「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
トップ100 至上最も怖い場面 
微熱でぼんやりするけど、日中に寝過ぎて目は冴えている。

そんな夜に、こんな番組をやっていた。

100 Greatest Scary Moments 
(100 最も怖い場面)

英国のテレビ番組ではよく 最も~100 という番組が設けられる。

年末なら 09年 最も腹の立つ有名人100 とか ・・・ 笑

この 最も怖い場面100 を見ながら、マイケルと話した。

それぞれの 最も怖い場面トップ3 を。

☆ やっこ ☆           ☆ マイコロ ☆

1 エクソシスト           1 リング
2 リング              2 シャインニング
3 羊たちの沈黙           3 オーメン 

2人とも共通するのは、日本の映画、貞子のリングだ。

これは、文句なしに怖い ・・・。

なんと言っても、あの雰囲気の怖さは格別で、ある意味、美だとも思う。

 さすが、日本人!

なんて拳を握って イエイ! なんて呟いたりして。

では、英国人が選ぶ、至上 最も怖い場面トップ10 は???

1 The Shining (1980)  シャイニング
2 The Exorcist (1973)  エクソシスト
3 Jaws (1975)      ジョーズ
4 Alien (1979)      エイリアン
5 The Blair Witch Project (1998)  ブレアウィッチプロジェクト
6 Ring (1998)      リング
7 Halloween (1978)    ハロウイーン
8 The Texas Chain Saw Massacre (1974)  悪魔のいけにえ
9 The Omen (1976)     オーメン
10 A Nightmare on Elm Street (1984)   エルム街の悪夢

トップ100の中に、邦画のリングが入るのは理解できるけど ・・・。

まさか、6位に入っているとは思わなかった。

番組の中で、コメデイアンや映画監督やジャーナリストがコメントする。

 あの、雰囲気の怖さは、まさに天才だと思う ・・・

 画面の向こうだと思っていた貞子が、こちらの世界に這ってやってくる ・・・

 何よりも、あの雰囲気つくりは、美としか言いようがない ・・・


などなど。

選ばれた場面はこちら ・・・ やっこ貞子に注意!!

by yayoitt | 2010-01-31 02:03 | 英国暮らしって... | Comments(15)
惨めな見た目の魚の、惨めな生
Blobfish(ボルブフィッシュ) は 世界で最も醜い動物 と言われる。
c0027188_5474351.jpg


和名は、ニュウドウカジカ。

この、筋肉を持たない魚。

そんな彼らは、生息する オーストラリア南東にて、漁業の行き過ぎにて
絶滅の危機に瀕している


深さ800メートルでまで生息する彼らは、人の目に触れることは稀である。

しかし、同じ深海に生息するカニやロブスターと共に漁業網に引っ掛かってしまう。

深海でしか暮らせないボルブフィッシュは、その生が危ぶまれている。

オーストラリアやニュージーランドにて行われる 深海トロール漁業 の為に。

深海の底に生息する動物を一気に引き上げる漁である。

以前は、深海200メートルほどで漁業をしていたのが、今では、さらに1000メートル
近くまで手を延ばしているのである。
by yayoitt | 2010-01-30 05:10 | 愛する動物のこと | Comments(6)
ひいた風邪と寒い週末の始まり レストランに行く
やっぱり、ひいてしまった風邪。

風邪って、症状の集まりだから、ひきがけに治そうとしても無理 ・・・

わかっていても、一晩寝たら治ってるかも? と祈るように寝床に入ったりする。

けれど、朝になって、ひき始めの風邪が良くなっている例(ためし)はないわけで。

金曜の仕事を ぼんやり 終えて、帰途に着く。

今夜は、26日の結婚記念日の為のレストランに行く。

Henderson's は、ベジタリアンレストラン。

名前や噂は聞いていたけど、まだ行ったことがない。

今夜は月夜で ・・・
c0027188_43011.jpg

              空が明るい

レストランまで歩いて15分ほど。

まだ1月、エジンバラの夜は寒い、しかも風がある。

レストランは、半セルフサービスで、トレーを持って並び料理を選ぶ。

マイケルと私は、あっつ~いスープを頼み ・・・
c0027188_4324414.jpg

テーブルサービスに比べて、すぐに食事が開始できるのが良い!!

