<   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
トラと人の境界線を守る犬
自然環境破壊 生態系の崩壊

人間の生活が自然環境に及ぼす影響は、野生動物を、人里へと向かわせる。

木々をなくし、土地を追いやられ、餌として来た動物が減少し

子供を育てて、生きて行く野生動物は時に、人間の住む場所に向かう。

それは ・・・ 人間が侵してきた自然環境からの 答え なのだろう。

生態系の頂点に立つようで、生態系から外れている 人間

その時、人間側は、どうやって自らを守り、また 自然 をも敬うべきか。
c0027188_3561370.jpg

 バングラディッシュの、ある村で抱えている問題がある。

 サンダーバンズという森 ・・・ そこに住む ベンガルタイガー

 村の住民は、年に一度、大きな行事として村から川を渡って森に入る。
 そこで、ハチミツの為の蜂の巣を採って帰って来る。
c0027188_462051.jpg

 森に入った男たちの多くが ベンガルタイガー に襲われて死んだ。

 人間の血の味を知った ベンガルタイガー は人里に近付くようになり、
 毎年、50人もの人々が、トラによって殺されている。

 畏れ敬い、距離を保ち、共生してきたトラは、憎しみとなり、
 生を脅かす恐怖の対象になってしまった。

 ある日、数十人もの村人により、一頭のトラが棒で殴り殺された。
c0027188_44298.jpg

 1974年以降 ベンガルタイガー は法律上に保護されてきたが、
 村人は、自らを守る為に、トラを殺し続けている。

 現在、300~500しか、その森で生存していないと思われるトラたち。

 村人の命を引き換えではなく、トラの生を守る ・・・

 そこでZSL(Zoological Society of London)という
 チャリティー団体が動いた。

 殺す のではなく 近付けない 為に ・・・。

 野生動物と人間の間に、敬いを持って 距離 を置ける為に ・・・。
c0027188_454418.jpg

 村を歩き回る 野良犬 を トラハウンド に仕立て上げる

 村人と共に、団体側の犬の訓練士が、適した野良犬を選ぶ ・・・
  (この間には、野良犬へのワクチン接種などもされる)
  (大きな広場で、沢山の村人が見守る中、色々なテストをする)

 点数で適正を判断するから、見ている人々は、とても興味を抱く ・・・
  (人間の下で働くので、人間との信頼関係を築き上げるコマンドを使う)

 点数の高い数頭の犬を トラハウンド として教育する訓練が始まる ・・・
  (リードを付けて人と歩くこと、人の手から優しく餌を食べることなども)

 村人の中から選ばれた訓練士も、犬と共に頑張ろうと努力する ・・・

 そして、時間を重ねて トラハウンド とその 調教者 が生まれる ・・・
c0027188_47286.jpg

 今まで誰も目を向けなかった野良犬たちは、村人のアイドルとなり、
 優しい目を、興味の目を、尊敬の目を向けられるようになる。

 そして、夜になると村に姿を現す恐ろしいトラを、村から遠ざける為の夜警が
 始まるのである。

 リードを付けられた トラハウンド を連れて、村の男たちが村を歩き回る。

 犬たちは、決して トラと戦う のではなく トラを感じたら吠える 
 ように、訓練を受けているのである。
c0027188_493326.jpg

人間と、野生の動物との関係が崩れた場所で、たとえそれが

人間の蒔いた種であったとしても、人間は自分たちを守らなくてはいけない

守る為に、ただ殺すのでは、解決には決してならない

野生動物との距離を保つという教育 ・・・

時間と手間は掛かっても、それは人々の心と脳裏に焼きつき

心が変わり、そこから行動が変わる ・・・ 

そして歴史になる

恨む 気持ちよりは 敬う 気持ちの方が、ずっと受け継がれる

by yayoitt | 2009-01-31 21:38 | 愛する動物のこと | Comments(11)
母の味噌汁 娘の朝食
母親の 味噌汁 の香りで目覚めていたっけ。

