<   2009年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
沈黙に微笑み
週に2回、月曜日と水曜にやって来る業者さん。

動物専用の火葬業者のドライバー。

病院の一番涼しい所に設けられた、遺体安置所の鍵を渡す。
c0027188_559926.jpg

前回に預かっていった動物の身体は、飼い主さんの希望によって帰って来る。

飼い主さんが希望すれば、灰となって帰って来る。

灰になった愛しい命は、それぞれの希望の入れ物に入って帰って来る。

すぐに思い出の場所に蒔く為に、簡単な箱に入っている子。

そのまま、ずっと家の中で共に暮らす為に、特別な箱に入っている子。

さようならをして、そのまま形として残る物は何一つ持たずに帰る人も多い。

ある、お年寄りの女性は ・・・

 私が、どれだけこの世にいるかわからないからね

と、空っぽになった家に、ただ想い出だけを胸に抱えて帰って行った。
c0027188_5593860.jpg

先週、14歳で安楽死として送られたゴールデンレトリバーの サム

彼が、大き目の箱に入って病院に帰って来た。

飼い主さんに電話をして サムが帰って来ましたよ と伝える。

その翌日に、飼い主の男性が サム を引き取りに戻って来た。

あの身体の大きさとは、比べ物にならない小さな箱に収まった サム を手渡す。

何も言葉は交わさない。

ただ、彼はずっと微笑を浮かべていた。

きっと必死に ・・・ 微笑を。

私達は、飼い主さんの様子に合わせて、言葉をかけたり、何も言わずにいたりする。

彼らは、愛してやまなかった命を、この場所で看取り、送り出しているのだ。

その場所に、再び戻ることの辛さ、切なさ、悲しみは、測りきれない。
c0027188_603277.jpg

サム の飼い主さんは、両手で四角く角ばった サム を抱きしめると ・・・

やっぱり一生懸命な笑顔で、リボンの付いた平たい箱と封筒を渡してくれた。

ただただ流れる沈黙に、彼の笑顔はまるで、声をあげているようだった。

大きな声で泣いているようだった。

何も聞こえないのに、微笑んでいるのに、泣いていた。

背の高い彼は、微笑んだままで サム を抱き上げると、重たいドアから出て行った。

平たい箱は、チョコレートの詰め合わせ。

そして、封筒の中のカードは ・・・ 手作りのカード
c0027188_5485618.jpg

去年の晩夏 サム が歩けなくなる前に行った海辺での写真のカード。

そこには、感謝の言葉と共に サム への想いが綴られていた。

笑顔の中には、そのどんな表情よりも ・・・

寂しい微笑みというものがある。

愛し、愛された サム の毛並みが

海のしぶきを受けて、キラキラと

輝いた。
by yayoitt | 2009-02-28 05:04 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(12)
International Polar Bear Day 今日はシロクマの日
2月27日の今日は International Polar Bear Day国際シロクマの日
c0027188_6183963.jpg

何故だか、私のシロクマ(熊)への思いは、他のどんな動物よりも強い。
とても、特別な気持ちで、どうしてなのか説明ができない。

今まさに、氷が溶けるのと共に地球から消えつつある、
この でっかい動物 のことを思いたい。
c0027188_6192445.jpg

シロクマ(ホッキョクグマ)のことを、少しだけ学びながら ・・・。

 ☆ シロクマ(ホッキョクグマ)の別の名は sea bear(海の熊)、
   最も近い種はbrown bear(アラスカやカナダ、ロシアなどに生息する茶色熊)

 ☆ シロクマ(ホッキョクグマ)の大きさとは ・・・

  成熊オス 背丈2.5~3 メートル  体重250~770㎏
  成熊メス 背丈1.8~2.5メートル  体重90~320㎏
  彼らの身体は、厚い脂肪で覆われており、その脂肪の厚みは11.5 cmもある

