カテゴリ:愛する動物のこと( 492 )
モノクローム 友達

c0027188_06412104.jpg

出会うと

嬉しい

こんな

写真に

出会えると

尊く感じる

こんなイマージュに


by yayoitt | 2017-11-12 06:34 | 愛する動物のこと | Comments(1)
ある猫の一日

すっごく好き

c0027188_05583687.jpg


by yayoitt | 2017-11-06 05:51 | 愛する動物のこと | Comments(4)
猫のコーキーとご主人

元動物病院のクライエンツで、今は友人付き合いをしているステラ


愛するトビーにお別れを告げてから8ヶ月。

彼女には、一緒に暮らしている2猫がいる。

彼女のご近所さんたちの多くが、犬や猫と暮らしている。

とても友好的で、動物のことを愛する人々が集まって。

c0027188_04190728.jpg

理想的な素敵なご近所さんなのである。

お向かいに独り暮らしする Mr.M も、元は私の病院のクライエンツ。

彼は、オスの猫のコーキーと暮らしている。

c0027188_04173120.jpg

今まで動物と暮らしたことのない彼だけれど …。

コーキーと暮らし始めてから、泊りがけで旅行に行くのも躊躇うほど。

彼は、コーキーを愛して止まないのである。

そんなコーキーが、ステラの家のテラスのドアの外に …。

c0027188_04174408.jpg

Mr.M が私たちと一緒にスープを飲んでいるのに気が付いたのだろう。

c0027188_04175688.jpg

ずっと座っている。

c0027188_04180714.jpg

コーキーは今まで一度も、ステラの家の中に入って来たことはないと言う。

それなのに今日は …

ドアを肉球でぽんぽんと叩き …

ドアを開けると、躊躇しながらも …

c0027188_04183718.jpg

 お邪魔しますよ

と。

c0027188_04185667.jpg

動物好きの人々の周りには、ちゃんと動物が集まってくるもの。

c0027188_04182332.jpg

彼らは、しっかり感じている。

そう、しっかり。


by yayoitt | 2017-10-20 03:59 | 愛する動物のこと | Comments(4)
死に逝く59歳のチンパンジー、ママと友の再会

これは、ある死に行くチンパンジーが

初めての友に気が付いたときの

とても感動的な瞬間である

59歳のチンパンジー ママ

彼女は、オランダの動物園で暮らしていた

けれど、2016年の4月に不治の病に罹ってしまう

彼女の身体はとても弱く、病状が深刻で

食べものも、飲み物も拒否してしまった

Jan Van Hoof 教授は、ママのことを1972年から知っている

そして、彼が彼女の面倒を、みていたのである

ママが病気と知った彼は

彼女が亡くなる1週間前に、彼女に面会を試みた

ビデオでは 

最初のうちママが、彼の存在にちっとも気が付かないのがわかるだろう …

けれど

彼女が彼に気が付いた瞬間 …

とてもはっきりとした、悦びの表情を顕にしたのだ!

彼女は、初めての友に最高の笑顔を見せ …

どれほどに弱っていたかにも関わらず

教授が差し出す食べ物を食べもしたのである

Jan は、ママとのお別れの言葉を彼女に伝えた

穏やかな眠りの中でおやすみ …


文章は、英文の説明文を、私なりに訳させて頂いたものです


by yayoitt | 2017-10-18 04:12 | 愛する動物のこと | Comments(2)
ホラー映画のシーンではない
c0027188_04371191.jpg

これは

ホラー映画の一シーンではありません

これは

あなたの食べるお肉がやって来る場所です


(私なりに訳させて頂きました)

私からの言葉は、ありません。

ただ、その写真と文字の通り。


by yayoitt | 2017-10-10 04:36 | 愛する動物のこと | Comments(2)
母親からの最期のキス
知っていましたか?
c0027188_02492591.jpg
私たち人間と同じ牝牛がお乳を出せるのは

妊娠している時期だけだということを。

牝牛が9ヶ月の間、おなかの中で赤ちゃんを育てることを。

牡(おす)の赤ちゃんが生まれるとその子はすぐに、

お母さん牛から引き離されることを。

そして、お母さんのお乳を、一度も飲むことを許されないことを。

可哀相に彼らは、

お互いの存在を探して何週間もの間、泣き叫び続ける …

ということを。

( 英文を私なりに訳させて頂きました ) 


★ オスの子牛は、人間の食卓に運ばれるために
動けないくらい狭い檻に入れられて、
筋肉をつけさせないように動かさず、
ただ太らされて殺されます ★

by yayoitt | 2017-09-30 02:46 | 愛する動物のこと | Comments(2)
クジラが泳ぐ


c0027188_02461861.jpg

クジラにやさしい国に

日本はなって欲しいと

心から

心から

そう、願

 


by yayoitt | 2017-09-15 02:44 | 愛する動物のこと | Comments(2)
どちらが、この家の猫にゃん? (その2にゃん) 

c0027188_04485860.jpg

c0027188_04490959.jpg
ニャンの面倒を見ていた週末。

c0027188_04502692.jpg

このお宅に、ちゃんと住んでるニャンは1ニャンだけ。

c0027188_04493894.jpg

写真から …

c0027188_04491844.jpg

さぁて

どっちのニャンが、このお宅のニャンでしょう?

c0027188_04492848.jpg

とは言え、彼も何年も前にお隣の家から引っ越して来たんだけど。

c0027188_04504594.jpg

どっちのニャンが、お隣からこの家に移住したいと試みているニャンでしょう?

c0027188_04505874.jpg


うふふ


by yayoitt | 2017-09-12 04:06 | 愛する動物のこと | Comments(4)
どちらが、この家の猫にゃん? (その1にゃん) 

週末は、ニャンのシッターに。

c0027188_03540073.jpg

以前にも何度か面倒を見ているニャン。

c0027188_03541174.jpg

彼の名前は スペンサー

c0027188_03542109.jpg

彼は、この家に隣の家から移住してきた。

c0027188_03544762.jpg

そして最近、同じ隣の家から、さらに2ニャンが移住しつつある。

c0027188_03550089.jpg

ニャンは知ってる

c0027188_03550897.jpg

本当に、ニャンのことを愛してくれてる人を。

心地良い家というもの。

隣の家は、1人暮らしの女性で犬猫を増やすばかり。

それも、ファンシーな種類ばかり。

つまり、犬猫屋敷状態になりつつある。

そして仕事で一日中、家を空けている。

賢いニャンたちは、そっと家を抜け出し、隣のこの家に引っ越す。


続く 


by yayoitt | 2017-09-11 03:47 | 愛する動物のこと | Comments(4)
ひとり、減るように
c0027188_423554.jpg


動物を傷める人がひとり、減るように

(動物テストをしない商品を選ぶこと)

by yayoitt | 2017-06-30 04:21 | 愛する動物のこと | Comments(0)