<   2009年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
母の格言 娘の爆言  “ あぁ~誘惑して ”
突然、ピンク字である。 

 岬に立てば強い潮風 スカートの裾じゃれついてるわ
 微妙な視線、投げるあなたに 何故なの? 心騒ぐ感じよ
 望遠鏡で沖のヨットを 覗いた隙に肩を抱くのね
 予感どおりに迫るあなたに 計算違い 髪がときめく

c0027188_5225044.jpg

覚えておいでだろうか?

知っておいでだろうか?

そして、こう続く ・・・

 あぁ 誘惑して  心の中でわたしが叫ぶ
 あぁ 誘惑しないで  違うわたしがブレーキかける
 いえいえ まだまだ その手には乗れないわ


彼女がカールの長い髪に、逆三角形の小さな顔で歌っていた頃。
c0027188_5232567.jpg

1985年、私は高校一年生だった。

誰に教えられたという記憶もなく、男と女のこと、セックスのことも知っていた。

そういうことを知りながら、恋に恋して、大好きな先輩を追いかけていたはず。

今は亡き 本田美奈子 の Temptation テンプテーション(誘惑)
c0027188_524754.jpg

知識ばかりで頭でっかちで、片思いを愛していた田舎の高校生の私。

汗臭い田舎の高校生は、魅惑な想像、そして少しだけ淫靡な妄想をするのだった。

私はこの歌が大好きで、家の中で、学校で、道端で、腰の振りを真似して歌ったもの。

 ときめいて テンプテーション

 こっころ うっらはらぁ~


この歌詞の意味は、その通りにすべて理解していた。

予想通りに迫る男の予想とは何なのか? とか ・・・

その手に乗ると、そこに何が待っているのか?
 とか ・・・

ボーダーラインを飛び越えてくるというのは、一体どういうことなのか? とか ・・・

経験もしたことはなかったけれど、ちゃぁんとわかっていた。

チャゲ飛鳥安全地帯をこよなく愛していた私、松本隆の歌詞は慣れていた(笑)。
c0027188_5244891.jpg

夏休み中の、ある暑い夏の午後のことだった。

私は、テニスで痩せて日焼けした身体にミニスカートを履いて歌っていた。

マイクを両手で握る振りをして、腰を右上に揺らしながら。

 あっあぁ~ 誘惑してぇ~ ♪

架空マイクから右手を離して前に伸ばすと、グーにしながら胸元に引っ込める。

 心のなかぁで 私がさっけぇぶう~~~ ♪

家の中に誰がいるかなんて、気にもしないで大声で。

 あっあぁ~ 誘惑っしないっでぇ~ ♪

さっきと同じ振り付けを繰り返しながら、両目を閉じて切なそうな表情を作る。

玄関の隣、畳の居間で。
c0027188_5252091.jpg

次の小節に移ろうとしたとき突然、声がした。 

ひどく大きな声だった。

 だめやぞ だめやぞ
 誘惑なんかなぁ されてはだめやぞ


母だった。

家の何処にいたかわからないけれど、私の歌う声を聞いていたのだろう。

 男なんかになぁ 誘惑なんてされちゃぁ だめなんやぞ

それまで心地良く、思い切り本田美奈子になって歌っていた私 ・・・

急に恥かしい気持ちに襲われた。

 いいか、やっこちゃん
 自分ってものをしっかり持ってな
 男なんかにな 誘惑されるなよ な


そう言い切ると母は、扉を閉めてまた何処かに行ってしまった。

誘惑されたいけれど、まだ、誘惑されたことのない田舎の高校生。

誘惑に憧れ、同時に怖くもあり、でも玉置浩二ならかまわないと感じていた高校生。
c0027188_5301880.jpg

その後、人並みに誘惑を受けたり流したり、絡めたりしてきた人生だけど ・・・

この夏の日、暑い午後の母の言葉は今も耳に残っている。

いや、心のどこか ・・・ かも。
by yayoitt | 2009-11-30 03:54 | 思い出 | Comments(28)
エジンバラが消える日
エジンバラの冬らしい光景。