豆腐は手のひらに乗せて切る。

ナスも入れる。

出汁は、煮干の頭も入れちゃうから ・・・

ちょっと生臭くなるんだぁ
c0027188_20235537.jpg

母の作ってくれた朝ごはん

白いご飯に、味噌汁、そして漬物。

時々、卵焼きが並んだりすると、嬉しくて。

卵焼きには、たっぷりの醤油と、どっさりの砂糖が入ってたから。

一口食べると、それは 濃い味 がして、口をすぼめるんだった。

でも、母の作った朝ごはん

記憶のすぐ朝い所に、フワフワと漂い、すぐに蘇る。
c0027188_2024664.jpg

私は、田舎の雪国娘で、頬っぺたが真っ赤だった。

そして、そのことを嫌って、呪ってた。

それは 塩分の取り過ぎ なんだと誰かから聞いてから ・・・

母の作る 味噌汁 を、もう食べなくなったんだ。

母が、何十年も作り続けた 味噌汁 を、食べなくなった。

今、生活習慣を変えてしまった私。

母は、彼女の 味噌汁 の  となる煮干しを、昆布や椎茸に変え、

 味噌汁 を、私の為に作ってくれる。

辛いままだけど、私はやっぱり、母の 味噌汁 が ・・・ 大好きだ。

頬っぺたも赤くなくなった娘、母親とは一年に数日だけ会えるほど離れた。

そんな娘の朝食は。

箱に入った朝ごはんで ・・・
c0027188_20381511.jpg

手を掛けることは、何ひとつなくて ・・・
c0027188_20383633.jpg

ただ、豆乳をかけて頂く ・・・ 
c0027188_20385097.jpg

塩っ辛い味噌汁で育った娘の、そんな朝ごはん。
by yayoitt | 2009-01-30 20:06 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(15)
クリスマスの後 宝物
家族間でのプレゼントのやり取りを、やめたクリスマス。

そう決めた仲だけれど ・・・

ほんの 何か を贈って、贈られて。

ちっちゃな 何か が、今では宝物に変わって。

以前のように、沢山の物ではなくて。

たった1つ。

だけど、すごく嬉しい。

         おっとさん おっかさん からのキーホルダー
c0027188_6594628.jpg

チャームは ・・・

           ビーグル 犬用のお皿 骨 
c0027188_735363.jpg

      Best in show(ドッグショー優勝)  I love my dog
c0027188_820717.jpg

鍵を出す度に思う ・・・ 宝物

そして

        私がマイケルに贈った(本音 ・・・ 私が欲しくて)
c0027188_8221854.jpg

                木彫りの
c0027188_8225939.jpg

                 ビーグル

マイケルも言ってくれる。
c0027188_8235039.jpg

 我輩はビーグルである

 名前はまだない


名前を、募集中。

ふふふ
by yayoitt | 2009-01-29 06:52 | やっこのグッズ | Comments(28)
あるネコと、寒い夜
月が、一日中 出ているような、よく晴れた月曜の夜。
c0027188_6374599.jpg

