「ほっ」と。キャンペーン
<   2004年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
やっこの英語習得の歴史
私が初めて、海外で生活をしたのは、26歳になってからだ。オーストラリアはメルボルンへ、英語を学ぶ、という目的で旅発った。それまで、英語はとても好きで、カルチャー教室の英会話に通ったりもしてみたが、難しくて、話せるようにはなれないし、困惑して、めげて、すぐ止めていた。ずっと、海外暮らし(特に、英語圏)と、英語を喋れるようになるのが、私の大きな夢だった。アラジンのジニーがボトルから出てきて、“ご主人様、願い事を3つ…”と聞かれたら、

1、家族と自分の永遠の命

2、外国暮らし

3、英語をぺらぺら喋れるようになる

と答えようと思っていた。(あくまでも空想の中で…ありえないので)
最初は6ヶ月の予定を、結局、トータル20ヶ月もヴィザを延ばせたのは、かなりラッキーだったと思う。6ヶ月の滞在中に、今の旦那と知り合ったので、なんとか、どれだけでもそこに残りたかったのだ。最初の頃は、辞書を片手に、お店に行くにもトラム(メルボルンを走るちんちん電車、というか路面電車)に乗るにも、毎回なんと言ったらいいか何度も何度も復唱して、実践するという生活。6ヶ月はホームステイをしたので、ホストマザーに毎日、夕食のテーブルで何を話すか必死に考え、それを英語にしてみて、知らない単語を調べ、夕食に挑む(辛そう?)という毎日だった。でも、楽しかった。最初に英語が伸びたきっかけは、英語学校の、他の国の友人との交流だった。みんな、たどたどしい英語で必死に話し、笑い、笑わせようと努力している。相手が自分と同じ立場の、英語を第二ヶ国語として学んでいる友人だと、自分も余り緊張することなく、リラックスして、思い切ったことも沢山話すことが出来た。これは、かなりの自信につながり、英語で話すということ=自然なこと という意識をまず私に植え付けてくれた。彼らは、マレーシア人、韓国人、スイス人、ヴェトナム人などなど
…26歳になって、改めて味わう、新鮮な人間関係であった。次の英語が伸びるステップは、ご存知の通り、旦那との出会い(ダーリン♪ オェッ…失礼)との出会いだ。英語でとにかく話す、単語が間違っても、文法が過去、現在ごちゃごちゃになっても、とにかく、喋る、ということは出来ていた。彼が英語を母国語としている人だけに、間違いをなるべくしないよう、正しい綺麗な英語を使おう、と私に良いきっかけを与えてくれた。マレーシア人の友人となら、“ I can not do this ”と言っても全然平気だが、彼は、“そんな英語を使うのは、英語を喋らない人だけだ。I can't do this だ”という具合に、適宜 注意をしてくれた。実際に使う英語、いわゆるスラングと言われるものではなく、生活の中の使える英語を教えてくれた。
今も、色々、彼からは学ぶ。はい、感謝しております。ただ、照れ屋で、その感謝の気持ちをどう現していいのかがわからないだけなのよぉん。“けっ”これまた、失礼。結婚して、今から5年前に初めてスコットランドへ引っ越した。オーストラリアでの生活の次、二番目の海外暮らしだった。3つ目の、英語の大きな飛躍は、最初に働いたエデインバラのホテルでの仕事だ。
自分以外は全て現地の人ばかり。しかも仕事だから、間違ってはいけないし、聞き漏らしたり、伝え間違いがあってもトラブルになる。特にお客さんも殆どが英語圏の人だったから、毎日、必死に聞いて、喋った。レストランだったので、一緒に働くスタッフの数がとても多い。
ウエィティングスタッフは6人くらい、キッチンハンドが3人、それに気難しいシェフ達が5人くらいいた。誰一人、私に特別、ゆっくり喋るわけでもない(これは、かなり感謝している。現地の人と同様に扱ってくれた証拠だし、リスニングのよい勉強になった)。彼らと毎日顔を突き合わせ、サッカーの話をしたり、恋の話(お国は違えど恋する気持ちは同じよのぉぉ)をしたり。英語習得という意味で、彼らとの交流はかなりの大きなステップ(飛躍)となった。もちろん、沢山の ちょっといけないお言葉をも、山ほど習った。一番よく使う言葉(ぐふふ)、いつかゆっくりご紹介しよう。このホテルを辞めて、次の仕事は日本企業だった。そこでは、現地のスタッフの下で働いた為、ビジネスの英語を幾つか学んだ。でも、やっぱりそれよりも、同じ年の現地の女の子(経理の)と犬の話をしたり、恋の話(またかい)をしたり、その英語の方が今も役立っている。今の私は、英語でなんとか、物を買い、売り、最低限の生活はしていけるものの、現地の人々との会話にはかなり問題を沢山抱えている。まだまだ、それでも、まだまだ、習得することは 山 ほど、ある。人生って、いつまでも、勉強だぁ。それくらい時間がかかるかは判りかねるが、ここに自分の人生を置いた以上、努力をし続けなくてはいけないのだ。