 ☆ シロクマ(ホッキョクグマ)の特徴とは ・・・

  小さな耳と小さなシッポは、体温の消失を避ける為である。
  彼らの身体は、寒さから守られることにとても長けて作られているので、
  温度の上昇に対して、とても弱く様々な問題が生まれる。
  たとえ、とても寒い日であっても、走るだけでオーバーヒーテイングしてしまう。
  
  肉球には、ちいさなコブのような物があり、氷の上で滑らないようになっている。
  その、強くてパワフルな足(手)で、アザラシを捕まえることができる。
  鼻がとてもよく利くため、何キロも離れた獲物を認識することができる。
c0027188_6208100.jpg

 ☆ シロクマ(ホッキョクグマ)の食生活は ・・・

  陸上では最も大きな肉食獣で、彼らが一番好んで食すのが、アザラシ。
  捕まえたアザラシは、脂肪部分だけを食べ、あとは若いシロクマや、
  残り物を待っている動物(北極キツネなど)に残しておく。
 
 ☆ シロクマ(ホッキョクグマ)の寿命は ・・・

  野生では、シロクマ(ホッキョクグマ)は平均寿命が15~18歳である。
  しかし、30歳前半まで生きたものも確認されている。
  捕獲されている(動物園など)のシロクマ(ホッキョクグマ)は、
  30歳半ばから30歳後半まで生きることもできる。
  ロンドンの動物園のある熊は、41歳まで生きた。

愛する命よ シロクマよ

まだ見たことも、出会えたこともないけれど

その存在が、歴史になってしまわないように ・・・

いつまでも、現実の野生でいてくれるように ・・・

祈らずにはいられない 願わずにはいられない
c0027188_63808.jpg

                今日はシロクマのTシャツで
by yayoitt | 2009-02-27 05:33 | 愛する動物のこと | Comments(13)
下を向いて歩いていると ・・・ 
とっぷり疲れた帰り道

ついつい悪い癖で、俯いて歩いてしまう

と ・・・ 足を止めたのは

なんだ? これ ・・・
c0027188_6441318.jpg

ちょっと、気味が悪いんだけど ・・・ おもしろくもある
c0027188_6451455.jpg

次の瞬間、やっこは ・・・ したわよ したわよ もちろんっっ

しゃがんで、自分お手を合わせてみたわよっっ

なんだか、濡れてて ・・・ 急いで帰って手を洗う~っと。

なんか、やっぱり気持ちが悪い ・・・ でも気になる。
by yayoitt | 2009-02-26 06:41 | スコットランドって... | Comments(6)
春になると赤く染まる氷のこと
カナダのアザラシ猟にて、この3年間で100万頭ものアザラシが殺された。

カナダのアザラシ猟は、多くの国々が、アザラシ毛皮の輸入を中止し、
もはやその必要性もなくなってきているのに続けられている。

過去2年に殺されたハープアザラシの98%が、生後2週間から3ヶ月。
c0027188_5391810.jpg

猟師たちはまず、できる限り多くのアザラシを殴って気絶させ、その後まとめて殺す。

木のこん棒、またはハカピックにて頭をめた打ちにして殺す。

または近距離で頭を射撃する。

中には、逃げようとするアザラシもいるが ・・・

彼らは氷の上では動きが鈍くてもたもたし、短い足ヒレで丸々した身体を起すだけ。
c0027188_5395338.jpg

獣医師団体のレポートとIFAWの追跡ビデオによると ・・・

赤ちゃんアザラシに対する、その殺し方は、とても残虐で残酷なものだという。

いかに早く、沢山殺すか というのが猟師たちのルール。

できるだけ多くの赤ちゃんアザラシを動けなくさせ、短時間に大量に殺す。

こん棒で打たれ、また射撃されたアザラシは、さらにこん棒で打たれて殺されるまで
氷の上で苦しみもがく。

完全に意識がないことを確かめることもなく ・・・

脳死状態であることを確かめることなどもなく ・・・

まだ瞬きしているアザラシたちを、生きたまま(痛みを感じる状態のまま)で ・・・

その皮を剥ぐ
c0027188_5404465.jpg

最近では、ベルギーが、またヨーロッパ諸国の国々が、
カナダのアザラシ猟による商品の輸入を一切禁止としている。

それでもまた、今年も ・・・

この春にまた ・・・

カナダのアザラシ猟は、カナダ政府の支援を受けて続くのである。

(IFAWのレポートから抜粋、私なりに訳させて頂きました)

