「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
末期の癌と、犬の行方
ボクサー犬を、長年に渡って何頭も飼い続けている女性がいる。

Mrs.M は、シェルターからやって来たボクサーたちと暮していた。

最近は、4歳の男の子と5歳の女の子の2犬。

学校の先生をしながら、熱心に犬の面倒をみる女性だ。

病院にも定期的にやって来る。

少しでも問題があると、お金を惜しむことなく早めに診察を入れる。

Mrs.M がボクサーの1頭に押されて倒れ、骨折をしたことがある。

松葉杖で、その時は3犬を、一生懸命に養っていた。
c0027188_4515577.jpg

先日、ある若い女性が病院の窓口にやって来た。

 私、Mrs.Mの娘でLと言います ・・・

とても優しい笑顔で彼女が言った。

 あぁ、ボクサーのグレイシーたちの?

花が咲くように、歯を出して笑って頷くと、彼女はこう続けた。

 実は、母が末期癌と宣告されて、2犬の新しい飼い主を探してるんです
c0027188_4553515.jpg

Mrs.M が、何年も前に癌を宣告されて、治療を受けたことは知っていた。 

治療終了後、5年以上経っていたので、彼女の癌は、完治とされた。

1ヶ月前から、呼吸困難があった為、病院で検査を受けたところ ・・・

肺がんの進行癌、末期癌であるのだと宣告されたそうである。

いつも険しい表情をしていても、犬のことになると、パッと明るい笑顔が零れる。

そんな Mrs.M の顔を、私は思い出していた。

お気の毒に ・・・ と私が言うと、娘さんは少しだけ肩をすくめて

 ありがとう

と、やっぱり優しく微笑んだ。

 母は、病院にいるんですが、とても犬たちのことを心配してて

 なんとか、自分が生きているうちに犬たちの新しい家族を見つけたい ・・・

 そればかりを、気にかけているんですよ


2犬のボクサーの詳細を書いた張り紙を残して、彼女は病院を去って行った。

Mrs.M の強い希望で、2犬を一緒に迎え入れてくれる家族を、とのことだった。
c0027188_4561693.jpg

ある日、突然に宣告される命がある。

それは避けられないことで、言えば、誰にでも起こることで。

それを受け入れることは容易ではない。

それでも、やはり時は来るもので、いつの日か確実に迎える。

愛する命と共に暮らす時 ・・・

愛する命が病気になったら、年を重ねたら、弱くなったら ・・・ と

それは日頃からよく、考えることかも知れない。

だけれども

自分の命が、あとどれだけと知った時のことは ・・・

普段から考えておくものでは、ないかも知れない。

未来は、明日のことは、自分にも誰にも、わかりはしない。

だからこそ、普段から もしも のことを考える。

それも、愛する命と暮す上での責任なのだと、思わされる。
c0027188_4565046.jpg

怯えて暮らしはしない ・・・

自然と受け入れて、今を、暮す。

その中で、少しだけ 未来の可能性 を考えて計画を立てておく。

正直、私にそれができるか ・・・

どうしても、愛する命のことも、自分自身のことも、悪いことは考えたくない。

両手で耳を塞いで、頭を横に振ってしまう。

Mrs.M のことを思い

凛とした彼女の娘さんのことを思い

自分を叱咤する。
c0027188_4572131.jpg

長くなった陽の下で、空を見上げると ・・・

切れかかった飛行機雲が、青いキャンパスの上で少しづつ消えて行く。

八重桜の花びらが、春の強い風に乗って宙に舞った。
by yayoitt | 2009-04-30 04:16 | 動物病院レポート ケースから | Comments(17)
無縁のゴールデンウィーク
日本は、ゴールデンウィーク。