蒸気霧 ・・・

 海からの暖かく湿った空気が、気温の下がった冷たい空気と混ざって発生する霧
 暖かい水面上に冷たい空気が入ると、水面から蒸発が起きて、その水蒸気が
 冷たい空気に冷やされて発生する


街中を霧が包む日が、この街には年に数回ある。

春先が多いが、日照の短い冬に起こると、まるで24時間日が昇らぬような気さえする。

私は、見るだけなら、この風景が嫌いではない。

なんとも幻想的で、素敵だとさえ思う。

週末は、マイケルも共に、お預かりのダックスのベンも一緒に出掛けた。

いつもなら、360度、遠くのハイランドの高い山さえも見られる丘
c0027188_3205694.jpg

すぐ傍にそそり立つ断崖も、アーサーズシート(死火山)も消えた
c0027188_323815.jpg

石垣が、いつもにまして冷たげだ
c0027188_3254162.jpg

ノーマン姫は、高い所が好きで ・・・

煙となんとか(例:やっこ マイケル)は高い所にのぼりたがる らしい
c0027188_3272486.jpg
 
しかも、崖っぷちのギリギリが好きだし ・・・

すっかり消え去ったエジンバラ城
c0027188_330112.jpg

本来ならば、正面は左寄りに見えるはずである

エジンバラの街は、こうして時間をかけながら

ひっそりと、どこか空間を越えて、消え去るのであった


なんつってな。
by yayoitt | 2009-11-29 03:04 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(23)
Ns' やっこ (頭痛と肩凝り)
今週末は ・・・

頬杖ついて、ヘッドセットの音量を合わせて見ている。

友達が貸してくれたドラマ Ns' あおい 
c0027188_5162714.jpg

腕を組んで見始めると、案の定、ドラマにのめり込む。

昔とった杵柄(きねづか) ・・・

そんな 出来る看護師 では決してなかったのにも関わらず ・・・

時々、独り言を言いながら画面を見つめる。

 ほらな、それは絶対に腸穿孔だと思っとったわ~

とか

 こんな気道確保では、肺に空気が入らんぞっっ (言うのは簡単である)

とか

 あぁ、胃が痛くって肩がこって歯が痛かったら、心筋梗塞かもなぁ~

とか

 ほうら、やっぱり心筋梗塞だろっっ ふん (鼻から息)

とか

 うわぁ、おるおるおるおる、こんな医者っっ 髪型も同じ! (これは興味深い)

とか

 この人は ・・・ なんか死臭がするなぁ~~ (何となく身に付いた悲しい癖)

そして

 ほうら、やっぱりな ふん~っ (鼻から溜息)

と ・・・。

とにかく、こんな私とこのドラマを一緒に見る、気の毒な人がいなくて良かった。

看護師で働いていると(働いていたら)、こんなドラマにいとも簡単にはまる。 

ましてや、リアルであればあるほど、現実と比べて楽しめる。

看護師時代を思い出しながら、画面をぼーっと何時間も眺める。

肩がゴリゴリになってることに気が付く。

特に、左肩 ・・・。

あれ をやってみる。

 “ 肩凝り(かたこり)を診る方法 ”

これは、脳外科の外来に勤務していた時に、医師から教えてもらった。

その大阪人の医者は、顔も声も雰囲気もタバコを吸うのも、上田正樹に似ていた。 

彼は初診で 頭が痛い と訴える患者(50代以上)には必ず、こう言った。

頭部CTを撮った後、それに異常がなければ ・・・

 xxさん、頭痛(あたまいた)の殆どはな、肩から来とるんやな

 あんたも、こ~ちょっと肩がこってないか?


そして、こう続けるのだった。 (( ここからは、やっこの図解説でどうぞ ・・・))

