<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
頑張るお友達
昨夜は、ふじこさんとご主人との、エジンバラで会える最後の夜だった。

近所に最近引っ越してきた Tちゃんと一緒に、会いに行った。

すっごく寂しかったけど、でも、最後まで馬鹿笑いしてお別れして来た。

こんな風に、笑いながら、ひ~ひ~腹を抱えながら、お別れできるようになったのは一体、いつからだろう?

日本を初めて長期に1人で出た時から、山ほどの別れと出会いを繰り返してきた。

そんな中で、泣かない別れって、実にいいな、と感じるようになった。

泣きたいけども心の中でだけ泣く、そして笑顔で バイバイ が言える、こんな風になれた。

そこには、別れの後には必ず、再会が、再会を夢見るときめきがあると、知っているからだ。

繰り返す、出会い、別れ、再会...

そして側にいる頑張り屋の大切な友人が沢山いる。

Tちゃんは、エジンバラの街の中心、カフェで頑張ってる!

Hちゃんは、ワンコと、大好きな絵を描きながら頑張ってる!

他にも沢山の、素敵な優しい友達が、それぞれの人生の中で、出会いと別れ、そして再会を繰り返しながら、生きてる!!

そう思うと、ちょっと私も、頑張れる。
c0027188_79850.jpg
        (写真は、左から、Tちゃんとふじこさんと私~昨夜)
by yayoitt | 2006-02-28 03:37 | 英国暮らしって... | Comments(18)
AT THE RAINBOW BRIDGE
THE RAINBOW BRIDGE 虹の橋 でご紹介した、愛されたペットと愛した飼い主との再会。

では、地上で、虐待され愛されず、捨てられたペットたちはいったい...。

ここには、こんな続きがある。
c0027188_7202261.jpg

         AT THE RAINBOW BRIDGE   虹の橋のたもと

There is a bridge connecting Heaven and Earth.
It is called the Rainbow Bridge because of its many colors.
Just this side of the Rainbow Bridge,
there is a land of meadows, hills and valleys with lush green grass.
When a beloved pet dies, the pet goes to this place.
There is always food and water and warm Spring weather.
Those old and frail animals are young again.
Those who have been maimed are made whole again.
They play all day with each other.

天国とこの世を結ぶ橋がある。
その橋はその沢山の色から、虹の橋 と呼ばれている。
 虹の橋 の一歩こちら側には、広い草原や丘、緑があふれる谷がある。
愛されたペットは、死ぬとその場所へ行くのである。
そこにはいつも、沢山の食べ物と水、そして暖かな春のような陽気が続いている。
歳を取った、身体が弱っていた動物は、ここに来て若さを取り戻し、
身体が不自由になっていた動物は、元どおりの完全な姿になる。
一日中、一緒になって遊んでいるのである。


Some of them here by the Bridge are different.
These pets were beaten, starved, tortured, and unloved.
They watch wistfully as their friends leave one by one,
to cross the bridge with their special person.
For them there is no one, no special one.
Their time on earth did not give them one.

しかし、その橋の袂にいる動物たちは、様子が異なるのである。
彼らは、殴られ、飢え、虐待を受け、愛されなかった動物たちなのだ。
彼らは、他の動物たちが一匹、そしてまた一匹とそれぞれ、
特別な誰かと一緒に橋を渡っていくのを、とても悲しげに眺めているのである。
彼らには、特別な誰かなど、いないのだ。
生きている間、そんな人間はいなかったのだ。


But one day, as they run and play,
they notice someone standing by the road to the bridge.
This person wistfully watches the reunions of friends,
for during life, this person had no pet.
This person was beaten, starved, tortured, and unloved.