訳して ・・・ 黄金の週っっ

29日の昭和の日から、振り替え休日の5月6日まで。

今年は、8日間の長い連休なんだなぁ。
c0027188_520387.jpg

 隣の柴は青々して見えるのだ ・・・

いや、本当に羨ましい。

基本的に、祝日の数がイギリスは少ない。

日本が15日とかあるのに(とか、って曖昧な)対して ・・・

スコットランドは5日

黄金週 の話をすると、誰もが、羨ましがる。

でも、私が日本にいた時 ・・・

病院で3交替で働いてたから、結局、この 黄金週 は関係なかった。

外来で仕事をしてても、交替で救急での出勤があったし。

つまり、学生の時以来、黄金週 を味わっていないらしい。
c0027188_5213662.jpg

あぁ ・・・

沢山の人々がお休みで外出する時に、一緒に自分も旅行する ・・・

時には、あの独特の雰囲気の黄金週を、味わいたいもの ・・・

 あっっ あと2週間でホリデーだろうって?

 ぬふふふふ

 そうだった そうだった

 むふふふふふ


皆様、良い連休をお過ごしくださいねっっ!!
by yayoitt | 2009-04-29 05:00 | 遠くにて思う日本 | Comments(12)
山歩き ・・・ 世界共通の約束ごと
子供の頃から慣れ親しみ、いつでもそうしたいと思う ・・・

 山登り(山歩き)
c0027188_443421.jpg

私は、山を登る方が、山を下るよりも断然、好きだ。

高校の時(山岳部の名ばかりマネージャーっっ!)から膝が弱い。

だから、山を下っていると、片膝がものすごく痛くなる。

山を登るのは ・・・

最初の15分は、とっても苦しいし、心臓が破裂するのではと思うくらいだ。

でも、20分も登り続けると、苦しいなりに心臓が、呼吸が落ち着くのがわかる。

心拍数が早いなりに一定になり、汗がじんわり噴出す。

そこまで自分を持って行けると、あとは惰性で一歩一歩、岩を踏みしめる。

この最初の20分が、とても大事で。

登り始めたすぐ、しんどいからと歩を止めると、振り出しに戻ってしんどいままだ。

山登りは、45分登って5分休む の繰り返しが理想だと教えられた。

息が ・・・

 はぁ はぁ はぁ

リズムが ・・・

 はっ はっ はっ はっ
口をすぼめて吐く ・・・

 ふぅ ふぅ ふぅ~ぅ

しんどくなったら、腰に両手を置いてみる。

頭の後で両手を組んで歩いてみる。

樹海から、景色が開ける這い松帯に出ると、一気に冷たい風が吹く。

そこで、足を止めて、深呼吸をして水を飲み、チョコレートを一欠片。

私は、こんな山登りが大好きだ。
c0027188_4434252.jpg

日本でも、スコットランドでも、イタリアでも、オーストラリアでも ・・・。

私が登った山ではいつも、共通の 約束ごと がある。

強制じゃないけれど、誰もが、そうしてしまう、不思議な ちょっと良い習慣 。

それは 挨拶(あいさつ)

山に入って登山者になった時から、下界ではすることのない 挨拶 をする。

すれ違う人、皆と、挨拶を交わす。

自分が下り、相手が登りで、しんどそうだと思えば 

 頑張って下さい とか

 あともう少しですよ など

適当な声をかける。 
c0027188_4441971.jpg

私にとっての山登りの魅力は、ある意味、この 挨拶 にあると言っても良い。

見知らぬ者同士が、声を掛け合う、おはようございます とにっこり笑う。

山の登ると、忘れられる現実が沢山ある。

小さな揉め事、人間関係、仕事のこと ・・・

そういったものを全て なんだ、こんなことだったのか と思わせてくれる。

そして、混雑する息苦しい雑踏では起こり得ない 知らない人同士の会話 がある。

          11年前、新婚旅行で穂高岳に2泊3日の山登り
c0027188_4524643.jpg

私は、山登りが大好きだ。

好き の要素が沢山に詰まった山登り ・・・

       グラサン(←死語っっ)でポーズを取る若かりし頃 おほほ
c0027188_4541019.jpg

そろそろ、今年も、したいなぁ~

          雪渓の冷たい水に、叫び声をあげるマイコロ
c0027188_457094.jpg

by yayoitt | 2009-04-28 03:50 | 遠くにて思う日本 | Comments(20)
踊る熊(Dancing Bear)を完全なる歴史に ・・・
世界中で、人間の欲の為に残酷に生かされ、殺される野生動物たち。