より多くの声を、カナダ首相に送りたい
by yayoitt | 2009-02-25 03:48 | 愛する動物のこと | Comments(20)
ノーマンのギャラリー
ノーマンが愛してやまない私の友 タコちゃん から送ってもらった写真たち。

ノーマンの色々な表情を、誰かが見つけてカメラに収めてくれると ・・・

なんとなく、知らない彼女の表情が見えたりして ・・・
c0027188_657479.jpg
c0027188_657347.jpg
c0027188_6575799.jpg
c0027188_6582345.jpg
c0027188_6584914.jpg
c0027188_6593033.jpg
c0027188_6595818.jpg

眉間に乗っけているのは ・・・ 海苔

大好きな写真たち。
by yayoitt | 2009-02-24 06:42 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(28)
ラブホテルな想い出
ラブホテル(ピンク文字 笑)
c0027188_557101.jpg

日本のことを紹介する時、欠かせない アイテム のひとつ。

みな、目を丸くして 信じられない と言う。

ラブホテル

カプセルホテル もその1つ。

だけど、やっぱり ラブホテル は強烈に興味をひくらしい。

その名前も、良く考えるとおもしろい。

日本語の訳せば ・・・ 愛情宿
c0027188_558521.jpg

私がマイケルと日本で過ごした3年半(京都で1年半 飛騨で2年)。

京都に住んだアパートは、ラブホテル の隣だった。

今の窓から覗くと、ラブホテルの車の裏入り口が目の前だった。

その入り口には、重くて長いカーテン(?)が垂れ下がっていた。

カーテンを押して、車が中に吸い込まれていくのを、2人で見たりした。

2人の足は、もっぱら歩きか自転車(もちろんママチャリ)。
c0027188_5551492.jpg

近道で、自転車でカーテンをくぐって駐車場内に入り、頭でカーテンを押して出て来た。

駐車場の中で、一部屋一部屋の入り口に掲げられた 室内の写真 を見ながら。

車のナンバーを隠すスタンド の意味をマイケルに説明すると ・・・

やはり 信じられない と言っていた。

きっと界隈では ・・・

ラブホテルから自転車でニコニコ出てくる変なカップル と有名だったかも。
c0027188_5583842.jpg

京都の生活最後の夜のこと。

飛騨から両親が来ていて、その頃、近所に住んでいた姉家族の家に泊まっていた。

翌朝、私とマイケルは両親と一緒に、車で飛騨に帰る予定で。

 今晩は京都で最後やし、隣のあのラブホテルに泊まるよ

と両親に告げたが、10代の姪っ子2人も含めて、がははと笑っていた。

そのホテルの全室には、英語のカラオケが盛り沢山で、Virginラジオ も聞けた。

マイケルは大喜びで、2人して声が枯れるほど歌ったのだった。

私たちにとっての ラブホテルな想い出 は ・・・。

自転車での近道探索 と カラオケVirginな眠れぬ夜 でピンクじゃない。 笑
c0027188_55629.jpg

出会った頃、マイケルに ラブホテル の説明をした時のこと。

 や 泊まりと、2時間の2つがあってぇ~

 ま よく知ってるなぁ、よく行ったんだぁ~

 や 中では絶対に他の客と顔をあわせないようになっててぇ~

 ま 本当によく知ってるなぁ、よく行ったんだぁ~

 や お金を払うのも、客と従業員は顔をあわせないんだしぃ~

 ま 本当に本当によく知ってるなぁ、よく行ったんだぁ~

 や カプセルシューティングみたいなのでお金を払うこともできるしぃ~

 ま 知り尽くしてるなぁ、通ってたんだぁ~

 や って、誰でもそれくらいは知ってるもんなのっっ 日本人の常識なのっっ

 ま がははははははっっ

 や くっそうっっ 
by yayoitt | 2009-02-23 04:52 | 国際結婚って... | Comments(28)
豪快な ・・・ 号外 今だから
その新聞に巡り会ったのは ・・・ 2007年の秋 札幌