メインは、マイケルはラザニア、私はカウンターのサラダバーから。
c0027188_455518.jpg

      ってか、Myメインは、デザートのチェリーパイでしょう~
c0027188_4555241.jpg

ラザニアはテーブルまで運んで来てくれるので、それを待つマイケル。

この木杓子(目印らしい)を持って待つマイケル。
c0027188_45806.jpg

サラダバーから頼んだ私は、それがどれも冷やしてあることを忘れ ・・・

風邪なのに、身体を芯から冷やしてしまうという失敗もやらかした。

けど、美味しかったし、とても楽しかった。

2人でゲラゲラ帰る、その月も明るかった。
c0027188_502339.jpg

そして、2時間ほど空けた家に帰りつくと ・・・
c0027188_505827.jpg

この命があっての、私達の結婚生活なんだなぁ~

しみじみ、そう思わせてくれる。
by yayoitt | 2010-01-29 04:04 | 国際結婚って... | Comments(15)
それが怖いんだよ ・・・ ある男性の言葉 
動物病院の待合室。

Mr.R がやって来た。

8歳になるボーダーコリー Bess(べス) と一緒に。

椅子に座ると べス が横になって平たくなり Mr.R の靴の上に顎を乗せた。
c0027188_5261533.jpg

Mr.R は窓口にやってくると、大きく引き伸ばされた写真を差し出した。

 これ、どこだかわかるかい?

広島の原爆ドームの前で Mr.R が立っていた。

ジンジャー(赤毛)の彼は、少しだけ若かったけど。

 27年かな、27年前のだよ

Mr.R は、日本のことなど興味をもって、いつも色々な話をしてくれる。
c0027188_5264235.jpg

多分、60を過ぎたばかりだと思われる彼は べス のことを愛している。

どうしようもないほど、愛しているのだということは、見ていてわかる。

べス の話をしている時の Mr.R は幸せそうだ。

それなのに、なぜか少し、不安そうで寂しそうなのも知っている。

その理由が、私には、なんとなくわかっていた。
c0027188_52799.jpg

べス を撫でながら ・・・

べス の青い目を見つめながら ・・・

Mr.R と べス の話をしていると、彼が言った。

 僕には、従弟が1人いるだけで、家族はいないんだ

 だから べス が僕のたった一人の家族なんだ


Mr.R の目は優しく、けれど少し寂しそうに べス を見ている。

私の知っている、彼の悲しげな微笑で。

 べス がいなくなったら ・・・ と考えてしまうよ
  
小さい溜息を吐くと、こう続けた。

 あぁ ・・・ でも、残念なことに犬の寿命は、人間のそれよりも短いんだよね

 それも、よく知っているんだけどね ・・・


彼の言葉の奥にある心の意味が、わかり過ぎる。

 Hard(難しい) ・・・ Really hardest part(最も難しい部分)

そんな風にしか、言葉は出てこなかった。

 うん、だから今を生きるんだよね

べス から目を上げて、私の顔を見る Mr.R 。

 そうですね、今と今日を生きるんですよね、一緒に ・・・  

そうして、短く視線を合わせ べス の頭に手を置き、私はオフィスに戻った。
c0027188_5275183.jpg

Mr.R は知っている。

誰よりも、知っている。

苦しいくらい、知っている。

決して回避できない現実があることを。

けれど、それに怯えて暮らすべきではないことも。

それなのに、愛する余りに考えてしまう。

いつの日か訪れる、愛する命との別れのことを。
c0027188_5283287.jpg

誰もが、愛する命を思うときに抱える不安であり、怯えである ・・・

けれど、それは決して1括り(ひとくくり)にはできない感情で ・・・

皆が同じなのではなく ・・・

誰かに出来るから、他の誰もが出来るとは限らず ・・・


Mr.R には、彼と べス だけの時間があり ・・・

一秒の積み重ねという莫大な歴史があり ・・・

唯一で、とてもプライベートな感情なのだ ・・・


Mr.R の不安げに光る瞳。

それはきっと、とても自然な正直なこと。

切ないけれど

とても自然な  

流れなのだろう。
by yayoitt | 2010-01-28 03:51 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(19)
こんな絵たちに、出会えると
仕事を抜け出して、近所のカード屋さんに行った。

