「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:07 日本秋旅行( 12 )
日本ちょっぴり切ない旅 何てったって北海道だもん    (小樽とシロクマと涙)
愛する道産子たちとの長い夜は、時よ止まれ!と祈りも叶わず更け ・・・

札幌で宿泊させてもらった 桂子さん のおうちに朝の日差しが ・・・
c0027188_356157.jpg

             日差しの中でまどろむわんさ

今日は、お仕事がお休みの カッタン と3人で出掛けることに ・・・。

遡ると、2005年の9月25日 ・・・

ブログを通して言葉を交わしたんだっけ。

ブログを通しての人との出会いって不思議だなぁって、しみじみ思う。

同じ熱い思いをきっかけに知り合って、そして沢山の言葉を交わす。

まだ一度も出会ったことはないのに、心は深く強く結ばれる ・・・ 結束される。

そう、深い深いところで。
c0027188_2222129.jpg

愛する道産子たちとは、動物への思いを同じくし、互いの強い気持を知りながら歩んで来た。

お天気が良い中、桂子さんの車で、Cooを膝に乗せ(わんさは桂子さんの膝で)出発っっ!

まず、カッタンを迎えに ・・・ おサルのマスクを被って ・・・。

カッタンの家の前で車を止め、サササッッ と外に出たけど、見られていた。

数人の人が確実に、真昼間からサルのマスクをかぶった女性を見てた。

家の中から、カッタンが出て来た ・・・ お母さんが愛犬のモモを抱いて隣に。

マスクのことは忘れ(笑)、お母さんに挨拶し、会いたかったモモを抱かせてもらった。

モモは、車の中で興奮しているCooとわんさに、少し怯えていた。

愛しいモモ、愛しいCoo、愛しいわんさ、昨夜会った愛しいちゅう、愛しい空ちゃん ・・・

愛しい人々と愛しい犬たちとの出会いは最高だぁ~~

さぁ ・・・ 時間に追われつつ向かったのは、小樽市。

長い一日の始まり、今日はまず、3人で映画を見るんだ。

きっと独りでは、勇気がなくって見れない映画だった。

彼女たちとなら一緒に見たい、そう思えた映画だった。

北極のナヌー
c0027188_2495160.jpg

北極の氷は、確実に近い未来に融け去ってしまう。

そこで生きている北極熊たち ・・・ 彼らの姿はきっと、それと共に消え去る。

諦めたくはないけれど、だけど、それは止めきれない現実なのかも知れない。

そんな現実を生きる、北極熊の親子(母親、メスのナヌー、そして弟)を追ったドキュメンタリーである。

彼女たちが側にいてくれたからこそ見られた映画である。

感謝の言葉しかない ・・・。
c0027188_3474150.jpg

          映画館のトイレにて ・・・ 映画の前に
c0027188_4304696.jpg

        トイレの中にあった ・・・ これは、何語??

桂子さんは、アラスカにその5月に行っていた。

カッタンは、数ヵ月後にアラスカに行こうとしていた。

いつの日か、一緒にアラスカに行けますように ・・・ そう願う今である。

だだ漏れの私はやっぱり、始まりから終わりまでずっと漏れたままで。

考え込んだ3人は言葉少なに、太陽の光を感じて屋上に惹かれて行ったら ・・・
c0027188_3591311.jpg

        海を見渡すそこは ・・・ 雲ひとつない青空で ・・・

もう少し信じて生きてみたい、シロクマの生き続ける姿を願いたい ・・・ と誓った。

次の予約時間が迫っているので、カッタンは遅れる詫びの電話を、桂子さんは急いで次の目的地に向ってくれた。

そこは、小樽市内から天狗山に向かって坂を登った ガラス工房 ザ・グラススタジオイン小樽 だった。

吹きガラスを体験しよう! と誘ってくれていたんだ。

その様子は ・・・ カッタン と 桂子さん のこちらを ・・・。

北極のナヌーに誓いを ・・・ 

それぞれの作品の底には、その日の日付と K Y K のイニシャルが焼かれている。
c0027188_436518.jpg

c0027188_4372344.jpg

このグラスで水を飲む度に、思い出す誓いがある。

北極のナヌーへ、守り続ける誓いを ・・・

(この後まだまだ、愛しい命との出会い、そしてもりこちゃんとの再会に続く ・・・)
by yayoitt | 2008-04-04 00:25 | 07 日本秋旅行 | Comments(8)
日本ちょっぴり切ない旅 何てったって北海道だもん    (道産子とワンコと夢の夜)
       一度、行ってみたかった ・・・ 経験してみたかった ・・・ 