いつもより、ずっと静かな診療時間、もうすぐ18時。

その日の最後の診察は、15歳の痩せたネコ

20~30代の男性2人が、小さなバスケットを抱えて、順番を待っていた。

予約を取ったのは、彼らの母親で ・・・

 ここ1週間ほど、食べもしないし、今日は動きもしないんです

と、その数時間前に電話をして来たのだった。

1週間も、放っておいたのか ・・・ が、私たちスタッフの反応だった。
c0027188_6381414.jpg

獣医師が、待合室のドアを開けて、彼らを招き入れた。

年上かなと思われる男性だけが、バスケットを提げて、中に入った。

背の高い痩せた男性は、待合室に残り、椅子に座りなおし ・・・

膝に両肘を乗せて頭を抱え ・・・ 

そのまま2度と顔を上げなかった。
c0027188_6385095.jpg

診察室にも、待合室にも、ただただ静かな時間が流れた。

15分もすると、診察室のドアが開いて。

バスケットを提げた男性が、獣医師に肩を叩かれながら出てきた。

男性が、待合室に廻る間の数秒で、獣医師と会話をする。

 体温が94度(普通体温より10度以上も低い)で、もう死に掛かってたよ
 
診察台の上に乗せても、ただ横になったまま動かなかったと言う。

そのまま、安楽死で逝かせてあげたとのことだった。

身体は、家に持って帰ると言うことで、そのままバスケットに戻されたのだった。
c0027188_6393415.jpg

診察料金の支払いをする為に、バスケットを下げた方の男性が窓口に来た。

待合室には、彼ら2人と亡くなったネコだけ、他には誰もいない。

ずっと頭を抱えていた男性が、俯(うつむ)いたままバスケットを見ている。
c0027188_6402238.jpg

私は、支払いを終えて帰ろうとする彼らを ちょっと待って下さい と待たせた。

使い捨ての敷物を2枚ほど掴むと、待合室に廻った。

バスケットの中を見ると、痩せ細ったネコは、敷物も覆いもなく寝そべっている。

 今夜は、外は寒いから ・・・

と、もう動かないネコの身体を、敷物で包んだ。
c0027188_6465532.jpg

背の高い、ずっと待合室で待っていた男性は、何も言葉を発しないまま。

もう1人の男性が 本当にありがとう と言いながら、重たいドアを開けた。
c0027188_6473680.jpg

診察室に戻って、獣医師と会話をしたら、背景が見えた。

 2人は、午後に電話をして来た女性の息子だった

 ネコと診察室に入ったのは、上の息子であった


そして ・・・

 下の息子は、あのネコと子供の頃からずっと共に成長してきたのだった

一言も、言葉を発せなかった彼は ・・・

診察室に入ることすらできないくらいに、打ちひしがれていたのだ。 

待合室で、俯いたまま ・・・ 愛する命との別れを惜しんでいたのだ。
c0027188_6481490.jpg

少ない情報だけで、私たちスタッフは、色々な想像をすることがある。

放っておいたのだろう もっと早くになぜ などと ・・・。

このネコの電話を受けた時も、そうだった。

その命が、その生きてきた年月をどんな風に、家族と共に過ごしたか ・・・

それは、誰も知り得ないことで、想像なんかもし得ないことなのに ・・・
c0027188_649072.jpg

せめて ・・・

子供の頃から、寝起きを共にして来た命の

動かない痩せっぽっちの身体が

彼の目の前で、冷たい風に吹きさらされることがないように。
by yayoitt | 2009-01-28 05:33 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(31)
また始めるぞっっ 今年こそっ
エジンバラで暮した最初の3年。

私のホームシックが酷く、結局は、日本(飛騨)へマイケルと引っ越した。

その3年の間、ここでの生活を支えてくれたもの。

週に一度だけ ・・・ たったの2時間30分だけ ・・・

雨でも風でも、その夜を楽しみにして、リュックを背負って出掛けて行った。

夜の街なんて、1人で歩くのも怖かったのに。

その夜は、ただただ悦びを胸に感じて、急いだんだった。

      Life Drawing(人物画 人体描写)のクラス

今まで、人物画(人体画)に興味を持ったことはなかったけど。

南アフリカの友人に誘われ、試しにやってみたら ・・・

すごく楽しくて、自分にとても合ってるんだと気がついた。

人間の看護師という職業柄、筋肉や骨、関節がどうなってるかがわかる。

それを想像しつつ、モデルの裸体を見てると、とても描きやすい。

ロビン先生(いつもベレー帽をかぶったおじいちゃん先生)は、熱く語る。

 手を、大きく描きなさい

 色は、見える色だけじゃなくて良いんだよ

 様々な色を使って、明暗を付けながら描きなさい


         ↓ 日本に置いてきた絵たち ・・・ その1つ
c0027188_625958.jpg

そう教えてくれた彼に、教えられるままに描き続けた絵たち。

クラスの皆から ロビンの絵のようだ と言われたんだった。

それが、とっても嬉しかったあの頃。

また、彼のクラスで、彼の教えてくれる、大きな手と鮮やかな色を描きたい。

今年こそ、また ・・・。
by yayoitt | 2009-01-27 06:00 | やっこは、こんな人 | Comments(27)
11周年記念の宵よい~
11年

