「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧
やっこから 皆様へ
あなたと語ったこと

あなたから励まされたこと

あなたと笑ったこと

あなたの言葉に泣いたこと


あなたに会えて本当に良かった

素敵なあなた

強いあなた

すぐ泣くあなた

おどけてばかりのあなた

自分のことはそっちのけで

誰かの為に必死でいるあなた

一緒に怒ってくれるあなた

あなたにこの1年が

優しくありましたように・・・

そして

来年1年がまた

あなたを余り

泣かせたり、しませんように

心から ・・・ 良いお年を
c0027188_6363874.jpg
          やっこ、マイケル、ノーマン
by yayoitt | 2006-12-31 06:37 | やっこは、こんな人 | Comments(25)
日が昇る 日が沈む
c0027188_621956.jpg
        日が昇る

                  日が昇る

      日が沈む
c0027188_6203923.jpg

              鳥が鳴く

          鳥が飛ぶ

       鳥が鳴く
     
c0027188_6214340.jpg
鳥が呼ぶ

             日が昇る

                  草が濡れる

          草が震える
c0027188_6222062.jpg

                草が背伸びする

                     鳥が羽ばたく

                            鳥が集まる

                   鳥が帰る

          日が沈む

              寝息が聞こえる

                 寝息が聞こえる
c0027188_626323.jpg

         熊の寝息が

            カモシカの呼び合う声が
c0027188_627741.jpg

                   モグラの掘る音が

         ミミズの這う音が
c0027188_6273045.jpg

              日が昇る

              日が昇り

                日が沈む

             地球の鼓動が

        海の深呼吸が

       山を伝って

           水を潜って
c0027188_6283847.jpg

 クジラの鼻先をくすぐり

                  白熊の肉球を叩き
c0027188_629438.jpg

               ゾウの小さな目から

                 落ちる

             落ちる

                 しずくが

                     落ちる

                    残された狼よ

               砂浜を捨て海に向うカメよ

           友を失ったゴリラよ
c0027188_6301093.jpg

                           その響きを

              明日へ伝える

                  日が昇り

                  日が沈む

          そしてゾウの涙が

                川となり湖となり海へ注ぐ

by yayoitt | 2006-12-31 06:10 | 愛する動物のこと | Comments(6)
闘牛
絶対に行かないと決めている国がある。

スペイン 

エンターテイメントの為に続けられている 闘牛 は、スペインと言えばそれ、というくらい有名で華やかなイメージがある。

しかしその意味とは ・・・

大きな歓声や闘牛士の動きなどにて、緊張し、逃げ場所を失った牛を追い込み恐怖に陥れることで、牛が闘牛士に向ってくるように仕向ける。

闘牛士は、一突き、また一突きと、最初から急所は狙わず、まずは筋肉を痛めつけ、時間を掛けてゆっくり死んで行く様を見せる
、そういうショーである。
c0027188_5283657.jpg


生きる為だけに他の命を奪う動物を相手に、不必要に彼らを怖がらせて、じわじわと殺して行くのを楽しむ人間達・・・。

              ☆     ☆
 
スペイン・バルセロナ市内の闘牛場が、経営難のため来年いっぱいで閉鎖されることが決まった。

闘牛に対する反対運動の高まりが業績不振に繋がったとされている。

閉鎖が決まったのは、伝統あるモヌメンタル闘牛場。

闘牛は、3月中旬から10月下旬ほぼ毎日曜日に行われ、外国人観光客らを引き寄せていたが、最近は動物愛護の精神から反闘牛運動が盛んになっていた。

          For mercy's sake ...
c0027188_5364121.jpg
c0027188_537072.jpg
c0027188_5371530.jpg

by yayoitt | 2006-12-30 05:37 | 愛する動物のこと | Comments(14)
顎関節症友の会の皆様
できることなら起きないで欲しい・・・

顎関節脱臼(いわゆる、顎が外れる)だが、私のように 万が一外れてしまった場合 どうしたらよいか?