 ちょっとこう、両腕ぇ、広げてみ
c0027188_4564324.jpg

 まずは、右腕まっすぐ伸ばしたまま、左腕に近付けてみぃ
c0027188_4582665.jpg

 お、右腕はぁ、ちゃんと付くなぁ

 ほいじゃぁ、おんなじや、左腕を右にぐ~っとぉ

c0027188_4595583.jpg

 あららぁ ・・・

 xxさん、左腕はちゃんと付かへんなぁ~

c0027188_514958.jpg

 どれどれぇ~~~

そう言うと、彼はxxさんの左肩を両手で揉むのである。

 おおお、こりゃぁよぉ、凝ってるわぁ~

 頭痛いのも、左やったなぁ~


そう言われたxxさんは、顔をしかめながらも 

 あんれぇ、きっもっちええ ・・・ 

と、まるで優しい息子に肩を揉んでもらっているかのように微笑むのだった。

私は、この医者の診察の介助が大好きだった。

皆さんも是非、お試しあれ!
by yayoitt | 2009-11-28 03:22 | 看護婦時代 | Comments(18)
ノーマン嬢、2度目のビーグルテール
初めてこれが起こったのは、ノーマンが我が家に来てからすぐのこと。

どうしたら良いのか、なんなのか、放っておいて良いのか、痛いのか ・・・

何もわからず、眉間に皺を寄せてマイケルと2人、ネットで検索しまくった。

そうして見つけた Beagle tail(ビーグルシッポ)

木曜日の夜。

マイケルからの お誘い を受けたノーマン。

2時間ほど、彼の隣で、彼にくっ付いて眠っていたノーマン ・・・

              こ~~んな顔で
c0027188_2223774.jpg

ベッドに行く前のオシッコ散歩に起こされたノーマン。
c0027188_2241465.jpg

起き上がって歩き出すと ・・・

上手く歩けず、数歩あるいては、座り込んでシッポを舐める。
c0027188_21354132.jpg

シッポを見ると ・・・

ダランと垂れたまま。

そして、横に少し曲がっている。
c0027188_21361759.jpg

慣れて歩き出しても、シッポは下がったまま、曲がったまま。

 ノーマン、また、ビーグルシッポになったぁ ・・・

ビーグルシッポは、人間で言う所の 足のしびれ とか 寝違い のようなもの。

長い時間、きっとシッポが体の下になって曲がっていたのだろう。

シッポをマッサージして血流を良くしてあげる。

そうしなくても、自然に治る。

翌朝には、シッポは体に水平まで上げることができた。

そして、24時間後には元通りになった。

ラブラドールが冷たい水の中で泳いだ後に、同じようになることがよくある。

ラブラドールシッポと呼ばれている。

私が持ってないシッポというものを持つノーマン。

 治って、良かったなぁ~

大切な、大切な ・・・ シッポ。
by yayoitt | 2009-11-27 21:32 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(10)
クマよ クマよ クマよ
クマのことは、いつも気になる。