月末は、おっとさん(マイケルのお父さん)の誕生日。

プレゼントはないけれど、カードを送る。

カード絵に描かれている絵。

時々、とても素敵な絵に出会えることがある。

そんな日は、とっても嬉しくて ・・・。

今日 ・・・ 出会えた。

              ゛Princess
c0027188_5105499.jpg

早速、アーティストのサイトを探す。

Alice Palace(アリスパレス) ・・・ あった。
c0027188_5131940.jpg

カード以外にも、キャンバス画やエプロン、布バッグ、包装紙も作っている。

紙はすべてが、リサイクル紙。
c0027188_5144147.jpg

AliceLiz 姉妹でショップを経営している。

Alice が描いて、Liz が営業ということらしい。

家族の紹介には、彼女たちの愛犬 Jemima の写真もある。
c0027188_5165344.jpg

地球に優しい製品、グリーンな製品に努めていると言う。

とっても、とーっても惹かれる作品ばかり。

ブログもあった。

なんだか、見惚れてしまう。

こういう  との出会いって、嬉しい。
by yayoitt | 2010-01-27 05:00 | やっこのグッズ | Comments(12)
え? 11? 12か? な記念日
 あれ?

 11年だっけか?

 12年なんだっけか?


10周年を過ぎると、結婚記念日も うっすら して来るらしい。

我が家に限って ・・・ (← ということにしておこうな)

年齢も、36を過ぎてから うっすら している。

記憶に残らない というよりは どうでも良くなる らしい。

結婚記念日も、そんなのが、私は好きだと思う。

日にちを覚えてはいるけれど、何周年かなんて、すぐにはわからない ・・・

だからといって、平日ならば何もしない ・・・

普通に、愛する犬たちのことを語りながら、ご飯を頬張る ・・・

そんなのが、ずっと続けば良いと思う。

いつからか、脱ぎ捨ててしまった ロマンス ってある。

ロマンチック よりは、現実を見つめていたいと思うようになっている。

若い頃は、恋をして詩を書いたり、建物の屋上で星を見上げて泣いたりした。

そんな風に恋に酔いしれる自分が、どうしようもなく嫌で、大好きだったっけ。

ここに、こうして2人が暮らしているのなら、それで良い。

あまい も 酸っぱい も 形容詞なんかなくても良い。

2人の見つめる床の上に、愛おしい命がいてくれれば良い。

まっっ 40を過ぎると ・・・

結婚も10年を過ぎると ・・・

そんな現実が良いんだと、思えるようになるらしいぞ。

私と我が家に限って ・・・ (← ということにしておこうな、な)

こんな私たち(マイコロ&弥生 ← チャゲ&飛鳥っぽく)にも、恋人同士の頃があり。

その 痕跡 を、ちょびっと残したりしてもいるわけで。

そこに、昔ながらのロマンチックな自分を垣間見もするのである。

28歳の誕生日に貰った、マイコロからの初めてのカード ・・・
c0027188_4592938.jpg

2人が出会ったメルボルンのあっつい太陽みたいなカード ・・・
c0027188_501161.jpg

 スキューバーダイビングを思い出してみて!
 素晴らしい1年を、28歳はそんなに年じゃないよ ・・・

 
と書かれてある。

初めての2人での旅行が、ケアンズの奥の方の海と山で。

グレートバリアリーフのスキューバー体験ツアーで、ダイビングをしたのだった。

もともと水が怖い私は、パニックで水中から一気に浮上し(← 危ない ・・・)