去年の10周年も、不思議な気分だったけど。

11周年の今宵も、やっぱりその年月の重さ(長さ)、軽さ(笑)に。

不思議な気持ちにならざるを得なく ・・・

仕事帰りに、そのまま オールドタウン へ向かい。

良く晴れた寒い夜の エジンバラ城 を見上げつつ
c0027188_773879.jpg

途中の、センスの良いお店でウインドウショッピングっと
c0027188_782253.jpg

この、頭2つの縫いぐるみ ・・・ むっちゃかわええ
c0027188_7111722.jpg

暗闇に歩く Close はとってもムードがあるなぁ
c0027188_724123.jpg

マイケルと待ち合わせのレストランに着いたのは、予定より10分も早かった
c0027188_712147.jpg

11年の間 ・・・

ノーマン を知らない時間より

ノーマン と一緒に暮した時間の方が

長くなってる

そのことが とっても嬉しい

ベジタリアン、ヴィーガンレストランで語るのはやっぱり ・・・

ノーマン のことばかり

そのことが とっても嬉しい

c0027188_7135874.jpg

メキシカンな豆の一杯入ったクレープのチョコレートがけ

やっぱり ・・・ 食べ過ぎたわけでぇ~ とうさん(北の国から風)

そして
c0027188_7173964.jpg

やっぱり ・・・ 早々に、ノーマンに会いたくて家路を急いだわけで~ とうさん

と、色気はないけど

食い気と、ノーマンのことでおなか一杯の

結婚記念日 ・・・ 
by yayoitt | 2009-01-26 06:59 | 国際結婚って... | Comments(53)
はははは 母からの電話
エジンバラの土曜の夜 9時半

日本は日曜の朝 6時半

電話が鳴った。

そして、マイケルが出た。

 あぁ はい はい かあちゃんなぁ

 あい げんきやなぁ 

 はいはい はい そっかぁ よかったなぁ


あ ・・・ 飛騨の家からだ

限られた語彙(しかも、敬語とかなくて飛騨弁)で答える彼を助けに。

 はいはい はいいい わっかりましたぁ

 あい そうですかぁ パパえもん わるいなぁ


なんの話をしとるんじゃい?

 はいはい そしたらぁ げんきでなっっ

はい は1つで良いの、しかも 元気でな って義理の親に ・・・ がはは  

 そしたらなっっ やっちゃん かわります

そしたらな ・・・ がははっっ と苦笑しながら電話を替わった。

漏れてくる声から、父だと思っていたけれど、母だった。

父は声が高いので、よく父が電話に出ると 今のお母さん? と聞かれたっけ。

 おおおお やっこちゃんか 元気かよ?

マイケルと話せて、とっても上機嫌の母の声は、日曜の早朝とは思えない。

 これよな、聞けよな

ふふ 始まりましたぁ ・・・ 母の嬉しかった話

 こないだ、母ちゃんな、100円ショップに行ったんやさぁ
 そしたらよな、なんとな、蕎麦がやぞ、蕎麦、あの食べる蕎麦がやぞ
 なんとよなぁ、箱によなぁ 10本入っとって100円やったのよぉ


10本とは、10把(わ)のことなんやろうなぁ うんうん
c0027188_427242.jpg

 なぁにぃ、10本で100円~? って母ちゃんも思ったけどよぉ
 まぁ、まずかったにしても100円やでよなぁ、一箱買ってみたのよ


ぶぶぶっっ きっと、すっごく美味しかったんやろうなぁ それでそれで?