動物の中で、最も惹かれる種かも知れない。

それは、理由もきっかけも、わからないけれど。

クマのことを思うと、聞くと、胸が詰まる。

朝、バスの中で目にした記事。

 スイスの動物園にて ・・・

 1人の男性が、クマが放してある場所に、柵を乗り越えて入り込んだ。

 クマとピクニックをする、と入って行ったと伝えられている。

 一頭のクマが、迎えざる客に襲い掛かった。

 人々が見ている中、男は噛まれて血を流す。
c0027188_563770.jpg

 駆け付けた警察は、男の命のことを考え、麻酔銃ではなく銃でクマを撃った。

 男は一命を取り留めた。

 幸運にも、胸を撃たれたクマは緊急手術を受け、一命を取り留めたのだ。

 動物園には、沢山の人々から クマへの慰めの声 が届いたという。

c0027188_574065.jpg

色々な言葉が頭に浮かぶ。

この男に対して、決して 良い言葉 ではないものが。

クマが一命を取り留めたのは幸いだったけど ・・・

本当に、このクマが死ななくて良かった。

生きているクマは、テディーベアーとは違う。

野生のクマが人間を襲ったという話も、日本でもよく聞かれる。

その理由を辿れば、原因はひとつなんだろうと思う。

人間がその、境界線を越える(彼らの生きるテリトリーに入る)。

クマを退治した手柄話。

ひっそりと子供を育てて生きたいクマに、土足で近付くのは、人間の方である。

 お嬢さん、お逃げなさい

ある日、森の中で出会ったクマは、そう言う。

どうか、私から逃げて下さい。

距離を置いて下さい。

知恵のある人々は、我が身とクマの身を守る為に、ベルを鳴らしながら森を歩く。

そんな日を終えて家に帰ると ・・・

今年さいしょのクリスマスカードが届いていた。
c0027188_555372.jpg

シロクマの親子のカード。

とっても嬉しかった。

彼らも、人の生活によって種の断続を脅かされている。

氷が溶けて、餌がなくて、生を求めて水に入り、溺れて死んでいる。

泳げど泳げど、辿り着く固い氷もない。

氷に這い上がっても、餌になる動物がいない。

何故だかわからないけれど、愛してやまない 

クマよ ・・・

クマよ クマよ ・・・

畏れ多い

クマたちよ

by yayoitt | 2009-11-26 04:21 | 愛する動物のこと | Comments(15)
Moon Gazing Hare 月を仰ぐ野うさぎ
庭先に、こんな置物を見つける。
c0027188_6155172.jpg

通りがかるギャラリーにも、見つける。
c0027188_681511.jpg

Moon Gazing Hare 

月を仰ぐ野うさぎ


月を仰ぐ野うさぎの神話は、大昔の人々の信心を反映している。

彼らは、こう信じている。

 月を見上げる野うさぎを見つけた暁には ・・・

 成長

 復活

 潤沢

 新たな始まり

 そして、幸運が訪れる

c0027188_6171725.jpg

私が見上げる月には、うさぎがいた。

月を見上げるうさぎのように、ずっと月を見上げていた子供時代。

最近、首を伸ばしてゆっくりと月を見上げなくなった。

あのうさぎはまだ、そこにいるのだろうか。

月を見上げる野うさぎに会える日が来たら ・・・

月の中のうさぎは、どこかに消えてしまいはしないか ・・・

そんな、思い煩いをする、月夜。
by yayoitt | 2009-11-25 06:19 | 愛する動物のこと | Comments(15)
今日、ショックだったこと
今日、ショックなことがあった。

文字通り、ショックだった。

衝撃を受けた 感じだった。

私は、仕事中、とても水分を良くとる。

お湯を作って、それをマグに何倍も何倍も飲む。

すると、トイレに行きたくなる。

仕事中の8時間の間に、平均、6回はトイレに行く。

今日も、いつものようにトイレに足繁く通っていた。

仕事が終わった5時過ぎのトイレに行った時のこと ・・・

 なんじゃ、こりゃ?

黒いパンツ(なんでピンク文字)の表面に白い物がちらついた。

目を凝らすと ・・・

品質表示のタグだった。

 れれ?

もう一度、自分のパンツを見直して気が付く。

 パンツ、裏返しに履いてたのかい、あたし?

そう、裏返しである。
c0027188_52976.jpg

裏返しにパンツを履いたことがショックなのではない。

裏返しパンツくらいは、何十回も経験してきてるから動揺しないけれど。

今まで、朝から何度もトイレに通っていて、まったく気が付かなかったことに驚いた。

用を足す前後、必ず、パンツを見ているはずなのに。

 まぁ、パンツ履いてないことに、夜、眠る前に気が付くよりは良いか ・・・

と思いながらも ・・・

そういう日も、そう遠い未来じゃないんじゃないかと思えた。

そんな、雨の火曜日。
c0027188_53969.jpg

 チャラリーン 鼻から牛乳~~ ♪
by yayoitt | 2009-11-24 04:42 | やっこは、こんな人 | Comments(17)
For Life Not Just For Christmas
A Pet is For Life Not Just For Christmas
ペットは一生涯のもの、クリスマスの為のものではない

A Dog is For Life Not Just For Christmas
犬は一生涯のもの、クリスマスの為のものではない

A Cat is For Life Not Just For Christmas
猫は一生涯のもの、クリスマスの為のものではない

A Puppy is For Life Not Just For Christmas
仔犬は一生涯のもの、クリスマスの為のものではない

A Kitten is For Life Not Just For Christmas
仔猫は一生涯のもの、クリスマスの為のものではない
c0027188_45249100.jpg

この季節になると、チャリティー団体からのメッセージが届く。

毎年のように、クリスマスの前後から倍増する 不要犬猫 がいる。

毎年のように、寒さの中で、凍えて死んでしまう  がいる。
c0027188_4531598.jpg

クリスマスが終わり、春になったら、こんなメッセージが届く。

A Bunny is For Life Not Just For Easter
ウサギは一生涯のもの、イースターの為のものではない
c0027188_4535790.jpg