インストラクターと1対1で、水中に戻ったけれど

怖い、耳が痛い、冷たい ・・・ で、見たものとか何も覚えがない。

 もう2度とスキューバーはやりませんからっっ

とマイコロに言ったら、マイコロも同じ台詞を吐いたので驚いた。

どうやら彼は、マスクから水が入り続け、耳は痛むし、散々だったらしい。

どうも水向きではない2人とは思っていたけれど ・・・ 苦笑

出会ったばかりの頃(私26歳、マイコロ25歳)
c0027188_5125598.jpg

この頃は、お互いの おならの音 も知らなかった~
(今はもう ・・・ 凄いですし)

この頃は 寝顔にも気を配ろう と思っていた~
(今はもう ・・・ 怖いですし)

この頃は、鼻歌も 綺麗な歌 を選んで歌ってた~
(今はもう ・・・ 腹立たしいですし)

この頃は お互いのことと目の前のこと で頭がいっぱいだった~
(今はもう ・・・ お互いのことは当たり前になってるし)

この頃は、形だけでも 愛している 愛されている が大切と思ってた~
(今はもう ・・・ 言葉、形にこだわらないし)

この頃はまだ 動物のこと も知らなかった~
(すべてが変わった)

この頃は ノーマンという犬 はまだ、生まれていなかった~
(2人でいたから、彼女に会えた)

言葉に縛られずに、居られるだけ一緒に居られるなら良い。

そう思う。

忘れるくらいの結婚12周年が ・・・ 

良いじゃぁないかぁ~ と思える今日この頃。

そして今夜、結婚記念日に。
by yayoitt | 2010-01-26 03:55 | 国際結婚って... | Comments(28)
月曜日の ・・・
月曜日の今日 ・・・

電話の忙しなさと、先週からの気になる犬の様子が、心を曇らせる

月曜日の朝 ・・・

数時間入院させられる犬猫の数が増える

電話を取るたびに、診察の予約ではない複雑な用件が続く

月曜日の空 ・・・

窓から外を、眺めないまま日が暮れる

重たい雲が、雨を運ぶのを知る
c0027188_6194826.jpg

月曜日の午後 ・・・

もう2時なのに、誰も昼ご飯を済ませられずにいる

月曜日の廊下 ・・・

すれ違う同僚が、溜息ばかりついている
c0027188_6202127.jpg

月曜日のオフィスの床 ・・・

4歳のラブラドールが点滴につながれている

もう500mlも入ったのに、トイレにも起きない

Bracken(ブラッカン)? と名を呼ぶとシッポを振る

それだけ

月曜日のファックス ・・・

その前で、皆が報告を待っている

まだ4歳のラブラドール、Brackenの腫瘍の病理検査報告

月曜日の雨 ・・・

窓の外を、今日、はじめて見たら、雨だった

ラブラドールの彼は、目を閉じたまま

傍に行くと、目を開けてシッポを振る
c0027188_621940.jpg

月曜日の電話 ・・・

獣医師が、辛い報告をする為に受話器を握る

深い溜息が、あちらからも、こちらからも聞こえる

月曜日の夕方 ・・・

Brackenは、2人のご主人との再会に

今日いちばんの、大きなシッポを振ってみせる

月曜日の沈黙 ・・・

そして

獣医師も

看護師も

私も

みなが

泣いている

泣いている
c0027188_6214230.jpg

そうしている間にも

月曜日の病院には ・・・

電話が鳴り、調子の悪い猫の報告が来る

そうしている間にも

隣の部屋では、22歳の猫が、虹の橋を渡ろうとしている

月曜日の終わりは ・・・ 

心に降りるとばり

星の見えない黒い空を、見上げて帰る

月曜日のバスの中 ・・・

看護師の同僚が呟いた言葉が忘れられずにまた、泣く

 ある日は、自分の仕事を 大好きだ と思い

 ある日は、自分の仕事を 大嫌いだ と思う
c0027188_623246.jpg

by yayoitt | 2010-01-25 05:37 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(19)
霜取りが教えてくれること
ようやく、やった。

ずっとずっと思い続けて、しなかった。

6年半も(ここ、驚くところ!)していなかった。

友が来て、冷凍庫を開けた時に必ず叫ぶ “ うわぁっ これはっ ”