それがある日、動物たちが走りまわり遊んだりしていると、
橋へとつながる道の傍らに立っている誰かに気付くのだ。
その人は、そこで繰り広げられる、友と動物たちの再会を悲しげに眺めている。
生きている間に彼は、ペットがいなかったのである。
彼は殴られ、飢え、虐待され、誰にも愛されなかったのだ。


Standing there alone, one of the unloved pets approaches,
curious as to why this one is alone.
And as the unloved pet and the unloved person get nearer to each other,
a miracle occurs,
for these are the ones who were meant to be together,
the special person and the beloved pet
who never had the chance to meet while on Earth.
Finally, now, at the edge of the Rainbow Bridge,
their souls meet, the pain and the sorrow disappears,
and two friends are together.

They cross the Rainbow Bridge together, never again to be separated.

そこで独りぼっちで、彼がポツンと立っていると 、
愛されたことのない動物の一匹が、その人が一体、
どうして一人ぼっちなのだろうと、そ~っと近付いていくのである。
愛されなかった動物と、愛されなかった人間が、
互いに近付いていくにつれて、不思議な奇跡が起こる...
一緒になるべくして、生きている間には決して出会えなかった
特別な誰かと、愛されるべくペットとして...
今、ようやく 虹の橋 のたもとで 彼らの魂は出会い、
それまでの痛み、悲しみは消え失せ、2つの友は一緒になるのである。

この2つの姿は、虹の橋を共に渡り、二度と離れることがないのだ。


          Anonymous   作者不明 (私なりに訳させて頂きました)


だけど覚えていたい。

生きている間に、動物に愛を与えることの大切さ。

この詩はあくまでも、愛されなかった命を思う辛さを癒すための詩であり、
これで、安心してはいけないことを...
by yayoitt | 2006-02-27 04:17 | Comments(11)
"How Could You?" どうしてなの? 
大事なお友達、カッタンのところから、そのままリンクさせてもらいます。

"How Could You?"  Jim Willis

When I was a puppy, I entertained you with my antics and made you laugh. You called me your child, and despite a number of chewed shoes and a couple of murdered throw pillows, I became your best friend.
Whenever I was "bad," you'd shake your finger at me and ask "How could you?" - but then you'd relent, and roll me over for a bellyrub. My housebreaking took a little longer than expected, because you were terribly busy, but we worked on that together.



I remember those nights of nuzzling you in bed and listening to your confidences and secret dreams, and I believed that life could not be any
more perfect. We went for long walks and runs in the park, car rides,
stops for ice cream (I only got the cone because "ice cream is bad for dogs," you said), and I took long naps in the sun waiting for you to come home at the end of the day.


Gradually, you began spending more time at work and on your career, and
more time searching for a human mate. I waited for you patiently, comforted you through heartbreaks and disappointments, never chided you about bad decisions, and romped with glee at your homecomings, and when you fell in love.



She, now your wife, is not a "dog person" - still I welcomed her into
our home, tried to show her affection, and obeyed her. I was happy because you were happy.



Then the human babies came along and I shared your excitement. I was
fascinated by their pinkness, how they smelled, and I wanted to mother
them too. Only she and you worried that I might hurt them, and I spent most of my time banished to another room, or to a dog crate. Oh, how I wanted to love them, but I became a "prisoner of love."



As they began to grow, I became their friend. They clung to my fur and
pulled themselves up on wobbly legs, poked fingers in my eyes,
investigated my ears, and gave me kisses on my nose. I loved everything about them and their touch - because your touch was now so infrequent - and I would have defended them with my life if need be. I would sneak into their beds and listen to their worries and secret dreams, and together we waited for the sound of your car in the driveway.



There had been a time, when others asked you if you had a dog, that you
produced a photo of me from your wallet and told them stories about me.
These past few years, you just answered "yes" and changed the subject.
I had gone from being "your dog" to "just a dog," and you resented every
expenditure on my behalf.


Now, you have a new career opportunity in another city, and you and they
will be moving to an apartment that does not allow pets. You've made
the right decision for your "family," but there was a time when I was your
only family.