もの ではないこと。

 であること。

そして、手にした日から一生を、彼らと生きるのであるということ。

彼らに、クリスマスもイースターも関係はない。

人間の季節行事など、彼らには無関係であること。

彼らは、ただ、生きる為に生まれてきたこと。

愛し、愛される為に、そこにいるということ。

彼らは、人間の手によってだけ、生かされるのであること。

 だから ・・・
by yayoitt | 2009-11-23 03:42 | 愛する動物のこと | Comments(12)
マイケルと共有できない 笑い 懐メロ 文化それぞれ 
すっかり冬らしい寒さで目を覚ます。

きっともうすぐ、氷点下になるだろう ・・・

と言えば、日本人同士なら、もしかすると、こんな会話の展開がされるのでは。

 氷点下で思い出したけど、氷点ってあったよね?

 そうそう、三浦綾子の有名な作品やなぁ ・・・

 彼女の名作、塩狩峠は映画で見たけど、怖くてなぁ ・・・

 え? 野麦峠?

 ちゃうちゃう、それは、女工らの悲しい話で 飛騨が見える やよ

 おおお、大竹しのぶが可愛くってさぁ ・・・

 大竹しのぶって言えばさぁ、さんまの元奥さんやったよね?


どんどん会話が膨らみ、元の 氷点下 という気温の話には2度と戻れない。

もしかしたら、こんな風に展開するかも知れない。

 氷点下かぁ ・・・ 寒くなるなぁ

 うんうん、なんか心まで、ひゅるる~って感じだよねぇ

 そうそう、ひゅ~~~るり~~~ ひゅ~~るり~~ららぁ~~~ ♪

 あああ、懐かしい! 津軽っ海峡ぇ~ 冬げえしっきぃ~ ♪ だね?

 違うよ ひゅ~るり~は お袋さんよっほっほおお お袋さんっよお ♪ の奥さん!

