングをしていた。

秋の頃だったと記憶する。

息を切らして走っている時、ふと、木々に目が行った。

はじめは、それが何かよくわからなかった。

足を止めて、その木の枝に近付き、思わず叫び声を上げた。

カエルや、大きな虫のようなものが、枝の先に突き刺さっていたのだ。

 誰が、こんなことをしたんだろう ・・・

部活の同級生や先輩も集まり、皆がうめき声をあげる。

その光景は、まるで悪夢のように、ずっと脳裏に焼きついていた。

つい、最近になって、それが何であったのかが偶然にわかった。

 百舌鳥のはやにえ

そういう鳥がいることは知っていたけど、百舌鳥の行動のことは知らなかった。
c0027188_4392539.jpg

 百舌鳥(もず)のはやにえ :

 捕えた獲物を、木の枝に突き刺したり、木の枝股に挟む行為
 何の為に行われるかは、わかっていない
 はやにえを、後でやってきて食べることもあるが、そのまま放置することが多い
 本能的に、積雪量を感知し、はやにえを雪に隠れない位置につくる
 そんな説もあるが、はやにえ自体の理由は不明


自然の神秘は、やはり人間の頭では、理解することはできない。

百舌鳥(もず)と言えば ・・・ もう1つ、思い出すことが。

どこか寂しげな、子供の頃によく聞いた ・・・ あの歌。

 誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが 見つけた
 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 見つけた
 目隠し鬼さん 手のなる方へ 
 澄ましたお耳に かすかにしみた 
 呼んでる口笛 もずの声
 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 見つけた


あの秋の夕暮れに、聞こえた口笛も ・・・

百舌鳥の声だったのだろうか?
by yayoitt | 2010-04-19 04:20 | 愛する動物のこと | Comments(40)
人はパニックに陥ると ・・・ 狂うらしい
現在(英国時間11AM 日曜日)の状況。

英国を含むヨーロッパ各国(イタリアなども)の空港が閉鎖中

アイスランドの火山は、その勢いを和らげる様子もなく

世界中の人々やビジネスに大きな影響を及ぼし続けている

イースターホリデーで海外に出掛けた人々は、知らない土地で足止め

ヨーロッパ大陸に出掛けた人は、電車や船に変更して移動


 いかだ ・・・

 紙飛行機 ・・・

 どこでもドア ・・・

そんな有難いアイデアを友から頂いた私は、と言いますと。

いかだも、紙飛行機も、どこでもドアも、実質的な問題にて泣く泣く却下。

木曜日フライトを取り直した。

木曜まであと4日、約90時間。

その間に、何かが変わるのかどうかもわからないけれど。

今はただ、待つしか、祈るしか ・・・。

金曜日に完了させた荷造りはそのままで、木曜を待つだけ。

 それにしても、昨日は長い長い1日だったぁ ・・・

早朝のニュースで、空港閉鎖の確認をしてからの長ぁい1日。

不安や緊張、驚愕とか落胆も、度を越えるってことはあるもので ・・・

平常でも 言いまつがい の多い私は ・・・

メールや電話で友や家族と話しながら ・・・

 もうねぇ、何もかも むりごちゅう でさぁ~

(私の頭の中では 五里霧中 )

 こればっかりはねぇ 天を運に任せる しかないよなぁ~

(私の頭の中では 運を天に任せる )

間違いに気が付き、苦笑しながらも ・・・

 あれ? 

 天を運に任せる は今回の状況の場合、間違いでもないかな?


などと思うのであった。

 ☆ 皆様へ ☆

皆様からの励ましの言葉、心強い言葉など本当にありがとうございます
また、心配してくださり、電話やメールを下さった方々、感謝しています
どうも、ありがとうございます!!

by yayoitt | 2010-04-18 19:13 | 遠くにて思う日本 | Comments(25)
日本行き 延期へ
皆様へ

力強い励ましの言葉、本当に本当に、ありがとうございます!
お返事が遅れていて、申し訳ありませんが、追々!!


