カテゴリ:愛する動物のこと( 483 )
彼女の最期の日
 
 彼女の最期の日


 彼女は、明日、殺される

 彼女はそのことを感じている

 彼女は、彼女の前に殺されてきた仲間からの匂いを嗅ぐ

 彼女は、床の上のかれらの血や、積み重なった皮を見る

 彼女は、逃げ出すことはできない

 出口はない

 何処にも行くところはない

 彼女は、週末をずっと、この中に閉じ込められ

 血液と

 糞と

 尿の中に立ち続け

 彼女の番が来るのを待つ

 彼女の喉(のど)が、かき切られるのを待つ

 彼女は、明日、殺される

 彼女の亡骸を食べたいという人々の為に


c0027188_145845.jpg

(英文を、私なりに忠実に訳させて頂きました)


たとえば …

週に1日、お肉を食べない日を作るとか。

決して無駄にはしないとか。

買うのなら、スーパーのパックではなく …

お肉屋さんから必要量だけ買うとか。

できることは、沢山、ある。

そして、そういう少しの変化が未来を変える。
by yayoitt | 2016-06-12 00:46 | 愛する動物のこと | Comments(2)
私の亡骸(なきがら)は …
今朝の、窓からの光景。

大きなネズミが、駐車場で死んでいた。
c0027188_242413.jpg

それを、代わる代わる、色んな鳥が来て …
c0027188_2425787.jpg

啄ばんで。
c0027188_2431272.jpg

そして午後には、ネズミの体は小さくなって軽くなって。

カモメが咥えて飛んで行った。

それを見て、また思いを馳せる。

燃やさないで欲しい。

土に埋めるのは、まだ、良い。

希望が叶うならば …

でも、人間社会では叶わないことはわかっている。

私の亡骸は …

野生動物(ことに飢えている、できたらシロクマに)に食べてもらいたい。

正直なところ、そう、強く願う。

シロクマが、人間の味を覚えることに加担するから、無理だとはわかる。

せめて、動物や虫たちの生きるサイクルの糧となれたら。

そう、願う。
by yayoitt | 2016-06-11 02:36 | 愛する動物のこと | Comments(6)
あなたのお皿の上の赤ちゃんたち
c0027188_2513834.png
    
 072.gif平均 屠殺寿命072.gif       072.gif自然 寿命072.gif


 仔牛肉用の牛 : 6ヶ月           20年

 乳牛 :   4年              20年

 牛肉用の牛 : 18ヵ月            20年

 卵を産む為の雌ニワトリ : 18ヵ月       12年

 肉用のニワトリ : 7週間           12年

 カモ : 8週間                12年

 七面鳥 : 5ヵ月               15年

 山羊 : 20週間               14年

 羊(ラム肉) : 6ヶ月            14年

 ブタ : 6ヶ月                12年 

 
私たちが頂く動物たちは、みな、赤ちゃんなのです。


(英語は、やっこが訳させて頂きました)



   
by yayoitt | 2016-05-08 02:50 | 愛する動物のこと | Comments(2)
動物が教えてくれる、太陽の力
長い冬の後

雲の合間から太陽が顔を出すだけで

人々の表情が喜びでほころぶ

太陽の温かみを感じると

それだけで

自分が生きる世界は

とても平和なんじゃないかと錯覚するほどに

太陽の陽には、力がある

それを、誰よりも真っ先に教えてくれるのが …

動物たち

彼らは知っている

温もりが、心と身体と世界にもたらす偉大な力を

そして、その力を全身で 尊い と感じることを
c0027188_3291183.jpg

(同僚の猫、ヌードルの今日の写真から)
by yayoitt | 2016-04-21 03:20 | 愛する動物のこと | Comments(10)
その思いの繋がる、先にある …
その春、初の、牧草地への移動で

牛たちは、こんなにも身体全体で喜びを現す



ほとんどの人々が

牛たちを   牛乳 でしか理解しない

彼らを  として理解しない

 牛が食べたい

 本革でないと嫌だ

 もっと牛乳を飲みましょう


人々が軽々と口にする、そのずっと繋がりには直接、この命がいる

心を抱えた命が
by yayoitt | 2016-04-11 03:32 | 愛する動物のこと | Comments(4)
太陽の光降り注ぐ港、ネコ、そして一部屋から出てきたお金
土曜日は

同僚がボランティアをしている猫のチャリティー Sunny Harbour
c0027188_4105664.jpg

タウンホールにて彼らが行う、クラフトフェアーに出掛けた。
c0027188_4114154.jpg

年に一度の募金を募る、そして人々にネコたちのことを目的のフェアー。
c0027188_4122379.jpg

夫婦と5歳の息子、そして数人のボランティアで運営されるチャリティー。

今現在、その  の中にいる猫たちは、おおよそ40ネコ。
c0027188_416582.jpg

どのネコも、とても穏やかで幸せそうなのが、印象的だ。

一緒に出掛けた同僚と、ホールでコーヒーを飲んで休んでいると …

ボランティアをする同僚が、大きなアイスクリームの箱を抱えてきた。

 これ、ハキ(ご主人の名前)の部屋を掃除してて見つけたの

 床とかポケットとか、色んなところに散らばってたのを集めたら …

 こんなにいっぱい、あった


と、その重たい入れ物の中身は … コイン

そこで、コーヒーを飲み終えた私と同僚とで、コインを数えることに。
c0027188_4225347.jpg

確実にホコリとか髪の毛が絡まっているような汚いコイン!! 苦笑

これが一部屋に散らばってあったとは …。

数えること数十分。

合計 £39.72

おおよそ6千円くらい。

それはそのまま、募金へ。

しかし … 一部屋にこれだけのコインが散らばってるって一体??

