カテゴリ:動物病院での出来事、仕事( 229 )
こうしていられると、皺一杯の幸せ

先日。

動物病院で。

年に一度の健康診断に来た、コッカースパニョルのハーヴィー。

そして、ご主人ご夫妻。

診察が終わると …

 やっこ、ハーヴィーと一緒の写真を撮らせて

と、Mrs.M が言うので。

思いっきり、12歳の愛しの彼を、抱きしめさせてもらった。

c0027188_04354574.jpg

 ハッピ~ ♪ 


162.png


162.png


by yayoitt | 2017-09-06 04:31 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(4)
おいで

彼の名前は、クロ。

日本が大好きで、日本語を習ったことのあるご主人。

彼女のウィぺット。

真っ黒だったから、クロ。


 クロ~

c0027188_05052857.jpg

 おいで~


 おおお! 

c0027188_05055188.jpg


by yayoitt | 2017-08-25 05:00 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(0)
友人が、50歳になる

この月の誕生日で。

彼女とは、動物病院で一緒に働き …

動物に対する思いを共有し

彼女が仕事を辞めた今も頻繁に

会って語っている。

そう、動物のことを …。

一緒に、泣きながら気持ちを分かち合うこともある。

彼女は数ヶ月前に、ベジタリアンという選択をした。

そんな彼女の50の誕生日をお祝いして …

元同僚たちと一緒に、レストランへ。
c0027188_22433057.jpg

彼女の大好きなテイクザッツはマークオーウエンのお面でお出迎え
c0027188_22435725.jpg

もう二度と、このメンバーで一緒に働くことはない。
c0027188_22441470.jpg

一緒に動物たちの為に過ごして来た月日。
c0027188_22444557.jpg

今はみなが、大切な友として。
c0027188_22445798.jpg

 アンジェラ、お誕生日おめでとう
c0027188_22443186.jpg

by yayoitt | 2017-08-12 22:19 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(2)
ラグちゃんという名のギニアピッグ
その名は …

猫のラグドールのような毛並みから、付けられた。
c0027188_455241.jpg

ラグちゃん
c0027188_4554459.jpg

病院の、新しいお友達。
c0027188_4555921.jpg

ギニアピッグ(モルモット)の、ラグちゃん。
c0027188_4561331.jpg

 うふふ

 ラグドールの猫のグルーミングで出た毛で作ったのよん

c0027188_4563138.jpg

by yayoitt | 2017-02-27 04:53 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(0)
スカイというコリーと、切ない花束
高齢のボーダーコリーのSkye(スカイ)。

彼女は、アディソン病で定期的に病院にやって来る。

月に一度は血液検査があり、薬の分量を調整する。

私が彼女に出会った頃、彼女はまだ若い犬で …

今では、お孫さんがいて定年を迎えるご主人も …

今の私くらいの年齢で若かった。(← そう、若いのよ

そんなご主人とスカイ。
c0027188_0363155.jpg

色々な葛藤がありながら …

新しい獣医師や会社との折り合いが良くなく …

違う動物病院へ移ることに決めた。
c0027188_0364810.jpg

それを伝えに来てくれた日、ご主人が花束を持って来てくれた。

 やっこ、今まで本当にありがとう

と。
c0027188_037480.jpg

以前の獣医師夫婦の下で働いていた従業員は、私一人に。
c0027188_0371810.jpg

新しい体制、新しい顔ぶれに、悲しくて涙を流すご主人もいる。

50年間、この建物で積み上げてきたブラウン獣医師 …

彼の去った後の傷跡は、今も深く、血を流しながら膿んでいる。
c0027188_0373368.jpg

 スカイ、凛として美しいスカイ …

 どこか街の中でばったり、会えますように

by yayoitt | 2017-02-10 00:25 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(2)
やっこ、ドリームハウスを手に入れる …
以前に、元獣医師の50周年祝いにと …

クライエンツの女性が、こんな手作りを手渡してくれた。

一冊の本で作った、家。


今日、この女性とご主人、ミニアチュアピンシャーのミーツーがやって来た。

彼女は、右手を怪我しており …

 クリスマスに持って来たかったのに、転んで手首を骨折してしまって

と。

この家を、手渡してくれた。
c0027188_5143534.jpg

犬と猫と暮らしたい … と言った私の言葉を覚えていてくれた。
c0027188_515989.jpg

一枚一枚、丁寧に折られて作られた屋根。
c0027188_5154627.jpg

この少女は黒髪で わたし なんだと。
c0027188_516304.jpg

(黒人の少女ってところが、くすぐったい ふふふ)

