カテゴリ:ヴェジタリアン ヴィーガン人生( 59 )
完全ヴィーガンカフェ
土曜日は、友のRちゃんと、外朝ごはん。

お城のすぐ裏手にある観光名所のストリート。

そこに最近、オープンしたデリカカフェで待ち合わせ。

朝ごはんとカプチーノを頼んだ。

このカフェのメニューは完全ヴィーガン。
c0027188_5172855.jpg

動物性のもの一切なし。
c0027188_5174347.jpg

だから、お乳も、牛やヤギのものは無し。

豆乳やアーモンド乳、ライス乳、ココナッツ乳などから選べる。

美味しいし、健康的だし、なんと言っても心が嬉しい。

激しい雨模様だったけれど …

親しい気の置けぬ友と語らいながらのヴィーガン朝ごはん。
c0027188_5181173.jpg

 まじ、最高っっ

 うふん

by yayoitt | 2017-03-05 05:10 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(2)
気持ちの良い、心が温かいヴィーガンブーツ
ここ数年の間に、大ブームになったブーツ。

UGG ブーツ

これが果たして バイプロダクト(副産物) であるはずがなく。

その毛皮や、革、こういうブーツの為に、苦しみ、処分されるのが現実

去年の暮れのセールで、ヴィーガンブーツを買った。
c0027188_5435888.jpg

家の中で履くつもりで …
c0027188_5441521.jpg

見た目も軽さも、暖かさも、強さも …
c0027188_5442967.jpg

とっても、良い。
c0027188_5444296.jpg

そして何より …
c0027188_54515100.jpg

気持ちが、辛くない。

足だけではなく、心も温かになれるブーツ。

こういう物を購入できる時代が、嬉しい。
by yayoitt | 2017-01-23 05:35 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(2)
日本でクリスマスがしたくなる … ヴィーガンケーキ♪
いくら、スコットランド生活が長くても。

どんなに、西洋の甘いケーキに憧れていたからって。

私はやっぱり、生粋の日本人。

日本で生まれて、日本の文化にとっぷり浸かって育った女子(←え!)。

 クリスマスには …

 生クリームの、日本のケーキが食べたいのだ!!


しかし、ヴィーガン生活を選んだ私に、それはもう、無理な夢 …

と、諦めていたではありませんか!

日本語がおかしくなるほど、興奮している私。

なぜならば … なんと!
c0027188_573175.jpg

 日本の大手のお店で、ヴィーガンOK! のクリスマスケーキが買える!

のだそうです。

ヴィーガンと言っては、語弊があるのだけれど。

つまり、アレルギー対応のクリスマスケーキ。
c0027188_5114667.jpg

それが偶然、ヴィーガンにも大丈夫なケーキとなっただけだけど。

動物由来の成分を一切、使わぬ日本のクリスマスケーキなんて …

すっかり諦めていた私には、もう、浮き足立つほどの喜びのニュース。

これを食べる為にも、日本で、クリスマスを過ごしたい私である。

http://matome.naver.jp/odai/2144297465899337401
by yayoitt | 2016-11-07 04:56 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(0)
ずっと諦(あきら)めてたラザニア♪
大成功と言えよう!

ずっと諦めてた、でも、食べたかった …

ラザニア

チーズの部分が問題だから。

日本風の豆腐とレモンの皮、レモン汁、パセリのミックスで。
c0027188_551157.jpg

トマトソースも良い感じで。
c0027188_5521964.jpg

ナスの薄切りをレイヤーに。

時間と手間が掛かるけど ...

大成功っっ すごく美味しかった!

とオンラインのレシピに感謝。
by yayoitt | 2016-08-13 05:47 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(4)
はじめてのヴィーガンブーツ
ヴィーガンブーツ。
c0027188_2464518.jpg

シンプルなデザインのブーツ。

ライディングブーツのような、飾り気のないブーツ。

こんなブーツが欲しくて。
c0027188_2473321.jpg

ヴィーガンショップで見つけて。

身に付けてみると、もっと嬉しくて。

大切に、履かせてもらおう。
c0027188_2475565.jpg

ヴィーガンブーツ。

大好きな、ブーツ。

動物が犠牲になっていないブーツ。

糊(ノリ)にも動物性のものが使用されないブーツ。
c0027188_2462313.jpg

すっごく嬉しい、我がブーツ。
by yayoitt | 2016-04-09 02:36 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(9)
ヴィーガンフェステと、見下ろすお墓
Veganヴィーガン)…