              日本のドッグカフェ

モエレ沼公園 を風に吹かれながら、感動に浸りながら歩き回り ・・・

英国での再会を約束してお別れしたお友達と愛する犬、愛しい子供さんとお父様に手を振り ・・・

もりこちゃんとチュウ と 桂子さんとCooとわんさ と カッタン と夕暮れに向けて出掛けた場所。

北の国 ・・・ 北海道の秋は、しんなりと少しだけ肌寒く、だけど心はあっつかった。

風邪をひいてしまっていたので、少し微熱もあったかも ・・・ 笑!!
 (それくらいの方が、気分が高揚して、呑めない私にはちょうどええっ)

その レストラン に到着!!

初めて目にする、犬と共に来られるレストラン ・・・ 隅には犬用のおもちゃや、おトイレ。

リードを引っ掛ける金具も所々に取り付けてある。

          あ ・・・ 厨房から聞こえるのは ・・・ 誰?

出て来てくれたのは ・・・
c0027188_6433100.jpg

    オーナーでシェフのとてもフレンドリーなT様と、看板犬の社員ちゃん

 ★ お顔は全てやっこに換えさせて頂いてますのでご了承ください ★

社員ちゃん は ・・・ ちょっぴり焼きもち妬き ふふふ

途中で、食事に参加してくれた いさなさんとソラちゃんと初対面し ・・・

          楽しい時間の 始まり 始まり  

向かい合って、改めて語り合う友。

さっき初めて会ったばかりなのに ・・・ 昔から知ってるみたい。

幼馴染(年が偉く違うのに ・・・ ごめん 笑)みたいに馴染んでいる。

同じ価値観で結ばれた、親友とも呼べる友たち。

           あぁ ・・・ 大好きだなぁ~~~ 

ずっと以前に 桂子さん から相談を受け、シェフは今回の為に特別 
ヴィーガンコース を準備して下さった!!

その気持ちが、その優しさが、その努力が、掛けてくれた時間が ・・・ 

               嬉しかったぁ

パンプキンスープ(クリームも使用せず、豆乳でトローリ!!)
トマトソースのスパゲティー(とにかくボリュームがあって、そしてヘルシー)

メインは ・・・ 
c0027188_628353.jpg

      豆腐ステーキっっ!! ソースと焼いた野菜も ・・・ 最高
c0027188_6371429.jpg

         そして、お利巧にしてるワンコたちにも ・・・

残りは、ここには一緒に来れなかったカッタンの愛犬、モモへのお土産。

           愛おしい命の喜ぶ姿を見るのは 

      愛する友たちと一緒に、微笑んで黙って見つめられるのは 

             なんて幸せなことだろう ・・・

c0027188_6301932.jpg

               ちゅうが喜んでる
c0027188_6332985.jpg

                Cooが必死
c0027188_634339.jpg

                わんさが必死
c0027188_6342630.jpg

     ソラちゃんが大好きないさなさんの側でドキドキしている

犬の姿を見つめながら、美味しい食事に舌鼓を打ちながら、語る、語る。

愛護センターのこと ・・・ 私がまだこの目で見たことのない世界。

日本の動物の現状 ・・・ どうしても耳を覆いたくなっていた現実。

だけど、彼女たちも同じ思いなのだと、感じたら、信じたら、とても勇気が湧いてくる。

            あなたたちに会えて、本当に良かった

               感謝しています

c0027188_6535411.jpg

       食べたり、笑ったり、写真を撮るのに忙しい やっこ

          シェフ、必ず、ここでまた、お食事をしたいです

いつまでも見送ってくれるシェフに手を振り、いさなさんとソラちゃんに手を振り。

          私達はこうして夜更けまで、語り明かした ・・・
c0027188_6351193.jpg

                 DECEMBER12

興奮の熱は優しい微熱に変わり ・・・ 煙るような空気の中でただ夜が、更けた。
by yayoitt | 2008-01-07 06:12 | 07 日本秋旅行 | Comments(10)
日本ちょっぴり切ない旅 何てったって北海道だもん    (道産子と夢みたいなモエレ沼)
興奮冷めやらぬまま、ちょっぴり照れ臭さ消え切らぬまま、少し雨も降り出してきた
ピクニック