なんて、素敵な心のこもった贈り物。

時間と手間と、気持ちを注いで作られた、私のハウス。

それはまさに、まるで、ドリームハウスなのだ。
by yayoitt | 2017-01-24 05:19 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(4)
Bagpuss(バグプス)よ、安らかに眠っておくれ
(膀胱内の結石が原因で、オシッコがでなくなり …

 膀胱がいっぱいに膨れてしまった結果 …

 筋肉が伸びきり、収縮機能を失ってしまうことがある。

 特に、ノラ猫には多く、その結果、死に至ったりもするから …

 ノラ猫の寿命は、短いのだと言われている。)


バグプスも、そんな1猫。
c0027188_5261919.jpg

とっても深くご主人に愛されていた猫。

尿結石を取り除く手術をしてから、5年。

月に一度の来院を欠かさずに、やって来たバグプス。

気持ち的には、まるで我が猫のように愛しのバグプス。

その彼が ...

腎不全で、とうとう、闘うことを止めてしまった。

そして、虹の橋を渡った。

彼のことを愛して止まなかったご主人、Mrs.S。

彼女と、そして愛しのバグプスを思って …

描いてみた。
c0027188_5245627.jpg

 バグプス … 安らかにお眠りね
c0027188_5251558.jpg

by yayoitt | 2017-01-17 05:11 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(2)
働く場所で、心安らげてくれる犬たち
ワンワン!

と、誰かが来る度に吠えるのが、玉に瑕(たまにきず)。

だけど、そこに居てくれるだけで心安らぐ。
c0027188_392796.jpg

同僚の犬たち。

オフィスに入ると、そこに見つめてくれる犬が居る。
c0027188_39443.jpg

椅子に座ると、足元で寝そべってくれる。

働く環境に犬が居るって、とっても嬉しいこと。

近い未来に、私も 我が犬 を連れて行けたらな。
by yayoitt | 2017-01-14 03:05 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(0)
ビーグルな午後
年に一度の診察にやって来た

ビーグル友

(と、私が思っているだけだけで、彼の方はどう思ってるんだか)

の、コスモ。
c0027188_4445082.jpg

初めて、クリスマス後にやって来たという女の子のビーグルと共に。
c0027188_445694.jpg

女の子は、既に5歳、名前はティーゼル。

ブリーダーの元で出産を2度経験して、後世をペットとして暮らす為に ...

ある意味、子供を産む 仕事 を終えてのリホーム犬だ。
c0027188_4452013.jpg

コスモは、ティーゼルをすんなり受け入れ …

ティーゼルは、コスモを溺愛しているのだとか。

ビーグルのご主人同士が分かち合える話を沢山して。

愛しのビーグル。
c0027188_4453454.jpg

 また、次に

 いつか近い未来に 私とマイケルのビーグル にも会ってね


って。
by yayoitt | 2017-01-09 04:46 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(4)
(元)獣医師宅を訪ねる
ずっと、行ってみたかった。

どんな家なのか、どんな所に住んでいるのか。

沢山の動物と、野菜作りと、広い土地に囲まれている。

それくらいしか知らなかった。

出迎えてくれた7犬たち。

そして、2猫。

みなで一緒に、散歩に出る。
c0027188_4123044.jpg

小川が流れ、ラブラドールは水浴びをする。
c0027188_4135577.jpg

コリーは伏せて待つ。
c0027188_4143222.jpg

生まれつき耳の聞こえない真っ白いスタッフィーのサフィー。
c0027188_4165883.jpg

彼女は、動物病院に捨てられた犬。

離れたフィールドで放牧している羊が何十頭もいるけれど …

敷地内に、私たちの姿を見つけて、2羊が戻ってきていた。
c0027188_420572.jpg

2頭の馬たちも待っていた。
c0027188_4173246.jpg

人懐っこい馬、彼らに乗れる時間が増えたと …

元獣医師の彼女は嬉しそうに話す。
c0027188_4184358.jpg

12年一緒に働いて来た …

彼女達夫婦の動物たちに対する姿勢が好きで、働いて来た。

だから、9月に彼らが去ってから、正直、私はずっと寂しいままだけど。

その幸せそうな顔が見れて、ほっとした。

 寂しいんだ なんて言葉は、呑み込んだ。

彼らに聞かせたくないって思った。

そんな、週末。
by yayoitt | 2017-01-06 04:09 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(2)