30秒で世界を変えちゃう新聞

動物保護のこと 自然環境のこと そんなことを共と語り合ったある夜。
c0027188_536012.jpg

偶然なようで、決して偶然じゃない、出会いだった。

今もその新聞は、すぐ手の届く所に、宝物として置いてある。

その新聞が伝える内容は ・・・

日や週、月で変ったりしない、私たちが地球を救えるまでの永遠のテーマ、叫び。

ほんのちょっとの気付きや努力の積み重ねが、地球を変えられる ・・・。

そう、信じさせてくれる。
c0027188_536153.jpg

               30秒で世界を変える方法

リンク先はどれも、30秒で読んでしまえます(笑)。
・・・ あ、私の場合は時々、漢字に詰まってぇ~

 ☆ 30秒で世界を変える30のチェックリスト
   (是非とも読んでみて下さい)
 ☆ 色々データ CO2減った お金残った
   ( 冷房の温度を1℃高く、暖房の温度1℃低く設定し年間2000円の節約)
 ☆ 節水で貯金しよう
   (蛇口から流れる水は1秒で200cc、5秒流し続けると1ℓも無駄に)
 ☆ カーボンニュートラル大作戦

 ☆ コンビニやスーパーで手前の商品を買うと、ゴミが減ってCO2削
  (日本では毎日2,000万人分もの食料が賞味期限切れなどの理由で棄てられる)
 ☆ 近くで作られた食べものを食べると、CO2減らせて環境に良い
  (輸送される時にCO2も沢山出る、地元で作った物を、また自分で作ると?)
 ☆ フェアトレード商品を買って、ハッピーな人を増やす
   (途上国の暮らしを守ることは、とても大事なエコアクション)
 ☆ 省エネ製品を買うと、CO2も減って、電気代が安い
 
 ☆ マイ箸を持ち歩いこう
   ( 割り箸の95%が中国の森を切り開いて作られた物)
 ☆ マイ水筒で自分だけのスペシャルドリンクを飲もう
   
 ☆ 銀行を換えれば、戦争が終わる
   ( 銀行や郵貯に貯金しているお金が、戦争に使われる)
 ☆ 退職金でNPOバンク・市民バンクをつくる
   (事務局からもNPOバンク誕生予定)
 ☆ バナナの茎再利用で地球を救う
  (収穫後切られるバナナの茎で紙を作ると、世界の紙をすべてまかなえる)
 ☆ シベリア産のベニヤではなく、ベニヤ板は国産を使って、温暖化を止めよう
  (シベリア産の合板を使えば使うほど、地球温暖化が進行)
 ☆ 週に1日、LOVE野菜の日
  (1㎏の牛肉を作るのに11㎏もの穀物が必要)
 ☆ 最大の環境破壊は戦争と軍隊。平和省を創り世界に平和を
   (戦争が起こると莫大なCO2が出る)
 ☆ みんなで選挙に行き、明るい未来をつくろう
   (投票率が高い国は福祉や環境や教育の整備が整っている)
 ☆ 地球にやさしい人 = グリーン消費者
   (できるだけ環境への負荷の少ない商品やサービスを優先的に選んで購入)
c0027188_5344114.jpg

今だから、今一度、あなたと ・・・。
c0027188_5352220.jpg

今日のこの夕焼けを、永遠に、守りたいと ・・・。

by yayoitt | 2009-02-22 04:52 | 自然環境のこと | Comments(8)
日本から海を越えて来た もの
正直いうと ・・・

私は、小物や雑貨が大好きっっ

と、それほど改まらなくても、女性は特に ・・・ ねぇ~(同意を求めてる)

今だからこそ、殆ど買わなくなったけど。

数年前までは、気に入れば(安くて)平気で衝動買いしてた。

ちっちゃくて、可愛くて、色鮮やかな物とか大好きで。

雑貨のことを考えると、日本は天国だって、いつも思う。

気をつけて、無駄な消費をしなくなったけど。

だからこそ、若い頃に買い溜めてしまった小物が役に立つ。

日本から、この国に引っ越してくるのに、段ボール箱で沢山の物を送った。

3ヶ月も掛かるけど、安く送れる船便で。

私の大好きな小物も、雑貨も沢山あった。

引っ越してきて、荷物が届いた時、マイケルが驚いてた。

 こんな物も送ったの?