道産子某Kさん(この日の計画者、演出者、運転手、プロデューサー)が、自分の時計を見て叫んだ。

 “ はっっ !! 急がなくっちゃっっ !! ”

千歳空港近くのこの公園から、次の目的地は 札幌市内の モエレ沼公園 ・・・

前々から、“ モエレで愛する道産子たちと一緒に歩きたい! ”という私のわがままを聞いてくれた。

そこには、以前から会いたいと願っていた 柴犬のMaisy と ご主人のNちゃん が待っていた。

Nちゃん は、生後間もない娘ちゃんを抱いて、約束の場所で待っててくれた。

小雨が降り、風の強い広い広い公園で、車で送ってくれた優しいお父様(ありがとうございます!!)と共に、ジッと佇んでいてくれた。

その時には既に 愛犬のちゅう が私達に参加してくれていて Cooとわんさ Maisy と皆で賑やかに歩き出した。

語りながら歩き出して ・・・ 
c0027188_461169.jpg
語りながら歩いてぇ ・・・
c0027188_463017.jpg

          語りながら歩いてぇ ・・・
c0027188_472224.jpg

          語りながら歩き続けてぇ ・・・
c0027188_413448.jpg

        語りながら あれ ・・・ 登り出したぁ ・・・
c0027188_482812.jpg

        語りながら、登っているのはモエレ山ぁ ・・・
c0027188_4133112.jpg

  Nちゃんは娘ちゃんを抱いて、大きな肩から吊るしたバッグもあるのにぃ ・・・
c0027188_413524.jpg

  みんな、みんなぁ、みぃんなぁ ・・・ そこからの見晴らしが良いと登ってくれた

それまで、メール、時に手紙やカード、そしてブログを通して心を交わしてきた 

そして、彼女たちが愛し、彼女たちを通じて私も愛おしくて堪らない 元気で個性的で愛してやまない犬たち

そこから見えた、ずっと見たがっていた風景なのに ・・・。

目に焼き付けることもないほど(しんどい思いで登ってくれたのに ・・・ ご、ごめんっ友と彼女の犬たち に心を奪われてしまった。

あぁ ・・・ 会いたかったぁ ・・・ あなた達に、本当に会いたかったぁ ・・・。

           会えて本当に、嬉しかったぁ ・・・。

c0027188_6283460.jpg

   山を下りたらモエレ堪能、ドッグカフェ(レストラン)初体験へと続く、続く  

ひとり裏話
by yayoitt | 2007-11-23 04:05 | 07 日本秋旅行 | Comments(8)
日本ちょっぴり切ない旅 何てったって北海道だもん    (道産子と夢みたいなピクニック)
道産子はやっぱり美人揃いより続く

           ハグッッ 一人目ゲッツ       

                ハグッッ 二人目ゲッツ


         あ ・・・ 1人 は逃げられたっ ちっ

ずっと ハグ していたい、エロい(ちゃうっ)愛しい気持ちを抑えて、まるででっかいデパートのような大きな新千歳空港の中を4人で歩いた。
c0027188_5482896.jpg
 