その陰では、いつも戦う人々がいる。

WSPA では、

長年に渡り、インドの熊を救おうと働き続けている。
c0027188_4573849.jpg

時間はかかっても、現地の人々を教育し、生きる為の技術を習得させている。

幼い小熊が捉えられる。

守ろうとする母熊は、殺される。
c0027188_458556.jpg

小熊は、それからの一生を 踊る熊 となる為に人間の下で生かされる。

とても、残酷な状況で ・・・ 方法で。

母熊から、森から離された小熊の一生は ・・・

 口唇や上顎、鼻に幾つも穴を開けられて、チェーンやロープをそこに通され

 この手術をされる時にはもちろん、麻酔などはなく

 彼らの歯は全て抜かれるか削られるかして、

 術者が噛まれたりするのを防ぐ

 もちろん、麻酔などはされず

 この、顔に開いた穴は、常に化膿している為に痛みがひどく

 術者はそれを利用して操る

 熊は、炎症を起こしている穴が引っ張られる痛みを

 少しでも軽くする為、術者に合わせて立ち上がり

 顔を横に振ったり、いわゆる 踊る しかない

 熊たちの栄養状態は非常に悪く

 白内障を起こして盲目になるものが多く

 この非自然的で苦痛の生活を強いられる熊たちからは

 高度なストレスによる、狂乱症状などが見られ

 この苦しみが ・・・

 24時間

 ただただ毎日

 一生 ・・・

 続く

c0027188_4584715.jpg

WSPA のようなチャリティー団体では、人々からの寄付金により

結果的に、この傷穴に通されたロープを切り離すことができる。
c0027188_505147.jpg

by yayoitt | 2009-04-27 04:37 | 愛する動物のこと | Comments(16)
ノーマンと日本の夏 
6年半前に、推定1歳半と言われて我が家にやって来た。

ノーマンの誕生日は、誰も知らない。

彼女は今、多分、8歳くらいで。

顔もずいぶんと白くなったもの ・・・。
c0027188_3242481.jpg

6年半前に、私とマイケルと一緒に暮すようになってから。

私達の生活も、人生も、価値観も、大きく変わった。

きっとノーマンの生活も、犬生も、価値観も、大きく変わったんだろう。

日本で過ごした夏のこと ・・・
c0027188_3341156.jpg

裏庭の棗(なつめ)の木に止まる蝉の鳴き声
c0027188_3371892.jpg

夕立が上がると始まる、カエルの合唱
c0027188_338843.jpg

日本海に流れる川の堤防沿い
c0027188_3385644.jpg

瀬戸川の鯉を見ながら、何度も落ちそうになったね
c0027188_342194.jpg

小さな河なら、端っこギリギリを歩くのが好きで
c0027188_3425375.jpg

5回も足を滑らせて水の中に落ちたなんて、信じられないね
c0027188_3434447.jpg

人との交流を、何も知らなかったあなたと ・・・

私たちは必死になって、家族になる為に毎日、毎日、繰り返したね。

あの日々を、あの夏の暑さを、きっともう一緒には暮せないけど。

これからの、涼しい夏も、雨ばかりの冬も、笑って暮して行こうね。

あなたが家族になった日から ・・・。

そして、これからずっと家族で生きて行く。
c0027188_3521171.jpg

by yayoitt | 2009-04-26 03:19 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(21)
丘とキルトと、ポッケの野菜
東の海からのモヤが覆う土曜日の午後は
c0027188_2594740.jpg