経験者は笑う ・・・ 

ではなく、語る、と言うことで、ちょっとご紹介。

まずはメカニズムから ・・・。

顎関節は、このようになっています 
c0027188_4585362.jpg
        下顎が上顎のくぼみに収まっています

顎が外れた状態とは、この下顎が滑って前方の小さなくぼみの方にずれた状態です 
c0027188_512456.jpg

そこで、矢印のようにまずは下顎を下に下ろして、そして後ろへ押し戻す、これが治療法です

自分でも出来ますが、誰かに治してもらう方が早いかもしれません。
c0027188_594567.jpg

方法は、両手の親指を開口した中に入れて奥歯に当て、他の4本の指で顎を持ちます。

そのまま、開口させ、そして開口した状態のまま押すのです。

!!しかし、通常とても強い痛みが伴いますし、方法を間違えると更に複雑な脱臼を引き起こしかねないので、決して、独断では行なわないで下さい!!

・・・ というか、顎が外れるなんてことが、ありませんように。
c0027188_5101327.jpg
    私はノーマン医師を特訓中です、彼女は嫌がってます
by yayoitt | 2006-12-29 04:57 | やっこは、こんな人 | Comments(12)
日本から、愛
日本の大切な友から届いていた 愛の肖像画 手にとって伝わるイルカと愛の言葉達 。

クリスマスをダンディーで過して帰って来た私とマイケルを、また日本からのあったかな贈り物が出迎えてくれた。

そして、かわいいクリスマスカードと優しい言葉たちも届いていました。

他に言葉は、ありません。

あなたに会えて本当に嬉しいです。

そして、あったかな  を受け取りました。

本当に本当に、ありがとう。
c0027188_503426.jpg
ビーグルの子犬の絵(写真)付きのマグ・・・私のお気に入りマグが増えました、ありがとう
c0027188_5244019.jpg

私の故郷、飛騨古川が載っているカレンダー、マイケルがとても気に入っています、ありがとう
ルピシアのティーバッグは、お正月休みに静かに頂きます、ありがとう
播磨屋の塩饅頭は賞味期限の近い生菓子という言い訳で、もう既に無くなりかけています、ありがとう

そして、飛騨のお菓子や辛い物、偽ケイトのパンツを送ってくれた友よ、ありがとう
by yayoitt | 2006-12-28 04:49 | 遠くにて思う日本 | Comments(20)
やっこ、クリスマス帰省する
クリスマスイブは24日の正午過ぎの電車に乗って、マイケルノーマンと、DUNDEE(ダンディー)に帰省していました。

27日の今日、朝早くの電車でエジンバラに戻り、そのまま仕事をして帰って来ました。

心配していた、鉢植えの花たちや松の木も、水を浸したキッチンペーパーのお陰で元気です。

そして・・・!!

喜び小包が、幾つも届いていました!!
こちらの小包は、明日の日記でご紹介します

あっまいお菓子もありそうです。

ダンディーでは、私たち夫婦とマイケルのお姉さん夫婦、おっとさん、おっかさん、そしてノーマンと15歳になるグレイハウンドのリップリーが集まりました。

24日は、恒例の挨拶回りの人々が次から次へと現れ、私とマイケルはコーヒーや紅茶作りに専念、時々は話に加わって愛想笑い。

ダイニングルームには、これまた恒例のクリスマスツリーとのようなプレゼント・・・クリスマスの朝までお預け

夕方にはマイケルと近くの花屋に出掛け、はいこれまた恒例ユリの花束を、日本の私の両親からおっとさん、おっかさんへのプレゼントとして購入。

イブの夜は、こーれも恒例11時半から始まる近くの教会の礼拝に出席し、

クリスマスの準備は着々と整えられ、待ちに待ったクリスマスの朝になりました。

10時半から始まった、プレゼントオープンは、2時間半後に終了し、皆が満足と心地良い少しの疲労を感じたのであります。
c0027188_53296.jpg
    ツリーの下の山積みプレゼント
c0027188_5343172.jpg
     私たちからのプレゼント、ソーセージを楽しむリップリー
c0027188_5353540.jpg
マイケルのお姉さん夫婦からのプレゼント、クリスマスローハイドを噛むノーマン

今年は、私がヴィーガンになって初めてのクリスマスということもあって、皆がヴィーガンにちなんだプレゼントを選んでくれました。
c0027188_5441583.jpg

おっとさん、おっかさんからは、SSPCAのメンバーシップ加入のプレゼントもあり・・・。

ヴィーガンの本やヴィーガンシャンプー、ボディーシャワー、動物愛護の手引きのダイアリー、PLANET EARTH(プラネットアース)のDVDなどなど ・・・。

物はいらない、とリクエストしていただけに、とても心が満たされました。 

何よりも、私がヴィーガンになったことを受け入れて、応援してくれている家族にとても感謝でした。

クリスマスディナーは、おっとさん、おっかさん、マイケルは(またもや)恒例のターキーを、お姉さん夫婦と私はベジタリアン(ヴィーガン)用のローストナッツを、嬉しく楽しく、美味しく、頭には(やっぱり)恒例の紙で出来た王冠をかぶって頂きました。
c0027188_610531.jpg

デザートのトライフル・・・ヴィーガン生活と共に、大好物のこれにサヨナラを言ったはずでした。

が!!