            おおっ ・・・ これがっ うわさの ・・・
c0027188_5493669.jpg

           まりもっこり~~~~~~~~~~~~~
c0027188_5575058.jpg

           本当に、異常に もっこり しているっっっ
    
               ムギュッッ

週末の人込みの空港 ・・・ 

隣に、カッタンが ・・・ もりこちゃんが ・・・ そして、桂子さんがいる ・・・。

ずっと会いたかった人たちに会ってるってことが、側にいるってことが本当に  みたいだった。

今日はこれから、桂子さん が秒刻みで計画してくれたプランに従う。

     それにしても ・・・ 桂子さん ・・・ あんた、歩くのが速いわぁ ・・・

あっと言う間に、桂子さんだけ人込みの向こうに紛れてしまう。

        あぁ ・・・ 私、今、カッタンと話してるんだなぁ ・・・

      あぁ ・・・ 私、もりこちゃんの笑顔を見てるんだなぁ ・・・

       あぁ ・・・ 私、桂子さんの背中を捜してるんだなぁ ・・・


夢から覚める暇などなく、駐車場の車に近付くと ・・・

車の窓越しに見える、その2つの愛おしい姿は、まさしくっ Cooんさ

動く、吠える、必死に窓の向こうから訴える Coo と わんさ だった。

これから数日 Coo の座布団 になり、わんさ のしもべ となる私。

               幸せだぁ

なんとなく少し照れながら、まだまだ夢心地で桂子さんの車の中に乗り込む私たち。

助手席に座らせてもらった私の膝の上に、躊躇せずに座ってくれる Coo ・・・

               幸せだぁ

  ♪ 空はぁ~~~ 青空ぁ~~~~っ 太陽がぁ~~~ 眩しいっ ♪

雨女 同席の噂があったけど、どうやら へっちゃら みたい。

まず、向ったのは ・・・ 空港近くの公園
c0027188_625793.jpg

          ずんずん 皆で 荷物を抱えて歩く
c0027188_6253828.jpg

        Cooんさ が交互に ウンチするのを見るのが嬉しい
c0027188_6292979.jpg

        広い場所を見つけて ピクニックの始まり始まり~~~っ
c0027188_628655.jpg

す・・・す・・・凄い ・・・ 道産子美女3人 ・・・ こんな手料理を ・・・         
c0027188_6331288.jpg

     お空の下、草の上、カッタンが持って来てくれた敷布の上で咲く、
         どんなレストランよりも華やかで美味しいメニュー


桂子さん による   豆乳なんだよなぁ実はクリームコロッケ
     高野豆腐なんだよなぁ実はから揚げ むっちゃ春菊ってるキノコサラダ

もりこちゃん による  甘くて幸せ一杯お稲荷   香ばしい~ささげの胡麻和え

カッタン による   ピンクの花びらおにぎり    色とりどりジューシーフルーツ

愛情深くてあったかくて、優しくて美味しい美味しい料理 ・・・ 

そして 大切な大切な  がいるっ!!

草の上に座ると鼻をくすぐる、夏の残り香と湿った秋の予感。
c0027188_6522733.jpg

        目の前では Coo と わんさ が遊び
c0027188_6534352.jpg

     愛おしい、大切な大切な友が ・・・ いるっっっ って事実が嬉しいっ

               会いたかったよっ

モエレ沼公園へ、急げ急げ へ続く ・・・  
by yayoitt | 2007-11-09 05:58 | 07 日本秋旅行 | Comments(17)
日本ちょっぴり切ない旅 何てったって北海道だもん    (道産子はやっぱり美人揃い)
今回の一時帰国、幾つかの大きなハイライト、その中の でっかい 1つ !