いつもの丘へ、Let's go ~

私が名付けた、この景色は ・・・ 道の最果て
c0027188_301071.jpg

なんだか、地球の端っこを感じさせる
c0027188_303245.jpg

この坂を空に向かって登る
c0027188_304656.jpg

クライドはリードを外して、彼のペースで
c0027188_31421.jpg

天気の良い土曜なのに、人の数はまばら
c0027188_31533.jpg

バグパイプの音が聞こえると思ったら ・・・

どうやら、丘の上の結婚式があるらしく

キルトを着た男性たちが、椅子を並べている

その傍らで ・・・ ごろ~ん ごろ~ん とノーマン
c0027188_321254.jpg

突然に立ち上がってダッシュすると
c0027188_312799.jpg

また ごろ~ん ごろ~ん
c0027188_323023.jpg

丘の上は、喧騒から離れて、静かで、とても良い
c0027188_325219.jpg

街のレベルに降りて

家に帰る途中の野菜屋さんに立ち寄る
c0027188_461980.jpg

ブロッコリーを右手に、ノーマンを左手に歩くマイコロ
c0027188_464242.jpg

彼の大きなポケットの中には ・・・
c0027188_4707.jpg

赤と黄色のピーマンと、ズッキーニが入ってた
by yayoitt | 2009-04-25 02:58 | 英国暮らしって... | Comments(16)
ジュラシックやっこの、携帯電話伝説
私は、携帯電話を持ったことがない。

絶対に持つものか、と拒否している ・・・ そんな  はない。

ただ、携帯電話が一般に出回り始めた時に、その波の乗ることがなく。

そしたら、見る見る携帯電話の性能は空高く舞い上がって。

正直、いまでは 自分が携帯電話を使えるかどうか怖い のだ。

そんな私がっっ

ジュラシック紀(ジュラ紀)の中生代から、原生代に移行しかけている。

きっかけは、ある朝のこと。

バスに乗って、いつも通り動物病院に到着すると。

30分早く仕事を始めている同僚が、おはよう の次にこう言った。

 やっこ、どんなんでも良いから、携帯電話を持ちなさい

私は、何事かと思い ・・・

 えええっっ な、な、なにがあったの?

と訊ねると。

 バスを降りて歩いて来る途中で、牛乳を買って来て欲しかったのよ

 いや、それだけじゃなくって、ほら ・・・

 やっこが病院に行った時にも、公衆電話が使えなかったって言ってたし

 やっぱりね、連絡できる携帯電話はあると、何かの為に絶対に良いわよ


確かに、そうだ。

確かに、そのとおり。

人と待ち合わせをした時に、どれほど携帯電話があると良いって思ったか。
 (なら、その時になんで買わないのかっっ)

犬と散歩してて、もしも何か緊急のことがあったら ・・・ 。
 (そういや、迷い犬を見つけたこともあったなっっ)

ということで、今回、生まれて初めてだけど、携帯電話を探している。

ただ電話が受けれて、かけられればそれで良い、そんな携帯電話。

なのに ・・・ 実際に探してる私ったら ・・・

こんなんとか
c0027188_17364736.jpg

こんなんとか
c0027188_17371841.jpg

キャッスの携帯ばっかり見てるし。

所詮、実際に使われる理由は 牛乳を買うためなんだからなぁ~

さぁ、やっこの携帯伝説、どうなることか!!


by yayoitt | 2009-04-24 17:23 | やっこは、こんな人 | Comments(27)
スコットランド人の体感気温
スコットランドに暮らして、もうすぐ丸8年が経つ。
c0027188_4341891.jpg