I was excited about the car ride until we arrived at the animal shelter.
It smelled of dogs and cats, of fear, of hopelessness. You filled out the
paperwork and said "I know you will find a good home for her."



They shrugged and gave you a pained look. They understand the realities
facing a middle-aged dog, even one with "papers." You had to pry your
son's fingers loose from my collar as he screamed "No, Daddy! Please don't let them take my dog!" And I worried for him, and what lessons you had just taught him about friendship and loyalty, about love and responsibility, and about respect for all life. You gave me a goodbye pat on the head, avoided my eyes, and politely refused to take my collar and leash with you. You had a deadline to meet and now I have one, too.



After you left, the two nice ladies said you probably knew about your
upcoming move months ago and made no attempt to find me another good home. They shook their heads and asked "How could you?" They are as attentive to us here in the shelter as their busy schedules allow.

They feed us, of course, but I lost my appetite days ago. At first,
whenever anyone passed my pen, I rushed to the front, hoping it was you - that you had changed your mind - that this was all a bad dream...or I hoped it would at least be someone who cared, anyone who might save me. When I realized I could not compete with the frolicking for attention of happy puppies, oblivious to their own fate, I retreated to a far corner and waited.


I heard her footsteps as she came for me at the end of the day, and I padded along the aisle after her to a separate room. A blissfully quiet room. She placed me on the table and rubbed my ears, and told me not to worry. My heart pounded in anticipation of what was to come, but there was also a sense of relief. The prisoner of love had run out of days.



As is my nature, I was more concerned about her. The burden which she
bears weighs heavily on her, and I know that, the same way I knew your every mood. She gently placed a tourniquet around my foreleg as a tear ran down her cheek. I licked her hand in the same way I used to comfort you so many years ago. She expertly slid the hypodermic needle into my vein. As I felt the sting and the cool liquid coursing through my body, I lay down sleepily, looked into her kind eyes and murmured "How could you?"


Perhaps because she understood my dogspeak, she said "I'm so sorry."
She hugged me, and hurriedly explained it was her job to make sure I went to a better place, where I wouldn't be ignored or abused or abandoned, or have to fend for myself - a place of love and light so very different from this earthly place. And with my last bit of energy, I tried to convey to her
c0027188_0272079.jpg
with a thump of my tail that my "How could you?" was not directed at her.



It was you, My Beloved Master, I was thinking of. I will think of you
and wait for you forever. May everyone in your life continue to show you so much loyalty.



The End.

日本語訳は ・・・ こちらです。
by yayoitt | 2006-02-26 00:27 | Comments(22)
放屁
ノーマンは、おなら をしない犬である。

臭いもしないし、音もしない、嗅いだことがなければ聞いたこともない。

他の犬のおならはよく聞くし臭う。

でも、ノーマンとの生活3年間で一度も “ あ、おなら!” というものに出会ったことがない。

私もマイケルも、家ではおならを平気でする。

ご飯中以外は、お互いだけならばいつでもする。

わざわざ 力(りき)んで する。

そんな2人の側にいつもいながら、クールな瞳で、“くっさ~~”と大騒ぎする私達を見上げているのが、ノーマンである。

先日もマイケルと話していた。

 “ 我が家で一番、品があるのは、ノーマンだ 

2人とも何回も首を縦に振り頷いた。

今まで数回、“ あれ?この匂いはもしや、ノーマンのおなら?” と思ったことがある。

その度に、思い切りその匂いを吸い込みながら私は嬉しげに “ マイケル~~!ノーマンがおならしたに違いないよ~~ ”と伝える。

するとマイケルが、“ ああ、それ、僕の ”

で、私が オエエエエエ~ と吐きそうになる。

ノーマンの食べ物は余りガスを出さないからなのだろう。

一緒に住む私達が、息苦しくなるほどガスを発するので、ノーマンには申し訳がない気がする。

特に、大きな音を立てておならをした時に、ノーマンが ビクッ としたりすると、本当に反省する。

... ノーマン、余り品の良い飼い主でなくて、ゴメンよ ...