現在の状況

昨夜は一旦、晴れたスコットランド上空、再び今朝になって噴煙に包まれた様子。

エジンバラ空港は本日、閉鎖となりました。

アムステルダムのスキポー空港も閉鎖です。

本日、エジンバラからスキポー、スキポーからソウル空港へと飛ぶ予定でした。

現在は、航空会社、旅行会社に連絡を取って(これがもの凄く難しい)
新たにチケットの予約をし直しできるように悪戦苦闘しています。

予定通りには帰れなくなりましたが、来週中に、数日遅れで帰れますように。

また、日本からこちらに帰って来れないタコちゃんや ・・・

世界中で滞りを強いられている人々のことを思います。

by yayoitt | 2010-04-17 15:55 | 遠くにて思う日本 | Comments(16)
日本に帰れないかも知れない??
18日の土曜、正午過ぎにエジンバラを経つ予定なのですが ・・・

 昨日、アイスランドで火山が爆発。

 その噴煙が風に乗り、スコットランド上空を覆い、現在はUK全体を覆っています。

 今朝から、スコットランド全部と北イングランドの空港は閉鎖。

 噴煙はヨーロッパに広がりつつあり、現在、アムステルダム空港も閉鎖。

 噴煙が飛行機のエンジンに入り込むと、エンジンを故障し、とても危険。

 この噴火と噴煙は、いったい、どれくらい続くかもわかりません。

 今のところ、明日の夕方までの飛行機は全てフライト中止。

 明後日の土曜の状態は、その時間近くならないとわからぬ状況です。

 大阪到着から、会う予定の友人、翌日に一緒に飛騨の祭を見に行く友人。

 それぞれの方々にメールを送りますが ・・・

 ただただ、飛行機が予定通りに飛ぶことを祈るしかありません。

 飛ばなくても、せめて数日の遅れだけで、日本に帰れますように ・・・

 以前から計画を立て合い、とても楽しみにしている友よ、家族よ ・・・

 迷惑がかからずに、予定通りに、会えますように ・・・

 それぞれの方々には、メールで状況を伝えに行きます。
c0027188_3105718.jpg

by yayoitt | 2010-04-15 03:01 | 遠くにて思う日本 | Comments(32)
朴の木(ほおのき)の話
その朴の木は、私がまだ幼い頃にやって来た。
c0027188_440488.jpg

山菜を取りに出掛けた母。

その日は、なかなか山菜が見つからずにいたと言う。

がっかりして、殆ど空の編みカゴを提げて帰ろうとした時。

丈の低い、小さな木を見つけた母。

 収穫がないから、それでも持って帰ろう

と、思ったそうで。

根っこから小さな木を摘み取り、家に持って帰ったのだと。

そして、家の裏庭に植えたんだって。

それは年々、太くなり、大きくなり ・・・

大きな葉を広げ、春には顔くらいもある大きな白い花を咲かせ。

立派な朴の木になった。
c0027188_4403932.jpg

私の、裏庭の記憶には、いつもこの朴の木がある。

落とした大きな葉で、母が朴葉寿司を作ってくれたこともある。

皿の代わりにもなるほどに、大きな頑丈な葉。

去年も、同じように堂々と立つ朴の木を見上げていた。

先日、母と話をしたとき、彼女がこう話してくれた。

 ここ数年、大きくなりすぎた朴の木が、隣の家に影を作ったり

 隣近所に葉っぱを落として、迷惑をかけて来た

 本当に哀しかったけれど、仕方がなく、朴の木は切ったんだよ


軒先から、それだけ首を高く空に伸ばしていた朴の木。

もう、伸びることも、葉を落とすことも、花を咲かせることもない。

寂しげに母が続けた。

 もしも私があの時に、あの小さな木を持ち帰りさえしなかったら

 あの朴の木は、山の中で伸び伸びと葉を茂らせて暮らし続けたんだろうに

 ほんとうに ・・・ 可哀想に ・・・


母の傷心は、痛いくらいによくわかる。
c0027188_4411082.jpg

決して豊かではなかった頃、子供の声は賑やかで ・・・

その子供が1人、また1人と家を出て ・・・

時々に、小さな子供を連れて帰り ・・・

両親2人は、変わらずに毎日を送り ・・・

そして家に戻った者が、朴の木の下に立って、空を見上げた ・・・

朴の木は、40年近くも、私達の家族を見続けてきた。

静かな時を、賑やかな声を、耳を澄まし続けてきた。

もうすぐ、その朴の木に会えるけれど。

空を見上げる代わりに、裸足になって、その根っこを感じてみよう。
by yayoitt | 2010-04-14 04:05 | 遠くにて思う日本 | Comments(14)
スターという名の、傷だらけの熊
WSPA より ・・・