by yayoitt | 2004-09-30 05:28 | English | Comments(0)
大人気のブーツをめぐる女の戦い
今日も、またまた、女の戦いが続いている。私の勤める靴屋では、ドクターマーチン(Dr.Martin)の靴を幅広く扱っている。9月の始めに、イギリスの会社から、セールスの男の人(エリック)が沢山のサンプル商品を持って店にやって来た。秋の到来を前に、新作の女性用ブーツと、男性用の靴をそれぞれ右足分だけ持って来た。さっそく、店のショーウィンドウに、“ニュースタイル”と大きく書かれて飾られた。エリックは、私に、その新作の中から、“どれでも好きなのを一足ただであげる”と言ってくれた。それを履いて店にいれば、いいマーケティングになるからだ。私は有頂天に♪早速、全て試着し、一番好きなのを選んだ。ピーナッツ色のブーツで、ドクターらしく、スティッチ(縫い目)が幾つか横切っている。一目惚れだ。早速、マネージャーが私用に、一足、サイズ5(23.5)で注文してくれた。その、ショーウィンドウに飾られた日を境に、若い女性客がとっても増えた。皆が、そのブーツのことを聞きにやってくるのだ。
“えぇ?まだサンプルなの?いつ、ストックするの?オッケー、じゃぁ、またその頃戻って来るわ”そして、みんな、戻って来た。こんなに大ブームになるとは思わなかったが、注文した幾つかのブーツは同日完売!しかも、前金を払って注文していく女性も後を絶たない。私のブーツも到着!あとはマネージャーがサインして、エリックに書類を送るだけで、その人気沸騰中のブーツを私が履くのよぉん♪日に日に、人気はこれでもか、これでもかと高まり、イギリスの支店に電話すると、そこでも品切れ状態のサイズが出て来た。とうとう注文してから、商品が店に来るのに、数ヶ月(早くて12月)と言われてしまった。うちの店だけではなく、英国中の店で、注文が殺到しているらしいのだ!ある日、マネージャーが、私に言った。“これは、本当にクレージーな状態だよぉ”
私 “本当に、人気あるねぇ(私のブーツのことよ、ふふふ)”
“やっこのブーツも売りに出さなきゃいけないね”
私 “そっかぁ…。サイズ5の人が来たら、売っちゃうかぁ(えぇええぇえ!!!ちょちょちょっとぉぉぉぉ。そぉれはぁ、ねぇーんじゃぁねーぇのかい、おっかさんよぉ)”
“次のオーダーで頼むから大丈夫、大丈夫”
私 “本当?ありがとう(次のオーダーって、あんたぁ、12月になっちまうじゃぁねぇのぉ?売り切れ状態じゃろうがぁぁぁぁぁ)”すっごく、落ち込んだ。いつかは手に入るものの、あくまでもエリックが手配してくれる物であることもよくわかってはいるものの、一度は大喜びして、自分の物だと信じた、気に入った物が、手に入らなくなったのは、かなりショックだった。しかも、次から次へと、かわいいスタイリッシュな女の子達が、やっきになり、真剣に、それを買いに来るではないか!!“一番に目をつけたのは、私なんだからね、フンッ”と毎回、お客さんに言いながら、レジを打ちたい気分である。今日も、壮烈な争いが私の目の前で繰り広げられていた。
二組のカップルが、別々に、入って来た。最初のカップルの女の子(ポーランド人)がそのピーナッツ色のブーツを手に取り、サイズ6を試着したい、と聞いてきた。サイズ6はたった一足だけ在庫があったので、それを渡した。そこに、二組目のカップルのスコテイッシュの女の子が、同じピーナッツのブーツを手に取り、サイズ6を試着したい、と言い出した。サイズ6は一足だけで、しかも、次に手に入るのは12月!!ポーランドの女の子が試着している間、熱い視線で見守る、スコッツの女の子。ウウゥウウゥウゥゥ……。餌を待っている腹ペコのトラ。ポーランドの女の子は、サイズ5をトライしたい、と言った。すぐさま、そのサイズ6は、スコッツの彼女の足へ。それから、約20分、2人はボーイフレンドを椅子に座らせて、ブーツを履いたまま、店の隅から隅へ、また、端から端へ歩き、鏡の前で立ち止まり後戻りし、小さな店の中を、お互いにすれ違わないように慎重に歩いていた。結果は、それぞれが、サイズ5と6とを買って行った。でも、サイズ6をポーランドの女の子が欲しい、と言ったら、私はどうしただろう?
ほぼ同時に入ってきたけど、ポーランドの子の方が早く目を付けたしなぁ?じゃんけんで、一回勝負で決めてもらうかな?男に決めさせるか??なんのことじゃ?スコッツの女の子は、店をボーイフレンドと出るなり、甲高く“イェーィ!”と叫んでいた。ポーランドの女の子は、それを買うと決めた時、店の中でボーイフレンドに チュッ とキスした。はぁぁ…私のブーツはどうなるのかぁ。
c0027188_5305085.jpg