... そして、読者の皆さん、全く品がない話で、ゴメンなさい ...
c0027188_024025.jpg
c0027188_025692.jpg
 
by yayoitt | 2006-02-25 00:04 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(27)
Rainbow Bridge
                  Rainbow Bridge
c0027188_42857.jpg

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,
that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends
so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine and
our friends are warm and comfortable.

天国のちょっと手前に、“ 虹の橋 ”と呼ばれる場所がある。
この世で誰かと、特に親しくしていた動物は、死の後に、その“虹の橋”へ行く。
そこには、草原や丘があり、私達の愛した動物達は一緒になって、走りまわり、
遊んだりしている。 そこには、たっぷりの食べ物と水、そして暖かな太陽の光に恵まれ、私達の愛した動物達は、暖かく、幸せに過ごしている。


All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor;
those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing:
they each miss someone very special, someone who was left behind.

病気で苦しんでいたり、歳をとっていた動物達は、そこで、健康と活力を取り戻し、
傷を負ったり、障害を負っていた動物達も、元通りの強い丈夫な身体を取り戻す。
まるで私達が、過ぎ去りし幸せな日々を、夢の中で見ていたかのように。
動物達はそこで、ただ1つだけ除けば、とても幸せに暮らしている。
その1つとは、彼らの後に残して来た、それぞれの動物にとっての特別なだれか。
そこに、その誰かがいないのを、とても寂しく、悲しく、感じている。


They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.
Suddenly, he breaks from the group, flying over the green grass, faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head,
and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.
Then you cross the Rainbow Bridge together...

物達は、皆で一緒に遊んで時を過ごしているが、
ある日、ついにその日がやってくる。

そのうちの一匹が、ふと足を止め、はるか遠くをジッと見つめる。
そして、その目は大きく見開かれてきらきら輝き、その体は興奮で小刻みに震え出す。
突然、彼は今まで一緒に遊んでいた皆から離れ、緑の草原を飛ぶように走り出し、
その足は更に速く速く、その身体を乗せて走るのだ。
そう、彼はあなたを見つけた、とうとう、ようやく愛する特別な友と再会できたあなた達は、お互い強く抱き合い、再会を喜び合う。
もう、2度と別れることはないのだ。
喜びに満ちたキスが、あなたの顔を降り注ぐ、あなたは再び、その手で愛する友の頭や体を愛撫する。
そしてあなたは、信頼に満ちた、その瞳をもう一度、のぞきこむのだ。
あなたの人生から、長い時間 姿を消していた愛する友、
だが決して心からは一日たりとも消えたことがなかった、その瞳を。

そうして、あなた達は共に “虹の橋”を渡るのだ。


                   *Author Unknown* 作者不明

私なりに訳させて頂きました。
c0027188_4283438.jpg

by yayoitt | 2006-02-24 04:20 | 愛する動物のこと | Comments(14)
初めてのボーディング、ロージー
落ち込みがちな一週間も、あと1日...。

家に帰って来て、すごくホッとしたい...。

 “ ただいま~ ”

そこにいてくれるのは、ご飯を作っている 主夫マイケルと、本当の意味での 心の拠り所ノーマン

昨日からそこに、もう1つの命が加わっている。

マイケルのドッグウォーカーの仕事には、犬の散歩だけではなく、犬の宿泊もある。

飼い主が数日どこかに出掛けるのに、犬を一緒に連れて行けない場合、我が家で面倒を見るのだ。

それを、Boarding ボーディングと呼ぶ。

昨日から、そのボーディング第一犬、ロージーがうちにはいるのだ。

彼女はレスキュー犬(捨てられたり保護されたりして、里親を見つける為のシェルターからもらわれて来た犬)である。

ちょっと怖がりで、とても物覚えが速くて賢く、甘えん坊の彼女は、二度、このシェルターに保護されている。

現在の飼い主は、30代の男性独りで、ロージーを本当に愛してかわいがっている。

彼女はボーダーコリーと何かのクロス(混血)であると言うが、それが何かはわからない。

耳が大きくパピヨンのようだけど毛が短く、体つきと表情はどこかにスタッフィー(スタッフォードシャーテリア)が見え隠れする。
c0027188_5224142.jpg