 森昌子かぁ~ 

 空を見上げりゃぁ、空ぁがあるう ♪ って、当たり前や! みたいななぁ 

 先生っ 先生っ それは先生~~ ♪ って、夫婦揃って、当たり前じゃ! みたいな


もう、石川さゆりの津軽海峡冬景色 は、どうでも良いらしい。

でも、会話が膨らみ、きっとどこかで 石川さゆりの天城越え に辿り着くだろう。

そしてきっと、歌真似、物真似、顔真似大会へと発展していくかもしれない。

もしかすると、化粧道具まで取り出して、マスカラで鼻の下にヒゲを描いたり ・・・

そうなると今度は、こんな会話に。

 あ、ヒゲ親父だぁ

 どれどれ、おぉ、ヒゲダンスだな

 蝶ネクタイしてさ、タキシード着て、頭にボウル乗せて、2人で物を投げ合うんだよね

 あれが上手いこと、取るんだよねぇ~~

 で チャラチャラチャンチャンチャン チャンチャンチャ チャンチャンチャン ♪

 チャンチャンチャン チャンチャンチャン チャンチャンチャン チャンチャンチャン ♪


忘れるはずのない ヒゲダンス を夜分に2人で踊るのだろう。

そして、時代の移り変わりを話し、ひょうきん族 と 金ちゃん を比べたりするのかも。

国際結婚の私とマイケルには、こういう話は、絶対にあり得ない。

何か、びっくりした時に しゃらり~ん 鼻から牛乳~ ♪ などとおどけることもない。

バッハは、トッカータとフーガのメロディーで。

嘉門たつお である。

国際結婚組のカップルは、きっと、同じなのでは ・・・ と思う。

共通する笑いを、2人が知り合った時に白紙で、そこから作って行く。

笑いだけじゃない。

きっと、懐メロも(どちらかが、相手の聞いていた歌をよく知っていれば別だが)。

そして、文化的な話題は、全てが白紙から塗り上げられていく感じなのだろう。

日本の文化と、英国の文化の違い。

例えば私は、愛するドラマ 北の国から を真面目な顔をして見る。

マイケルは、さだまさしの歌を あぁ~~ あぁあああぁああ~ ♪ と歌う。

ハナカミを握り締めて、シュウ! と泣いてる涙が、瞬時に退く。

きっと、マイケルも思っているけれど。

昔の話、子供時代の永遠に記憶に残る思い出、それを共有できたなら ・・・。

 もしも、ピアノがぁ、弾けたならぁ~ ♪

そんなことを、考えつつも、一緒にテレビの前でスコットランドラグビーを見るのである。
by yayoitt | 2009-11-21 00:38 | 国際結婚って... | Comments(23)
義理の親不孝な嫁の、ちょびっと孝行
もう2年も会っていない。

07年のクリスマスに、橋を渡って以来、もう2年も経ってしまった。

Dundee(ダンディー)にいる、マイケルの両親。

まったくにして 義理の親不幸な嫁 である。

息子のマイケルは、4週間ごとに会いに行く。

マイケルと一緒に行く為には、犬を連れての移動になる。

07年のクリスマスは、ノーマンとクライドを連れて宿泊に出掛けたんだった。

去年は、もう1犬、お預かりの子(ブラックラブ)が一緒にいて ・・・

さすがに、3犬連れて満員列車に乗るのはやめたんだった。

エジンバラで犬たちと過ごす、静かなクリスマスを、楽しんでしまった。

それが、後ろめたかったりした。

今年のクリスマスを、私達はまた、エジンバラで過ごす。

去年と同じ、マイケルとノーマンとクライド、そしてブラックラブのローラと ・・・

そして、密かに きっとチャーリーも一緒に と。

2年も、マイケルの両親に会ってない事実より、とにかく彼らが、好きだ。

鋼鉄の如く頑固で、苛々しやすいけれど、深い海のような愛をもつ おっとさん

常に状況に気を使い、そっと言葉添えしてくれる おっかさん

おっかさん は、私とマイケルが結婚した春に血管障害で倒れてしまった。

それ以来、12年近くも車椅子生活を続けている。

彼女の介護は、家に出入りする介護士と おっとさん が行なっている。

曲がってしまった指を器用に使ってリモコンを操作したり、雑誌をめくって読む。

嚥下や構音の麻痺もあるので、食事は流動じゃないといけないし、

私はいまだに、彼女が努力して話す言葉を、何度も聞き返してしまう。

階段のない家に引越しをし、全てが前とは違ってしまったらしい。

だけど、私は、この おっかさん と おっとさん しか知らない。

そして、その2人が、大好きだ。

おっかさん はマイケルに泣きながら、何度も語ったことがある。

 こんな痛みと苦しみの中で、人に迷惑をかけて生きるのは、もう嫌だ

 どうして、あの時(病気発症の時)に死ねなかったんだろう 

 安楽死が認められるヨーロッパの国に行って、安楽死ができないだろうか


彼女がマイケルに、真剣に話してから、既に2年が経つ。

あれから同じことはもう口にしていないと、マイケルが言っていた。

 生き永らえること

 生き続けること

 生かされるという思い

 生かされるという恐怖

c0027188_751458.jpg

金曜日、有休を取って おっとさん と おっかさん に会いに行って来た。

バスで片道2時間ほど、一緒にいた時間は4時間弱。

理解できない と言い続けてるけど ・・・

おっとさん と おっかさん はクリームも入らぬレンズ豆のスープを作り ・・・

買ってくるパンの成分表に、目を凝らして見入り ・・・

豆乳を初めてスーパーで購入し ・・・

もったいないから と、開けた豆乳を持たせてくれた。

私はというと、例によって例の如く
c0027188_742411.jpg

ノーマンの熱い視線を受けながら、ジンジャーブレッドを焼いて持って行った。
c0027188_7414910.jpg

4時間は、あっと言う間に過ぎて

久し振りに会った朝と同じように、車椅子の おっかさん の頬にキスをして

背の高い、少しおなかの突き出た おっとさん に抱きしめられて、Dundeeを後にした。  
c0027188_7452691.jpg

by yayoitt | 2009-11-20 06:57 | 国際結婚って... | Comments(28)