 そうしたらよなぁ、これがよなぁ、うんめぇのよなぁ
 母ちゃん、蕎麦なんて嫌いなんやけどよなぁ、これはうめかったんやうぇ


がははっっ やっぱり、そうやったんやぁ 

 そんでパパにな、
 ゛ あんた、あそこ行って、あと10箱買って来てくれよな ゛ 
 って頼んでよなぁ、パパが10箱買って来たんやわい
 

この時点で、かなり私も母も可笑しくなってる。
c0027188_432498.jpg

 母ちゃんは、それでも物足りのうてよなぁ、
 ゛ これ、あんた、もうあと10箱、買っておいでよな ゛
 って言って、パパがまた店まで行ったんやさぁ


ってことは、家には既に10×11=110把の蕎麦があるわけだ。

 まぁな、なんでこんね安いかってったらよ、賞味期限が3月やもんでなんや

110把の蕎麦、しかも老夫婦2人、でもって賞味期限残り2ヶ月なしっっ。

 そんでパパが100円ショップにまた、10箱買いに行ったらな
 店の人に こないだ10箱買ってくれはった方ですねぇ なんて言われてよ


その父を後で操ったのは、あんたかいっっ

 まぁ、それがもうな、あんね山積みになっとったのによな、
 売り切れとったんやとよぉ~~~

 あっれはぁ、安いでよなぁ、まぁ、仕方がないわなぁ


姉の家や近所にも配ったと言う 1把10円の美味しいけど賞味期限が短い蕎麦。

 やっこちゃんは、蕎麦は、好きかよ?
 マイケルは、蕎麦は、どうや?
 食べれるんやったか?

c0027188_438280.jpg

いやいやいや、母上様 ・・・

お気持ちだけで、充分です ・・・

はぁ~~~ 涙がちょちょぎれるくらい可笑しい


愛しい両親。
by yayoitt | 2009-01-25 03:05 | 遠くにて思う日本 | Comments(17)
春よ 遠い春よ
土曜の今日は、午前中だけ仕事があったので ・・・ 

街の中央でバスを乗り継ぎ、病院に向かった

ここ1週間ほど、陽が少しだけ長くなり始めたのを感じる

朝8時 スコッツモニュメント の背後の空が ・・・ 明るい
c0027188_61968.jpg

今日は、良い天気になるんだとか

午後に家に帰って、コーヒー飲んだら ・・・

よしっっ いつもよりもっと長い散歩へ行こうっっ

と、いつもの丘(カールトンヒル)に向かった

今日は、クライドがいないから、ノーマンとヤッコロの2犬だけ

登りながら、何か(食べられそうな物)を見つけたノーマン
c0027188_614079.jpg

しかし、マズルがあるから口に届かない

しばし奮闘した結果 ・・・

仕方なく

深く溜息吐いてぇ オシッコかけましたぁ~ さすが姫っっ
c0027188_615869.jpg

見上げる空は、青く明るく

死火山の頂上に、人が沢山立ってた
c0027188_621657.jpg

木々は、冬枯れたままだけど
c0027188_623332.jpg

早い春を告げる花は、地面から顔を出して咲き出している

ヤッコロを、グイグイ引っ張って見晴らしの良い方へ
c0027188_625026.jpg

はるか地平線の向こうに、スコットランドの土地が続く

ここから見える風景が、大好き(ヤッコロ 弁)

ここで何か拾って食べるのが、大好き(ノーマン 弁)
c0027188_63780.jpg

あの辺のぉ、あの辺りにぃ、私達のおうちがぁ、確かぁ ・・・
c0027188_632452.jpg

丘を下り、喧騒に近づく頃

あっっ 

あの姿はっっ


ビーグルっっ
c0027188_634152.jpg

ノーマン、もうすぐ春が来るよ
by yayoitt | 2009-01-24 06:00 | 英国暮らしって... | Comments(25)
独りぼっちのクリスマス ・・・ そして
ビーニー が、クリスマスを待たずに逝ってから、1ヶ月が経つ。

 ビーニーとやれるだけ最期まで頑張りたい

と、痩せ細って何も食べない 愛する命 と、本当に最期まで頑張った Miss.R

クリスマスを目の前に、独りぼっちになった Miss.R

確かに、春の日差しを見つけることができる、1月の終わり、ある午後。

重い木のドアを開けて、1人の女性が窓口にやって来た。

Miss.R だった。

いつも ビーニー と一緒にいた時と同じ、少しだけ翳(かげ)りある笑顔。

 時間が掛かったけど、ようやく戻ってこれました

彼女は、そう言った。

 まだ、新しい犬を迎える心の準備はできてないんです

そして、こう続けた。

 Dog Trusts で、犬を連れ出すヴォランティアをしようと、考えてます

 何年も、新しい家族が見つからずにいる子達が、沢山いるから


(英国最大の犬レスキュー団体 Dog Trusts では、一般の人々により
 病気があったり、高齢で新しい家族の見つからない犬たちの散歩や
 触れ合い、交友関係を築くことができる )