年中通して、気温の低い(涼しい)この国。

緯度的には、モスクワと同じだけれど。

暖流の加減で、大陸のそれほど、気温は下がらない。

 がっっ

夏が涼しい ・・・ 涼しすぎるぅ

挙げれば、あれとぉ、これとぉ、幾つも不満(ふふ)はある。

 住めば都 って思ってたのになぁ

ないものねだりなんだろう。

 けどっっ

日本人の友人が集まると、口をそろえて漏らす不満 ・・・

 スコットランドは寒いっっ
c0027188_4344234.jpg

この 寒い は、私の故郷のような 寒い じゃない。

私の故郷の寒さは、気温はとても低いけど、天気が良い。

ここの寒さは、気温は低めくらいで、風が強くて濡れてる寒さ。

あっつい夏を20数年暮してきた私たちにとって。

夏が 寒い のが、ただただ、辛い。

夏は、あっつくあって欲しい。
c0027188_4351030.jpg

夏服が大好き袖無しが大好き素足にスカートが大好き の私。

この8年間、夏の間でもまず、半袖や袖無し、素足スカートで過ごせない私。

太陽の熱は強いけど、日陰は寒い、だから家の中はいつも、寒い。

友人と語る言葉に ・・・

 スコットランド人と日本人の間には、断然、数℃の温度差がある

これは、マイコロもいつも言ってる言葉で ・・・

 やっこと僕の温度は、きっと5℃は違う

・・・ 夏でも湯たんぽを使って眠る私

・・・ 冬でもTシャツにパンツ一枚で眠るマイコロ
c0027188_4291554.jpg

             6年前の日本の夏 ノーマンと

昔、聞いたことがある。

寒がり、暑がりの違いは、その人の持つ汗腺の数の違いだって。

汗腺の数は、3歳くらいまでに決まるんだって。


日本で生まれた私の最初の3年間は、あっつい夏を経験し、汗腺が一杯ある。

年間通じて気温の低いスコットランドに生まれたマイコロは、汗腺が少ない。

だから、汗をかきにくくて、暑い場所だと体があっついままで苦しい。
c0027188_436234.jpg

そう思ったら ・・・

 こりゃぁ、仕方がないわな

でもでも、同じスコットランド人でも色々で。

太陽が照れば、冬でも、どんなに気温は低くても、半袖になる人がいる。

隣には、大きなコートに身を包むスコットランド人がいる。

 これは、汗腺の数って言うよりは ・・・

 我慢強さの違いとか ・・・

 えらい楽天家であるとか ・・・

 人と違ってるのを示したい、見せたがりだとか

 そういう違いなんだろうなぁ

c0027188_4372921.jpg

日本帰国まであと、3週間弱。

 5月の日本が、あっつい日本列島であってくれますように!

なんて、願う今日この頃。

 てへへっっ
by yayoitt | 2009-04-23 04:06 | スコットランドって... | Comments(35)
Yo Yo Yayoi Yo
朝、仕事に出掛ける時 ・・・

外に出て、歩いていて

 しまったっっ

でも、バスの時間ギリギリなので、引き返せない。

 よし ・・・ このまま大股で歩くしかない

妙な大股で、がすがすと歩くはめになった、その理由。

去年、日本で買った新しいジーンズ。

これを今朝、初めて穿いたのだが ・・・

 ほらほら、最近、流行のさっっ 腰で穿くって、やつ?

 ローハイドだっけ? え? 違った?

 それがさ、それがさっっ

 腰で穿くって言うけどさっっ

 寸胴の私は、ほらさ、腰がないわけよ

 でさ、ベルトで 腹 んとこでガシっと絞めないと ・・・

 ずるずるなわけよぉ~~~


で、今朝はすっかりベルトを忘れて、ズルズルのまま出掛けてしまったのだ。

完全に落ち切ることはないけど、ヘソも尻の割れ目も(いやん)見えるくらい。

歩きにくいったら、それはもう。

しかも、パンツも一緒に下がってるし ・・・ (とほほん

時々、こういうのを平気で穿いて歩いてる男の子がいるけど。

大股か、小股でちょこちょこ歩いてる訳がよく理解できる。

 なんか気分は10代ねっっ

 よー よー よー とか歌っちゃいたくなるねぇ~
c0027188_3251249.jpg

         ラッパーねっっ ラッパーっっ Yo Yo Yoっっ

いやいや ・・・ 失礼 ・・・ ちょっぴりアホっぽい
by yayoitt | 2009-04-22 02:48 | やっこは、こんな人 | Comments(14)
こういうのは、とりあえず試すっっ 一年目の手紙
なんだか、あまりに可笑しくて、ヒーヒー言ってた。

