カテゴリ:愛する動物のこと( 479 )
痕を残す写真
一瞬を捉える、そして、無限のメッセージを届ける

そんな写真たち。

無機質な写真。

たとえば、今日の夕ご飯の写真とか。

それでも、そこにはある意味、メッセージがある。

それを見る人が

 ああ、良いな、美味しそうだな、この人、恵まれてるな、幸せなんだな

そう感じたりする。

写真によっては、それを見た人の人生を変えてしまうものもある。

それで救われたり。

それで、死んでしまいたいと思ったり。

一瞬だけれども、留められた  には、無数の無限大の心へのメッセージ。

そんな写真に出逢える機会は、それほどに多くはない。

けれど、出逢うと、忘れたりはしない。

心に、脳に、明日に、激しい痕を残す。

そして時には、力強く拳を握ったり、涙を流したり、約束を交わしたり。

写真が残す、その言葉は魔法である。

c0027188_327368.jpg


c0027188_3271828.jpg


c0027188_3273861.jpg


Divine Web
by yayoitt | 2015-09-23 03:20 | 愛する動物のこと | Comments(4)
私たちの選択には、結果がある ということ
これが、現実。

これは、真実。

そこには、形容する他の言葉はない。

ただ、現実と真実。

c0027188_156883.jpg


 わたしは、これのために死んだ

 わたしは、これのために死んだ

 わたしは、これのために生涯をケージの中で暮らした

 わたしは、これのために死んだ

 わたしは、これのために死んだ

 わたしの赤ちゃんは、これのために殺された

 あなたの選択には、結果がある



そして彼らの死に至る 短い一生 は、決して心地良いものではないこと。

短い一生 の多くは、人間からの虐待、苦痛、そして不衛生 …

苦痛に満ちた耐え難く長い旅(屠殺される場所、国まで行くのに)であり

最期の瞬間に至るまで

それは、恐怖と痛みに満ちたものであること。

そして

それが、わたしたちの選択による …

結果。






 
by yayoitt | 2015-09-19 01:49 | 愛する動物のこと | Comments(0)
ある子供が残した、動物園への言葉
動物園を訪れる子供たち。

興奮したり、動物たちに指をさして大声で叫んだり。

そんな子供たちのひとりが残した …

動物園への感想がある。

c0027188_2394798.jpg


 あなたの動物園は刑務所です

 檻(オリ)はとっても小さいです

 トラは泣いていました

 この、動物園への訪問が大嫌いです



(英文を、私なりに訳させて頂きました、子供言葉にできずにごめんなさい)

親として …

保護者として …

学校の先生として …

保育者として …

この子供を、どんな言葉をもっても

 大丈夫なんだよ

 かれらは幸せなんだから


なんて、言えるだろうか?
by yayoitt | 2015-08-16 02:37 | 愛する動物のこと | Comments(4)
あなたは、赤ちゃんを食べる人?
あなたは、赤ちゃんを食べる人?
c0027188_1842377.png

毎年、英国内では、一億以上の家畜動物が屠殺されている

どんな状態で生まされ育ってきたかだけのことではなく

その動物すべての命の短さは、とても不自然なのである


 ニワトリ(肉用)     寿命 6週間   自然の寿命 8歳に至れる

 七面鳥         寿命 8~26週   自然寿命 10歳

 ブタ(肉用)      寿命 6ヶ月    自然寿命 15歳

 ニワトリ(鶏卵用)    寿命 1~2歳   自然寿命 8歳

 牛(牛乳用)      寿命 5歳     自然寿命 20歳

 カモ          寿命 7週間     自然寿命 15歳

 子羊(ラム肉)     寿命 3~6ヶ月    自然寿命 12歳

 オスのニワトリ(鶏卵用) 寿命 1~2日    自然寿命 8歳

 牛(肉用)       寿命 1~2.5歳   自然寿命 20歳

 オスの牛(牛乳用)   寿命 1~2日    自然寿命 20歳

 ブタ(産む為の母親ブタ) 寿命 3~5歳    自然寿命 15歳

 仔牛(ヴィール肉用)   寿命 1~32週    自然寿命 20歳   

 
(英文を私なりに忠実に訳させて頂きました)
by yayoitt | 2015-08-09 18:42 | 愛する動物のこと | Comments(0)
線で繋げてみよう
 だれが

 だれにお乳を与えるのか

 線で繋げてみましょう


c0027188_029451.jpg


牛のお乳を飲むべき仔牛は、殺されている

私は以前 牛乳は、殺さないから大丈夫! と思い込んでいた

こんなにも多くの生まれたばかりの命への虐待と犠牲があることを知らず …
by yayoitt | 2015-07-25 00:27 | 愛する動物のこと | Comments(0)
人生の中で
c0027188_3113051.jpg


 人生の中で

 もっとも大切なものは …

 ものじゃない


(英文は、私なりに訳させて頂いています)

この後に、それぞれが、自分で一言、加えたい。

私だったら …

 愛情だ!

