<   2006年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧
phobia 恐怖症
                 phobia (フォビア)

元々ギリシア語(多分?)であるが、英語で 恐怖症 のことである。

人間、理由のわからない、得体の知れない、説明のできない、恐怖ってあるものだ。

代表的なものには、Arachnophobia(蜘蛛くも恐怖症)、Acro phobia(高所恐怖症)、Achluo phobia(暗闇恐怖症)などがある。

私の父親は、CTスキャンで発狂しそうになったくらい、また、エレベーターで一言も喋れないくらいの Claustrophobia(閉鎖恐怖症)だ。

ある友人は、完全なArachnophobia(蜘蛛くも恐怖症)だったから、彼女が蜘蛛を見つけ、机の上に登って避難している間に、私が外へ運ぶ役だ。
c0027188_65260.jpg

マイケルの姉の旦那は、足の裏恐怖症、だから彼の前では靴下は脱げない。
c0027188_652867.jpg

小心者の私には、幾つか phobia がある

 Hydrophobia(水恐怖症)...顔を洗っているだけで息苦しく溺れる気がする。

 名前はわからないけど、手すりのない階段恐怖症...よく夢に出てくるくらいに怖い、高所恐怖症も加わっていると思う。だから、ロードオブザリングの朽ち果てた地下の都モリアなどのシーンは、気絶寸前になりながら見た。
c0027188_6142428.jpg

 これも、名前はわからないが、排水溝恐怖症...見つめると吐き気がするし、とても触れないし、シャワーを浴びていても足で踏めない。
c0027188_655627.jpg

 そして、極めつけ、Hygrophobia(湿ったとこ、ベタベタしているとこ恐怖症)...銭湯やプール、海などで更衣室の床が濡れていると、泣けるくらいに嫌である。

理由はわからない、説明がつかないから、直しようもない。


真ん中の姉、彼女の一番の phobia ... 名前がないので、私が付けてみた。

Daimajinnophobia ...

大魔神恐怖症
c0027188_6145467.jpg

マイケルは、しいて言えば、Venstraphobia(美しい女性恐怖症)だろうか...いつも、私が帰って来ると、叫び声をあげる...。
c0027188_6185787.jpg
          いっひっひ~~~~
by yayoitt | 2006-03-31 05:18 | やっこは、こんな人 | Comments(20)
温泉に行く?
昨日、飛騨の大切な友人からメールが届いた。

彼とは、病院で一緒に働いていた時から、何でも言える、お互いの目の前で何でもできる友人になり、私は親友の一人、と思っている。

彼と私が一緒の病棟で働いていた時期の同僚は、皆がとても仲が良く、いまだに毎年、宴会をし、必ず冬には温泉に一泊で出かける。

温泉に行くのは、たいてい2月の一番寒い頃で、雪を頭に積もらせながら露天風呂で混浴する。

裸を見ても見られても、誰一人恥ずかしい、と言わなくなってしまったくらいの、仲の良さなのだ。

... あと、20代の若い男女はいなくなった(皆、30代以上になった)からかも知れない。


彼からの短いメールは

 “ 飛騨に帰ってくるって?温泉行く? ” とあった。

すごく、嬉しかった。

すぐに、“ お願いだから計画して! ” と返事した。

温泉での思い出は色々ある。

歯磨きしたまま湯から出れなくなり、飲み込んだこともあり

後輩が素っ裸で、ひどい格好で転んだこともあり。

額に入った一物を拝んだこともあり。

とにかく、何が起こるかわからない。

この仲間は、年長者で70近く、そこから60代、50代、40代、そして一番若いのが私と同級生だから、37~8歳まで幅広い。

なのに、皆がぎゃあぎゃあ言いながら、一晩中起きて笑い、歌い、踊り、背中を叩きあい、時には同情して泣き、昔は良かったと愚痴り、湯気で顔をほんのり紅潮させるのだ。

ことに、このメールをくれた友人は、話すことの殆どが冗談で、しかも、ブラックジョークを連発するのに、彼だから皆が許してしまう、という得な人だ。

彼はいつも、皆の前でこう挨拶する。

 “ 今年もこうして、皆が集まり、特に、遠くは あの世 からわざわざ来てくれた Hさん と Kさん など、本当に嬉しいことです ... ” 