そう、でっかい でっかい でっ海道(かいどう)~~~~~
              
            やっこ、北海道に行く

あの人に、あの人に、あの人に、あの人に ・・・

          ずっとずっと、会いたかったんだよぉ~~~~

初秋の紅葉パラダイス 幸せポロポロ札幌 フラフラ富良野 ・・・

       あぁ ・・・ 会いたい 会いたい 会いたい 会いたい

だから、おっきな夢を1つ、叶えに行った。

    あなたたちと、あなたたちが愛する命に、会いに行くよぉ ~~~~っ
c0027188_529193.jpg

         富山空港発 北海道は新千歳空港行き

夢をカバンに一杯詰めて、手渡したい気持ちを一杯抱えて、胸に沢山の期待を詰めて、出発。

同じ命たちを愛して、同じ価値観を長い間、共有してきたあの人たちに会いに ・・・。

海が途切れて大きな大地が眼下に広がる、雲が千切れて優しい太陽の光がさしている。

空港に到着 ・・・ 手が小刻みに震えるくらい、緊張ではなくって喜んでる私。

きっともって 皆、道産子は めんこい んだろうなぁ ・・・。

荷物を受け取る場所に出ると、空間の向こうの透明ガラス越しに、沢山の人々がお迎えに立っているのが見える。

荷物を受け取る前に、待ちきれずにガラスの壁の方へ近付くと ・・・

3人の、確かに めんこい 色白の女性が立っているのが見えたが、なんか変 ・・・。
c0027188_548196.jpg

               ヒゲかよっっ

           たくらんけ がぁ ~~~~~~~っ 

             どーってんこいたぁ~~~~~~~~

感動と驚きと爆笑のあまりに てっくりかえりそう になりながら、早く近くに行きたい思いで急いで荷物を取りに、ベルトコンベアーに戻った。

        ドキドキドキドキ ドキドキドキドキ ドキドキドキドキ

すぐそこに立っているのは、しかも、何故か ヒゲを生やして 待ってくれているのは、カッタン に もりこちゃん に 桂子さん

彼女たちがヒゲを生やしてるなら、やっぱり私は、あそこの毛をボーボーさせて登場するしかないよな ・・・

などと、興奮の余りに意味不明なことを真剣に考えてしまっている私 ・・・。
c0027188_642274.jpg

    鼻血が出そうな興奮状態で、荷物の引き換え券を失くして必死に探す私

             私ってば、なぁしたのさ??

      あった、あった! あぁ ・・・ はかはかしたさぁ ~~
c0027188_6111299.jpg

    開放~~~っ!! うおおおおおおおおおおおっ!! 会いたかったっ
c0027188_6163660.jpg

       めんちゃこい 3人に、早く抱きつきたいいいいいいいいいっ

興奮が頂点に至っていた私 ・・・。

          むぐす とこだったわぁ ~~~~~~~~

 : 必死の北海道弁なので、不適切な箇所がありましたらお許しとご指摘を!

     ヒゲ美女たちとの、もちょこく楽しい時間へ 続く ・・・
by yayoitt | 2007-11-07 04:24 | 07 日本秋旅行 | Comments(10)
日本ちょっぴり切ない旅 会いたかったよ 3       (オーリーとの散歩)
               第1日目 午後

オーリー の飼い主 Fさん 電話をしたが、お留守。

私の帰国前に、父親が前もって話をしておいてくれた。

 “ 娘が、帰郷中にオーリーと散歩したいって言ってるんでよろしく ・・・ ”

            父よ ・・・ ありがとう

少し躊躇したけど、滞在期間、特に飛騨にいる期間が短いので、留守でも良いからと家を出た。

玄関の戸は開いているけど誰もいない(田舎では日中、鍵をかけずに出掛けても平気なのである)様子だったので、用意してきた置手紙を上がり立てに。

 F様、お留守にお邪魔しました オーリー と40分ほど散歩させて頂きます

既にうづうづしている玄関横の オーリー 囲まれたフェンスを開けて中に入ると、大きな身体で飛び掛ってきた。

         良い子だ、良い子だ、本当に、良い子だねぇ

犬小屋の上に置かれたリードを見つけ、重たい鎖(くさり)のリードを外して付け替えた。

             グイ グイ グイ

           ほっほ~う、こぉれは、強いなぁ ・・・

電信柱から電信柱までを猛突進、全ての電信柱でオシッコをする オーリー

溝の上に掛かる木の渡しから、足をすべり落としたり、とにかく歩き方に落ち着きがない。

   ずっと、歩いてないんだなぁ ・・・ 最後に歩いたのはいつなんだろう?

とっても力があるので、常に体勢を立て直す ・・・ そして、鼻歌 ・・・。

     やっまへ行こう、次の日曜~、ランランララララ♪ (← 忘れている)

歩いているうちに、少しだけリードを引っ張ってやると、私の方をチラリと見るようになった。

 賢いなぁ、とっても覚えが早いんだなぁ、飼い主さんはこのこと知ってるのかな?

見上げれば青空、横には オーリー !

彼が匂いを嗅ぐ、彼が足を上げてオシッコする、彼が舌を出す ・・・

それだけで、幸せ、幸せ ・・・ 

           オーリー、あなたも幸せだろうか?

途中の水が流れている溝に、躊躇せずに飛び込み、思わず私も落ちそうになった。

ノーマン は水が嫌いで水浴びなどしたことがない(数回、足を滑らせて溝に落ちたい外は ・・・ 笑)ので、水浴びする犬の行動に、驚いたと同時に感激した。

          青空ぁ 青空ぁ 隣にはぁ オーリー♪

40分程、4年前に ノーマン と歩いていた荒城川の土手や保育園の隣を オーリー と一緒に歩いた。 

ずっとずっと、一緒に歩きたかったぁ、この景色を、この空気を味わせたかったぁ。

 これは私の自己満足に過ぎないのだろうか?オーリーは幸せなんだろうか?