 ヴィーガニズムてゃ

 殺しても殺さなくても

 どういう形でも動物を人間の為に使うことを

 自身の人生、生活の中に取り入れない選択


と、私は解釈している。

今年、エジンバラでは初めての、ヴィーガンフェスティバルに行ってきた。
c0027188_317279.jpg

同僚のヴィーガンの女性と共に。

当日券を買ってでも入りたいという沢山の人々が集まった。

催しがあったホテルの入り口から、開催中の6時間くらい常に長蛇の列。

50メートルにも渡る、長い長い列。

年齢層は様々で、お年寄りから10代の若者まで。

ヴィーガン、と耳にすると ヒッピー と結びつける人は多いが …

ヒッピーっぽい人々を探すのが難しいくらい。

 ヴィーガニズムは、一般の人々の間に広まっているんだなぁ

と嬉しく思った。

何十店ものブースで働く人々も、集った人々も …

すべての人々が、動物や自然のことを思いやりたい、という人々。

また、興味を感じている人々。

1つの街で、こんなにも多くの人々が集ってくれるって、なんて素晴らしい!

2時間ほど過ごして、晴れ晴れとした気持ちで

しかも チョコレートケーキを2個とむっちゃでっかいチョコと果物ケーキ を抱え

ルンルン♪ と家に向う。

真夏の(涼しい)エジンバラの喧騒を避けて、静かな散歩道を選んで。
c0027188_3292134.jpg

鳥たちのさえずり。

歩道の下に、墓地がある。
c0027188_3294259.jpg

いつか、そこを歩きたいって思いながら、まだ実行してなかった。
c0027188_3304256.jpg

私は、墓というものに思いがない。
c0027188_33167.jpg

自分の墓は、いらない。
c0027188_3313688.jpg

そんなことも思いながら …。
c0027188_3315779.jpg

子孫に繋がらない自身だからこそ、愛する動物のために生きたいもの。

そう、強く思ったりする。

とてもとても、有意義な、気持ちの良い土曜日だった。
by yayoitt | 2015-08-08 03:05 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(4)
ヴィーガンケーキのお店開店!
エジンバラに、できちゃった!

しかも、歩いて行ける距離にできちゃった!

完全グルテンフリー、そしてヴィーガンOKのケーキのお店。

 Sugar Daddy's Bakery シュガーダディーズベイカリー
c0027188_2555414.jpg

ケーキ屋さんで、ヴィーガンの私が食べれるケーキって、まず無いのだけれど。

ここなら、私が食べれない物は、まず、ないんだって。

完全甘党、ケーキ大好きの私にとって、とっても嬉しいお報せ。

8月1日、堂々開店したのである。

 うふふふふ
by yayoitt | 2015-08-04 02:39 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(6)
ヴィーガンであることの、醍醐味
生きている、殺しているに関わらず …

生活の中から、動物を使用する一切のものを取り入れない

そういう生き方の選択。

それが ヴィーガン (Vegan)

お肉、牛乳、卵などの食べ物だけではなく …

日常品の動物を使用した実験をしてある物も選択しない。

革製品、羽毛(ダウン)、シルクはもちろんのこと、羊毛も買わない。

この生活の選択をする前に買っていて、今もある物は、大切に末永く使う。

ありがたい世の中、そんな生活も、決して困難ではなくなっている。

先日も …

親友のRちゃんと、インドレストランに行き …

 Vegan Main(ヴィーガンメイン)

を頂いた。
c0027188_393862.jpg

ここは、2度目の 頂きます! 。

1年ちょっと前に、ヴィーガンの友人ご夫婦と楽しく頂いたんだった

これがもう、美味しくって。

そして、ベジタリアンでもないRちゃんが、同じのを頂いて …

 うわーおいしいねぇー

って言ってくれたから、もう最高。
c0027188_3113151.jpg

ヴィーガンであることの醍醐味は、喜びを、誰かと分かち合えること。

だな。
by yayoitt | 2015-07-22 03:00 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(10)
ブーツ片方だけ …
このブーツを買ったのが、2004年の冬。
c0027188_5494844.jpg