ロージーがやって来た昨日の朝、怖がりを苛める傾向のあるノーマンは、しばらく嫌がるロージーを執拗に追いかけ続けた。

それも数分もすれば、お互い、殆ど知らぬ顔で過していく。

明日の夕方、ロージーの飼い主が帰って彼女を引き取りに来る。

コリーは、One man dog と表現されるとおり、飼い主1人にとても忠実なのである。

そんな彼女が、意味もわからず飼い主から離されて、知らない家で知らない人間と知らない犬と共に暮らす時間。

それが少しでも、馴染んだ家庭に、そして馴染んだ愛情に近いものであって欲しい、と願う。
c0027188_5231835.jpg

by yayoitt | 2006-02-23 05:23 | マイケルのドッグウォーキング | Comments(17)
あんたら、ちゃんと仕事しとるんか!
勤勉で真面目な日本の社会から、ここに移り住むと、それはそれは腹の立つことが沢山ある。

自由 と言えば 自由 なのかもしれないが、私にとってそれはただの 怠け としか思えないことが山ほどある。

ライフスタイルがのんびりしてて自由なのはいいこともあるし、干渉するつもりはないので別に良い。

... が!

それが 仕事 となると、やっぱり仕事は仕事で、お金を払い、受け取ってるんだから、ちゃんとやって欲しい、ちゃんとやって当たり前だと思う。

... が!

その 仕事がいい加減 なことが本当に多い。

仕事の出来上がりを見て、拳を握り締め、ぐおおおおおお!っと叫びたいことが本当によくある。

例えば ...


私の家はフラット(いわゆるマンション)で、入り口はセキュリティーのドアになっている。

そこの鍵が壊れたので、4階建てのフラットの住人がお金を出し合って、セキュリティドア全体と鍵を直してもらった。

2日間に渡ってガリガリやってた男性二人が、一杯の木屑と泥の足跡、そして新しい鍵を住人分残して去って行った。

皆で合計7万円くらい払った。

... が!

鍵穴が、180度間違って付けられている為に、鍵を差し込んだ後、片手で最高に回せるところまで回しても更に数十度回さなくてはならないので、両手が必要なのだ。

こんな初歩的な間違いを、プロがするかぁ~~?
c0027188_5174166.jpg

例えば ...


この国大手のガス、電気会社に、契約の変更をしたことがある。

電話での、それまでのよりも安い契約に変更後、最初の請求書が届いた。

 ... 契約前の古い高いままではないですか!

マイケルが電話で抗議すると、そんな契約は交わされてないと言う。

 ... 仕方がないので再びその電話で再度契約をし直したが、はい、もちろん、次の請求書も、以前のままの高い値段で来た。

結局、安い契約には変更させないのか?と思うくらい、ずさん だ。

どうして、ストレートフォワードなことが、ちゃんと出来ないのか~~?

それで客から抗議の手紙や電話をもらっても、だからと言って反省はしても努力はしても成長はしないらしい...
c0027188_5184450.jpg

例えば ...


クリスマスイブのこと、病院に書留の郵便物を配達に、郵便配達員が来た。

彼が来た時、ちょうど窓口には数人人が立って待っていたのだが...

その郵便配達員、待ちきれずに、“不在でした” というカードに訪問時間を記入し、それを窓口に置いて去ってしまった。

え??不在??