Hさん は年長者の女性で元看護助士、Kさん は次の年長者女性で元看護師副部長、現役時代は医師も頭が上がらなかった人である。

そんな彼女達を、平気で あの世から来た人 と面と向って言えるのは、そしてHさんもKさんもそれを笑って許してしまえるのは、彼しかいない。

もう一月半もすれば、そんな彼らと、温泉に行ける!
c0027188_4484273.jpg
           いつも泊まる旅館
by yayoitt | 2006-03-30 02:28 | 遠くにて思う日本 | Comments(20)
命のリサイクル
 “ バーニーは今、幾つでしたっけ? ”

 “ はっきりわからないんだけど、多分、6歳くらいだって SSPCA では言われたの ”

 “ あなたは、バーニーとどれくらい一緒にいるの? ”

 “ もう3年になるわ... 

これは、今日の病院での、私とある飼い主さんとの会話である。

バーニー は、今日、全身麻酔で歯の治療を受けたベアーディッドコリーである。 
c0027188_4353933.jpg

11本もの抜歯をして、麻酔から覚めたバーニーを迎えに来たのは、とっても心配げな女性であった。

バーニー は、元の飼い主が何らかの都合で手放し(もしくわ、捨て)、彼を保護した団体 SSPCA (スコットランド防動物虐待アソシエーション)が里親探しをして、今のご主人の元にやって来た。

病院に登録されている犬猫のうち、半数近くは、こういう 里子 たちである。

何らかの理由で、元々の飼い主から離されてしまった子達。

多くの里親になったご主人は、この愛する犬猫の子供時代を知らない

子供時代をどんな風に育ってきたかを知らない

時に、ひどく男性を怯える犬とか、栄養状態がずっと悪い猫とか、子供時代どんな風に扱われてきたかという名残を残す子達もいる。

この里子達は幸せに、そして現在の優しいご主人達と幸せに暮らしている。


 ... 日本のことを考える ...


現在、全国各地に、小さくてもコツコツと、そして全力を尽くして里親探しをする犬猫シェルターができている。

がしかし、迷子のまま、また、捨てられた犬猫の殆どは、保健所(動物愛護センター)に連れて行かれる。

その子達の殆どの運命は ... 。

でも ...

 確実にでも、日本は変わりつつある。


 殺さない方向へ、進みつつある。  

 
 時間はかかっても、命を、リサイクルする未来へ、歩みつつある。



長いひげのような口の周りの毛を、少し赤い血で汚しながらも、ご主人を見ると、大きな身体で飛び上がって喜ぶ バーニー

リサイクルされなければ、この子は3年以上前に、死んでいた。

ただの物ではないからこそ、それは命であるからこそ、捨てる人がいたら、拾って生かす人がいなくてはならない。

まだ幸せな生涯を生きられる命を、殺しては、いけない。

この文章を打っている私の周りを、ボールを追い駆けて大きな音を立てている子 ペグ がいる。

彼女の同居犬 ポリー は数週間前に亡くなった。
c0027188_4484433.jpg

写真の ペグ のご主人は、今晩お出掛けなので、我が家で時間をつぶしている。

彼女は、生後数ヶ月で捨てられ、保護され、犬猫ホームで暮らしていた。

リサイクルされなかったら、彼女は、去年の春に、死んでいる。

日本で保健所だったら、生後5ヶ月の遊び盛りに、ガス室で、死んでいる。

by yayoitt | 2006-03-29 03:22 | 保健所の動物のこと | Comments(22)
猫 と 尿結石
勤める動物病院には、緊急の予約を入れる電話が沢山かかる。

の場合、一応、症状を聞いて、私たち看護師が緊急性があるかどうかをまず判断する。

猫の緊急性の高い病気で、とても多いのが、尿閉

つまり、尿が出ない状態 のことである。

これが実は、一刻を争う危険な状態であることが多いのである。

尿が出ない理由には色々ある、例えば、下痢が続いていて、水分が便と共に出ているとか、何らかの理由で水分を飲めていないとか。

また、外出する猫の場合だと、外で確かに排尿しているのかどうかを知ることができないからつい、見落としてしまいがちでもある。

                 何故、この尿閉が怖いのか?