ちなみにご主人は、40代の大学教授。
by yayoitt | 2016-04-03 04:02 | 愛する動物のこと | Comments(10)
人の生活の裏で苦しむ動物のこと
c0027188_391513.jpg

毛皮

であり 

アンゴラ 

であり

ウール

であり 

ダウン

であり 

レザー

であり

自らの手を汚すことなのない、消費者であるのであれば

せめて

その現実から目を逸らさないで

どんな命の痛みと犠牲をもって、その 購入する物 が存在するかを知る

そういう責任、義務がある



 
by yayoitt | 2016-03-27 03:02 | 愛する動物のこと | Comments(2)
海辺で、三角関係 …
海辺にて …

目撃

どうやら

三角関係

c0027188_555479.jpg

by yayoitt | 2016-03-20 04:56 | 愛する動物のこと | Comments(2)
誰かの目で、耳で、そして心で

EMPATHY....

Is seeing with the eyes of another....

Listening with the ears of another....

and Feeling with the heart of another...


c0027188_5404169.jpg


思いやること ...

それは、ほかの誰かの目でもって見てみること ...

ほかの誰かの耳でもって聞いてみること ...

そして、ほかの誰かの心でもって感じてみること ...



(Empathy という言葉に関しては、共感、感情移入、同情などとも訳せますが
 ここでは、あえて、思いやり という言葉で訳させて頂きました)
by yayoitt | 2016-03-19 05:40 | 愛する動物のこと | Comments(2)
"スージーと暮らすあなたへ" 
アニマルシェルターに、ある男性がやって来た。

彼は、とても恥ずかしがり屋のオレンジ色の猫と

そして、手紙を持って …

手紙は、彼の継母が書いたもので、この猫の飼い主が彼女だった。

c0027188_5215444.png

 
 友へ
 

 わたしの友達、スージーを迎えてくれて、ありがとう

 彼女は、3猫の兄弟姉妹のうちの1猫で、
 2010年11月15日がおおよその彼女の生まれた日よ

 彼女は2010年の12月にわたしのもとにやって来たの

 彼女の新しい家がここだってことを、彼女がわかるようになって
 わたしが、きっと大丈夫だって思うまでは、彼女を外には出さなかった

 外に出るようになったある日、彼女は4日間も行方不明になったわ
 きっともう、彼女には会えないんじゃないかって、思ったのよ
 
 そしたら、行方不明になってから4日目の夜、それはもう、
 聞いたことのないような大きな音の雷(かみなり)が降って来たの

 雨は降っていなくて、雷の音だけだった

 翌朝、わたしは外に出て、無駄だとは思ったけれども彼女の名前を呼んだの

 そうしたら、彼女が走ってきて、わたしと一緒に家の中に入って来たのよ

 それ以来、彼女は、わたしと一緒じゃない限り、決して外に出なくなったわ
 そして彼女は、すっかり家の中だけで暮らす猫になったのよ

 スージーは、すべての人々と、すべての物事を怖がってしまう

 わたしのことを、友達なんだって彼女が理解するのに
 6~8ヶ月もかかったくらい

 わたしは、彼女が家の外に出られるようになるように、長い間、試みた
 けれど、わたしが一緒に外に出ない限り、彼女は外出しようとはしない

 もしも、わたしが散歩に出掛けるならば、彼女もきっと散歩に付き合うだろう
 けれど、あまりにも、わたしは足元が確かじゃないから、家の前のポーチから
 外へは、とても行けないわ

 彼女ができる一番の外出は、家の前のポーチの隣の庭の周囲を歩くことね

 もし、わたしが散歩できるのだったら、彼女はわたしに付いてくるに違いないわ

 スージーが、わたしたちの犬と仲良くなれたら、それは嬉しいこと

 彼らは、それなりに上手くやっているけれど、スージーが、
 犬とは特定の距離を置いたままでいるわ

 わたしが、彼らを残して家を空けるとき、なにも心配はしていないの

 スージーは、変わった猫だけど、わたしは彼女が傍に居てくれるのを楽しんでる

 彼女は、すりすり寄って来るくせに、ボスでいたい猫で
 撫でてもらうのを、とても楽しんでくれる

 わたしのベッドの上で、沢山の時間を彼女は過ごすけれど、
 いつも、わたしが何処にいるかは知っているみたい

 わたしがスージーと楽しんだように

 あなたも、スージーとの時間を楽しんでくれますことを


c0027188_5212941.jpg

この女性は、自らの残された人生がわずかであることを悟り …

そして、この手紙を書き残した。


英文の手紙を、私なりに、しかし忠実に訳させて頂きました) 




 
by yayoitt | 2016-03-09 04:31 | 愛する動物のこと | Comments(8)