って ・・・ しかも、何度も。

 愛してるんだもん、離れられないんだもんっっ

          可愛くって燃やせないまま10年も経ってるロウソク
c0027188_6553175.jpg

        外来勤務の時に同僚が はい、あげる と手に握らせた ブタ
c0027188_6563694.jpg

            リサイクルショップで1個100円だった
c0027188_6584260.jpg

             船便で送るのに、かなり気を揉んだ
c0027188_6592999.jpg

            昔、ベニスで買った仮面 これは宝物
c0027188_704969.jpg

          同じ時にベニスで買ったブローチ これも宝物
c0027188_715961.jpg

       ちょっと不思議な雰囲気のする(なんて言うんだろう?) これも宝物
c0027188_724823.jpg

           インドの物が一杯のお店で買ったお香入れ
c0027188_74872.jpg

             こんな物も、大好きで持って来た
c0027188_75661.jpg

           お別れの時に友達がくれた むちゃかわいい
c0027188_755447.jpg

            何故だか母が持っていたのを、せがんで
c0027188_771278.jpg

            日本タッチの小皿も ウサギと月が素敵
c0027188_775125.jpg

            とても薄く焼かれた湯呑み茶碗 招き猫
c0027188_791810.jpg

             貝でできた、赤と青の飾り 一目惚れ
c0027188_710536.jpg
c0027188_7102134.jpg

愛しちゃったものは、何年経っても愛してる。

見る度に、愛してるって思う。

命を持たない  だけど ・・・

末永くいつまでも、ず~~っと一緒に ・・・

いたいもの。
by yayoitt | 2009-02-21 06:29 | やっこのグッズ | Comments(10)
良い日 悪い日 決めるのは自分次第
子供の頃。

友達とのことで悩んだ日々。

大人になると、人間関係で悩むことなどないと信じてた。
c0027188_6155174.jpg

成人しても、働き出しても、大人という年齢になっても ・・・

常に、やっぱり付きまとう人間関係

年齢を重ねて、それなりに成長してもまだ、人とのことでは悩むもの。

同じことを繰り返しながら、少しづつ 良い人付き合い の術は覚えるけど。

それでも毎日は、人間関係の大波小波なのであって。

相手も大人、自分も大人、それはわかっていても、摩擦は起こり苦しむ。
c0027188_6163166.jpg

ちょっとしたことで、くよくよする癖は治らず ・・・

40を目の前に、職場の人間関係に 密かにメソメソ する自分は、大嫌いだ。

色んな 自分の考える理由 で自身を慰める。

 言葉が違うから

 文化が違うから

 バックグラウンドが違うから

 年齢が違うから

 頭の良さが違うから
 (この場合、私は頭の悪い方で 笑)