腎臓から流れて、膀胱に溜まった尿は、尿管を経て外部に排出されるが、何らかの理由で尿が出ないという状態である場合、出口のない尿が膀胱にも一杯に溜まり、それでも行く場所がなく滞り、更には腎臓へと戻ってしまうことがあるのだ。

膀胱内で尿が長時間滞って、細菌が繁殖すると膀胱炎、更に、腎臓にそれが上がりこむと、腎炎となり、こうなると、あっと言う間に全身の臓器を侵してしまう。

猫のことで相談があった場合、必ず私たちは、オシッコをしているかどうかを尋ねる。

家の中に置かれたトレイに、座っては何も出ず、また戻って、何も出ず、オシッコがしたいのに出ない状態は、まさにこの、尿閉の状態であることが殆どだ。

                 では何故、尿閉が起こるのか?

尿中に含まれるミネラルの成分が、尿路(腎臓から尿道まで)で析出して結晶となり、集まった結晶は尿路を刺激し 、炎症を起こさせ、互いに固まって結石となる。

それが膀胱に存在してみたり、尿道に詰まったりするのである。

特に オス猫 の場合、尿道が細くて長いので、膀胱炎を起こすだけでなく、結晶が尿道を閉塞させて尿が出なくなるのだ。

膀胱でできた結晶が大きければ、尿管を通ることができずに膀胱内に残るので、超音波などで確認後、手術などで取り出す。

しかし、怖いのは、尿管に詰まった場合で、これは緊急度が非常に高く、一晩様子を見ようなんて言っていられないのである

...... 実は、この尿石症は、食事が原因で起こることがほとんどなのである

うちの病院に来るこのケースで亡くなったり治療を受けた猫の食事は、ドライフード

もともと猫は、乾燥地帯で生活していた動物で、水が少ない環境に適応し、飲む水よりも食事に含まれる水分を利用する。

ドライフード は当然、あまり水分を含んでいない為、ドライフード を食べていると自然と水不足になって尿が少なくなり、尿結石ができやすくなるのだ。

また、この問題を解決する為に、現在は ドライフード も、水分を沢山含むようにしてあるものもある、が、問題となる2種類の異なる結石が存在する為、一方を防げても、もう一方が...という不安が残る。

だから、うちの病院では、猫の飼い主に食事の種類を尋ね、ドライフード を与えている場合は注意を促す。

知らないと、大変なことになるからだ。

また、事実、殆どの ドライフード を与えている飼い主が、そのことを認識していない。

それは、ドライフード のパッケージなどに、あえて注意書きなどされてないことが問題であると、獣医師は怒りを表す。
c0027188_464898.jpg

by yayoitt | 2006-03-28 03:05 | 動物病院レポート ケースから | Comments(22)
愛する友達へ
あなたが 悲しい と言う時 私には何ができるだろう?

顔中にマジックで だいじょうぶ? と書いて、あなたを笑わせることくらい...。

あなたが 寂しい と言う時 私には何ができるだろう?

子守唄を ヘ長調 で不気味に歌って、あなたを眠らせることくらい...。

ね~むれ~♪ ね~むれ~♪

あなたが 辛い と言う時 私には何ができるだろう?

ちょっと臭いけどゴメンな、と言いながら、その涙を私のシャツで拭うことくらい...。

あなたが 虚しい と言う時 私には何ができるだろう?

サンドライトマトでニッコリマークを作ってピザを焼き、これで心を埋めよ、と言ってみることくらい...。

本当は胃袋しか埋められないことを知りながら...。


あなたが 本当に悲しんでいる時 私には何ができるだろう?

...きっと、何もできやしない

あなたが 本当に寂しい時 私には何ができるだろう?

...きっと、何もできやしない

あなたが 本当に辛い時 私には何ができるだろう?

...きっと、何もできやしない

あなたが 本当に虚しい時 私には何ができるだろう?

...きっと、ピザ一枚さえ、焼けない

あなたは私の心を優しさで埋めるのに、私があなたにできることなんて何もない。


友よ...