スコットランドに引っ越してきた5ヵ月後のこと。

その頃、私は ベジタリアン だったけれども ヴィーガン ではなく。

靴屋さんに勤めていたから、平気で アザラシの皮を使った靴 とか売ってた。

革製品や毛皮、動物テスト、そして乳製品や卵のこと …

あまり深く、考えていなかった。

 死んでないから … 自然に死んだのから採ったんだろう … 

なんて、甘い想像で自分を誤魔化していた、あの頃。

あれから、真実を、現実を知ることができて、本当に良かったと思う。

そして、その時までの私自身を哀しく思う。

皮のブーツ(Dr Marten)を買ってから、10年と数数ヶ月が経つ。

これが、私の生涯の中で 最後の本革のブーツ となった。

だから、丁寧に、末永く穿きたいと、願う。

それは強くて頑丈で、年中、穿いているのだけれど。

ブーツの一足のファスナーが、壊れてしまった。

先日、靴の修理屋さんに持って行ったところ …

 本社に送って直さなくちゃいけないんだけど、£37.50 掛かるよ

と言われた。

£37.50 は ¥6000 くらいだ。

この靴を購入した時、確か£65.00 くらいだったと記憶する。

すでに10年経っていて、汚れもひどい。

けれど、なに不自由はない。

私は、即答した。

 はい、お願いします

まさか、こんな古いブーツの修理に£40近くも出すとは思わなかったのだろう。

え! という間の後に、手続きをしてくれた大手のチェーンの修理屋の男性。

2週間くらい掛かると言われた。

でも、2週間後に戻ってきたら、それから、あと10年、一緒にいたいのだ。

あと10年。

 2週間後に、また会おうね

 なるべく、長く長く、一緒にいてね

 大切に大切に、するからね

 まだまだ、ね

by yayoitt | 2015-02-02 05:30 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(6)
これで最後の、そして愛しの、出会えたビーグル
ヴィーガンという生活の選択を始めて …

生活の中に、新しく 動物を使用したもの は一切、購入したりしない。

それは、殺す殺さないに関わらず、食生活だけのことではなく …

衣類に使われる毛皮やダウン、アンゴラはもちろん …

革製品、絹、そしてウールも、取り入れない。

昔から既に持っている物は、大切に大切に使用する。

そんな生活を始めて、9年目に入ろうとしている。

この週末 …

そういう自分の誓いに、背いてしまった。

自分なりに、考えて、そして、あえて、背いた。

数年前から知っていた、同僚の娘さんのクラフト …

ウールで作る、フェルトアニマル。
c0027188_5414380.jpg

初めて見た時から、ずっと 

 ノーマンのこれが欲しいなぁ~~

と思っていた。

そして、娘さんが出展していたワークショップに日曜日に出掛け …

 正直、まったく、手に入れるなどということは思いもせずに

100店以上が出展している、そのクラフトフェアー。
c0027188_5415985.jpg

一緒に出向いた同僚に

 もしも、なにかビーグルの物があったら是非、欲しいなぁ

などと笑いながら言っていた。

100店舗のほとんどを見終わり、色々な動物や犬、猫のクラフトを見ながら

ビーグルのものは、何一つなく …

最後の店数軒、のところで!!

 あ、あのお店だ!!

見覚えのある、綺麗で可愛らしい同僚の娘さんが座っている、そのお店。
c0027188_5422991.jpg

そして、小さなテーブルの上に、いくつものフェルトの犬たち。

それに、なんと!!

それに、なんと!!

 ああああああ~ ビーグル!!

フェルトで動物を作り始めて4年 …

そのビーグルは、彼女の比較的、最初の頃の作品。

色んな場所で、出展して来たけれど、今もなお、そのまま、そこに居る …。

ウール、羊の毛でできた、手作りの、そのビーグル。
c0027188_543411.jpg

ある意味、色んな言い訳を自分の中で繰り返し …

そして、同時に

 これは、どうしても、我が家に来て欲しい

などと、センチメンタルな思い入れも加わり …
c0027188_536484.jpg

手に入れてしまった。

罪の意識と、自分に嘘をついたような思い …

だけど、きっと、こう思えるようになる。

 これが最後の動物を使ったもの

そして、これを見る度に、思い出す、繰り返して。

 もう2度と、あの生活には戻ったりしない

約束を。
c0027188_541369.jpg

ああ、これまた、言い訳であることは、わかっているけれど。

ものすごく …

ものすごく …

このビーグルが …

我が家に来てくれて …

 嬉しい~~~~~~~~~っっ!!!

マイケルとノーマンには、クリスマスの朝まで … 内緒である。

我が家に来てくれて、ありがとう。

宝物。
by yayoitt | 2014-12-08 04:24 | ヴェジタリアン ヴィーガン人生 | Comments(4)