ジェニファー(マイケルのお姉ちゃん)が、ヴィーガン用のタマゴの代わりでスポンジケーキを作り、エジンバラで購入してきた、ヴィーガン用ホイップクリームとカスタードクリームで、ちゃんとトライフルが出来たのです。

お味は ・・・ やっこ、ホイップクリーム以外は、大大大満足!!

エジンバラに滞在中に、ホイップクリームとカスタードを見つけてくれた友、日本の友人Fionaに感謝です

こうして楽しい時間は過ぎ、静かな夜のダンディーの街にノーマンとリップリーを散歩に連れ出したりして、ゆっくり幸せに過しました。
c0027188_612123.jpg
       近所の家の玄関 どの家も、綺麗に飾ってありました

そうして、これは私もノーマンも楽しみにしていた恒例中の恒例一緒に布団の上で寝ちゃいましょう!!ということで、床に敷かれた布団の上にノーマンを誘い、2人と1犬で眠ったのでした。
c0027188_66235.jpg
      一緒に布団の上にて  

楽しい時間はあっと言う間に過ぎるもの ・・・ 1年に1度だから、楽しいし、幸せな気持ちになれる。

クリスマス前から臀部の痛みに悩んでいるおっかさんが、元気がなかったのが残念だが、彼女の心が少しの時間でも痛みから開放されたことを・・・。
c0027188_692812.jpg
スコットランドはクリスマス前後数日、深い霧に包まれ五里霧中、蜘蛛の巣も凍ってしまう寒い日々となりました

          あなたのクリスマスが幸せであったことを
by yayoitt | 2006-12-27 05:08 | 英国暮らしって... | Comments(16)
そしてそこには ・・・
人間達が昔、ルールも守らず入り込んできたこの土地で、

華やかに着飾ったり大きな音を立てたり

あなた達を追い駆けては怖がらせている。

そうして何年も何年も

あなた達を脅えさせたまま

この真冬の夜を祝っている。

遠くの氷の世界では

その時も

今の一瞬も

あなたは生き続ける為だけに歩き

空を見上げ風を知る。

すぐ近くの残り少ない木々の上では

隠れることが出来なくなって怯える

あなたが

それでも出来る限り

行き続けようと羽根を縮める。

人間は笑いながら通り過ぎる、

その横を・・・

人間は幸せそうに食べ物を頬張る、

その下で・・・

見上げる

遠くを見つめる

耳を澄ます

心を研ぎ澄ます

そしてそこには・・・

愛するあなたが、今日もただ

生きる為に

怯えている。

あなたに本当の Merry Christmas を・・・
c0027188_19515552.jpg
c0027188_19521350.jpg
c0027188_19522743.jpg

by yayoitt | 2006-12-26 19:40 | 愛する動物のこと | Comments(10)
あなたにMerry Christmas
もしも

真実を知らなくても

歴史に困惑しても

せめて

目を閉じて

感じるものがあれば

それで良いのかもしれない

あなたの中に生まれる思い

耳を傾けてみる

聞こえる

伝わる

感じる

いつか、本当の救いを生み出せる

Merry Christmas
  
c0027188_19364333.jpg
       写真をダブルクリックで、ライブのエジンバラへ
by yayoitt | 2006-12-25 19:23 | Comments(6)
やっこ、救急病院に行く! その3
テレビでは、始まったばかりのアメリカティーンエイジャーの映画をやっている。

遠くに目が行った人や鼻の曲がって血を出した人なども、口を開いてそれを見ている。

 ・・・ 口をおっぴろげているのは、あたしだけじゃなさそうだなぁ ・・・

さぁ、今から数時間、ここで待つのかぁ ・・・

 “ Mrs やっこ~ Mrs やっこ~~ 

あれ??今呼ばれた??