 考え方が違うから

 性格が違うから


と、並べられるだけの 相違点 を出しては だから、仕方が無い と塞ぎこむ。

この 自分が考える理由探し は、決して良い結果を生み出さない。

ここ数年で、ようやくそれに気が付いてきた。
c0027188_6171333.jpg

人と関わる中で 違い を意識すると、相手との距離は離れる一方で。

その仕組みは ・・・

  私が違いを意識して相手と接する行動 

          ↓

 相手が私の行動を感じ取り、相手も近付かない

          ↓

  お互いに歩み寄れずに、離れたままである


といった具合なのだと、わかるようになった。
c0027188_6173639.jpg

他人(特に毎日顔をあわせる同僚)との付き合いには、居心地の良さを求めたい。

それは相手も同じなわけで、カリカリ、ピリピリして8時間とか過ごしたく無いはず。

それでもやっぱり生の人間 ・・・ 腹が立ったり、苛々したりもする。

そんな日は、何もかも上手く行かないような、皆に鬱陶しく思われてるような気さえする。

きっと、自分が出している 雰囲気(ムード) に対しての、相手の反応なのだろう。
c0027188_6181197.jpg

どん底 ・・・ と思えるような日の帰り道、こんな風に考えている。

 あの人は、いつも私にだけ辛く当たる

 あの人は、他の人の前では良い人だ

 あの人は、私のことを毛嫌いしてるに違いない

 あの人は、あの人は ・・・


そう、自分が出している不機嫌な表情のことなんて、そっちのけで。

相手の批判ばかり、相手に原因があるから自分との関係が悪い、と決め付けてる。

もちろん、相手が不機嫌な日があれば、それで私が相手に冷たく出ることもある。
c0027188_6184468.jpg

結局、人間関係は お互いの気分や気持ちの色を感じ合って 築かれているみたい。

だったら ・・・

自分が 嬉しい明るい色 を出すことで、きっと相手もそれを反射するはず。
c0027188_6191375.jpg

人間関係で落ち込んだ日 の翌日は、自分で 研究結果 を出すようにしている。

朝、仕事場に到着した時から、明るく笑って過ごす。

(すっかり寒い)冗談を同僚に言い、とにかく話す、話す、質問する、聞く、訊ねる。

 昨日のあの犬は、どうしただろうね?

 実は、昨夜見た夢がね ・・・

 猫ちゃんたちはどう?元気?

 週末は何するの?

 昨日の手術は、驚くほど長かったよね ・・・


その朝から、同僚たちに 今日のやっこは明るくて良い気分 を植えつける。

自分が話し掛けることで、近寄ることで、相手も話し掛けてくる、近寄ってくる。

だから自分も嬉しくなる、元気になる、昨日の惨めを忘れる。
c0027188_6194650.jpg

人間関係での、きっと 当たり前の研究結果 を今になって必死に出してる自分。

この分だと、70になっても80になっても悩むのかも知れない。
c0027188_620691.jpg

 人(相手)は、待っていては近付いてこないもの

 みずから、相手に歩み寄らなくては、誰も扉を叩きには来てくれない


自分を守るということは、同時に他人を守り幸せにすること なんだな って。

本当、今頃になって反省し、繰り返し、そして成功して生きてる。
by yayoitt | 2009-02-20 05:17 | 英国暮らしって... | Comments(20)
ホスピタルパンダ
今日は、仕事を半ドンで ・・・ 病院に向かった。

すっかり通い慣れた道を、バスに揺られて。

レントゲンの結果は ・・・

 骨がくっ付き始めてますね

 このまま、3週間、行きましょう

 骨がくっ付いてからは、リハビリになりますよ


ということで、次のレントゲン撮影と診察は3週間後。

包帯が、ちょっとずつ灰色になりつつあるなぁ ・・・

固定された指が、臭くなりつつあるなぁ ・・・

カルシウムのサプリを摂りつつ、気長に行くしかないなぁ ・・・


    3本の指は気が付けば動かしているので、大分、腫れが引いて皺くちゃに
c0027188_3384166.jpg

この病院、何度行っても、必ず迷うくらいに広くて翼が一杯ある。

正面の建物から東西南北、そして斜めと長い廊下が続くのだ。

整形外科用レントゲン棟へは、3回目だから迷わず行けた。

その長い廊下の途中 ・・・

小さな中庭の横を通るのだが。

その中庭は、何故か 竹やぶ になっている。

他の植物はない、ただ、竹だけ。

 ふ~ん とガラス越しに竹やぶを見て歩いてたら ・・・

がっっ ごげじっがんがっくっっ
 (訳 : うあっっ これはなんやっっ)

足を止めてしまった。

だって、そこには ・・・
by yayoitt | 2009-02-19 03:21 | 英国暮らしって... | Comments(20)