かな。
by yayoitt | 2015-07-21 03:10 | 愛する動物のこと | Comments(0)
マヨルカ島のネコ
英国人に、とても人気があるリゾート …

スペインは、マヨルカ島。

私の同僚も、2年連続で、マヨルカ島に家族と休暇に出掛ける。

今年の夏も、マヨルカ島を訪れている同僚から、メールと写真が届いた。

そこには …

一匹のオスネコ。
c0027188_4311669.jpg

そして …

 ノラ猫の男の子

 耳を切ってあるのは、去勢してあるという証拠だということです


スペインというと、動物への意識が低いことで知られている国だけれど …

それぞれの場所での、それぞれの取り組みがきっと、あったりするのだろう。

人が居る場所に、気に掛ける愛情も、あるのだということが、嬉しい。
by yayoitt | 2015-07-08 04:25 | 愛する動物のこと | Comments(6)
先進国、日本のモラルの行方は … 
先進国、という国々のモラルは …

同じ方向へ進んでいる。
c0027188_3571792.png

着飾るために、命ある動物を苦しめ、殺すことよりも …

それを、しない方へと、進んでいる。

それが、先進国であるはず。

モラルの向上も、進んだものであるはず。
c0027188_3573554.png

では …

日本はどうだろう?

本当の、先進国と、果たして胸を張って言えるだろうか?

それとも

ビジネス向上の為、着飾るための命の犠牲を、率先してはいないだろうか??

それは …

私たちひとりひとりの、消費者の モラル による。
by yayoitt | 2015-07-06 03:56 | 愛する動物のこと | Comments(2)
お母さんは、馬鹿げてるって笑ったよ
c0027188_22581816.jpg


今日は

ぼくたちは牛乳を飲みたかったから

メスの牛を妊娠させて

それから

生まれてきた仔牛ののどを切ったよ

なぜかっていうと

その仔牛が飲むお乳を

ぼくたちは飲めるようにさ

ぼくは

お母さんに聞いたんだ

だったら、どうして牛乳じゃないお乳を飲めば良いんじゃないかって

そうしたら、赤ちゃんたちが殺されなくても済むんじゃないのって

お母さんは大笑いして

なんて馬鹿げたアイデアなんでしょうって

そう言ったよ


 メスの牛は、

 ぼくたちが沢山、牛乳を飲めるように

 何度も何度も強制的に妊娠させられる



 オスの赤ちゃんは

 生まれたらすぐにどこかに連れられて行って

 数週間以内に、殺される

 彼らの飲む牛乳が、ぼくたちのところに来るために

  

(英文を、私なりに訳させて頂きました)

飾りも付けず、そう牛乳産業とはこういうこと。

そう、人間が飲む牛乳のために、殺されている命のこと。
by yayoitt | 2015-06-21 22:49 | 愛する動物のこと | Comments(0)
恐怖や痛みは … 書かれていない
c0027188_23585598.jpg


 パッケージには、その恐怖や痛みは書かれていない

 その強姦だとか、手足の切断だとか、赤ん坊を再三、亡くすことだとか

 そこには、なにも書かれていない

 その目の前で、他の動物が殺されることなんて、決して伝えはしない

 次は自分の番で、最後の呼吸を無理強いさせられている、

 そんなこと

 決して、伝えてはくれない

 エママーフィー


 They won't write on the packets of the panic and the pain,
 The rape, the mutilations or the babies lost again.
 They won't say that the animals saw others meet their death
 While forced to wait their turn to take their own last dying breath.

 Emma Murphy


(英文を、直訳ではなく、理解できやすいように私なりに訳させて頂きました)


肉や卵、チーズや牛乳、動物から頂く彼らの命。

それがスーパーに並ぶ時、それをコマーシャルで宣伝する時 …

消費者には決して伝えない真実、事実、現実がある。

明るいイメージ、笑顔の牛の絵。

だったら、明るく笑顔で知らない振りをしてて、良いのだろうか?

食べるな、飲むな、買うな、と言いたいわけではない。

目隠しを外して、ちゃんと現実と向き合って、見て、そして感謝して欲しい。

と、それは消費者である私たちすべての、義務なのではないかと。
by yayoitt | 2015-06-14 04:02 | 愛する動物のこと | Comments(0)