そう、私は結構、嫉妬心が強くて ・・・

10代と20代の狭間、3年間付き合った彼にも言われた言葉が ・・・

ここに ・・・

なんか、私が男ならば、絶対にお付き合いしたくない女性(私)がっっ ・・・

過去の自分を振り返り、ちょっぴり反省する やっこ です。
c0027188_3173845.jpg

 一年目の手紙

 やっこさんの恋人からお手紙が届きました。

        ☆ ☆ ☆

今日で付き合ってからちょうど1年。って、
やっこのことだから言われなくても分かっているとは思うけど。
節目なので総括の意味も込めて、珍しく手紙を書きます(笑)。

さて、何から書こうかな。
あー、これ結構言いにくいんだけどさ、
やっこっておれ以外の男と会うときだけメイクするよね…(苦笑)。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか。この話はナシ(笑)。

最近わりと不穏な空気になるよね、うちら。
この前も、おれがやっこと会う約束をキャンセルして、
他の飲み会に行ったことでものすごく怒ってたね。
「好きじゃないならさっさとふって」とまで言われたし…。
なんていうか、やっこって思い詰めすぎだよ。不安なのかもしれないけど、
むしろ不安になってるやっこからおれは逃げたくなるんだよなぁ。

正直言えば、ここのところ、おれは疲れていると思う。
おれなりに一生懸命付き合っているつもりなんだけど、あまり信頼されていないし、
やっこの笑顔も最近は見てないし、窮屈な気分だよ。
感謝もされないし、文句ばかり言われているようなイメージ…。
やっこはやっこで、自信がないんだと思うんだよね。昔からそうだったし。
でもおれは、そうやってやっこの弱さの問題をおれにぶつけてくるのが不満。
おれはやっこのそばにいないよりいるほうがいいはずなのに、
なんでこんなに文句言われるんだろうって思うよ。

てか、記念日のわりに内容がひどいな…。話題が暗すぎる…。
よし、良い方向に話を変えよう。

なんだかんだ言って、おれはやっこには感謝してるんだ。
やっこは、色で言えば濃いオレンジなんだよね、おれにとって。
一緒にいて楽しいだけじゃなくて、理解のある暖かい感じが混ざっている。
赤でも黄色でもなくオレンジ。
その存在自体がおれのエネルギーになってきたと思うし、
おかげでこの一年間は充実していたと思う。

やっこが言ってくれた「時間は止められないけど、私たちは変わらない絆を作ろう」
っていうセリフをおれは今でも大切にしているから、
これからも手探りながらに少しずつ信じるものを増やしていけたらと思うよ。
やっこもあのときの気持ちのままでいるだろうか。そうだったらいいけど。

これからもたくさんすれ違いとかあると思うけど、
二人なりに、支え合いながら進んでいこう。
あ、それと、10万ぐらいで買わされた壺をおれに転売しようとしないでくれ(苦笑)。

では、これからも末永くよろしく。やっこがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.デート中に、道端の食べられそうな植物を探すのはやめてくれ。


診断結果によると ・・・ 私は ・・・

 ☆ とにかく寂しい
 ☆ 寂しさを分かってくれない人と付き合いやすい、そして疲れる
 ☆ 安心を求めると飽きる

とにかく寂しいって、わたし ・・・ 爆
c0027188_3173845.jpg

あ、2度もこんな写真で、誤魔化してるっっ

しかも、安心を求めると飽きるって、わたし ・・・ 爆

手紙の追伸に、噴出したのは、言うまでもなく。

なんか、不思議に当たっていて、怖くて恥ずかしいさ。
by yayoitt | 2009-04-21 02:39 | やっこは、こんな人 | Comments(18)