by yayoitt | 2004-09-29 05:30 | やっこのファッション | Comments(0)
私の性格を英語で言うと…★
私は、子供の頃、小学3年生までとても SHY(照れ屋)で QUIET(おとなしい)だった。
そのうち、友人の影響もあり、段々と OUTGOING(社交的)になっていき、
また、人を笑わせたりと、FUNNY(愉快)な子供に変って行った。
今でも、FUNNY ではあるが、OUTGOING の部分は、年齢と共に、少しずつ薄れてきている。今の自分は、案外 COWARD(怖がり) 又は、CHICKEN(鶏は怖がりなのでチキンとも言う)で、そのくせ、ADVENTUROUS(冒険好き)でFUN LOVING(楽しいこと大好き)でもある。年齢のわりには、BUBBLY(キャピキャピ)だと思う。前の日記にも書いたように、とっても CLUMSY(おっちょこちょい)で、 ちょっと考えが至らず、周りからはよく、STUPID(お馬鹿)と言われる。時には、DAFT(カッコ悪い馬鹿さ)とも思われているに違いない。
また、NAUGHTY(いたずら好き)で、今でも旦那が帰ってくる時を見計らって、ノーマンと机の下に隠れたりする♪TALKATIVE(おしゃべり)だし、人との会話をとっても楽しむけど、
BIG MOUTH(おしゃべり=他の人に他人の秘密などをすぐ喋ってしまう) ではない。
BIG HEAD(頭でっかち)では決してない。それになれるだけの実際、知識がないから。
正直言うと、よく嘘は付く。買い物した商品の実際の値段より、いつも安く旦那に伝える私は、
決して HONEST(正直)ではない。でも、LIAR(嘘つき)とまではいかない。また、EASYGOING(のんびりや)のくせに、変なとこには FUSSY(細かい)だったりして、お皿はこう重ねないと気が済まないとか、トイレットぺーパーはこう積まないと嫌だ、とか。また、GRUMPY(気難しい)なので、よく旦那を困らせる。ついでに STUBBORN(頑固)ときている。しかも旦那も、超 STUBBORN だから、2人でいると結構雰囲気が怖かったり。未来や生活に対して常に、とても WORRIER(心配性)で、しかも DEPRESSING(否定的、落ち込み性)だ。旦那は、やはり輪をかけて これなので、2人が未来や経済のことを語り始めると、ヒュードロドロ、とお化けが出てきそう。昔はもっと ROMANTIC(ロマンチック)だったが、年齢と経験を重ねるごとに、かなり REALISTIC(現実的)になってしまった。それだけ年を重ねても、いつまでも 3人姉妹の末っ子の私は、SPOILD(甘えん坊)なのだが…。SMART(利口)でもなく、SILLY(愚か)な私だけど、
c0027188_5354817.jpg
それなりにこの世の中を何とか、楽しみながら生きている。
by yayoitt | 2004-09-28 05:33 | English | Comments(4)
天然呆けは この国でも炸裂中
天然呆けの話を昨日したが、いくつになっても、この性質は向上したりしないらしい。言語が違っても、呆けの言うことは、呆けるらしい。靴屋え働き出して、3ヶ月。色々、このボケで、私はマネージャーを笑わせて来た。一つ目、つい最近。
爪先部分に、硬いスチールが入っている靴(STEEL TOE CAP スチールトーキャップ)安全靴を、エーデインバラでは一番多く取り扱っている。ある日、電話に出たら、どの女性は、スチールの入った長靴(Wellington Boots ウェリントンブーツ)といのを探していた。
確か、うちには置いていないが、と思いながら、一応マネージャーに確認しに行った。
この Wellington は短縮して、Welly ウェリーと呼ばれる。
大きな声で、“ここに、スチール入りの ウィリー(Willy)ってありますか?”
ウィリー(Willy) とは、俗語で 男の人のペニスのこと。私は、言い間違いに気付いて、すぐに ウェリーと言い直したが、マネージャーは既に笑い泣きに崩れていた。だって、スチールのように硬い ウィリー なんだから。