そんなあなたを、ただただ、見守ることしか、私にはできない
c0027188_6105975.jpg
c0027188_6111556.jpg

ほら、よく言うじゃない?恋している人は幸運だって。でもね、私はこう感じるの...。 この友情の中にいる私って、何て幸運なんだろう!
by yayoitt | 2006-03-27 05:21 | やっこの思想 | Comments(26)
カウントリーリビング
今日は、滅多に行かない Glasgow グラスゴー に行ってきた。

マイケルと2人で電車に乗って。

行った目的は、country living という雑誌主催のスコットランドフェスタがエキシビジョンセンターで行なわれて、その招待券をもらったのだ。

この雑誌は、私は結構好きでよく買っている。

カウントリー調のものが溢れていてとにかくかわいい。

英国らしくて、素敵なのだ。

特によくその中で紹介されるのが、ローラアシュレーとか、cath kidston 、こういう物が山ほどあった。

あれもかわいい、これもお洒落、あんなキルトをベッドに掛けたい、あんなお皿で夕ご飯食べたい。

夢見心地になりながら、約1時間30分 ふらふらした。

マイケルは主に食べ物の匂いに従って歩き回り、私はリネンや布や家具や台所道具に惹かれて歩き回った。

会場内は、入場料が£10と高めにもかかわらず一杯だった。

あれが欲しいこれも欲しい、でも、全てが手作りなので高額で、ぐっと息を飲んで我慢した。

ただ1つだけ、なんと、マイケルが気に入って、私に尋ねてきたものがあり、私もすぐに気に入って買った物がある。

それを連れて帰ってきた。

まだ名前はない。
c0027188_523860.jpg

ずっと、頭とシッポを振り続ける、かわいい やつだ。
c0027188_4583172.jpg
私なりにカウントリーっぽく気取ってみたけど、マイケルに聞いたら、“ヒッピー”と一言
by yayoitt | 2006-03-26 04:26 | 英国暮らしって... | Comments(26)
バイバイ、クエーバー
動物病院にかかってきた一本の電話。

 “ 7歳の猫の安楽死の予約をお願いします ”

淡々と話す飼い主の女性のその理由は、ここ数ヶ月、急に家のトイレじゃない所で便をしたり、オシッコしたりするようになったから。

彼女は、リホーム(里親探し)の団体などに猫を預けて、その行方もどうなるかわからなくなるくらいなら、安楽死させた方がいい、と付け加えた。

病院のスタッフが、病院で里親が見つかるまで預かることを提案すると、決して犬猫ホームなどに預けることはしない、という約束で、了解してくれた。

安楽死の為に予約した時間は、急遽、その猫(クエーバー)の、動物病院への引越しの時間となった。

それから既に約一ヵ月半、夜だけは誰もいなくなるのでケネルで過すが、それ以外は、私達のオフィスでのんびり過した。

病院の中では、一度として、オシッコやウンチをトイレ以外の場所でするようなことはなかった。

置かれた幾つかの椅子に交互に座り、電話が鳴ればデスクに登り、電話で喋っているスタッフに身体を摺り寄せる。

隙間があれば好きに出て行き、どこかで見つかり、捕まって抱きかかえると “にゃおう~~”とちょっとだけ怒る。
c0027188_7424862.jpg

ブラッシングが大好きで、ブラシで梳かれ始めるとデスクの上で転がりながら爪を研ぎ、よだれをぼたぼた書類の上に零す。

とにかく人懐っこい、のんびり屋の、気のいい猫だった。

スタッフが皆言っていた。

 “ このまま、ここでずっといてくれたらいいねぇ ”

彼女が今日、お見合いに来たカップルに一目惚れされ、動物病院を去って行った。

用意されたカゴが、彼女のダイエット中の身体にはちょっと小さいのを嫌って、ミュアアアアと啼きながら病院を出た彼女。

もしかしたら、もうこの世にはいなかったクエーバー

新しいおうちで、優しいご主人の元で、幸せになっておくれよ。

 “ もしも、上手く行かなかったら必ず、ここに戻してください、そして、時々、近況を聞かせてください ”