 “ 見事だなぁ ” と言ってくれた友もいた。

冷凍庫の広さが、実際の大きさの1/2ほどになっていた。

週末、買い物を控えて、冷蔵庫の中の物を食べ尽くして、調整した。

そして、ようやく今日、やった。

 霜取り(しもとり)
c0027188_514647.jpg

昨夜未明(なんだか新聞記事っぽい)から始めたけど ・・・

長い時間を、冷蔵庫の前で過ごしてしまった。

見惚れてしまった(笑)。

6年半の月日をもって、出来上がった氷はまるで 鍾乳洞 を思わせた。

それが朝にはすべて ・・・ 水になっていた。

掃除をし終わると、ただの白い真四角の大きな部屋があった。

鍾乳洞は、幻だったみたいに。

ゆっくりと時間を掛けて行う 霜取り を見ていたら ・・・

色んなことを考えていた。
c0027188_522841.jpg

決して、メタルやナイフを使ったりして急いではいけない 霜取り 。

 あんなに硬かった厚い氷が、雫(しずく)に形を変えていく ・・・

 そして、数筋の水の流れを作り、落ちていく ・・・

 1滴ずつ、まるで永遠に続くように ・・・

 大きな塊りは、目には見えないくらいにゆっくりと、姿を変えていく ・・・

 すべてを溶け出した後には ・・・

 軽々とした、広々とした、まるで真新しい空間が残っている ・・・

c0027188_53263.jpg

人の心に、長い間、凍りついたままの わだかまり があるのなら。

心には、ずっと頑なに抱えている塊りがある。

自分でも、それを処理するとか、掃除するという意識さえ持たなくなった。

なのに、時折、その塊りが心を締め付け、苦しめる。

本当は、そんな塊りがなければ、自分はもっと楽なんだって知っている。 

一度 霜取り をしてみるか?

 あんなに硬かった厚い塊りが、透明の雫(しずく)に形を変えていく ・・・

 そして、数筋の水の流れを作り、ポタポタと心から落ちていく ・・・

 1滴ずつ、まるで永遠に続くように ・・・

 大きな塊りは、目には見えないくらいにゆっくりと、姿を変えていく ・・・

 ずっと抱えてきた、その塊りをすべてを溶け出した後には ・・・

 軽々とした、広々とした、まるで真新しい空間が残っている ・・・

c0027188_533685.jpg

決して、焦らないで行うこと。

決して、メタルやナイフを使わないこと。

傷付くから、穴が開くから。

だけど1つ、疑問があるよ。

 心の霜取り って、どうやったら良いんだろう?

 きっと楽になるって、わかっているけれど ・・・

 果たして、心のドアを開け放してしまって良いのか、不安になる。

 溶かしてすべて流してしまいたいのに ・・・


そんなことを考えていた、週末。
by yayoitt | 2010-01-24 04:10 | やっこの思想 | Comments(10)
それほどまでの、恐怖
 ~するほどの恐怖 という言葉がある。

~する には、色々な動詞があてはまる。

” 泣けるほどの ゛

” 気を失うほどの ゛

” 寿命が縮むほどの ゛

” 眩暈がするほどの ゛ ・・・ などなど。

経験上、私が表す恐怖の言葉は ↑ にはない。

子供の頃から、酷い恐怖に陥ると、してしまったことがあった。

大人になってからは、堪えられているけれど、でも感覚は残っている。

 お漏らしするほど の恐怖

である。

幼い頃は、食卓でも、突然に父親から怒鳴られると、すぐに漏らしていた。

大人になってからは、とても大きな失敗などをして しまったぁ~ と思う時 ・・・

歯科医院の椅子の上で、歯医者が近付いて来る時 ・・・

 あ、自分、もしかしたら漏らすかも知れない!!

と感じてしまうのである。

幸い、実際に漏らしてしまうことはないけれど。

だから、私にとって お漏らしするほどの恐怖 って、かなりのものなのだ。

動物病院での毎日の仕事の中で ・・・

沢山の犬猫が、病院内で お漏らし をする。
c0027188_122334.jpg

バスケットに入れて病院に来る間に、オシッコもウンチも、嘔吐までする猫 ・・・

手術の為に、ケネルの中に入っている間に、ウンチをしてしまう犬 ・・・

手術前の聴診や麻酔の注射の間に、オシッコもウンチもしてしまう犬 ・・・


犬猫にとって、自らの排泄物に触れたり、近くにいるのは苦痛に違いないのに。

シッポをキュ~と股に挟み込んだまま、大きな目を見開いて、粗相をする。
c0027188_125325.jpg

その時の、彼らの 恐怖 は一体、どんなものなんだろう?