まさかと思っているとマイケルが、“ よ、呼ばれたよ!!”と立ち上がった。

遠くで立っている看護師の女性の方へ2人で歩いて行った。

途中でマイケルが尋ねた。

 “ 僕も一緒に行った方が良い? ”

 “ あん、うあうはがへあいえ、いっほいひへ ”(訳 うん、うまく話せないで、いっしょに来て)

マイケルが頷いて、一緒に看護師の導く診察室(ワンフロアーを幾つも小さな診察室で区切ってある)へと歩いて行った。

椅子にかけると、看護師から幾つか質問をされた。

この質問は全部、自分で答えた ・・・ が、きっと彼女、後で陰に隠れて大笑いしたんじゃないだろうか??

 “ じゃぁ、ドクターに話をしてきます、それからレントゲンを撮りますね ”

数分待っている間、マイケルはとにかく、到着後15分も経たないうちに呼ばれたことにとても驚いていた。

でも、今からレントゲン撮って ・・・ だとやっぱり数時間はかかるかも ・・・。

そこへ、背の高い眼鏡を掛けた綺麗な女性が右手を差し出しながら現れた。

 “ こんにちわ、私は ドクターM です。顎が外れたって?

私は隠していたマフラーを取り除いて、石にその顔を見せながら答えた。

 “ あえいお はんはい、はうえはえほ、ぎうんえふぐ もおっはんえう ”

(訳 前にも 3回、外れたけど、自分ですぐ 戻ったんです)

 “ そうなんだぁ・・・。でもあなた、顎が外れたにしては、とってもよくやってるわ!頑張ってるわ!

さすがドクター、はへほひ話す私の言葉を1回で理解してくれている!

しかもやっこ ・・・ 褒められてちょっと有頂天になってきたぁ~、なんだか嬉しい、頑張ってるよ!イエイ~~!

昔からどんな状況であれ、誰かに褒められるとすぐ図に乗る悪い癖がある。

 “ レントゲンを撮る前に、まずここで、ちょっと修復してみようと思うの ”

・・・ うんうん、早くお願い!!

 “ 普通は痛みが強いから、軽い麻酔をかけて行なうんだけど、あなたはこれだけ頑張ってるから、ちょっと麻酔なしでやってみる? ”

麻酔などかけてたら随分時間がかかる ・・・ 是非、そのままここで今、お願い!!

背の高い医師は立ち上がると、開いたままの私の口に、手袋をはめた両手をおもむろに突っ込んだ

彼女が両手を突っ込んだ瞬間に痛みがなくなった。

彼女はそのまま私の顎を持って強く押している。
c0027188_643133.jpg

何も感じなかった、痛みどころか、痛みが消えてとても楽だった。

 “ なかなかこれは難しいわね ・・・ ”と、彼女が口から両手を外し、心配げに私に尋ねた。

 “ どう?痛みは大丈 ・・・ ”

彼女が言い終わる前に私が叫んだ “ 元通りに戻った!口が閉じられる!戻った! ” 

眼鏡の医師は、とても驚いた表情で笑いながら “ え??戻ったの?まぁ!それは良かった!! ”

手応えがなかったので医師はわからなかったらしいが、口を開けて軽く後ろに押してもらった時点で顎関節はすんなり元の場所に戻ったのだ。

マイケルも驚いて笑っている、そして医師に尋ねた “ どうやってやったの? ”

医師は紙を取り出して、顎骨の図を描き、どういうメカニズムかを説明してくれた。

それを聞いてマイケルが “ 今度から僕が出来るなぁ! ”と言うと、医師も笑いながら頷いた。

 “ ありがとう!!ありがとう! ”

お礼を繰り返すと、医師の彼女も照れながら “ こっちこそ、こんなに楽に戻させてくれてありがとうだわ! ”と笑った。

喜び勇んでタクシーで帰って家に着くと、ノーマンが丸まったままで私達を一瞥してまた目を閉じた。

家を出てからたった 50分 ・・・ スピード救急病院体験!!

口が閉じれるって素晴らしい!唾液が飲み込めるって素晴らしい!!普通に喋れるって素晴らしい!!