この場合、配達されなかった郵便物は、街の郊外の中央郵便局にこちらからわざわざ取りに行かなくてはならないのだ。

それに気が付いた看護師の1人が、すぐに彼を追いかけ抗議をし、更に抗議の電話もしておいた。

忙しくても、仕事上の規則は守るのが普通じゃぁ、ないのか~~?
c0027188_5205246.jpg

私が一緒に働いている、働いてきた人々は皆、とても真面目に一生懸命に仕事をする。

多分こういう人達がマジョリティーであって、こういう鍵屋や電話応対の女性や郵便局員が、マイノリティーであって欲しい、と願う、今日この頃 ... 。
by yayoitt | 2006-02-22 05:22 | 英国文化って... | Comments(19)
一匹の猫を救う為
明日の午後5時半に、キャンベル婦人がやってくる。

予約時間はたっぷりとってある。

予約の内容 “ 動物 3頭分の 安楽死 ”

キャンベル夫妻には、二匹の猫(13歳の糖尿病の猫、5歳の健康な猫)と二匹の犬(9歳のサイロイド治療をしているコーギー、1歳半のプードル)がいる。

数ヶ月前に、キャンペル氏(ご主人)が肝臓癌であるとわかった。

数日前に、キャンベル婦人から、明日の予約の電話があった。

理由は、ガン末期のご主人と共に、シェルターッドハウス(患者さんがリハビリ目的や終末期などで入院はしたくないがいつでも看護の力が得られるように住めるようになった病院の敷地内の施設)に引っ越すこととなり、

その入所規定で動物は一頭だけ、と決められている為に、一番若いプードルを一緒に連れて行くことを決め、他の3頭を 安楽死 させたい
、ということであった。

ご主人を数ヶ月、数週間、もしかしたら数日のうちに失う、そんな悲しみに中で迫られた、さらに悲しい選択であった。

シェルターと言えど、病気のある、それほど若くない犬猫の引き取りは、簡単ではない。

特にこのコーギーは他人に歯をむけることがあるという。

キャンベル夫妻には、時間がない。

キャンベル氏には、命の続く時間も、そうは残されていない。

予約の入った週末明け、昨日と今日は、病院の看護婦やスタッフが皆、何とか一頭でも助けたい、と努力した。

医師の判断で、問題なくリホーム出来うるのは、5歳の猫 ブルー だと決まり、集中して彼の里親探しが始まった。

まずは自分たちの身の回りの人達に聞いてみたが、他に動物のいない家庭が望ましい、という医師の判断もあり、なかなか見つからない。

次に、最近、愛猫を亡くした方に電話を掛け、一人一人聞いていく ... 皆、まだ時期的に早すぎる、心の準備が... ということで断られた。

皆の心が沈む ... 。

今日の夕方、ある看護婦が電話した女性、彼女から折り返し電話があり、彼女の友人がちょうど愛猫を安楽死で亡くし、シェルターに電話して新しい猫を迎えようとしていた、という話!!

皆の心が沸き上がる ... 。

そして、5歳の猫ブルーの新しいおうちは決定!

明日、レインボーブリッジを渡って天国に行く代わりに、人間の愛情の元でしばらく生きられるこことなった。

この里親発見の報告を受けたキャンベル婦人... 電話口で、殆ど何も喋られないくらいだったらしい。

嬉しいけど、とても悲しい、と泣きながら言ったらしい。

24時間後には、愛猫一匹と、愛犬一匹を、自らの判断で自らの目の前で眠りに就かせるのだから...
c0027188_6485474.jpg
c0027188_6491336.jpg

1つの命を救う為、何とか逝かせない為、幾人もの人が知恵と労力を絞りきり、心を痛めて必死になっているのを見ていた...


そんな一瞬一瞬にも、ガス室で窒息死する為だけに運ばれてくる幾つもの命が、誰にも欲しがられずに、誰にも知られずに、冷たい床で立ち尽くしている...