二つ目。
男性の靴のタイプで、Brogue Shoes ブローグ というのがある。革靴で、小さな穴が沢山開いていて模様になっている靴のこと。店の隣の男の子が遊びに来ていた時、私は、最近入ったばかりの新作 ブローグを見せたくって仕方がなく、彼を呼んだ。
ブローグを指差して、“ねぇ、ねぇ、どう思う?この ボロックス(Bollocks)?”
ボロックス(Bollocks)は、男性の睾丸のこと。私は冗談で言ったわけでもない、まじめに言っているのだが、言い間違えた言葉がたまたま、そんな意味を持っているのだ。しかも、私はこの両方の言葉を知っているにも関わらず、言い間違えるまで気付かないから怖い…。

3つ目。“ これは私の責任ではない、はい。”
お客さんが、ドクターマーチンの靴をスペシャルオーダーしたいとのことで、私は、そのサイズのその靴が、イギリスのドクターマーチンの支店にあるかどうかを確認する為、電話をかけた。ただ、そのお客さんが欲しい、といっていた色は、2005年のカタログを見ていた為、今の2004年版にはないらしい。
そのオペレーターは、“でも、同じ様な色で、ホーニーという色で、ありますよ”
私 “え?ホーニー?どういう綴り?”
オペ “H O R N E Y よ。”
私 “オッケー、じゃぁ、確認して、また電話します。”
私は、すぐさま、マネージャーに意見を聞きに行こうと、男のお客さんと話している彼女の元に駆け寄った。“ゴールドメンバー というのは、来年のだから無いけど、似た色で、ホーニーっていうのがあるらしいけど、それでも、いい?”マネージャーの顔が崩れて、しかも、真っ赤に。お客さんの若い男の子も、必死に笑いをこらえている。HORNEY とは、是非、辞書をひいてもらいたいが、意味は、発情する という意味なのだ。マネージャーは、笑い泣きしながら、ハニーの間違いだよ、それはぁ、と言うけど、スペルもホーニーなのだ。私も、ホーニーの意味は知っているが、同じ綴りで、色を現す言葉があるものと思い込んでいた。カタログで、2人して早速調べたら、やっぱり HORNEY だ。しかも、2005年の GOLD MEMBER とは、またもや男の人のペニスのこと。
c0027188_539525.jpg
ドクターマーチンって、なんで色にこんな名前を付けんのさぁ??
by yayoitt | 2004-09-27 05:36 | 英国暮らしって... | Comments(0)
愛すべくスコットランドのお話 ふたつめ
*** The Massacre of Glencoe ***  グレン渓谷の大虐殺