突然、家族から家から離された理由が わからない 恐怖

今から何が起こるか わからない 恐怖

周りの人間が何をするのか わからない 恐怖

その手を信用して良いのかどうか わからない 恐怖

愛する家族、家には帰れるのか わからない 恐怖

彼らの、その わからない恐怖 って一体、どんなものなんだろう?
c0027188_135047.jpg

その思いを、計り知れないだろうけれども、少しでも感じてみる。

オシッコやウンチを、普段は決してしない状況や場所で、してしまうほどの恐怖

彼らは、そんな ・・・ そんな思いをしているのだ。
c0027188_145952.jpg

恐怖を抱える愛おしい命の為に、私なんかにできることがあるとすれば ・・・

せめて彼らの、そのオシッコやウンチ、嘔吐物を、優しく黙って処理してあげる。

彼らの大事な足や毛に、それが付着しないうちに、素早く拭いてあげる。

手術から目が醒めた時、自分の排泄物の匂いなんかしないよう。

バスケットの中が清潔で、決して 嫌な場所 にならないよう。

診察室の獣医師の手が、せめて 大きくあたたかな手 で記憶されるよう。

大丈夫よ という言葉が、彼らに深い意味をもって届くとは、限らないから。
c0027188_163543.jpg

そんな週の終わり ・・・
by yayoitt | 2010-01-23 00:01 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(11)
日本人妻の会 火鍋で新年宴会
まるで、町内会の回覧板に載るようなタイトルになってしまった ・・・

クリスマス、年の暮れ初めと、みんなそれぞれの場所にいたから。

新年宴会は、とっても楽しみだったよ。

久し振りに付き合わせる顔。

 会いたかったんだなぁ~ ふう~
(ビールの宣伝っぽく、腰に手をあてて言ってみる)

Kちゃんは風邪をひき(今、流行ってるんだな)

Mちゃんは乳飲み子のUちゃんがいるから(また、大きくなっただろうなぁ)

来れなかったけど。

タコちゃん、Aちゃん、Cちゃん、Rちゃんの6人が集まった。

大きな映画館の建物内の中華料理屋さんで。

なんと 食べ放題の鍋大会 で。
c0027188_136201.jpg

テーブルの上のカセットコンロを囲み。

鍋は真ん中が区切られていて、2種類のスープを選べるから。

1つはお肉、海鮮用。

1つはベジタリアン用。
(いつも気を使ってくれて、本当にありがとう~~)

タコちゃんが持って来た 手作りポン酢 を堂々と使いつつ。
(これが、そのまま腰に手をあてて飲みたいくらい(またか!)美味しかった!)

 2時間ぽっきりだからね

 どんどん頼まなきゃね

 煮え立ったら、凍り豆腐入れて温度下げるのよっっ

 ほうれん草、頼んでも頼んでも、無視されてるわ

 あ ・・・ かまぼこがそっち(ベジタリアン用)に入っちゃった

 私なんてお昼も抜いたからね

そうして、大笑いと大食いの2時間後の宴は、良い感じに終わりに近付き。

 ちょっとちょっと、隣の人たち、すっごい散らかして食べたねぇ

と、隣の席にいた中国人(らしき)男の子3人のテーブルを見て言ってたら。

私達のテーブルも ・・・ けっこう、すごい。
c0027188_144829.jpg
 
2010年、今年の日本人妻の会も、大騒ぎになりそうな予感 ・・・

 だから、やめられないんだなぁ、これがっっ!

(と、腰に手をあて言ってみる ふっふっふ)

友よ ・・・ 傍にいてくれることに感謝。
by yayoitt | 2010-01-22 01:11 | 英国暮らしって... | Comments(8)