キャンベル夫妻は今夜、最後の夜を、愛する猫と犬達と、どんな思いで過しているのだろうか...

日本の保健所の犬や猫たちは、それでも 覚えのある顔が迎えに来ると信じているのだろうか...
c0027188_6461535.jpg

by yayoitt | 2006-02-21 05:59 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(31)
ノーマン、初めての...
動物を愛するとい気持を、再確認させてくれた女性がいる。

私は、彼女のように真正面から真実に立ち向かい、泣きながら本を読み、それを心に刻む勇気がないままでいる。

私は、そのくせ偉そうに、真実を知らなくては... と言ったりする。

一度も同じ空気の中で出会ったことはない彼女だけれど、私はもう、ずっと昔から彼女を知っている気がする。

私が落ち込んでいる時に、力強く励ましてくれた大事な友人の中の、彼女はひとり...

その彼女から今朝、小包が届いた。

一冊の真実の本 ... 捨て犬を救う街

一冊の運勢の本 ... 私は彼女と同じ火星人だということだ!

彼女の手作りの犬のT-シャツ ... 彼女は自分の犬にもとても素敵な愛のこもったシャツを幾つも作っている。

そして ... どさどさっと落ちてきたのは ... アミノ酸 ... 即席味噌汁!!

愛とアミノ酸をこめて、もらったプレゼントは、私を泣かせやがった...

私は、あなたの為に、あなたを喜ばせることが一体何かできるだろうか...
c0027188_53528.jpg
       初めての洋服体験にちょっと緊張気味のノーマン 
c0027188_5354681.jpg
     余裕で座ってご飯を作るマイケルを見つめるノーマン、とってもお似合い♪
by yayoitt | 2006-02-20 04:18 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(21)
捨てられ犬 TIA (ティア)
いつも、ノーマンとの散歩で行く公園で決まった時間に会う仔犬と女性がいる。

仔犬の名前は、TIA (ティア)、女の子で生後多分5ヶ月くらいだから、まだまだパピー(仔犬)領域だ。

この TIA (ティア)、真正面から見た感じは rottweiler ロットヴァイラー、顔のマーキングがそういう風である。
c0027188_19423070.jpg

でも、全体の体の細さや大きさは、コリー犬 といった感じなのだ。

もしかして今からもっと大きくなって、誰がどう見たって rottweiler ロットヴァイラー になるのかも知れないし、それはわからない。

TIA (ティア)は、既にノーマンとも数回会っており、クールなノーマンも、その人懐っこい TIA (ティア)の為には少しだけ時間を割いて遊んであげる。

ノーマンの無視されると、仕方なく私のところにキスをしに来る、とにかくかわいい愛すべく子犬である。

飼い主の女性は多分40代前半、彼女は自分の娘の犬なんだと言う、この TIA (ティア)

実は捨てられていたのだ。

去年の10月、秋の強風が狂うように吹くある日、道端に、ダンボールの箱の中でナイロンの袋に入れられて動いている TIA (ティア) を、彼女のご主人が見つけたのだ。

両手に乗るほどの小さな TIA (ティア)、そのご主人は家にTIA (ティア)を抱いて帰り、彼の娘さんが責任を持って育てることに決めたそうである。

秋のエジンバラの風は以上に強くて寒い...

あの日、TIA (ティア)は一体、ナイロン袋の中で何時間、そうしていたんだろう?

この国には保健所のような処分所がない代わりに、里親を探すチャリティーの犬猫ホームが沢山ある。

要らないプレゼントだったのかもしれない、生まれて数週間のTIA (ティア)、せめて犬猫センターに自ら足を運ぶ、それくらいの責任を、人間はもてないのだろうか?

命を、なんだと思うのだろうか?

今日も早春の風を切って、舌を出してTIA (ティア)が走っている、その先には、優しい飼い主さんがいる。
by yayoitt | 2006-02-19 19:43 | 迷い犬、犬のこと | Comments(30)