これを知らずには、現在のスコットランド人の優しさと悲しみを秘めた陽気さは語れない、というお話。

グレン渓谷(Glencoe グレンコー)はスコットランドの北(ハイランド)にあり、この国を訪れる人々の旅のハイライトにもなっている。

Three Sisters(3姉妹)と呼ばれる3つの大きなピークを目の前に、なだらかなハイウエイが続いているので、レンタカーを借りてドライブすると最高だ。

この、美しくも、なにか寂しげな風景に誰もが心を奪われるが、そこには、こんな哀しい歴史が残されていることを知ると、その寂しげな風景の理由付けができるかも知れない。

この、グレンコー大虐殺は、失われた命の数は多くはないものの、どういう背景でどのように行われたかが残酷であるとして、人々の心に残っている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1691年、ウイリアム王3世(オレンジ公ウイリアム)は、以前スコットランド出身であった王(ジェームス)を支持する勢力(ジャコバイツ=ラテン語でジェームズの意)の復活を恐れ、スコットランドの氏族に向けて、おふれを出した。

1692年の1月1日までに、ウイリアム王へ忠誠を誓う書を提出するようにというもの。

真冬のハイランドから、宣誓書を提出に向ったマクドナルド氏は、フォートウイリアムズ(ハイランドの町の名前)に到着したのが既に12月31日。

雪と道の困難さ、また、官庁長官の不在と重なり、結局1692年1月6日に書の提出をした。

マクドナルド氏は、それでも、もちろん彼の宣誓書は受理されたものと思い、マクドナルド一族が待つグレンコーへと帰って行った。

オレンジ公ウイリアムは、とにかく、他のジャコバイツに、自分の威力を見せ付けるよいチャンスと考え、このマクドナルド氏族を罰することを決定。

同じスコットランドは、グレンリオンにいるキャンプベル(彼等は政府支持による兵力を保持していた)に命令を下す。

キャンプベル達、128名の兵士は、マクドナルド一族のもとへ尋ねるが、その目的は秘密にしていた。。

このキャンプベル達がまさか、ウイリアム公から送られてきたとは思いもしない彼らは、この兵士達に、真冬の食べ物の不足している時にもかかわらず、食事、水、ベッド、暖を与え、丁重に彼らの滞在に協力する。

キャンプベルの兵士達は、12日間に渡ってマクドナルド氏族のもとに滞在をした。

そして、2月13日の早朝、12日間 それまで彼らの衣食住をせっせとまかなってくれた、マクドナルド一族を38人、雪の積もった丘を逃げ惑う中、虐殺したのだ。

イギリス王の命令とはいえ、これほど、自分達を暖かく迎えてくれた人を、とても殺せはしないと、キャンプベルの兵士の中には、マクドナルドの人々を隠れて逃げさせた者もいた。

   +++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここには、スコットランド人の心の温かさ、特に、他人であっても丁重に親切にもてなす、国柄がベースになっている。

人を信じる、信用、信頼、というのが、スコットランド人の誇りでもあるからだ。
by yayoitt | 2004-09-02 20:43 | スコットランドって... | Comments(0)