ビーニー も、そんな施設から Miss.R の元にやって来た。
c0027188_5264376.jpg

          Miss.R が残してくれたチューリップと
c0027188_5272558.jpg

               ありがとう のカード
c0027188_5275847.jpg

そこにはこう、したためられていた。

        ビーニーの為に施してくれた全ての治療(看護)に、
           大きな ありがとう を言いたくて。

       皆さんが、とても助けになってくれ、そして親しくしてくれて。

               彼の最期の数秒まで、
         きっとそれ以上はないくらい、更に数マイルもの道程を
               共に行ってくれたこと。

          ただただ、私の感謝の気持ちを現したいと。

                    愛を込めて  ソニア


Miss.R が去って行ったドアから、早すぎる春の、まだ冷たい風が入ってきた。
by yayoitt | 2009-01-23 02:47 | 動物病院レポート ケースから | Comments(8)
白髪を受け入れ、忍者やっこ
白髪 が現れるであろうことは、覚悟してた。
c0027188_683969.jpg

高校の時のクラスメートは、10代にして 若白髪 だったし。

父は今でも黒々してるけど、母は一杯 白髪 があるし。

私の髪質からだと、母の髪の毛の遺伝子を受け継いでいると思われるから。

いつの日か 白髪 が現れるであろうことは、覚悟はしてたんだ。

自然現象なんだって、わかってはいるけど。

殆どの人が早かれ遅かれ持つものだって、わかってはいるけど。

やっぱり、ちょっとパニックになってみたりして。

 バカだなぁ ・・・ 

と思うんだなぁ。
c0027188_69392.jpg

先月のこと ・・・

仕事場の鏡で、自分で見えるところに、1本、見つけた!

おでこの上の、生え際の辺りに、1本。

オフィスでPCに向かってる同僚のカトリーナの元に、行って。

 カトリーナ、お願いがあるの ・・・

 この辺りに、白髪が1本生えてるから、短く切ってくれない?


妙な表情で私を見つめ、26歳の彼女は答えた。

 えええ、白髪なんて、切れないよ~

 白髪を1本切ると、また1本、増えるんだよ~~


私は、懇願するように言い返す。

 違うよ、抜くとまた1本増えるけど、切るのは良いんだってば

 ほら、ここんとこ、お願いっっ


カトリーナは、ポケットからナース用のはさみを取り出し。

やっこは、彼女の目の前に、俯くようにして頭をさし出し。

 えっとぉ、あぁ、この頭の頂点のところの?

私は一瞬 あれ? と思ったけど そうそう と言ってお願いした。

 はいっっ ほら、切れたよ

カトリーナが摘んで見せてくれた 白髪 を丁重に受け取り(笑)。

その夜、家に帰って、またまた鏡の前に立った。

 あ゛れ゛っっ??

おでこの上、生え際のところに、さっきと同じ 白髪 があるじゃないかっっ。

では ・・・ カトリーナが切ってくれた 白髪 は ・・・

 そ゛っか゛ ・・・ 頭の頂点にも、白髪があるわけだぁ
c0027188_691227.jpg

        ノーマンだって、こんなに白くて愛おしい!! 

確かに、鏡で見えるところに 白髪 があれば、他の何処にあってもおかしくない。

一本くらいだったら 白糸ちゃん なんて名付けることも出来たけど ・・・

この、頭のあっちこっちに、ニンニンと生えてるんやったら ・・・

ニンニンと、忍者はっとりくんの歌を口ずさみながら、鏡を覗きつづけたら。

 あ゛ ・・・ 白糸ちゃん、またいただっっっ ・・・
c0027188_6112978.jpg

こうなれば、逃げも隠れもするもんかっっ ニンニン

どこからでも、かかって来いよっっ ニンニン

明るく楽しく、受け入れてやろうじゃないかぁ~ はっっ ニンニン

by yayoitt | 2009-01-22 04:26 | やっこは、こんな人 | Comments(36)