はぁ~~~~ちょっと疲れたぁ~~~~~ ・・・ と! 欠伸は禁物!!
by yayoitt | 2006-12-24 06:04 | やっこは、こんな人 | Comments(24)
やっこ、救急病院に行く! その2
・・・

顎が外れ、口が開きっぱなしで、しかも痛みがあるのに眠れるはずがなく。

大口あんぐり開けたまま、マイケルに頼んだ。

 “ あいえう~~ あっあい、えれねーおおお ”

(訳 マイケル~~ やっぱり、寝れねーよおお)

マイケルも、痛み止め飲んで寝たら治るとは言ったものの、その自信はなかったようで

 “ よし、救急相談に電話して、どうしたら良いのか聞いてみるよ ”と。

急病の場合、まずは救急相談に電話をして、様子を見て良いのかそれともすぐに病院に行くべきなのか、または病状によっては救急車を呼んでくれたりする国のサービスがある。

あえあえ と 声にならない泣き声を出しながら、マイケルの電話するのを見守った。

 “ はい、うん、もう1時間以上は口が開きっぱなしで痛みがあって、唾?あ、唾は飲み込めるかって? ”

電話のマイケルに向って、口を開けたまま唾を飲み込んでみたが、あげーー という妙な音が出て、何とか飲み込みはしたが苦しかった。

 “ 唾は何とか飲めるみたいだけど、かなり苦しいみたいです ”

 “ え?そ、そうですか?そう思いますか?・・・はい、わかりました。R.Iですね・・・ ありがとうございました ”

電話を置いたマイケル、小さな溜息を吐いて、“ 救急病院にすぐ行ってレントゲン撮ってもらったほうが良いって・・・ ”

痛み止め飲んで寝ろっ て答えと、随分違う ・・・ しかももう、夜の11時過ぎである。

しかもクリスマス直前の金曜の夜、酔っぱらいや喧嘩や、事故や、刺された人で賑わっているであろうエジンバラの救急病院である。

でも、痛いし、寝れないし、どうせ同じ眠れぬ夜を過ごすなら、病院で朝の5時6時まで待たされたって同じことだ。

すぐ横で スースー と寝息を立てて眠っているノーマンを見つめ、まだ迷っている私の背中を押してくれたマイケル。

 “ あがっが!えぐ! ”(訳 わかった!行く!)

マイケルがタクシーを呼んでくれたのが11時半頃 ・・・

口をおっぴろげた私は、眠いけど私達を不審気に見上げるノーマンに言った。

 “ オーアン ・・・ あうん あはい あうえお、おえんあ ・・・ ”

(訳 ノーマン ・・・ 多分 朝に なるけど、ごめんな ・・・)

外に出るとタクシーの運転手さんがドアを開けてくれた。
c0027188_2315110.jpg

私はマフラーをグルグル顔に巻いて、歪んで開けっ放しの口を隠しながら座り、マイケルは運転手さんと色々会話をしながら、手を握っていてくれた。

 “ さっき、リースストリートでおっきな事故があって、かなりやばいらしかったよ、何でも誰かがバスの下敷きになったって話だよ、クリスマス前になぁ・・・ ”

・・・ その怪我人は、R.I救急病院に運ばれたのに違いない。

顎が外れて大口開いたままの私なんて、軽症も超軽症だから、かなり後回しにされるだろうなぁ・・・。

マイケルが呟いた “ くそっ!本を持ってくるの忘れた! ”

15分も走ると、R.I救急病院 に到着。

待合室に入るとまず、受付があったのでそこで受付をした。

ポテトチップスをバリバリ食べながら、受付の女性が、私の顔を見て名前を尋ねた。

マフラーから顔を出して “ やっほ ”と答えると彼女は、救急相談からファックスで情報が入ってると教えてくれた。

マイケルが、やっほ を ヤッコ と訂正すると、あとの質問は全てマイケルに尋ねていた受付嬢 ・・・ 助かった。

そして待合室に入る ・・・ あれ?思ったほどじゃぁないな ・・・ 殆どが酔っ払ってるらしい人、そして喧嘩で鼻の骨が折れてる人、それくらいである。

ただ、そこで待つ殆どの人は、結構、見た目が荒れてる ・・・ 覚悟はしていたけど、ちょっと怖い ・・・ マイケルもなるべく他所を見ないようにして、なるべく引っ込んだ遠くの席に座った。

あいにく、目が遠くに行っている人が多いので、顔を隠してテレビを見始めた私をじろじろ見る人もいない ・・・ 助かった。

今から順番だから、多分、2~3時間?レントゲン撮ったらまた1時間?はぁ~~長い夜になりそうだぁ・・・。
c0027188_2305310.jpg
                3の完結に続く
by yayoitt | 2006-12-24 01:35 | やっこは、こんな人 | Comments(6)