葛藤と戦いながら、それでも ・・・ (写真はクリックで拡大)
by yayoitt | 2007-11-05 06:31 | 07 日本秋旅行 | Comments(30)
日本ちょっぴり切ない旅 会いたかったよ 2 (オーリー)
             彼の名は オーリー 

オーリー は大きな、ゴールデンレトリーバー。

ご主人さんのおうちの敷地内に、大きな犬小屋がある。

そこに オーリー は24時間、ずっと毎日、ずっとずっと綱に繋がって暮している。

4年前 ノーマン と散歩で彼の横を通る時、すごく大騒ぎして吠えていた。

去年、再会した時にご主人が言ってた。

 “ 力が強すぎて散歩できないんだ、年?え~~っと、幾つだったかな? ”

今年の雪が降る頃、父が送ってくれた一枚の写真、その時初めて、彼の名前を知った。
c0027188_1955958.jpg

オーリー は厳しい夏も、飛騨の長い寒い冬も、大きな小屋の砂の地面で呼吸している。

通りすがる犬たちを、羨ましそうに見ては吠え、飛び上がる度にきつく首が絞まってしまう。

そんな オーリー に会いに急ぐ。

あの角を曲がったらほら、見えてきた、彼の大きな小屋が ・・・

近付く、近付く ・・・ あ、彼が小屋の中から私を見つけた。

 ウ ・・・ 小さく唸った後に飛び出してきた。

跳ねながら大きな燃えるような色の毛並みを揺らしながら、フェンスに身体を叩きつける。
c0027188_1993275.jpg

             良い子だねぇ 良い子だ
c0027188_19101481.jpg

     会いたかったよ、会いたかった ・・・ オーリー、会いたかったよ

決して長い滞在ではないけどでも、1つ、どうしてもしたいことがあった。

今回の日本帰国の 大きな目的 の1つ ・・・

         オーリーと一緒に歩かせてもらうこと

この思いを煮詰めるに当たって、色々と考えてきた。

飼い主さんは、外飼いという状況の中で、   オーリーにとっては、私が滞在中に     オーリーの本当の良さを多分、      私と数回だけする散歩の意味が
     気が付いていない          どういうものになるのだろうか 
        
        ↓                    ↓

 いかに飼い主さんが、オーリーという       この散歩 のメッセージが
  犬の価値に気付いて貰えるか        正しくご主人に伝わるのだろうか

        ↓                    ↓ 

    果たして、私がしようとしていることは 正しいことなんだろうか ?

                  ↓  

     オーリーにとっては一時的な喜びで、彼を困惑させはしないか?

                  ↓

     ご主人にとって、まるで 親切の押し売り みたいにはならないか? 

                  ↓ だからこそっ

          あくまでも私が、オーリーを大好きだから、
          私の勝手でさせてもらいたいことを強調する。
 
           オーリーを通して、オーリーを囲んで、
       少しの時間でも飼い主さんとオーリーのことを話す時間を作る。


最後の最後まで、こんな申し出をして良いのか悪いのかわからずでも オーリー のご主人の玄関から声をかけていた。

                こんにちわ~~

オーリーとの散歩へ続く
by yayoitt | 2007-11-04 17:41 | 07 日本秋旅行 | Comments(7)
日本ちょっぴり切ない旅 会いたかったよ 1       (ピーチと幸ちゃん)
             あの子達 

あの子達、あの子達に、会える、会える、会いたい、会いたい。

故郷は飛騨の、私の生まれ育った町の、あの子達 ・・・

愛おしい、愛されるべく、計りきれないほどに尊い 命たち ・・・


自転車で急ぐ、急ぐ ・・・ 姉の家に、向かって急ぐ、急ぐ。

一年半前の帰国の少し前頃から、それまでずっとガレージの犬小屋や庭で繫いで暮していたのを、家の中に招き入れ、一緒に暮らすようになった。
c0027188_1251094.jpg