そういう約束で、手を振り、満面の笑顔で去って クエーバーの新しいパートナーは去って行った。

デスクの上には、さっき彼女が零した涎(よだれ)と、白い毛の玉が残っていた。
c0027188_7432558.jpg

by yayoitt | 2006-03-25 07:13 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(27)
ある熊たちの一生 その2  踊る熊
インドやパキスタンで、2千頭もの熊が、人々のエンターテイメントの為に苦しんでいます。

生まれて間もない小熊達は、母親熊がその巣を離れた時、もしくわ母親がいたら人間が母親を殺して、そうして連れて来られます。

この法律違反である、熊の殺傷や捕獲は今日の熊の絶滅を非常に脅かしています。

多くの小熊達は、母親から引き離されることで、人間の術者に売られる前に死んでしまいます。

                 踊る熊 

... と呼ばれるこの小熊達のそれからの一生。

口唇や上顎、鼻に幾つも穴を開けられて、チェーンやロープをそこに通されます

この手術をされる時にはもちろん、麻酔などはありません。

また、彼らの歯は全て抜かれるか削られるかしており、術者が噛まれたりするのを防いでいます。

これももちろん、麻酔などされません。

この、顔に開いた穴は、常に化膿している為に痛みがひどく、術者はそれを利用して操る為に、熊は炎症を起こしている穴が引っ張られる痛みを少しでも軽くする為に、術者に合わせて立ち上がり、顔を横に振ったり、いわゆる、踊る しかないのです。

この 踊る熊たちの栄養状態は非常に悪く、白内障を起こして盲目になるものが多いのです。

この非自然的で苦痛の生活を強いられる熊たちからは、高度なストレスによる、狂乱症状などが見られます。

これが、彼らの24時間、母親から離されてからの一生です。
c0027188_1917937.jpg

WSPAは長年にかけて募金を募り、この 踊る熊たちの顔に開けられた穴につながる針金を切ってあげよう、という運動を続けています。

英文はそこから私なりに訳させていただきました。
by yayoitt | 2006-03-24 19:20 | 愛する動物のこと | Comments(38)
ブラウン先生の生活
私が働く動物病院は、獣医が2人、看護師4人、パートで電話番などする女性1人、月曜だけ手伝う獣医師1人から成り立っている。

獣医師2人はブラウン夫婦で、主にご主人のブラウン先生が手術などはする。
c0027188_55089.jpg

血液検査やレントゲン、超音波などは、奥さんのブラウン先生がする。

 ...  ご主人のブラウン先生の生活はこうである。

朝8時頃出勤、8時半から11時頃まで外来診察、11時頃から手術を数件こなし終わると午後2時近く、2時半からは再び外来診察が夜の7時過ぎまで続く。

これを月曜日から金曜まで続け、土曜は、午前の外来診察のみ。

彼は現在63歳、奥さんは多分10歳くらい若いと思われる。

去年の9月まで彼は、24時間 週7日 年中無休体制のオンコールで、緊急診療も緊急手術も、夜中であろうが行なっていた。

土曜日も日曜日も丸一日外来診察をしていた、そんな生活を40年以上も続けていたという。

24時間体制なので家に帰ってもすぐに呼び出されることが多く、病院の建物の小さな控え室で寝起きしていた。

365日仕事をし、休みは運が良ければ数時間、まとまった休暇なども取らず、旅行に出掛けることなどもないから、パスポートなんて持っていない。

人間の意志を目指す息子と音楽家の息子、そして獣医師を目指す娘3人との父親であり、家には猫が数匹、犬が5匹、馬が6頭、鶏やガチョウなども飼っている。
c0027188_5503668.jpg

数十年をそんな風に過ごしてきた彼に、身体からの警告があったのが、去年の9月。

心筋梗塞で緊急入院、数週間の入院後、仕事時間数を減らすことと食事療法が命を延ばすと言われた。

それまでの24時間体制を止めて、電話応対はするがアドバイスのみ、緊急診療や時間外手術は他の緊急病院に契約してお願いした。

彼の頭の中には、5千にも及ぶ動物の名前と飼い主の名前が入っている。

電話の用件を伝える時に、“ ポチ 山田 が、、、 ” と言えば、“ おお、あの、5歳のジャックラッセルか ” とか、“ おお、何々町、何番地の... ” などと、住所まで丸覚えしていたりして私たちを驚かす。