パキスタンにて、WSPAにて保護された熊のスター。

繰り返して傷付いてきたスターは、保護施設にて順調に回復しつつある。

WSPAのサポーターによる、09年クリスマスの保護運動が幸をなし

治りきらぬ傷の上に新たな傷を負い、死んで行くはずのスターは救われた。
c0027188_425319.jpg

鼻と口の周りと、目に傷を負っていたスターは、栄養不良で痩せていた。

スターの飼い主は、スターを見世物にすることで生計を立てていた。

熊と戦うように訓練された複数の犬たちと、スターを戦わせる見世物である。

ひと月にスターは、8回もの戦いを強いられた。

もしも保護されずにいたら、スターは、傷と精神的ストレスが原因で死ぬまで
戦わされていたのである。

スターの治療は、鼻に開けられた穴に通された鼻輪を取り去ることから始まった。

数週間に及ぶ治療の結果、スターの未来は、2度と 戦い には
戻らないことが約束された。

クリスマスにスターのことを知ったWSPAのサポーターの金銭的援助が
パキスタンに、第二の保護施設を作るという多大な力となった。

元々あった保護施設は、今まで保護された熊たちでいっぱいだったのだ。


(以上、私なりに訳させて頂きました)

世界中で、熊はいつも、虐待を受け、苦しみながら死んで行く。

ある熊たちは 姿を見られただけ で熊牧場での
一生の監禁を強いられ ・・・ 日本の熊

ある熊たちは 踊る熊 として、痛みを与えられて見世物となり ・・・ インドの熊

ある熊たちは 人間の薬 の為に、肝臓に管を突っ込まれて
24時間、一生を狭いオリの中で苦痛に耐えて生きている ・・・ 漢方薬の為の熊

クマよ クマよ

人間よ 人間よ 

どうかクマを苦しめないで

by yayoitt | 2010-04-12 03:03 | 愛する動物のこと | Comments(6)
夏日和な週末の丘へ
2週間前には、吹雪いたんだったっけ ・・・

そんなことが、まるで夢のような太陽の光

誰もが半袖で歩いている

私でさえ、マフラーをしないで歩ける(笑)

そんな週末

太陽が照ると、道を歩く人々の表情が明るい

犬を見つめる目が優しい

 日照率と犯罪は、絶対に反比例するんだろうな ・・・

そんなことを考えながら登る丘
c0027188_320254.jpg

友達の都合が付かずゴルフができなかった とこぼすマイケルも一緒に
c0027188_3221586.jpg

クライドは、後ろ足を震わせながらも付いて来た

 良いぞ クライド 良いぞ 良いぞ

乾いた草では ・・・ 恒例の ・・・
c0027188_3234815.jpg
c0027188_324787.jpg

今日も沢山の観光客や
c0027188_3243857.jpg

スピリチャルを語ったり動いたりする人の集まりや
c0027188_3252892.jpg

様々な言語を話し、様々な場所から来た人々が、ここに集っている
c0027188_3262813.jpg

見下ろすエジンバラの住宅街に目を細めていると ・・・
c0027188_3271331.jpg

 来た道では嫌なんです あたくし

とマイケルを引っ張るのは、ノーマン嬢で
c0027188_329149.jpg

急な斜面を選んでくれる
c0027188_3284193.jpg

私も、ここを駆け下りるのが大好きで

いつも陽気な気分になる
c0027188_330148.jpg

 ねぇ どんなに曇りの日が続いても

 どんなに雨が降ろうとも

 どんなに風が吹き付けても

 その見上げる空の厚い雲の上には必ず

 こんな太陽と空があることを思えば

 幸せな気持ちになれるよね

c0027188_3321752.jpg

そんな週末の午後
c0027188_3324112.jpg

春と夏が一緒に来た日
by yayoitt | 2010-04-11 03:09 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(12)
やられたなぁ~ と思う瞬間
自分の失敗なのに

しえぇっっ してやられたぁ~

と思う

そんな瞬間

 トイレに行って

 パンツを下ろして

 便座に座った途端 ・・・

 しえぇっっ~~

 旦那が用を足すのに、便座の椅子を上げたままだったのに気が付かず

 直接、便器のふちに座った


こんな時
c0027188_2104362.jpg

とか

 トイレに行って

 パンツを下ろして

 便座に座った途端 ・・・

 しえぇっっ~~

 便座のフタが閉めてあるのを確認せず

 直接、便器のフタの上に座った


こんな時
c0027188_2111960.jpg

by yayoitt | 2010-04-10 02:00 | やっこは、こんな人 | Comments(12)