    ピーチ!(写真たちはクリックで拡大できるよッッ へへっ)
c0027188_16544817.jpg

       白内障もある、食欲は24時間無休、愛されっ子 ピーチ

家族の誰もが、それまで見出せなかった深い愛情を ピーチ に感じるようになった。

時には一緒の布団で眠り、床に座れば膝に登って眠る ピーチ

 “ ピーチ ” 姉の家ではその言葉が、一日に何度、聞けることだろう ・・・。

    ピーチ、ピーチ、幸せだね、本当に幸せだね、良かったね ・・・


ちょっぴりのにわか雨、濡れたって構わない、あっ ・・・ 青空が開けてきたみたい。

歩く、歩く、欄干を叩きながら橋を渡り、いつもノーマンと歩いた堤防に沿って ・・・

あの子に会いたい、あの子に会いたい。

幸せの 幸 と書いて 幸(こう)ちゃん と呼ばれているその子。

その子はいつも、垣根の向こうからノーマンに向かって牙を出して吠えている 怖い子 だった。

一年半前のある夜に訪れたら 幸ちゃん はいなかった。

いつもいる垣根から 幸ちゃん は顔を出してくれなかった。

不安に思って玄関から飼い主さんに声をかけると、飼い主のおばさんに 幸ちゃん が抱かれてやって来た。

夜だけは家の中で一緒に過すことにした、と言って凄く嬉しそうに笑っていたおばさん。
c0027188_17164139.jpg

     幸ちゃん と声をかけたら走ってきた、もう吠えたりしない 幸ちゃん

去年のことを覚えているのか、すぐに 遊ぼう のポーズをしてくれた。

    幸ちゃん、幸ちゃん、幸せだね、本当に幸せだね、良かったね ・・・


・・・ あの子、あの子、あの子

一番気になる あの子 に会える、もうその角を曲がればほら、あの子の大きな小屋がある。

そして、綱を引っ張る音が聞こえる ・・・。
by yayoitt | 2007-11-03 01:26 | 07 日本秋旅行 | Comments(8)
日本ちょっぴり切ない旅 いざ、愛する飛騨へ
            京都発 飛騨古川行き さすらい号

日本到着の夕方を、楽しく京都で過ごし、翌早朝、いざ飛騨へ ・・・

近付くに連れて深くなる緑と川の流れ ・・・

高い空に浮ぶ、トンビの影 ・・・

           ただいま 飛騨! 会いたかった!

駅に迎えに来てくれた母は、153cm の私でさえが見下ろしそうなくらいに、ちっちゃかった。

ちっちゃな彼女が、万遍の笑みで出迎えてくれた秋の町の入り口 ・・・

             ただいま 今、帰ったよ
c0027188_553613.jpg

   “ これを履けよな ” と出されたスリッパ ・・・ ら、ら、ラッコ??
c0027188_5554193.jpg

    家のトイレで ・・・ あれ?? マリモッコリ?? あれ? 違う ・・・

数日後に、本物の マリモッコリ に出会うこととなる(笑)。

       あぁ ・・・ マリモッコリ ・・・ 気になる ・・・

一年半ぶりに会う サル衛門(父) はやっぱり、サルだった。

でも、どことなくちょっぴり疲れていたのが気になった。

75歳、現役のタクシーの運ちゃん、最近ちょっと白内障で目が見にくいらしい。

一年半 ・・・ 一年半 ・・・

38歳の私にとってそれは、余り変化はないけど、両親にとっての一年半は、かなり大きなものなんだなぁ ・・・
 
色んな自然の変化というものを考えながら、1人で古川の町を歩いてみた。       
c0027188_633086.jpg

        お ・・・ こんな所にいたのか ・・・ タロオ

翌日、真ん中の姉と母と3人で高山へショッピングに出掛けた。

とにかく驚いたこと ・・・ 物が安いっ
とにかく感激したこと ・・・ 物が安いっ

円安、ポンド高 で 手に取る物全てが、安いし、かわいい、センスが良い !!
c0027188_6121485.jpg

            色白の姉と 色黒腹黒の私 クリックででっかくなるよっ

早速、欲しかった かわええ My お箸 を購入してルンルン♪ (← 死語 ・・・ 涙)
c0027188_6164462.jpg

        確かに子供用だったらしい ・・・ My お箸
c0027188_6192616.jpg

         古川町の、ある通りで行なわれた 灯篭ナイト
c0027188_6215224.jpg

      灯篭は全て手作りで、子供たちの将来の夢が描かれていた

何十ものロウソクの光を見ていたら、1つでも私の願いは叶ったような気がして。

そのくせ、もっと願いが叶って欲しいと、欲を出す自分がいたりして。

             ただいま、帰ってきたよ
by yayoitt | 2007-11-01 03:44 | 07 日本秋旅行 | Comments(24)
日本ちょっぴり切ない旅 京都、ワンワンな夜
       スコットランド発 大阪行き 秋のさすらい号
c0027188_345628.jpg

   わくわくが飛び出すほどに一杯詰まったバッグたち 飛行機の中にて 

に乗った私は、連日の不眠と多忙でふらつきながらも日本に到着。

人の影が ・・・ 似たような背丈だ、黒髪ばかりだ、何言ってるか全部わかる!