40年に渡る、動物とその主人達との一時、一瞬一瞬が、積み重なって、今の彼の生活があるのだ。

甘い物は駄目だ、と奥さんに厳しく言われている彼だが、コーヒーを飲みながら時々、奥さんのいないことを確認して、

 “ やっこ、そこのビスケットの箱を、そっと開けてこっちに廻してくれないか? ” と懇願する彼に、元看護婦の私でさえ拒否できない。

思わず一緒に、“ ほら、今のうち!早く早く!あ、こら!一枚だけ!! ” などと言ってしまう。
c0027188_551012.jpg

彼の分厚く器用な魔法の手は、いつも深い傷が数個ある。

猫に引っかかれたり、犬に噛まれた傷を、毎日手術の度にたわしでゴシゴシこする。
c0027188_5512065.jpg

その手は、英国内でも数人しか出来ないという手術もこなし、また、見つからないように素早くチョコレートを盗むこともできる。

こんな彼の人生と掌(てのひら)を、私はちょっとでも応援して楽にさせたいと、願う。
by yayoitt | 2006-03-23 04:17 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(26)
ある熊たちの一生 その1
漢方薬、熊の胆(クマノイ)という名を聞いたことがありませんか?

胆汁の流れを良くするとしてウルソデオキシコール酸が様々な薬に使われています。

この漢方薬の為に使用される熊に現実とは...


                中国の場合

いわゆる胆汁を採集される為に狭い檻の中で一生を過す熊達。

その腹部は切開されて穴が開き、そこから胆嚢に届くカテーテルが挿入されています。

身動きの殆どとれない熊の腹部からは、数センチのカテーテルが突き出しています。

その先に取り付けられるプラスチックのバッグは、熊の腹部の周囲に永久的に取り付けられた金属のハーネスに繋がれています。
c0027188_5403348.jpg

そのバッグに、少しづつ少しづつ、人間の薬となるべく胆汁が溜まるのです。

傷口は開放してありますが、すぐに塞がってしまうので、一日に1~2回は傷口を開きます

この方法は余りにも非人間的で残虐と言うことで、新しい方法へと変える方向へと向けられましたが、今も尚、殆どの熊牧場では、この方法が取られています。

その状態の熊の数、2004年の時点で、確認されたのは8つの牧場、熊の数は 4793 頭でした。 
c0027188_5463585.jpg


                韓国の場合


韓国では、生きた熊からの胆汁採取は違法とされています。

その為、商業者は熊を繁殖させて、客の目の前で屠殺(とさつ)して、胆汁の真実性を示します

近年まで韓国では、牧場主が殺してもよい熊の年齢は24歳だったのですが、牧場の熊はそこまで長生きするものは稀な為、2004年に、政府はその熊の年齢を、10歳に引き下げました。

それだけ胆汁商売を広げることが出来る為です。
c0027188_5465690.jpg


                ベトナムの場合


もっとも一般的な方法は、超音波で胆嚢が何処にあるかを見極め、長い注射器を腹部から刺し入れて、胆嚢を破裂させます

流れ出た胆汁は注射器からサイフォンの原理で外に集められます。

これを何回も繰り返すのですが、その間に、殆どが腹膜炎を起こして死亡してしまいます。


... この熊たちは、身体、精神的にひどく苦痛を受けます。

この胆汁業に使われる全ての熊が、精神、身体トラウマ症状を示します。

痙攣を起こすもの、歯軋りをするもの、檻を必死に噛むもの、そして手術や胆汁採取の間は苦しみの為にひどく辛がり、大声で叫びます。

また、ある熊たちは、その手術や胆汁採集の後、丸くなってうずくまり、震え、穴の開いたおなかに手を当てていると報告されています
c0027188_5472985.jpg

IFAW や WSPA で訴えています。

IFAW このページは日本語で読めます。また、日本語ガイダンスの署名も行なえます。上の記事は、あいにく英文しかないのですが、WSPAからの抜粋を私なりに訳したものです。
by yayoitt | 2006-03-22 03:52 | 愛する動物のこと | Comments(33)