日本だ、日本だ、待ちに待ってた、待ち焦がれてた日本だ、私、日本にいる~~っ。

京都駅までは、いつも通りにバスにて移動、1時間半ほどをすっかり寝込んでしまった私。

 お客さん(さんさんさん)起きて下さい(さいさいさい)終点です(ですで ・・・

                はっ

シートに垂れた涎(よだれ)を隠す間もなく、大きな荷物を抱えて外に出た。

  あぁ ・・・ 太陽が ・・・ まるで夏のような太陽が ・・・ 眩~~ぅい

迎えに来てくれていた、10日前にスコットランドで別れたばかりの姉と共に彼女の家へ。

    あぁ ・・・ 夏のような眩ぅ~~~~い太陽がぁ ・・・ あっちーっ

懐かしの姉のマンションで私を出迎えてくれたのは ・・・

ビーグルのココ、沖縄に嫁いだ姪っ子のH菜、そして、初めて出会う命 ・・・

確かに私の血も繋がっている H菜の娘 結愛(ゆうあ)
c0027188_41201.jpg

             あ ・・・ 結愛、眠ってる

ココは、眠ってる結愛も気になるし、久々に会った 子豚ちゃん(もちろん、あたしっ)も気になる。
c0027188_41562.jpg

        あの ・・・ あんたたちに近付きたいんですが ・・・

沖縄でもずっと夏服、10月の京都でもずっと夏服の H菜 はまだ21歳

彼女は、経験と言うものから沢山のことを学び、身に付け、彼女自身を向上させることができる女性だ。

自ら考え、大衆の言うことに流されず、自分はどう思うのか、をいつも大切にしている。

ちっちゃくって大らかに泣いたり笑ったりしていた H菜 と私は、沢山、動物のことを語った。

   私は心の底から、あなたを応援しているよ、そして尊敬しているよ

姉とH菜が準備してくれた お寿司 と ピザ が到着!

 ピザ、ピザ、ピザ、ピザ ・・・ ここは?(と、肘を指す) ・・・ ヒザッッ  

 と、もう笑えないギャグも、日本で言うとなんだか楽しくって可笑しい~~~~っっ

すっかり、日本にいることに舞い上がってしまって頭が空回りしている頃 ・・・

          待ってました!!お客様っ!!

お誕生日が同じで、とっても大切なお友達 Gちゃん と、去年、日本の犬のあり方を語り明かした大切な大切なお友達 Tさん と 娘ちゃん が姉の家に来てくれた。

Tさん の ワンコS も一緒。
c0027188_446973.jpg

           犬も人もみ~~んな、女の子
c0027188_448524.jpg

        Gちゃん、一杯、会って話したいことがあったよぉ ・・・

  Tさん、去年語り明かしてから一年半、ずっとずっとこの再会を夢見てたっ
c0027188_451793.jpg

         元気で食べ物大好きのワンコたちに、ご飯っ
c0027188_4525334.jpg

ピザピザ、お寿司 ・・・ TさんとGちゃんの持って来てくれた気の利いたオヤツたちに舌鼓

楽しい時間はあっと言う間に過ぎるもの ・・・

愛おしい、あなたとの時間は、本当に矢の如くに過ぎるもの ・・・

Tさん ・・・ 娘ちゃん ・・・ あなたに会えて本当に良かった。
出会えたことが、その始まりに心から、感謝てるよ。
私はここにいます、ここでいつでも待ってます。


Gちゃん ・・・ 出会うべくして出会ったのだよね。それをしみじみ感じているよ。
c0027188_502344.jpg

      ケーキの箱に目が留まった ・・・ 包装の簡易化をしています

       少しづつ変わりかけている日本 ・・・ 私、帰ってきたんだぁ
by yayoitt | 2007-10-31 03:16 | 07 日本秋旅行 | Comments(8)